L S C H

北風ライドto奥武蔵

2/21は最初のヒルクライムレースまで2ヶ月を切ったこともあってちょっと上っておきたいなあ、ということで今年初の白石峠に行ってきました。
前の晩は遅くまで雨の予報だったので朝のうちはウエットコンディション確実ですが、それを気にするとこの週末はノーライドになってしまうのであんまり考えないことにしました。

5時15分のアラームで目を覚まし、準備やら朝食やらで家を出たのが6時すぎ。だいぶ日が長くなったのでこの時間でライトがいるかいらないか、っていうくらいの明るさですね。
路面は予想通り完全ウエット。

家から5kmほど走ったあたり
IMG_0542

荒川CRに入り朝霞水門を過ぎたゴルフ場の脇
IMG_0546
完璧にウエットです(笑)

でも
昭和田んぼ
IMG_0556

入間TT区間
IMG_0560

と走るにつれて空は雲がなくなり晴れ渡る気配を見せ始めます。そしてやっぱり風が強い。季節的には終盤ですが、やっぱり荒川峠ですね。
このまま晴れて風が吹けばすぐに乾くだろ、と確信しました。

入間大橋を超えてちょっと行ったところで撮影タイム
IMG_0568

さらに先に進みます。
IMG_0570

圏央道と交差するところで荒川CRを離脱、さらに圏央道の側道を逸れたあたりでもう路面は乾いていました。
IMG_0574

戸守を超えて物見山でトイレだけ済ませ、田中セブンにin。
IMG_0577

ウエットコンディションを走ったおかげで既に車体が汚れまくっています。
IMG_0575

朝食その2を済ませて、いざ白石峠へ。
山あいの道に入っていくとまたウエットとドライが混在していました。
IMG_0578

IMG_0579

さらにバイクが汚れますorz
相変わらず風は強い・・・

そして上り口に到着。
IMG_0581

まとまった距離のヒルクライムは上り初めのヤビツ以来一ヶ月以上ぶりなこと、少しですけど体重が増え気味なことなどから、アタックするにしてもベスト更新などとても望めません。
いいとこ四捨五入して30分、つまり35分切りできれば御の字だろうなあ、などと考えつつ上り始めました。
最初の1~1.5㎞くらいはいい感じです。入れ込んでいないから気楽に廻せてるような気がしました。
でも、当然のようにその後はどんどんタレてきます。ベストを出した時はほとんど10km/hを下回ることがなかったように記憶しているんですが、自分がそんな風に走れていたなんて信じられない感じ。ちょっと勾配がキツくなるとすぐに8~9km/hになってしまいます。そしてダンシングの多用。こりゃダメだ~、と思いつつ何とかこらえて漕ぎ続け、峠に到着・・・タイムは35分52秒、目標未達です。
IMG_0584

やっぱり今はこんなものでしょう。これから2ヶ月の間にどんどんアゲていきたいですね。

四阿で自分の直後に上ってきたローディとちょっとお話し。彼は山頂まで行ってみるとのこと。天気が良くて眺めが期待できそうなので自分も行ってみました。
途中2~3ヶ所雪が融けきっていないところもありましたが、概ね問題なく走ることができます。
ゆるゆる上って堂平山到着。
天気がいいってのはやっぱり気持ちいいです。
IMG_0596

IMG_0598

上の写真だと小さくてわかりづらいんですが、スカイツリーも見えていました。
拡大すると
24549402784_1cabf52869_o
わかりますかね。

あまり長居はせずにまた白石峠まで下ります。パラグライダーの発着場で写真を撮ろうかと思ったんですが、風で自転車が倒れるのは間違いない感じがしたのでスルー。

峠からは大野峠方面も定峰峠方面も路面凍結通行止の看板が出ていましたが、堂平山への道の状態から見てどちらも大丈夫だろうと判断、高篠峠まで行って大野峠線で下ることにしました。
高篠峠までの道も1~2ヶ所わずかに路面に雪が残っているところがあるくらいで問題ありません。数km走って、高篠峠に着いてみると・・・・
IMG_0601

いきなりこの状態です。ここは広くなっているから陽当りもいいはずですけど、標高が高くなっているからですかねえ。上の写真の直進方向は大野峠へと続くグリーンラインで一番標高が高いエリアですが、ちょっと進むのは難しそうに見えました。

大野峠線を下りる方向はこんな感じ。
IMG_0602

丁度ここを上ってきたローディのおぢさんに訊いてみると、この先下りていくのはやはり問題ないとのこと。

なので予定通りここを下りて行きます。
IMG_0603

山肌にわずかに残る雪と木陰のコントラストがきれいだったので
IMG_0606

この後はそのままズバッと下ります。宿の直前、とき庵の横あたりで梅が7分咲き、ってところでしょうか。
IMG_0609

宿の交差点を右折、萩日吉神社の横を梨花カントリーまでいつもの激坂を上ります。白石の体たらくに比べて、こっちは意外とくるくる廻して気持ちよく上ることができました。13%超が続くので絶対的スピードは遅いんですけどね。
梨花を超えて大附に行く途中で左に逸れて弓立山(の途中)まで。
IMG_0612

最近某有名ブログで、ここのことを役所に訊いたら上まで行っても構わないって言われたようなことが書いてありました。それじゃ行ってみようか、っていう気がなくもない感じでここまで来てみたけど、やっぱりそういう伝聞だけでこれを突破するのはちょっといかがなものか、と思ってやめておきました。

引き返した後は大附の激坂を下って楠線を超えます。と、そこは上谷の大楠なわけですが、今まで見たことのない光景、クルマと人で溢れかえっています。
理由は明らか、前夜の「アド街」が越生の特集で、この大楠も取り上げられていたんですよね。いやあ、テレビってスゴいですねー。
IMG_0613

詰まって動けなくなりクラクションを鳴らすクルマの横をすり抜け、上の写真を一枚だけ撮ってそそくさと先を急ぎます。
牧場の横を通って梅林の辺りに出るまでにも何台ものクルマとすれ違い、歩いている人もたくさんいました。
そして梅林まで出てきましたが、ここら辺りも当然凄い混雑です。梅はもう一息ってとこですかね。
IMG_0614

混雑を抜けてシロクマパンの前の道で何枚か。
IMG_0616
IMG_0618

本当ならシロクマパンで昼飯にするのに丁度いいタイミングですが、しばらくお休み(心配ですね・・・)なので、そのままK30に入り、去年の夏至チャレでスタート・ゴールだった毛呂山のセブンで補給休憩。
IMG_0622

あとはいつもの道をノンストップで家まで走りましたが、帰路もずっと風が強く時々ハンドルをとられつつ慎重に走って早めの4時前には家に着きました。その後は自転車を家に入れる前にソッコーで洗車、
IMG_0629

午前中の汚れをきれいに落として、あとは室内で各所掃除してお終いとなりました。


160221_白石峠
150km2000mと数字は控えめ時間も短めでしたが、これからどんどん暖かくなって走りやすくなる季節のとっかかりとしてはまあちょうど良かったんじゃないでしょうか。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-02-24 08:50 | 自転車 | Comments(0)