L S C H

有間峠でやらかしました・・・

ハルヒル前最後の坂練は比較的近くて長い上り、ということで有間峠に行ってきました。冬の間は崩落と積雪で通行止めになっていたこの峠、4月下旬に開通したばかりです。
自分が上るのは去年の8月以来2度目ですね。

朝は5時半頃いつものように支度をして出発。
走り始めてちょっとしてガーミンをよく見ると、ケイデンスと心拍を表示していません。
・・・しまった、先日来の不調で一度ガーミンを初期化したのに、スピード/ケイデンスセンサーとHRセンサーをペアリングするの忘れてた。
すぐに停まってあれこれ操作、心拍計はペアリングできましたが、スピード/ケイデンスセンサーはうまくできない・・・家から1km走ってないとはいえ、戻ってマニュアルを見たりするのはかったるい。まいっか、とあきらめました。ガーミンの数字ばかり頼りにするのではなく、自分の感覚を大事にしなくちゃ・・・と無理やりポジティブ思考。

その後はいつものルートで所沢を抜けて、この日はR463バイパスから飯能市街を抜けてK70。
原市場のセブンで最初の休憩、ここまで約45kmです。

IMG_3839

K70からそのままK53になってしばらく進み、まずは名栗湖までの短い上り。

IMG_3840

湖畔での写真は下りてから撮ることにしてトイレだけ済ませ、先に進みます。

IMG_3841

湖の北側を走って観光釣り場まで来ると、右に曲がってここからが林道広河原逆川線、有間峠への上りです。
IMG_3842

序盤からキツい勾配が続きます。体感的には9~12%くらいかな?というところ。峠道ではGPSによるガーミンのスピードがまるであてにならず、ヘンな数字で暴れまくっています。勾配もスピードに連動して計算しているのか、安定して10%程度の斜度が続いているのに0%~22%くらいの間を不規則に行ったり来たり。

IMG_3845

しょうがねえなあ・・・高度は合っているだろうという希望的観測に基づき、林道入口が400mだったのでおおよそ700m以上上るんだな(有間峠が1100m台というのは覚えていた)というのを目安に進みました。

IMG_3849

勾配としては最初の3~4kmくらいが一番キツかったですかね。

それから少し緩くなって高度1000mを超えたあたりで一旦斜度は足踏み、1.5km程度のアップダウンになります。

IMG_3857

そこからさらに最後の1kmちょっとで100m前後上って峠に到着。ハイカーの人たちか?車がたくさん停まっていました。
IMG_3859

IMG_3866

曇りで見通しはききませんが、辛うじてさっき通ってきた名栗湖を見下ろすことができます。
IMG_3861

この眺め以外には何もないので塩タブレットを口に入れて休憩したらすぐに下ります。

峠の気温はガーミンによると約6度。1100mくらいならもうそんなに寒くないだろうと踏んでウインブレも持たずに来たのはハイ、失敗でした。下りの寒いこと寒いこと・・・寒さ回避のために全くスピードを出さずにゆっくりゆっくり、写真を撮るのに停まったりしながら下りていきます。

IMG_3871

IMG_3873

IMG_3875

かなり下の方まで下りて、小さい橋で小川を渡った時に写真を撮ろうか、と徐行。どの辺がベストの撮影ポイントかな~、と値踏みしながら下りたけどやっぱり上の方がいいかなあ、とストップしました。
こういう時は大概まあいいや、とそのまま下りてしまうんですが、何故かちょっと上り返して写真を撮ろうと思っちゃったんですよね。ほんの15~20mくらい。
下ってますからギアはアウターで7か8速くらいだったかなー。方向転換して、ちょっとだけだから試しにこのままで上れるかどうかやってみよ、と右足から漕ぎ出し、左足をペダルに乗せて思いっきり踏み込んだら・・・

バキッッ

聴いたことのない音が響きました。
視線を落とすと左のペダルが骨折したみたいに変な角度で折れ曲がっています(笑)。
停まってよく見ると・・・なんとカーボンの板バネが折れてなくなっています。
動転はしなかったけど、あまりにがっかりしたので写真はなし(笑)
いくら無理な乗り方で過剰な荷重をかけたからといって、正しく踏んでいれば板バネが折れるわけありません。
きっとペダルの裏に乗ってしまい、板バネ(裏からは直接見えてます)をクリートの出っ張ってるところで思いッきり踏んづけた、とかそんなところでしょう・・・何やってるんだか。
回収したってしょうがないんですが、折れた板バネの半分(Mavicの黄色いシールが貼ってあって目立った)は見つかりました。残り半分はどこかに吹っ飛んでいったのか、行方知れずです。

orzになりながら湖畔まで下り、ダムで一休み。

IMG_3879

IMG_3880

このあとのルートは、時間と余力によっては常盤林道(成木峠)を上ろうかと思っていたのですが当然キャンセルです。

小沢峠~松ノ木トンネル~笹仁田峠(峠というよりはちょっとしたコブですねあれは)と進み、K179のミニストップで休憩して帰宅したのでした。

IMG_3881

IMG_3882

IMG_3883

この日はこんなアクシデントの他にも、見通しの効かない住宅街で信号無視するクルマやら逆走して向かってくる中学生の自転車群やらあり得ないタイミングで横道から飛び出してくるクルマやら逆走+信号無視のローディやら、もうとにかくなんちゅうか気分の悪くなること満載のライドでした。
まあペダル壊したのは自業自得だし、メインの上り自体は楽しかったからいいんですけどね。

160515_有間峠



帰宅してシャワーを浴びたらすぐにペダルを購入したショップに持ち込んで修理を依頼しました。日曜のハルヒルに間に合うよう、何とか土曜日中に直りませんか!とお願いです。
メーカーに送るので返事は改めて、とのことで翌日連絡をもらいました。
メーカーでの修理はおそらく土曜日までにはあがらないが、それでは申し訳ないのでショップの貸出用ペダル(たぶんお試し用があるんだと思います)を貸して頂けるとのこと。
おおお、ありがとうございますぅ!これを聞いた瞬間目頭が熱くなりました(ウソ)。何て素晴らしいショップなんだ!
今のペダル+シューズを買う前に使っていたSPDで走ることを覚悟していただけにこれは嬉しいです。SPDはビンディングとしての性能には何の不満もないんですが、シューズがとにかく最廉価版なのでフィット感に劣って足が中でちょっと動くんですよね。平地ならいいんですが今さらあれでヒルクライムはストレスです。多分タイムはまるで変わらないでしょうけど(笑)。


さて、ここまできたらあとはハルヒル本番で上るだけです。
恒例の目標は・・・自分の目標なんて誰も興味ないでしょうけど、自分がガンバる糧として一応また記しておきましょう。
去年の記録は58分36秒。これを上回ることが最低限の目標ですが、もうちょっと上の57分台が自分としての合格ライン、としておきます。56分台がでれば望外の喜び、ということで。
また、今年は大台に乗ったことで年代のグループが変わり、去年の年代別最年長から最年少になりました。去年は年代別で30%以内を目標に掲げて29.79%とぎりぎり滑り込んだわけですが。
去年のタイムでひとつ上の年代になると何位なんだか確認していませんが、同じ30%ってわけにはいかないから、やっぱりキリのいいところで年代別25%以内、を目標にしなきゃいけないですかね。って義務じゃないですけどw

まあタイムの方はどうなることやらわかりませんが、体調・天候共にいいコンディションで本番を迎えたいものです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-05-17 23:19 | 自転車 | Comments(2)
Commented by キャトル at 2016-05-18 20:20 x
こんばんは!

ハルヒル前にツイてなかったですね…

それにしても良心的なショップですね〜♪良かった♪良かった♪

またハルヒルでお会い出来るといいですね♪(´ε` )お互いベストを尽くして頑張りましょうね!


Commented by gon_oz at 2016-05-18 21:28
キャトルさま
コメントありがとうございます。
いやあ、ツイてないっていうか自分が悪いんですけどね、今度ばっかりは。ほんとにこのTIME(=Mavic)のペダルには泣かされっぱなしです。
今年はまた人数が増えているみたいだから会えるかどうか・・・とにかく全力でガンバりましょう!!