L S C H

尾根幹周辺up&down

b0144082_2131388.jpg

年末に向けて、自転車的トピックは年間走行距離を5000kmに乗せることができるかどうか、に絞られて参りました。以前危惧した通りの展開になっているわけですが、目標はあくまでも一つの目安、区切りと考えて単純に時間が許す限り乗る、漕ぐ、ということに邁進したいと思います。
そんなわけで12/8(日)も乗ってきました。前日サッカーを観に行くことになっていたことからこの日は仕事に出ることが見込まれていましたが何とか回避、サッカーの結果は激しくハートブレイクものでしたがこの日の時間は確保。そうは言っても早起きしてのロングライドは心身共に凹んでいて体調的にもかなわず、また朝食を家族で食べてから10時半くらいのゆっくりした出発になりました。

行先は尾根幹周辺。この前買ったロードバイクトレーニングコースガイドに出ていたコースを走ってみることにした。目安はとりあえず100km。
矢野口の交差点まで自宅から約20km、本に出ているコースが約35㎞だからほぼ2周しないと100㎞前後まで距離を延ばせない。どうするかはとりあえず1周した時点で決めることにして出発。環七→荒玉水道線→甲州街道と進んで順調に矢野口交差点まで。今まではここを直進してそのまま尾根幹に入っていたけど今回は右折して西に進み、連光寺坂を登る。今まで逆向きには何回か走っていて、反対車線を登るローディを横目にこりゃ登り甲斐がありそうな坂だわい、と何となく距離の感じはつかんでいたのでオーバーペースにならないよう気をつけながらシッティングでじっくり漕いでいく。最後はさすがに苦しくなったが極端にペースを落とすことなく頂点へ。
そこから左折して尾根幹に入る。その先は尾根幹を終りの方までずっと南下して行き、小山田周回を一回り大きくしたような(一部重なっている)コースへ。その最後の方、恵泉女子大を囲む三角形の周回路が一部山間の峠道風味だったりして斜度もそこそこあり、面白かった。短いけど信号なしで回れるところがいい。1周2~3㎞かな。
そんなこんなで35kmのコースを1周、連光寺坂下に戻ってきた。いい時間になったので近くのコンビニで昼飯にパンを食べてそのまま2周目に突入。後で走行データをstravaに突っ込んで見てみたら一回目と二回目で連光寺坂のタイムが1秒しか違わなかった。1周した後でも同じタイムが出せたということで持久力がついた、と喜んでいいんでしょうか。
その先、さっきと全く同じルートではつまらん、と今度はオーソドックスな小山田周回へ。1周目と重なっている尾根緑道の雰囲気のいいところにめぼしをつけていたのでそこで小休憩。その後はさすがに疲れが出てきたか、最後の病院坂では脚が売り切れ気味でダンシングで時速1桁直前、って感じでした。
後は公園でトイレに入っただけ、一路家をめざす。どの辺からだったか、また左ひざに痛み発生orz。右は全く何ともなかったけど左は引き続き靴・クリートの調整をしなければなりません。
一日に近い半日走で約115km、獲得高度が1570mと距離の割には登ったほうでしょう(自分比)。膝の痛みは出たけど筋肉痛はあんまり残っていない。ちゃんとストレッチをやったこともあるけど脚力も向上している模様です。

あ、後この前買ったジャケットは5℃対応だけにまだちょっと早い感じもあったけどさすがにいままで着ていた間に合わせのものよりはずっと走りやすくていい感じ。下半身のカッコはまあそれなりに。
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2013-12-10 02:20 | 自転車 | Comments(0)