L S C H

雪景色の奥武蔵を走る(前篇)

前回エントリーの最後に一言載せたライドに行ってきました。
これが予想外の展開になり、とても印象深いものになったのでそのご報告を。

コメント欄でぽっぽさんとキャトルさんから返事をいただき、これは楽しいライドになりそうだと期待しましたが、問題なのが天気。
当日は曇りの予報でしたが、その前の木・金あたりの予報が東京は雨、秩父は雪。土曜の秩父の最高気温が5~6度。
山の上の方は雪が残って走れない公算大です。うーん、どうしよう・・・と他のルートを考えたりネット上で可能な限りの情報収集をしたり。
で、土曜午後に出した結論は、予定通りにスタートしてダメだったらその時に考える(笑)。いやもう状況がわからないからしょうがないです。
まあグリーンラインは難しいだろうなあ、というのは覚悟しておきました。
ただそうなると、こっちはどこを走るかわからない、キャトルさんはショップの走行会を途中離脱、どこで合流できるのか?難易度が一層高くなりました(笑)

家から集合場所までは約25kmなので余裕を見て5時15分頃出発、思ったより時間がかかりましたが6時40分頃到着。
イートインコーナーがあるので集合場所に選んだローソンですが、進行方向と逆側なので信号を渡らなければなりません。
信号待ちしながらふと見ると、イートインコーナーの前にロードバイクが一台停めてあってローディが座っているのが見えます。
でもロードバイクはぽっぽさんのルックでもニールプライドでもない真っ黒の車体だし、ローディも遠目でも明らかにぽっぽさんじゃありません。
たまたま見知らぬローディが休憩してるんだなー、と思いつつ信号が変わって店まで寄りついてみると、こちらに手を振るローディは24weさんじゃないですか!
まるで予想していなかったので結構本気でビックリしましたw。
朝ツイートをくれていたそうですが、自分が出発した後だったようで気がつきませんでしたよ。ドタ参頂き嬉しい限りですー。
そして24weさんによると、あゆさんもドタ参表明してこちらに向かわれている模様とのこと。なんとなんと、これは嬉しさ楽しさ倍の倍、ドン!です。ありがとうございます~
まもなくあゆさん、引き続きぽっぽさんも到着されました。

IMG_1025

予定より人数が増えて賑やかになりました♪
それに、これなら路面状況等難しくなった時にも路頭に迷うことはないでしょう(笑)
準備ができたところでスタート。
健脚の3人を自分が牽くわけですが、ここで気負ってスピードを出し過ぎると足がなくなり、後半で死ぬことは日の目を見るより明らか(いや結局死ぬわけですがw)です。
多少かったるいと思われても自分のペースで走るしかない・・・と大体28km/h程度(←ココ重要)で進みます。

まずはバーディクラブの坂で準備運動、引き続き成木街道から小沢峠を上ります。

IMG_1026

名栗側に下ってK53を左折、西に走って山伏峠上り口までが思ったより長かったですね。
IMG_1029

この区間は最近逆向きは何回か走りましたが、こっち向きはほぼ2年前に初めてYabooさんのライドに参加した時以来です。
IMG_1033

その時と同じようにトイレ休憩し、みんなで上り始めます。するとあゆさんが「TTするよ~」って感じでカッ飛んで行ってしまいました。
それはもう、カメラを取り出して写真を撮る暇もないくらいです。
ところが・・・カーブを一つ二つ過ぎてみると、工事区間の信号に足止めを喰らったあゆさんの後ろ姿がw
IMG_1035

ここでやっと写真に収めることができました。
信号が青になると改めてそれぞれのペースで、自分はゆるゆると上って山伏峠に到着。
IMG_1036

IMG_1038

気温は0度前後、寒~い!

IMG_1039
この先、ちょっと下って今度は正丸峠への短い上り。

IMG_1040

IMG_1041

そして峠に到着。
IMG_1042

IMG_1045

この時まだ9時台でしたが茶屋には一組お客さんがいましたね。
ここからの下りはちょっと長いのでウインブレを着こみ、下山開始・・・道が悪いしカーブもキツめ(勾配は緩め)なのでさほどスピードは出ませんが、それでもこの下りの寒さたるや!!
どの位寒いかというと、ぽっぽさんのサイコンが寒さで充電不能となり、懐で暖める羽目になるほどです(笑)

下りきると次は刈場坂線の上りです。
IMG_1047

これを上りきれればこの日のルートのチーマ・コッピ(最高地点)です。刈場坂峠の標高は800m超、果たして上りきれるのか? (路面的に)
途中で雪が積もっていたらそのまま下りてきてR299を適当なところまでさらに下るつもりでしたが、とにかく行ってみるしかありません。
キャトルさんと、ツイッターでこの界隈を走っていることがわかったYabooさんに行動を知らせるため、刈場坂線を上る旨一言呟いてからスタート。
IMG_1048

夏至チャレの時はパンクにより途中で折り返したので、この道を下から上るのも久しぶりです。もうちょっと緩い気がしていましたが、結構キツくて長い・・・路面は単なるウエットですが、周りの景色が段々雪深くなってきます。
IMG_1052

IMG_1053

上の方はこんな感じ、ぎりぎりセーフですね。
IMG_1055

そしてこの写真の直前だったか直後だったか、行く手の路傍で24weさんがパンク修理中、ああこんなところで・・・
「大丈夫だから先行ってください」とのこと、ぽっぽさんもいたので結構トイレが差し迫っていた自分はお言葉に甘えさせてもらいそのまま通過です。スイマセン~
さらに進んで峠間近のあたり、先行していたあゆさんが下りてきました。24weさんの大魔王は把握されていて、様子を見に下りていくそうです。自分は結構トイレが差しs(ry
そして間もなく、峠まではウエット路面のまま辿りつくことができました。

IMG_1058

期せずして一番遅い自分が皆さんの上りを待ち受ける形になったので、せめて写真をば。
IMG_1061 - コピー

IMG_1064 - コピー

そして、刈場坂峠といえばお決まりのこの構図。
IMG_1068

もちろんこんな雪景色は初めてです。
ちなみにちょうど一年前、去年の3月15日にあゆさん、take-iさんと3人で走った後で一人でここに来ましたが、その時の写真がこれ。
IMG_0119

春ですよ、春!うーん何というこの違い(笑)

さてこの先、元々考えていたルートは奥武蔵支線を下りて白石峠ですが、いろんな意味でもう白石峠はあり得ない・・・とはいえまずは下るしかありません。
予定通りに奥武蔵支線を下りますが、800m超の北斜面、この日のルートで一番危険なところです。
案の定・・・
IMG_1077

クリートを外し、轍の上を慎重に下りて行きます。
でもさすがにこんな状況は700mより上くらいだけでしたね。ちょっと下るとすぐに路面の雪はなくなり、ウエットからさらにドライ、とどんどん走りやすくなります。
山あいを抜けて直線基調になり、特産物販売所までの長くスピードの出る下り・・・寒い、寒すぎる・・・体の芯の芯まで冷え切りました。

IMG_1078

ここでこの先どうするかを相談、とにかく暖かいものを食べたい!で満場一致、宿交差点手前のうどん屋「やすらぎの家」に行くことにしました。
それをキャトルさんにツイッターのDMで伝えようとしたのですが、寒さで手が震えてうまく打てない!何度もやりなおしてやっと送信、4人でもう一下り、と進みます。

すると間もなく工事の片側通行で信号待ちに引っかかりました。
と、停まったところで反対車線を走り抜ける2~3人のローディ・・・ふと見ると一台はBMCです。
通り過ぎる瞬間だったので顔は判別できなかったけど、とりあえず後ろ姿に「キャトルさ~ん!」と大声で呼びかけてみました。でもタイミングも遅れたのでさすがに届かなかったらしい・・・
キャトルさんなら向こうもこっちを探しているはずだし、やっぱり違ったか・・・と思ったのですが、24weさんだったかな?が「カットライクのヘルメットを被っていた」と教えてくれたので、それなら間違いない!と慌てて方向転換、全速力で追いかけます。

三流ドラマみたいな切り方ですがw、ちょっと長くなってしまったのでとりあえずここまでが前編ということで(^^;

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-03-14 23:45 | 自転車 | Comments(2)
Commented by 24WE at 2016-03-16 22:40 x
先日はありがとうございました
刈場坂峠の去年と今年の落差が面白いですね
同じ場所に見えないです。寒かった
あらためて自然の力を感じさせられます。
カットライクの件はあゆさんかpoppoさんだと思います。
Commented by gon_oz at 2016-03-16 23:15
24weさん
先日はどうも+コメントありがとうございます。
あれ、そうでしたか(カットライク)w
とにかく皆さまのおかげで実に印象深いライドになりました。感謝です。
またご一緒しましょう(山だらけも一応エントリーしちゃいました)。