L S C H

スプロケット交換

b0144082_049449.jpg

GWも終わって昨日から通常運転の毎日となりました。次の大きな休みは夏休み、それを夢見ながら地味に積み重ねる日々です。
さて、GW中の自転車的トピックは2つ、スプロケット交換とやっとやっとの100km超ライド。
今日はそのうちスプロケットの話を。
よく言われるようにescape R3のスプロケットは11-32Tのワイドレシオで街乗り向きじゃない。11-13-15-18-21-24-28-32、だったかな?どこかがちょっと違うかもしれないけど。
1速の32T、8速の11Tはまず使わない。平地、もしくはそれに近い緩い下り坂では6速の15Tで走ることが多いけど、そこからもうちょっと上げたい、って時にシフトアップすると歯数2の違いが大きくて、シフトアップするけど重すぎてすぐ戻してやっぱ6速だな、ってことが毎度毎度。ここで7速に上げられないから8速にも当然行けない。実質的に4~5段変速としてしか機能していない感じ。上記は全てフロントギアは2速固定。どうしてもフロントはうまく使えないままだった。
この問題を解決するため13-26Tに換装。13-14-15-17-19-21-23-26。
6速は交換前後とも15Tだけど、そこから7速に変えたときの変速の滑らかさがこれはもう感動的に違う。スムーーーズにスパッスパッと決まる。歯数の差が一でこんなに違うなんて。
8速が一番早い(重い)けど今までのギヤでいうい7速だから、あまり使わないとはいえやっぱり長い下り区間になるとフロントギアと組み合わせてもっと重いギアにすることになる。フロント2速・リア8速→フロント3速・リア7速→フロント3速・リア8速って感じでつなげていく。これもつながりは今までと比べたら雲泥の差。
重い側は上記の通り、遅い(軽い)方は上記の逆のことをやればいいんだけどそこまでの激坂はないからまだあんまり慣れていない。

また眠くて上の数行を書く間に半分眠ってしまって、何度も何度も書き直した。まだまだ書くべきことはあると思うけど眠さの限界、後は明日以降に。
何か脈絡のない話を書いていそうな気がする。
[PR]
by gon_oz | 2013-05-09 01:34 | 自転車 | Comments(0)