L S C H

まえばし赤城山ヒルクライム大会2015参戦記

昨年に続き2回目の参加で行って参りました、まえばし赤城山ヒルクライム大会。
2週前に山岳ブルべの大一番を終えたこともあり、燃え尽きたってわけじゃないけど気楽に走りたいなあ、と思っていました。
前の晩にはちょうどサッカーの大一番もあって家族で録画観戦して歓喜、準備はぬかりなく済ませたもののあんまりレースのことには頭が行かずじまい。よって早めの就寝もうまく眠りに入れて4時間ほどしっかり睡眠をとりました。
2時に目を覚まして準備、2時40分頃に家を出て給油と朝食の調達を済ませて練馬から関越にin。
こんな時間ですからガラガラで順調に進みますが・・・
b0144082_8234762.jpg

途中から雨が降ってきました。電光掲示板によると本庄児玉まで雨走行注意とのこと。
うむむ・・・場所によっては土砂降りと言っていいくらいに降っています。群馬県に入っても小降り、霧雨程度に降り続いたまま前橋で関越を降り、指定された駐車場に4時半ごろ到着。
一部ピロティになっているところもありますが、そこは既に満車だったので屋外に駐車。空模様とにらめっこしますが降ったり止んだりの模様。
スマホで雨雲の様子を確認するとこんな感じ。
b0144082_8235840.jpg

おいおいこのあたりだけじゃねえか!ま、これならそのうち止んで予報通り曇りになるだろ、ということで雨脚が弱くなったところをついて諸々支度。
バイクの用意を済ませて車内で着替えたり朝食を摂ったり。周りを見ると、カッパを着て会場へ向かう人もいるし、自分と同じように様子見しているように見受けられる人もいます。
まあ自分はここまでにかけた参加料、ガソリン代、高速代等考えたらよっぽどの雨じゃない限りは走るつもりでいましたから、どういうタイミングで出発するか、を気にしていただけですね。
結局5時30分頃でしょうか、雨がほとんど止んだところで駐車場を出発、会場までは10分もかからない位でした。

当日受付を済ませてゼッケンをヘルメットとジャージに付け、荷物を預けます。
b0144082_8242740.jpg

その後は去年と同じように周りの道路で少しウォーミングアップをしようと会場を出ましたが、小雨が降っていたので体が温まる前にびしょ濡れになりそうで、数百mで諦めました。で、自分のグループの列に自転車を並べました。
b0144082_8243720.jpg

これで試走なし、ウォーミングアップなしの完全ぶっつけ本番が確定です(笑)。
樹の下に座ってストレッチしたりトイレに行ったりしているうちに6時半から開会式。それもすぐ終わってしばらく待ち時間の後、7時にエキスパートクラスからスタートです。
見るとスタートゲートのちょっと先くらいの上空にドローンがいて、スタートの光景を上から撮影している模様。
5分おきにスタートが続き、第三グループが出発して自分のスタートは次の次、そろそろ並んで移動開始かな・・・と思いながらふと見るとドローンが何やら不穏な動き。ダイナミックな画像を撮ろうとしているのか?と一瞬思いましたがあっという間に錐もみ状態になってドッカーンと墜落。ありゃりゃりゃりゃ・・・何てこった。
ちょっと離れたところなのでどういう状況なのかわかりませんが、煙が上がっています。
b0144082_8244913.jpg

間もなくアナウンスで、落ちた場所はコース外だが安全確認のため次のグループの出発を遅らせる、とのこと。で、どの位余計に待ったでしょうか。10分もないくらいだと思いますが、やっとスタートに向けて上がってきた気持ちがまた萎えてしまいました。
心拍も90くらい。いくら緊張しないからってちょいと低すぎますw
b0144082_8245873.jpg

それにしてもドローン、何もないところに落ちてよかったです。あれが選手が走っているコース上だったら・・・各グループ後方の選手がスタートラインを超える頃にはそれなりにスピードが出ていますから、大変なことになる可能性もあったわけです。いやあ怖い怖い。
そんな訳でちょっと遅れて前のグループがスタート、続いて自分たちのグループもスタート位置につきました。
b0144082_8305857.jpg

ここでやっと心理的にも「レースだガンバるぞ!」と気持ちが高揚してきました。

そしていよいよスタート!号砲に合せて車列が動き出し、会場を抜けてK4に出て上細井町の交差点を越えるまでが短いパレード区間。計測開始地点でガーミンのラップボタンを押しました。
20.8kmの楽し苦しいレースの始まりです。
今年はとにかく試走していない(夏休みに途中まで上っただけ)ので、去年の自分のレポートを読んだりしておぼろげに組み立てを考えていました。
去年と同じタイムを出すためには平均14.2km/h出す必要があります。前半緩く後半キツいこのコースでは、前半に貯金を作って後半でそれを食い潰していくことになるでしょう。
夏休みに走ったときに引き返した大河原橋までを20km/hで行ければいいタイムが出るに違いない、そんな目論見をたてていました。

スタート直後は勾配が緩いこともあって25km/h以上で走ります。飛ばし過ぎずに常時20km/h前後で・・・などと考えていましたが、実際には思った以上に勾配が緩いので飛ばしている意識がなくてもかなりのスピード(もちろん自分比w)が出ていました。
いつもヒルクライムレースでは最初の3kmくらいは心肺が上がらずとてもキツい思いをするのですが、今回はあまりそれがなかったですから実際抑え気味で走っていたんだと思います。
そして大鳥居を過ぎ、畜産試験場前の交差点を過ぎ、勾配が少し増しペースも落ち着いて来ました。
大河原橋で19km/hだったかな?もうちょっと先だったかな?目論見より少し遅いけど脚の残り具合からこのまま行けばそれなりのタイムが出せそうだな、とちょっとばかりとらぬ狸の皮算用を始めたりしました。
ただ、試走していないのでこの先どの程度タレてしまうものやら想像がつきません。
なので山間に入ったあたりでは少し抑えぎみだったかな・・・これが最終的には仇になったようなならないような。

山間の最初はしばらく直登です。去年のブルベ「上毛三山」で下りの振動に悩まされた区間ですが、その後舗装し直したのかきれいで滑らかな路面になっていました。って、気がついたのは下りでですけどね(笑)
さらに進むと九十九折れに入ります。ガーミンが示す斜度は一段と上がりますがスピードもそれまでより上がっていました。??そんなわけないだろ・・・ガーミンの斜度自体あまりあてにならない上にちょっとタイムラグがあるからそんなことになったんでしょう。
まあでもカーブが続いてそれまでの道より変化が生まれ、走りが楽しくなったのは間違いありません。
後半の中盤くらい、一番勾配のキツい区間がしばらく続くあたりでもスピードは落ちるもののあまり苦しさは感じることなく上っていたような気がします。

ただ、筋肉を休めるためにちょっとダンシングをしたら、その後で腿裏にちょっとつりそうな気配が・・・。
これはまずい、と少しペースを抑えたところで丁度勾配が大きくなり、ちょっとの間10kn/hを割ってしまいました。
去年の自分のレポートを読んだら2度ほど10km/h以下になったようなことが書いてあったので、今年はまずは2ケタ厳守、と思っていたのですが。まあずっとガーミンとにらめっこしてるわけじゃないから、その時だけじゃなかったかもしれないですけどね。

その後出てくる後半の九十九折れは勾配が緩くて加速しながら気持ちよくカーブを曲がれるところです。
ゴールまで残り5km、4km、3kmと距離を減らし、同時に平均時速も0.1kmずつ順当に下がっていきます。そしてついに残り2kmを切ったあたりで14.3km/hとなりましたw

あと0.1km/h下がったらほぼ去年と同じです。ありゃりゃこりゃまずいゾ・・・と気合いを入れ直してペダルを廻していると、勾配がかなり緩くなってきました。そういえば一番最後でこんなふうになるんだっけな、と思いつつラストスパート!自分でも不思議なくらい簡単にスピードが乗り、20km/hを軽くオーバーして疾走(あくまで自分比w)、前を走る人たちをゴボウ抜きにしたのです(あくまでイメージw)。
そのまま最後の直線に入りダンシングで踏み込むとゴールのゲートが見えてきました。
あそこまでこのペースで!と必死にもがきますが、やっぱり最後までもたない(笑)、去年とおなじです。ダンシングからシッティングに戻って減速しながらゴール!
・・・タイムは1時間26分台。昨年の記録を上回るという最低限の目標は何とか達成しました。正直、残り2~3kmまではもうちょっといいタイムが出せるんじゃないかと思っていたのですが、やっぱりそううまくはいかないですね。

ゴール後は列に並んで荷物受取まで直行、さらに下山待機場に進んで順番待ちです。
ここで去年と同様になめこ汁がふるまわれました。去年はありがたいものの生ぬるくてちょっと残念な感じでしたが、今年は熱々で大変おいしくいただけました。タイミングの問題かも知れませんが色々改善されていて素晴らしいですね。
さらに待ち時間もほとんどなく、なめこ汁の空きコップを回収に来てくれるのと同時に下山が始まりました。
b0144082_827182.jpg

ハルヒルは全員上り終わるまで下山が始まらないので待ち時間がすごく長いのですが、赤城山は上り下りで車線を分けるのでそれほど待たずに下ることができます。道幅の問題とかあるのかも知れませんが、これははっきり運営の差が出ていますね。(上の写真は対向車線の人たちもゴール後ですから緩い雰囲気です。)
会場までスムーズに下りてきて、出店を冷やかしてちょっとだけ買い物を済ませ、自転車を押して撤収しようとしたらすぐそこにぽっぽさんがいるではありませんか。参加されているとは知りませんでしたよ。
レースの結果とか最近の様子などしばらく立ち話をして、また一緒に走りましょうとご挨拶をしてお別れ。
b0144082_8271475.jpg

あとは駐車場に戻ってお片付けです。
b0144082_8272540.jpg

結局雨はそこそこで上がったのですが、路面は下りの途中まで完全にウエットだったのでもう泥まみれです。
b0144082_8273674.jpg

回りにはその場できれいに拭きあげている人もいましたが、帰ってからゆっくり掃除することにして汚いままクルマに載せました。
帰りは時間があったので下道で、セーブオンで家族のお土産にぷにもっちぃを調達したりカインズホームで工具を買ったりしながらのんびり帰宅。帰宅後はバイクをクルマから降ろしてそのまま洗車しました。

こんな感じで全行程を終了、今年も楽しく赤城山のヒルクライムを走ることができました。
去年のタイムを少しでも上回る、という緩い目標も一応達成です。タイムを去年から1分35秒縮めました。
でも、どうももやもや感が拭えません。
序盤でいつもの心肺の苦しさをあまり感じなかったり、中盤でちょっと抑え気味に走ってしまったり、ラストスパートでやけにスピードが出たり・・・端的に言って出し切れてないんじゃないの?ってことですw
もちろん走っている最中は全力のつもりだし、ゴール後はもう動きたくないッ!ってくらいに最後は踏んでいるし、体力が余ったわけじゃないんですが。
ペース配分をうまくすればあと3%くらいは絞り出せたんじゃないか?って気がしてなりません。
理由として試走とか気持ちとか、いろいろ書き連ねることはできるけどそれは割愛。
年末のまとめか来年の始めか、来年のレース・ブルべ出走計画についてはこれから考えますけど、今の気持ちではこの赤城山は来年リピート参加する第一候補ですね。お金は余計にかかるけど当日受付で参加しやすいとかそういう要素もあるし。まあ年末になったらまたいろいろ考えましょう。
b0144082_8274696.jpg


霧雨の中赤城山に上ったたくさんの参加者の皆さん、お疲れさまでした~
Urくん、またも入賞おめでとうございます!すっかり常連ですね~、次のレースは表彰台だ!
ぽっぽさん、今度はスタート前からご一緒しましょう!
ツイッターで応援、お祝い頂いた仲間の皆さん、改めましてありがとうございました。
当日まとめて一言お礼を言っただけになってしまい大変失礼しました。色々お言葉頂いて本当に嬉しかったです。また一緒に走りましょう!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-10-02 08:33 | 自転車 | Comments(8)
Commented by 24we at 2015-10-02 09:17 x
赤城HCお疲れさまでした
実走レポート思わず引き込まれます
去年より1.5分以上縮まったのは凄いと思います
やはり試走を何回かしていないと
ペース配分がうまく出来なさそうですね
また
のんびりライドもよろしくお願いします
Commented by araita at 2015-10-02 10:09 x
お疲れ様でした!

しかし常に登ることが主になってしまってるんですね〜
それも、とにかく時間をかけずに…^_^

それがgonさんのロードバイクに乗るというひとつの目標
なんですね。
日に日に体力気力共に、差をつけられてしまいます。
僕の方は、常にファンライドを心掛けます(^_^)v
Commented by gon_oz at 2015-10-02 21:54
24weさん
コメントありがとうございます。
1年経つとコースの細かいプロフィールとか、距離感とか、忘れちゃってますね。
その時その時ではベストを尽くして走っているつもりですけど、後からトータルで振り返った時の空回り感というかもうちょっと何とかなった?感は今までのヒルクライムレース後にはなかったものです。
なかなか足繁く通うこともできないけど、次の機会にはできれば2回くらいは試走したいですね。
これでひと段落着いたので、年内残りはのんびりライド中心で行きたいです~
Commented by gon_oz at 2015-10-02 23:03
araitaさま
コメントありがとうございます。
9月は山岳ブルべとヒルクライムレース、その前の8月はがっつり上る企画のファンライド、と何だか上りっぱなしでしたね~。
白石峠30分切り、っていう実現不可能に近い宿題は残っていますけど、ひとまずこれからはファンライドに邁進したいと思っています。
相変わらず日曜中心にはなりますけど、タイミングが合えばまたご一緒お願いします♪
Commented by キャトル at 2015-10-03 09:25 x
gonさんの最近の記事を読んでて感じますが、確実に1ランクレベルアップされてますよね。でも、gonさんはそれに気付いてないような…今回の赤城に関しては出し切れてないんじゃないかと思いますよ。恐らく今のgonさんでしたらもう少しペースを上げられるような気がするんですよね〜。御自身で思ってる以上にポテンシャルは高いのではないかと。偉そうに言ってしまいましたが…すみません(^^;;
Commented by gon_oz at 2015-10-03 12:58
キャトルさま
なんだか過分なお褒めの言葉をいただき恐縮デス・・・
う~ん、実際レベルアップしていればいいんですけど、前回書いたように白石峠のタイムも結局一年間ほぼ変わらなかったし、脚力のスタミナは多少はついたのかなあ、ってくらいですかねえ。
まあ選手じゃないんだし、楽しめる範囲で気長にレベルアップしていければいいかなあ、などと考えて自分を納得させたりしています(笑)
そんな感じでゆるりと、またご一緒しましょう!
Commented by ぽっぽ at 2015-10-07 18:26 x
赤城山お疲れ様でした~(^^)
少しでしたけどお話できて嬉しかったです!
お互いに来年につながるタイムが出せてなによりです。
これからはファンライドを楽しみましょう♪
Commented by gon_oz at 2015-10-08 08:43
ぽっぽさん
先日はどうもでした~
終始ぽっち参戦になるところでしたが最後にお会いできてよかったです。
年内残りは一つ短いブルべを残してますけどファンライド中心で行きたいですね。
山方面中心に行きたいところも色々あるので、タイミング合えばご一緒しましょう♪