L S C H

大逆転で参戦!BRM914上毛三山<前編>

前回エントリーの最後に絶望的と書いたBRM14、仕事を何とかかんとか休めるように持っていって参加して参りました。無駄になるのを覚悟の上で細々と準備を進めておいてヨカッタ・・

出走するとなったらなったでまたいろいろ大変ですが、一番の懸案は睡眠時間の確保。前の晩は10時に寝て1時半起床、2時出発→3時半到着→4時受付開始と目論み、仕事を何とか切り上げて帰宅し、予定通りベッドに入りました。しかし!起床予定の1時半なんて普通だったらまだ起きてる時間だし、10時なんかに眠れるわけありません。時計を見ないようにしていましたがおそらく1時間半は眠れずにじっとしていたはず。
まあそれでもいつの間にか眠りに落ちて、1時半の目覚ましで起床。予定通りに家を出て現地着は3時40分頃。
クルマを停めたすぐそばにYabooさんとtake-iさんがいたのでご挨拶して準備開始。勝手がよくわかりませんが、とりあえず自転車を組立てるのはいつも通り。いつもと違うハンドル廻りはセット済み。トップチューブバッグに各種バッテリーを積んだり、いつもより多めの補給食をウエストバッグに入れたりとかも事前に済ませていました。
ただ、ちょいと焦ったのが反射ベスト。amazonで安いのを適当にポチって前々日あたりに受け取って、自転車に乗るカッコで身に付けたのはこの時初めて。ごわごわして邪魔くさく、バックポケットの出し入れやウエストバッグの取り回しに邪魔になることこの上ない。次回ブルべに出走することがあれば、改造か買い直しが必須です。
スタッフの方が受付開始を知らせてくれたのでその後の段取りをYabooさんに訊いてみると、受付→車検→スタートでもう駐車場に戻ることはないとのこと。で慌てて買ってあったサンドイッチ等をパクつきました。
真っ暗で受付がどこかもよくわからないのですが、ウロウロして周りの人の様子を見ながら到着。
b0144082_1341926.jpg

受付でブルべカードを受け取り諸々記入。自分は5時丁度スタートの第2ウェーブでした。
受付の様子:フラッシュ焚いちゃったので雰囲気がまるで伝わらないですねw
b0144082_1343741.jpg

そしてブリーフィング。ここで大事なお知らせがありました。なななんとPC2が通過チェックに変更とのことです。その違いもよくわかっていなかったのですが、要するに時間制限がなくなるのです。これは自分にとっては朗報でした。キューシート通りだとPC2通過の制限が15:32分まで、そこからゴールまで残り約45㎞に対して3時間ある計算になります。PC2以降は下り基調ですから、この時間と距離はかなり余裕があります。ということは逆にそれまでの時間配分が厳しいのです。PC2を制限時間までに通過できるかどうか、全てはそこにかかっていると思っていたので、この変更で凄く気が楽になりました。(榛名山の下りくらいからは別の気持ちが芽生えるのですが・・・)
第1ウェーブの車検・スタートが順次始まりましたが、同じ第2ウェーブのスタートになったのはかじさんとUrさん。これはもう最初からひとり旅必至の状況です(笑)。ところが三人で車検待ちで並んでいると突然Urさんが「あっ・・・DNSだ。ベル忘れた・・・」とのこと。列を外れてスタッフに相談、そういう人のためにベルやライトは少し用意してあるらしく、購入して事なきを得たようでした。よかったですね!
かじさんと二人で先に車検を済ませ、「Ur君は大丈夫だから先に行きましょう」と促され、いよいよ初のブルべ、スタートです!

道の駅脇のCRから一般道に出て間もなく高架の歩道を走ります。この辺は前後合せて10人近くで団子になっていたでしょうか。高架を下りていくつか曲がり角を過ぎ、落ち着いた平地走行に入ったところで、前を走る数人のペースがちょっとかったるいかな?という感じでした。案の定かじさんがその数人をパス。自分も後ろについて前に出ました。
しばらくその体制で進みましたが、信号待ちからのスタートでかじさんが更にペースアップ、誰か一人後ろについていきましたが、自分にとってはオーバーペースだったのでここでサヨーナラー!。
そのうちにだんだんバラけて抜かしたり抜かされたりしながらも周りを走る人の数が減っていきます。
b0144082_1403668.jpg

一人すンごく速い人にピュー!!って抜かされましたが横目で見るとやっぱりUrさんでした。
このPC1までの道中は夜明けの時間帯でほぼ真東に進んでいたので、朝日の逆光がまぶしくて前方がよく見えないのがストレスでしたね。眩しくて見えねえゾ、と思いながら進んで気がついてみると目の前に短い急坂があったりして。
b0144082_1351633.jpg

今回のキューシートは難解だともっぱらの評判で(自分は初めてなので比較できないのですが)、自分も苦労しながら何とか首っ引きでルートラボにひき直してデータを作成しました。そのデータをスマホで使っているソフト「Runtastic Roadbike Pro」に入れて用意していました。山を上るのに少しでも時間を割きたかったので、今回はキューシート主体で走ることはハナから諦めていたのです。実際に走ってみると思ったよりはキューシートを活用しましたが、やっぱりスマホの道案内が主体です。PC1までの細かい街路を走る場面では特に有効で、迷うことなくどんどん進めました。キューシートで走ることがブルべの本来の形だとすればほとんど反則ですが(笑)、初めてかつ山岳で、と条件が厳しいのでまあ許してやってください。

順調なペース(自分比)で走りPC1間近の最後の橋の上で、折り返してきたsepaさんと、その先の川沿いの道でYabooさん、(確か)take-iさんとすれ違いました。
そしてPC1のセブンイレブンに到着、かじさんとUrさんはまだいらっしゃいました。高速走行のお二人ですが、PC1までは街中も多いコースだったので、思ったほど差がつかなかったようです。
b0144082_136111.jpg


他のブルべ参加者も数人いましたが、皆さん結構慌てて買い物をしています。時間は確かに厳しいけどそこまで急がなくちゃいけないのかいな?とブルべ初体験の私は面食らってしまいました。
この先がいよいよ山上りでキツくなるので、それほど空腹は感じていなかったものの一応おにぎり2個と野菜ジュースを購入、レシートをしっかりブルべカードと一緒のビニールケースにしまい込みました。
補給しながら先行のお二人と話をして、かじさん、Urさんの順番に出発を見送りました。自分ももちろんゆっくりはしていられないので、補給を済ませると早々に赤城山へと出発。さあいよいよここからがこのブルべの本当の試練です!

2部構成で終わらせようと思ったのですが3部になってしまうかな?写真少なめ文字多めでかったるいブログになってしまいますが、引き続きお付き合い下さい♪

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-09-17 01:45 | 自転車 | Comments(2)
Commented by キャトル at 2014-09-17 17:04 x
おぉォー!初ブルベはDNSせずに参加出来たんですね!それは良かった。
でも、色んな面でかなり苦労された様ですね(笑)続編お待ちしてます!

それと私ごとですが、半年間はクロスで頑張ることにしました!BMCでいこうかと(笑)
Commented by gon_oz at 2014-09-18 19:00
キャトルさま
そちらのブログにコメントしたのでこっちはほったらかしてました(笑)。
苦労も多かったけど楽しさも大きかったですね。ハマる人の気持ちもよくわかります!