L S C H

ちょいとひとっ走り2~歓喜の埼スタ

またまた間がたっぷり空いてしまいました。
先々週はその前週と同じく今週も短いライド。土曜未明1:00~3:00のサッカー観戦の翌朝は7:30の起床です。
朝食から諸々準備を経て先週と同じくらい、9:40頃の出発。行先はもう考えるのが面倒なので先週の近く、奥武蔵の南の方としました。
所沢航空公園からK463で北上、入間からK282~K30で鎌北湖。
b0144082_22420525.jpg

いつも釣り客しかいないこの人造湖、この日は紅葉がきれいで行楽客やアマチュアカメラマンなどで今まで見たことのない人出でした。
立派な一眼レフを構える人たちに混ざって自分もスマホでパチリ。
b0144082_22430455.jpg

b0144082_22430966.jpg



そのままグリーンラインを上ります。
こちらから入るとしょっぱなが14~15%はあろうかという激坂なんですよね。そこをなんとかやり過ごし、北向地蔵まで2.5kmくらいかな?写真は撮らずにそのまま通過。
さらに進んで一本杉峠までは5kmくらいと記憶していましたが、走っても走ってもたどり着かないw
何回走ってもここの距離感がうまくつかめません。
それでも走っていればそのうち着きます。
b0144082_22435403.jpg

この日一つ目のピーク。

ここから笹郷線を下りて三滝入口を通過。ここを通ってトイレに寄らないのは珍しい・・初めてかも。

さらに進んで滝の入線へ。
途中三叉路までは結構な上り、そのあとはほぼ平坦。
最後の激坂をうんしょッと上って桂木観音に到着です。
b0144082_22443542.jpg

これでこの日の上りのメニューは全て終了。
暑い時ならコーラ休憩ですが、流石にかなり涼しくなったので水を少し口に含むくらいで満足です。
あとは毛呂山~鶴ヶ島~関越沿いのルートで帰宅、前週とほぼ同じ距離のお手軽ライドでした。



そしてこの土曜日は昼から埼玉スタジアムへ。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)決勝2ndレグです。
家族4人のうち3人での観戦予定でしたが、史上最高とも思える争奪戦でなかなかチケットが手に入らず。
途中で何とか2枚入手、もうこれまでかと諦めかけたところで試合前日にツイッター経由で譲っていただける方がいて、ギリギリで3人揃っての参戦となりました。
1年前に1回だけサッカーのことを書きましたが、今回ついにその黒歴史に終止符を打ち、歓喜の瞬間に立ち会うことができました!
b0144082_22470280.jpg

b0144082_22471057.jpg

b0144082_22471939.jpg

スタジアムに入ってから試合を経て勝利のセレモニー終了まで5時間あまり、こんなにも熱く、美しく、幸せな空間が他にあったでしょうか・・・間違いなく自分の今までの観戦歴の中でベスト、一生忘れることのできない試合となりました。
今もまだその余韻に浸りつつ仕事をしていますw


そろそろ本格的に寒くなってきました。今年は珍しく年末年始で遠出するので大掃除等の年末進行は前倒し、そんなことも含めて年内はまとまったライドがしづらいかな~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

[PR]
# by gon_oz | 2017-11-30 22:51 | 日常 | Comments(0)

ちょいとひとっ走り

11/12(日)、軽めに名栗湖あたりを走って参りました。
金曜から土曜にかけて私用で徹夜(飲みではありませんw)、土曜はそのまま仕事をしたので日曜朝は早起きするつもりは全くなく、ゆっくり起きて家族と朝食を取り、みんな出払ってから支度をして10時前くらいにゆっくり家を出ました。
多摩丘陵方面か埼玉の近場の山か、はたまた荒サイで平地トレーニングに徹するか、散々迷いましたが埼玉方面奥武蔵手前のK70界隈を目指して走ることにしました。
カメラを仕事場に置いてきてしまったのでそれぞれピークの記念撮影くらいしかありません。ごくごく簡単なレポートで。

どうもぼーっとしていたのか、出発して2~300m走ってからヘルメットをかぶっていないことに気付いて逆戻りしたりしつつ。
その後は走り慣れた道で清瀬を抜け、所沢航空公園でトイレを済ませK179へ。さらに岩蔵街道〜小曽木街道〜東京バーディクラブ。
さらに成木街道から小沢峠を上ります。辛うじてPR更新してました(^^;
b0144082_20192712.jpg

K53に下りて西へと向かい名栗湖へ。
どちらにしても行く気はありませんでしたが、この先の有間峠へは来年の4月ごろまで上れないそうです。
b0144082_20235522.jpg
写真を撮ってツイート、一休みしたら今来た道を戻ります。
さっき下ってきた小沢峠からの道を横目に更に直進、原市場のセブンで補給休憩。
b0144082_20251845.jpg
最後は2~3ヶ月前にも上った東都飯能CCへの激坂です。距離も短くまったりライドだったので最後くらいはちょっと刺激を、ということで。
上り始めてみるとやっぱりツラい。
ガーミンを見ていると最大斜度は17%くらいだったでしょうか。相変わらず広くて誰もいないので好きなようにコースをとりつつえっちらおっちら上ります。
ここも一応PR更新してフィニッシュ。
b0144082_20271338.jpg
後は一路帰るだけです。入間〜所沢〜新所沢街道〜新青梅街道で帰宅したのでした。
b0144082_20331146.jpg
ゆっくり朝飯を食べて出発、100kmちょい走って16時過ぎには帰宅という軽めのライド。前後の時間を使えるのでこういうのも悪くないですね。

この週末、土曜未明にサッカーのTV観戦が控えているのでまたあんまり走れないかな。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2017-11-17 20:35 | 自転車 | Comments(0)

やっと走れた!!!

皆さんお久しぶりです!
そして、やっぱり外を走るのは気持ちいいぃぃ!
と、ちょっとずつ書いているうちにまた一週間経ってしまいましたw

雨やら台風やら台風やらにやられて雌伏4週間、週末を中3回跨いで久しぶりに走って参りました。
中3週のうち2週は実は仕事をしていたので実はそれほど天気の影響はなかった、っていうか諦めがついて自分的には逆に良かったんですがw

3連休の真ん中の11/4(土)、以前から走ろうと思ってルートを引いてあったのですがなかなか行けなかった、奥多摩方面へのライドを決行しました。
奥武蔵に比べると普段あまり足の向かない奥多摩方面なので、走るのはメジャーなところばかりです。
設定したルートは五日市側から檜原街道で風張峠→奥多摩湖→小菅→鶴峠→甲武トンネル→大ダワ(鋸山)→青梅街道で戻ってくる、というもの。自宅からおおよそ200km3000mの行程です。

奥武蔵方面は台風による土砂崩れなどで通行不可のところがあったようなので、この中で大ダワは同様に通れないかも・・・と情報はないものの覚悟はしておきました。

前日も休みだったので充分眠った上で4時半ごろ起床、ゆっくり準備をして5時20分ごろ出発。千川通り〜新青梅街道〜青梅街道と順調に進み五日市街道へ。奥多摩方面への入口となる武蔵五日市駅まで約40km。
b0144082_10382672.jpg
奥武蔵を走る時の田中交差点まで50km余りより近いんですよね。ちょっと意外な感じ。
駅前を左折してしばらく行ったファミマで最初の補給休憩。去年奥多摩方面を走った時にはローディで溢れかえっていましたが、この日は同好の輩は誰もいませんでした。
b0144082_10420357.jpg
色々済ませていよいよヒルクライムのスタートです。と言っても最初はアップダウンが続いて本格的な上りはしばらく先ですが。
周りの樹々はかなり紅葉が進んでいい感じに色づいています。走りながら写真を撮りつつ進みます。
b0144082_10435642.jpg
b0144082_10443598.jpg


橘橋交差点
b0144082_10445315.jpg

上川乗交差点
b0144082_10453617.jpg
ここから先に進むのはロードバイクに乗り始めたばかりの3年半前以来です。
b0144082_10462383.jpg
b0144082_10500297.jpg
斜度が上がって行くと段々暑くなってきました。この日のウェアは長袖アンダーに半袖ジャージ、ビブパンツにニーウォーマーでしたが、汗を掻くほどになるとは思わずヘッドバンドやキャップの類は持っていませんでした。しかし、そのうち流れる汗が目に沁みてくるように・・しかも斜度はどんどん上がっていきます。旧料金所まで来るとはるか上方にガードレールが見える、その光景はよく覚えていた通り。その先が一番勾配がきついゾーンでしょうか、でもそんなに激坂ってほどじゃないのでちんたらながらも着実に高度を上げて行きます。上から見る旧料金所辺り
b0144082_10484328.jpg

都民の森は素通りして風張峠に直行。
b0144082_10544371.jpg
b0144082_10551220.jpg
b0144082_10554107.jpg
この区間は去年風張林道を上った時に走っています。記憶より距離があったのは覚えていて、それでも2kmくらいかなーと思っていたら実際には3kmくらいありました。
風張峠です。
b0144082_10564170.jpg
ここで、ウインドブレイカーを着こんで奥多摩側へと一路下ります。湖まで下りたらトイレに入ってウィンブレを脱ぎ、小菅方面へ。この道は湖畔を走る平坦路、というイメージでしたが実際には結構アップダウンがキツいw
b0144082_10583406.jpg
小菅村役場を左に曲がって、まずは早めの朝食をと思い道の駅こすげに寄ってみると何やらイベントをやっています。
b0144082_10595061.jpg
唐揚げやご当地グルメの何とかサンドってのを頂き、再スタート。次に目指すは鶴峠です。
b0144082_11001212.jpg
この交差点を直進で松姫トンネル、右折で松姫峠、左折で鶴峠を経由して上野原方面です。まずは鶴峠、約2kmの一定勾配の道です。2年半ほど前にキャトルさんと一緒に逆から走ったことはありますがこちらからは初めて。
b0144082_11021099.jpg

2kmなので頑張ってすぐに峠に到着。
b0144082_11023386.jpg
逆向きの方がアップダウンがあって距離も長く、格段に厳しかったですね。
b0144082_11043676.jpg
b0144082_11052419.jpg
b0144082_11061617.jpg
b0144082_11070699.jpg


そのアップダウンを逆向きに走って途中左折、甲武トンネルへの上りはこれまた思ったよりキツい・・・大したことない、と記憶しているのは逆向きのルートだったかな?
b0144082_11074889.jpg

上川乗から檜原村役場(橘橋交差点)まではさっき走った逆ルート、目をつけて置いた場所で写真など撮りつつ。
b0144082_11085652.jpg
b0144082_11115202.jpg
橘橋を直進して最後に目指すのは大ダワ(鋸山林道)です。最初に書いたようにここは大雨の影響で通れないかも、と覚悟していましたが道々気を付けていてもそういう表示や看板はありません。
b0144082_11123105.jpg
神戸岩まで順調に進み、おおこれなら走れそうだな、と思いつつ真っ暗な神戸隧道を通過しました。
隧道の向う、ちょっと広くなったところの左手にマウンテンバイクのおぢさんがいたので「こんにちは~」と挨拶して通り過ぎようとすると「この先行かれるんですか」と声をかけられたので停まって話を聞いてみると、なんと伐採作業をやっていて奥多摩側へは通り抜けできないとのこと。彼も途中まで行って引き返してきたそうです。
作業している人に聞いたところだと今は日曜日しか通れないらしいです。うーん、そんなことならこの隧道のあたりでいいから看板のひとつでも出しておいてくれればいいのに・・・

b0144082_11132246.jpg
彼が行ってしまった後もしばらくそこに留まって思案しました。行けるところまで行って獲得標高を稼ごうか、などとも考えましたが結局自分もそのまま局引き返すことに。

武蔵五日市駅まで戻り、駅前のセブンで補給休憩です。
b0144082_11163452.jpg
目論見では大ダワを抜けて最後は古里のセブンで休憩、甘いものを含めてがっつり補給と思っていたので拍子抜け、というか消化不良でした。
軽めの補給をしつつどうしようか考えましたが、時間もそこそこになっていたのでもうそのまま帰ることにしました。
b0144082_11172170.jpg
いつものポリシーでできるだけ往復で同一ルートは通らないように、ということでそのまま秋川街道を北進して二ツ塚峠から小作あたりを経由、走り慣れたK179から帰宅。

とすんなり終わりたいところでしたが、所沢の手前あたりから何故か雨が降ってくるではないですか。あれれ、そんな予報だったかな?と思いつつウィンドブレイカーを着込んで進みますが結構気温も下がってきたので寒い・・・今年は何回も雨に祟られて雨中走行をしましたが、そろそろ気温的には勘弁願いたい季節になってきましたね。
このまま20km以上雨の中走るのか、とうんざりしましたが大泉あたりで何とか上がったので帰宅した時には体はほとんど乾いていました。

と、いうわけでやっぱり実走はいいなあ!と改めて痛感した奥多摩ライドでした。ここまでの年間走行距離は約6,200km、秋に膝を壊して終盤ほとんど走れなかった昨年を若干上回るペースですね。去年は7,007kmでしたから、これと同じくらいになるでしょうか。何とか少しでも去年の上を行きたいものです。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2017-11-11 11:23 | 自転車 | Comments(0)

久しぶりの房総ライド(古新聞)

色々多忙でブログアップの周回遅れから復帰できませんw

9月最後の土曜日はジャージ完成記念ライド第二弾の候補日でしたが、色々都合が合わずに見送りになりました。
それなら、という感じでZENさんとかじさんが房総ライドを企画してくれたので、色々あった業務を何とか押しのけて参加して来ました。

この日のメンバーはZENさんかじさんの他24weさんとtomoさんです。
8時に道の駅やちよ前のファミマをスタート。
b0144082_19544282.jpg
唯一自走で来られているZENさん、自宅からここまで10km程度のところを40kmウォーミングアップで走ってこられたとのことで、すっかり出来上がっている様子。
ZENさんが牽いてくれるライドは去年の年末2連荘以来久しぶりかな?その時は結構マイルドな走りだったのですが、今回は一味も二味も違います。
しょっぱなから結構なスピードでカッ飛んで行きます。久しぶりの「房総の暴走機関車」じゃないですか!
しばらく市街地を走った後は走りやすい田園風景の道、スピードと相まってとても気持ちいいライドになってきました!
b0144082_19553408.jpg
平地も速いんですが、この日の特徴は上りに入っても速度が落ちないこと。房総半島的な緩いアップダウンが時折現われるのですが、前を行くZENさんはポジションもケイデンスも変わらず、横に並んだら鼻唄が聞こえてくるんじゃないか?という風情ですいすい上っていきます。必死で追いかける4人、いや追いかける3人と千切れる1人か?(笑)
b0144082_19565695.jpg

巡航速度は35km/hくらいだったでしょうか。全行程150km余りとのことでしたから、このペースで走り続けたら昼飯時にはやちよまで戻ってきちゃうんじゃないかと思いましたよ(笑)
40km余り走ったコンビニで最初の休憩。
b0144082_19573384.jpg
この後はほぼ平地で外房の海沿いへ。
この日の最初の目的地は去年も来た麺ドラゴン。
b0144082_19582248.jpg

去年は一番の定番なのかな?あさりそばを食べたので今回はえびそば。
b0144082_19580432.jpg
これもあさりそばに負けず劣らず美味しかったです。
食後は近くのコンビニで水を補給後、ZENさんも初めて訪れるという「cafe GAKE」に向かいました。
文字通り断崖絶壁の庭を持つ抜群のロケーションのカフェです。
写真をたくさん撮りたくなるところですが、過去に撮影を巡るトラブルがあったのか勝手に商売に使われたのか、海をバックにスマホで1枚のみがが許されており基本的に撮影禁止です。
だからといって監視されているわけじゃないので、正直撮ろうと思えば撮れてしまうのですが、そこは大人の対応で景色と会話を楽しみました。
ルールに則ってtomoさんが一枚撮ってくれた写真。
b0144082_19594956.jpg
次に目指すはこのあたりのルートの定番、大判焼きです。
b0144082_20002285.jpg
去年の年末ライドの時は閉まっていたので自分は初めてです。以前とスタッフが替わってとても愛想がよくなったんだとか。
確かクリームってやつを食しましたが、写真も撮らずにあっという間に食べてしまいました。

この後もあまり変わらぬペースで進み、サイクリングロードというかなんというか、一応サイクリングロードらしいですがとてもディープな道を含めてジグザグと、どこを走っているのかまるでわからないまま進みます。
b0144082_20004873.jpg
b0144082_20010331.jpg
b0144082_20012476.jpg
b0144082_20025980.jpg
そんなこんなのうちにZENさんが案内してくれたのは「奈良の大仏」。
b0144082_20020224.jpg
こじんまりしていますが、このあたりの地名が「奈良」なんだそうです。木々の中にぽっかり空いた場所に佇む、なかなかいい雰囲気で控えめなスポットでした。

引き続きちょっと雰囲気のいい川沿いの道など走ります。
b0144082_20033775.jpg
b0144082_20043068.jpg
やがて見慣れた千葉市内のモノレールの下の道に入り花見川~新川のほとりを走って
b0144082_20045034.jpg

何とか暗くなる前に道の駅に帰還しました。
b0144082_20063636.jpg

房総ライドはいつも楽しく刺激的です。
今回は特にいいペースだったので、ファンライドとトレーニングの一石二鳥って感じで気持ちよく走れました。
ZENさんいつもありがとうございます。皆さままた次の機会もよろしくお願いします~♪


三連休は真ん中の日に奥武蔵を走ったのですが、白石峠~林道定峰線~梨花カントリー~楠線というmy定番ルートで取り立てて変わったこともなく、引き続き業務多忙なのでレポートは一回休みの公算大ですね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2017-10-09 20:10 | 自転車 | Comments(0)

まえばし赤城山ヒルクライム大会2017参戦記(後編)

えーと、忘れてませんよ、前編しかアップしていないこと。業務多忙+週末を挟んでしまいましたが、ちょっとずつ書き進めてやっと最後まで来ました。引き続き写真少な目ですがやっと後編です。


アップを終えて会場へと向かいますが、位置関係がよくわからない・・・先行したソロの人について行ったら「行き止まりの住宅街でした~」って戻ってきちゃったので、その人とも離れて適当に走ってみたら遠くに会場へと向かうロードバイクの列を発見。そちらに向かって合流、無事に会場に到着。
まずは山頂行きの荷物を預けて運搬車の列の先頭へ。
b0144082_08293444.jpg
poppoさんがその辺りにいるって呟いていたので、無事お会いすることができました。
b0144082_08295955.jpg
poppoさんは去年と同じように周辺を走ってアップするとのこと。自分はこれ以上アップすると疲れちゃいそうなので、申し訳ないけど辞退させて頂いちゃいました。
そして自分のグループの待機場に行ってみると、CSGジャージを着たデカい人をたやすく発見。sepaさんです。

自転車を置いて側溝に腰掛け少しばかりお話をしましたが、横目に見えるトイレの行列が長くなってきそうだったのでまずはそちらへ。
b0144082_08302793.jpg
見て下さい、この設営。左の女子は8ブースで誰もいません。右の男子(大)は5ブースでこの時点で40mくらいの列だったでしょうか。その後あっという間に自分の後ろも長々並んで100m以上になりました。こういうのセットする人は参加者の男女比わかってないのかなあ?

並びつつsepaさんの方を見やるとCSGジャージのデカい人がもう一人。そう、ぽじさんです。こっちに向かって手を振ったりしてくれていたらしいのですが気がつかなかった、ってかその時はそっちを見てなかったんですねえ。スイマセ~ン

トイレの方は見かねた誰か(トイレ済ませた人?)が運営に言ってくれたのか、いつの間にか張り紙が追加されて女子8ブースのうち5ブースを男子が使えるようになっていてスピードアップ、何とかスタートまで少し時間をおいて済ませることができました。
でもその追加の張り紙も並んでいる人からは見えにくいところに貼ってあって特に口頭でのお知らせもなし、トイレから出た人が並んでる人に教えてくれてわかったのでした。
いい大会なんだからこういうところももちょっと工夫してほしいですねえ。
軽量化を無事に終えてsepaさんのところに戻ってみると、ぽじさんは二つくらい前のグループなので、残念ながら戻ってしまったとのこと。
そのまま二人でしゃべっていると自分たちの組のスタートも近づき、自分の自転車の傍らで待機。
b0144082_08305947.jpg
やがて前の組がスタートするとスタート地点に移動します。
最初はパレード走行なのでスタートって言っても別にピリピリするものでもありません。
スタート地点に来ると間もなく秒読みから号砲が鳴って、いよいよレースが始まりました!
幾つかカーブを曲がってK4に出て上細井町の交差点をすぎるとすぐに計測開始地点です。
ガーミンのラップボタンを押そうとして待ち構えていたのですが、計測の機械やら地面を横断している配線とカバーやら、そういうものを何故か見逃してしまい押しそびれてしまいました。
あれれ、って感じ10~20秒遅れでラップボタンを押します。
スタート直後は例によって混雑とアドレナリンで飛ばし過ぎになりそうでしたが、何とか自重。緩めの斜面で25km/hくらいだったでしょうか。自分よりわずかに早いくらいの人がいればついて行こう、と周りの様子や抜いていく人のスピードに気をつかいますが、なかなか丁度いい人がいません。いつものことながら完全ひとり旅だな、と割り切って自分のペースに集中しました。

ウォーミングアップが効いたのかオーバーペースを避けられたからか、スタート直後3kmくらいまでの不条理なまでの息苦しさは感じず、いいペースでレースに入れていました。
大河原橋までを平均19km程度で行ければ去年や一昨年と同じ、と記憶しています。
この序盤の後半はそれなりにキツい勾配のところもあって、そこでどれだけ頑張るべきかの加減が難しい・・・脚を使わず溜めた方がいいのか、どうせ後半タれるんだから今のうちに稼いでおいた方がいいのか。今回は序盤のうちから意識的にダンシングを入れて漕ぐようにしてみました。少しでも筋肉の疲れを分散させた方がいいかな、ということで。

そういうことやるには普段からダンシングもしっかり練習しとかなきゃいけないんですけどね。普段はできるだけシッティングで行っちゃいたい方なので、こういう時だけダンシングしてもあまりうまくないし長続きしない(^^;
パワー計などないので、ガーミンに表示される勾配と速度とそれに多少は心拍数も考慮しつつ、いい塩梅のところを探して走っているつもり。
充分に余力を残して(当然ここで余力なかったら困りますw)大河原橋でそこまでの平均19.2km/h。去年一昨年より若干速め、結構いい感じです。

大河原橋から姫百合駐車場までは先日の試走でおかわりした区間ですから、一番様子がわかってなおかつキツめのところです。
前半の直登部分はそれまでの緩勾配と同じペースで上っていけたような、悪くない感覚です。でもだんだん勾配が急で時折10%超の区間が混ざるようになってくると、やはり思うように脚は廻らなくなってきます。
これまでのペースがどうだったかとか、この先何km残っているからどのくらいヘバるだろうかとか、いろいろ考えているといつの間にか脚の回転がおろそかに・・・集中力が切れる、ってことですね。そんな気持ちになってハッと気を取り直して漕ぎ直したような瞬間もありました。

姫百合を過ぎてからは気持ちよくまわれる九十九折区間に突入。勾配が緩くなると一気に踏みこんでたくさん抜かし、急になると失速とまではいかないまでもペースが落ちてぼちぼち抜かされる・・・そんな繰り返し。ペース配分がうまくないですねえ。でも自分ではそこそこの強度を保っているつもりです。

団子になっている集団を抜かしてあまり廻りに人がいない状況でしたが、ちょっと路面が悪いところに差しかかりました。すると路面からくる振動だけではないイヤな感触がタイヤから伝わってくるような気が・・・むむむパンクか?いやそんなはずはない気のせいだろ、と思いますがなんだか気になって仕方ない・・・もちろん一気のパンクならすぐわかるのですがスローパンクでちょっと空気が抜けているようないないような、そんなの普段なら大体わかるんですがなぜかこりゃパンクだ、って思っちゃったんですよね、なぜかなぜだか。
で慌ててストップ、後輪を触ってみると普通にパンパンです。勘違いか、と再スタートしてみたらやっぱり普通と違う振動のような・・・あれ後輪じゃなくて前輪か、とすぐに再ストップして前輪に触るとやっぱり当り前にパンパンです。一体こんな大事なところで何をやっているんだ俺はこのすかぽんたんばかやろう、と自分を罵りつつ抜かし返された集団を追います。停まった時間はそれぞれ1~2秒ですが、前後のスピードダウン分を合せれば10~20秒はロスしましたかね。ああもったいない(笑)ヒルクライムレース中に足を着いたのは初めてですよ、まったく。

仕方ない、気を取り直して進みますが、一昨年のタイムを上回るためには最終的な平均速度が14.3km/h以上となることが条件です。
ガーミンには平均速度を表示していましたが、途中で見てそこまで行かないことがわかるといやなので、速度やらケイデンスやらは見ますが平均速度は見ないようにしていました。
チキンハートですねえ・・・そういうこと言ってないで常に数字を見ながらペースを調整というか落ちない努力をしなきゃいけないんですよね(汗)

残り3kmくらいになったところでの手応えは・・・あるようなないような(笑)
このあたりでダメならしょうがないだろ、と覚悟を決めて平均速度を見やると14.6km。おお、あと3kmの間にこれが14.3以下になることはないだろう、と確信。
何とか最低限の目標はクリアできそう、と目途が立ったのであとは残りをとにかく目一杯廻すだけです。残り3kmは確か16~17km/hを下回ることは無かったと思いますが、分母が大きくなっているので多少スピードに乗っても平均速度は簡単には上がりません。それでもとにかくラストスパートで飛ばす!最後のゴールゲートが見える直線ではいつものように下ハンを持ってもがきます。周りの人たちをそれなりに抜かしますが、例によってゲートをくぐるまでそのペースを維持することができないw
それでも最後100mくらいは(進路が狭くなっているのもあり)ブラケットポジションに戻りつつ脚は廻し続けます。
もう限界!とゼェゼェひぃこらいいながらゴール地点を通過、スタート地点のラップボタンを押し損ねた分、ちょっとしてからラップボタンを押してタイムを見ると1時間24分13秒。おお、ベストを2分更新しています。誤差はあるにしても1時間24分台であることは間違いないだろうと、嬉しいというよりほっとした気持ちになりました。
なんのかんので一応脚も心肺も出し切ったので、這う這うの体で荷物受取場への列に並びます。

列がスタートしてゆっくり下っていき、最後左折したところですれ違う人たちの中からぽじさんがこっちを見つけて声をかけてくれました。自分よりかなり早くゴールしたらしいのとその晴れやかな表情から目標達成したんだな、とわかりました。
荷物を受け取って下山準備をしていると後から来たsepaさんと合流。2時間切りが目標などと三味線を高らかに弾いていましたが、90分が切れた模様とのこと。引っ越し等々でお忙しい中、さすがです。

そのまま一緒に下山の列に並びます。
b0144082_08325138.jpg

なめこ汁をもらったりしているうちに下山開始、ゆっくり下っていきます。
b0144082_08334818.jpg
スローペースで街まで下りたところで多少詰まったりはありますが渋滞というほどではなく、まあまあスムーズに会場まで戻ってくることができました。
まず完走証を受け取ってみると1時間24分21秒。
b0144082_08370376.jpg
一昨年のベストから2分5秒縮めました。ここ最近の走りっぷりからしたら上出来でしょう。
外に出たところでうまいことぽじさん、poppoさんとも合流出来てしばし4人で立ち話です。
みんな自己ベスト更新して目標達成、poppoさんに至っては年代別で7位入賞です。この大規模な大会ですごいことです本当に。改めておめでとうございます!!
皆そんななので明るく話が弾みます。しばし喋った後は記念撮影
b0144082_08375617.jpg
b0144082_08381303.jpg

そして解散。駐車場までちょっと迷いましたがその後はまだ昼頃なので道も空いててスムーズに帰宅、シャワーを浴びて仕事に出かけたのでした。

もう時間が経ってしまいましたので総括的なことも簡単に済ませます。
順位的には年代別で122位/633人で約19%の順位でした。去年は約29%でしたから随分上がりました。でも年代別のパーセンテージで一番良かったのは去年のハルヒルで約15%。やっぱりそれは今後の目標としておきたい数字です。その時は年代別で一番若かったので有利だったんですけどね。
 
今回のレースの展開として、自分の感覚では序盤・中盤は一昨年と同程度、終盤で一昨年ほど垂れずに記録を更新した、というつもりでした。
ところがstravaにあるHCコースを三分割したセグメントで見てみると、序盤と中盤で合わせて一昨年より3分速く、終盤は1分遅い。トータルで2分更新という結果でした。
うーん、これはちょっとショック。最後の500mや1.5kmのセグメントではPRを出しているのですが、姫百合以降では一昨年より遅い・・・停まってしまったことを差し引いても今年の方が劣る数字です。トレーニングの成果で後半、終盤もスピードが落ちなかったかな~と自分では思っていたんですが・・・まあトータルでベスト更新したんだから細かいことは置いといて、よしとするしかないでしょう。その分まだ向上の余地があるってことで。

ちなみに今回の愛車仕様。
b0144082_08390234.jpg
台風に祟られた直前の三連休でコラムカットとかケーブル総とっかえでアウターを黒→赤に変更+バーテープは赤→黒に変更とかやったので、ちょっと見た目も変わってスッキリしました。

今年納得のいくタイムが出たら来年この時期ははKOH富士山とか他のレースに出ようかと思っていたんですが、やっぱりすごくいい大会だしロードバイクに乗り始めてから唯一毎年出ているベンチマークでもあるし、来年も出ることになるかな~なんて考えています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2017-10-04 08:44 | 自転車 | Comments(2)