L S C H

ディープに激坂三昧

こんばんは。あっという間に1月が終わろうとしていますね。
この前の日曜は家で昼を食べられるくらいに帰ってくる目安で走りに行くことに。
前日までどこに行こうか考えましたが、遠出をせずに効率よく走れる・上れるところということで「裏尾根幹」にしました。
身近なトレーニングコースとしてメジャーな尾根幹、その「裏」といってもコースは一つではありません。無数の道に無数のルートが創られ、今までに数限りないローディが走り回ってきているはずです。道なんてろくに知らなくても、起伏の激しい一帯ですから、尾根幹からどこかに曲がればどっちに向いても走れば必ず坂トレーニングにはなります。

などともっともらしいことを書いてみましたが、自分も尾根幹と小山田周回くらいしか知りませんw。あとはルートラボで見つけたコースで尾根幹と野猿街道の間を中心にジグザグ走ったことがあるくらいです。
今回走った「裏尾根幹」もブログやらルートラボやらから見つけたコースですが、これは面白そう、とブックマークして最近スマホで使っている地図ソフト「地図ロイド」に入れてありました。

朝は6時20分ごろ出発、いつものように環七~荒玉水道線~甲州街道と進み、鶴川街道に入ります。今回のコースはとにかくルートを見ながらじゃないと走れないので、多摩川原橋の上でスマホをホルダーにセットして地図を表示。稲城市役所のそばで裏道にそれ、しばらくは鶴川街道と並行して川のほとりを走ります。その先を曲がってちょっと行ったところがこの日のメインコースのスタート地点。
b0144082_1273763.jpg

この左奥につながる細い道を行きます。
車が一台ぎりぎりくらいの道で出だしからけっこうな勾配。くねくね上ってすぐにちょっと広い道に出てまた下り。そんな感じの道をプロローグ的に走って、すぐに稲城中央公園に沿った道に出ました。すかさず公園のトイレに入り、そのまま公園沿いにくじら橋のところで一瞬尾根幹に入ってまたすぐ左折。下って脇道から激坂を上って、
b0144082_128080.jpg

駒沢女子大の横を通ってまた下る。
・・・という調子でしばらくは街中っぽいところでアップダウンを繰り返しますが、だんだんこれがあの尾根幹のすぐ裏なのか・・・という田舎感たっぷりのエリアに突入していきます。
こんな景色が
b0144082_1282656.jpg

こんな感じや
b0144082_1283812.jpg

こんな感じになっていきます。
b0144082_1285651.jpg

要所要所で写真を撮ったのですが、その多くがもうどれがどこなんだか、後でコースと比べて見ても混同しちゃってよくわかりません(笑)。

これは国士館大の裏あたりでミスコースして停まったついでに撮ったものですね。
b0144082_1291045.jpg


そして、ここからしばらく走った小野路あたりに、このコース最大の難所が待ち受けていました。
ちょっと広い県道に出て数百m走り、脇道から左に折れるといきなりの激坂です。ガーミンを見る余裕はなかったし見ても覚えていられないけど、体感としては17~18%でしょうか、しかも狭い!1~1.3mくらいしかなかったのでは?そのままその辺の民家の庭に突入してしまいそうな道です。
前輪が浮き上がりそうになりつつもシッティングのままで押さえつけ、いったんわずかに緩やかになってすぐにまた勾配が増します。
うむむ、行けるか行けないか・・・というこらえどころでしたが、ここでグリップを失って派手に落車しそうな気がしてあえなく足つき・・・・orz。
これが足つき地点で撮った写真です。
b0144082_1302267.jpg

左に切株や枝が積んでありますが、これをここで切ったらしくおがくずがたくさん撒かれたようになっていて、ちょっとズルッときたんですよね。地面はこんな感じ。
b0144082_1303581.jpg

それで怖くなってあっさり足を着いてしまいました。う~ん、悔しい・・・
後から思い返してみると、この場所に限らずこのライドでは全ての坂をほとんどシッティングで上ってしまったのですが、もうちょっとダンシングをうまく混ぜるべきだったのではないかと。
ここでもいったんわずかに緩くなったところでダンシングに切り替えて最大のトルクをできるだけ柔らかくかければ上りきることができたんじゃないか、という気がしています。

もっともそれは後から思ったことで、その場ではもうどうしようもありません。この勾配と狭さではここから漕ぎ直すことは絶対ムリなので、少し平らになるところまで屈辱の押し歩きです。で、その先はというと
b0144082_1312420.jpg

えーと、俺のバイクはシクロクロスじゃないんですけど・・・・
これ、写真だとよくわかりませんけど勾配も結構なものです。自分が立っているところはいくらか平らに近いけど、すぐ急勾配が始まるのでそこからまた乗るのは難しいかな?という感じ。しかもたっぷりの枯葉に覆われてどれだけグリップするかわかりません。ていうかグリップしないでしょう。
しかし!
ここまで2~30m押し歩きで上ってきて、さらにここからまた押し歩くのはイヤだ!と無駄にヤル気と根性を出して、バイクに跨り漕いで上ることにチャレンジしました。が・・・うまくクリートをキャッチできず、勾配は急でバランスは取れず、足元は枯葉に覆われてグリップせず、当然のように立ちゴケしました(笑)
一回で素直に諦め、再度の押し歩きです。
その先はまた普通の舗装路に戻り、このあたりのルートだけは周回になっていたのでさっきの県道にまた下りてきました。その県道を走っていて気がつきました。

ない!

前回のライドで新しいもの二つ(ビブタイツとタイヤ)について書きましたが、実はもう一つあった(書くのがめんどくさくて端折った)のです。グリップエンドにつけるバックミラー。これがありませんw
さっき立ちゴケした時に落としたのは明らかです。しかもここだけ周回になっているので、今まさにその上り口にまた向かっているではありませんか。2回目のライドで落としてそれっきり、というわけにはいきませんから、これはもう一回あの激坂を上るしか選択肢はありません(笑)。
で、もうこの坂に対する心は折れていますから、さっきと同じ場所で足を着き、押し歩いて立ちゴケ現場に到着。落ちていたミラーを拾ってグリップエンドに再装着、今度は狭い激坂を恐る恐るフルブレーキで下ってきました。

下りきった交差点を反対側に渡ってコースに復帰。
b0144082_1342170.jpg

こんな牧場みたいなところの脇を通ったのですが、写真の順番からするとここなんですけど地図を見てもどこだかわからない・・・もうちょっとあとだったかな?
その後は小野神社近辺の走ったことがある道をしばらく走ります。ここでは4~5人のローディのグループにズバッと抜かされました。この時点ですでに売り切れ寸前、25㎞/hくらいでちんたら走っていたから当然ですね。
日大三高の近くでちょっとだけ小山田周回のコースに入り、また逸れて田舎道を走っていると小山田緑地サービスセンターってとこに来ました。トイレにも入りたかったし、ちょっと小腹が空いてきたのでここで小休憩。
b0144082_1344937.jpg

手持ちのシリアルを食しました。
他にスペシャライズドだったかのロードバイクがロックもせずに一台停めてありましたが、乗り手の姿は終始見えないままでした。トイレに籠っていたのでしょうか?

その先にはちょっといい感じの田園風景があり
b0144082_1354964.jpg

ゴルフ場の中を突っ切るみたいなところを走り、トンボ池なるところで記念撮影。池の水は完全に凍っていました。
b0144082_1361129.jpg

上りの途中でいい感じのお地蔵さんがあったので上りきってからまた戻って記念撮影。
b0144082_1362542.jpg

道行きはこんな感じ。こう見えても結構上っています。
b0144082_1364766.jpg

などしているうちにだんだんまた人里に近づき、南多摩霊園を超えてトイザらスの交差点で尾根幹に復帰しました。

尾根幹を東に戻る途中のファミマでブランチのパンを食べて休憩。
b0144082_137612.jpg


そのまま帰るにはちょっと早かったのでデザートに連光寺坂を上ることにしました。
いつもは車道派ですが、この日は初めて歩道を走りました。
b0144082_1373111.jpg

信号を気にしなくていいのは実に走りやすいですね。歩行者がほぼいないからできることですけど、これからは歩道派になるかも。
そのまま坂上を左折して天国への階段へ。ピークでまた記念撮影。
b0144082_1374643.jpg

最後はまた稲城中央公園でトイレに寄って帰宅。
b0144082_138136.jpg

家で昼ご飯を食べ、自転車の掃除やチェーンのメンテナンスをした後はのんびり過ごしたのでした。
b0144082_1381451.jpg

プロフィールのギザギザっぷりが凄いですねえ(笑)。タイムと移動時間と経過時間がまったく同じって、またガーミンが変なことになってます。

反省としては途中で書いたように、シッティングとダンシングを効率よく使い分けられなかったこと。シッティングでグリグリ廻して上るのが好きなんですけど、限界もあるしスピードもダンシングを混ぜた方が早いはずですからね。
トピックになった坂しか書かなかったけど、全般的に10%超えから15%超えの激坂が次々と現れて、冬場の坂トレにはいいというか実に苦し楽しいコースでした。一つ一つが短いから心肺はあんまり鍛えられないけど、脚にはかなり来ました。しばらく上っていなかったこともありますけど。

で、コース自体は走りがいがあったんだけど、ライドとして楽しかったかというと今一つ・・・それはなぜかというと、とにかく細かくて初めての道なのでスマホとにらめっこしながら走らざるを得なかったから。
次に走るときにはある程度道がわかってもっと楽しくアップダウンできるんじゃないかなあ。
それと、あの上れなかった坂・・昨日今日とあの坂が頭から離れません。

・・・と、いうことで今度の日曜か次の日曜、この「裏尾根幹コース」に再チャレンジしようと思います。
あの坂に関しては返り討ちに合う可能性もある、というかその可能性大ですがまあやってみましょう。

キャトルさん、こんなコースご一緒にいかがですか?
他にも興味を持たれた方いらっしゃれば是非。1日か8日かは今後の調整次第ですが。

→8日(日)に走ることになりました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-01-28 01:53 | 自転車 | Comments(4)
Commented by キャトル at 2015-01-28 20:21 x
gonさん こんばんは!
遅くなりましたが、1日は難しそうなので8日のほうが行ける可能性大です。あとは仕事に邪魔されないことを願うばかりです。

裏尾根幹いいですね〜!尾根幹ですら未だに自転車で走った事がなく、一度は行きたいな〜と思ってました。かの有名なヤビツにも挑戦してみたい願望もあります(笑)
Commented by gon_oz at 2015-01-28 21:18
キャトルさま こんばんは。
それではとりあえずスケジュールは8日ということで。
ヤビツも一年以上前にクロスバイクで行ったことがあるだけなのでいいかなと思ったのですが、ちょっと調べたところ10日前の状況で峠までギリギリ行けるくらい、裏は通行止めだったようです。
これが10日後にどうなっているか、ちょっとわからないのでどこを走るかは追々決めて行きましょう。
Commented by 24we at 2015-01-28 21:42 x
こんばんは
この辺は面白いですよね
今回のブログ写真で
行った事ある処もあれば全然判らない所もあります
次回機会が合えばよろしくお願いします
Commented by gon_oz at 2015-01-28 22:44
24WEさん こんばんは。
ほんと、面白いんですけどルートを見ながらじゃないと絶対に走れないところでしたね(笑)。まあスマホを持っていれば最終的には何とかなるはずだから、気の向くまま適当に走ってみるのもいいかもしれません。なかなかその勇気は出ませんがw