L S C H

Mt.富士ヒルクライム大会2017参戦記(後篇)

前回の続きです。前もってお断りしておくと、文字ばっかりです(笑)

列の前の方から動き出し、自分も周りの人と同じようにクリートを嵌めてゆっくり走りだしました。
胎内洞窟入口の交差点を左折してスバルラインに入ると間もなく計測開始地点です。通過するときにガーミンのラップボタンをポチッと押していよいよ富士ヒル2017の本番がスタートしました。

目標はブロンズ、ということは24kmを平均時速16kmで走らなければなりません。ガーミンに表示されるラップ平均距離と心拍が頼りです。
試走の時は序盤の7~8kmのキツめの範囲が終わった時点で12km/h前半、その後上がったり下がったりで最終的に13.1km/h。単純にその図式を当てはめると序盤を15km/h前半で乗り切れば16km/hに乗せられるかな、と。
最後の平坦区間のスパートで0.4~0.5km/h数字を持ち上げることが出来そうだから、四合目の後の急勾配を乗り切った時点で15.5km/hくらいをキープできていれば・・・などとぼんやりした数字を思い浮かべていました。

まるでアップできなかったので、いつものように最初の入りは心肺が猛烈キツい。前日もあゆさんからアドバイスもらったように、序盤は飛ばし過ぎないようにと考えますが、とにかく心配がキツすぎてペースが速いんだか遅いんだかもよくわからない感じです。
毎度レースの序盤では同じことが頭をよぎります。「何でこんな苦しいことやってるんだろー、これがあと20km以上も続くなんて地獄過ぎてあり得ない、もうこのあたりでDNFしちゃおうかな~」笑い話のように聞こえるかも知れませんが、わりと本気でこんなことを考えているのです。
3~4㎞走るとやっとそういう状態を脱して、落ち着いて走れるようになってきます。そこで改めてペースを上げ過ぎないように確認、少し物足りないくらいのスピードで走るよう心がけました。

第3、第4グループぐらいは混雑が酷くて(女子がグループ分けされずひとかたまりだったことが大きかったのかな?)計測開始直後はブレーキをかける場面もあったようですが、自分の周りでは混雑はしているもののそこまでのことはなかったですね。

6~7km走った時点での平均速度は15.5km/h。計画通りのいいペースです。
この先はここまでに比べるといくらか勾配は緩くなるので、このペースを維持することはそれほど難しくないはず。とこの時は思っていました。
勾配の変化の少ないスバルラインですが、やっぱり緩急はあります。7~8%のところでは13~14km/hで走り、3~4%の緩いところでは20km/hに上げて・・・とやっていくうちに、じりじりと平均速度が下がってきました。いつの間にか、勾配が少しキツくなるだけでまるで脚が廻らなくなっています。
やっぱり序盤は飛ばし過ぎだったのか?うーん、序盤もっと抑えていたとしてもあんまり変わらなかったんじゃないかな~って気がします。単なる筋持久力不足かと。

ちょっとキツくなるとガンガン抜かされ、緩くなるとペースアップしてたくさん抜かす・・・よく覚えてないけど今まではレース中にこんなに抜いたり抜かされたり激しくなかったような気がします。

うむむ、何とかせねば・・・とスピードを上げようとしますが、こんな中盤で出し切るわけにもいかないのでやっぱりペースが上がりません。
平均速度はズルズル落ちて15.0km/hまで落ちてしまいました。それが15~16㎞を超えたくらいだったでしょうか。
くっそこれじゃダメだ、90分切れねえ!と何とかちょっとだけペースアップ。でもここまでくると分母が大きいのでちょっとくらいペースを上げてもなかなか平均速度は上がりません。

平均速度がちょっと上がってはちょっと下がり、を繰り返しつつ大沢駐車場で大きく左にターン、四合目の先の急勾配を超えて山岳スプリット区間。「ここからもがけ!」と言われてもとてもそんな余裕がない・・・確かこのあたりで15.2km/hくらいでした。平坦区間に辿りつくまでに15.5まで持っていきたかったのですが、それもならず。
敗色濃厚、を感じつつそのまま平坦区間に突入。下ハンを持ち、ギアをどんどん上げて加速。ガーミンを見ると37~38km/hくらいです。自分にしてはスピード出てる方(去年は同様に目いっぱい踏んでも30km/h出てなかった)と思いましたが、下山時にわかりましたけど結構な追い風だったんですね(笑)。
周りにスピードが合う人がまるでいなかったのでひたすら一人でもがき続け、平均速度は15.4、15.5、15.6・・・と上がって行きます。15.8km/hまで上がってもうちょい!のところで非情にも残り1kmの表示が。
ああぁぁ、ジ・エンド。
最後の数百mはまた上りだし、平坦があと2~3㎞ないと平均速度は16km/hまではとても上がりません。最後の上りはそれほど失速せずに廻しきることができましたが、ゴールラインを通過する瞬間の平均速度は15.8km/hのまま、ラップボタンを押して表示されたタイムは1時間30分50秒でした(公式リザルトは53秒)。

やっぱりダメか・・・敗北感に包まれながら駐車場まで下り、荷物を受け取って身支度。ついでに一応山頂方面の写真など。
b0144082_21482149.jpg

下山はゆっくりのペースですが、どこまで下りても上ってくる参加者が途切れません。
行程の半分くらいまですれ違ったか、さすがにそこまではいなかったかな?とにかくほんっとに参加者が多いんだなって実感しました。
富士北麓公園まで戻ったら結果を一言ツイートして吉田うどんを頂き、
b0144082_21490626.jpg
食べ終わるととっとと駐車場へ。
撤収を済ませると河口湖ICから高速に乗って真っ直ぐ帰宅しました。
b0144082_21492659.jpg
撤収時にガーミンのストップボタンを押し忘れて、家までログをとり続けてしまいましたw
(上の画像、距離だけは修正してあります)
高速道路を走っている間はさすがにstravaのセグメントはないのですが、下りてからの都内下道でKOMを連発しています。これはヤバい、でもこんな結果でも富士ヒルの記録は捨てるのヤだしどうしよう・・・と思ったら「リーダーボードに不参加」という選択肢があったのでひと安心。ウソつき野郎にならずに済みました(笑)


さて、ここからが本題の反省編です(笑)。
ロードバイクに乗り始めてもう4年目ですが、毎年2~3のヒルクライムレースに出ています。
去年のハルヒルまでは毎度前回の記録を更新するなど、向上が見られたのですが、その後は

・去年の赤城山HC(3回目):前回はおろか初参加の前々回の記録をも下回る惨憺たる結果。
・今年の八ヶ岳(2回目):晴天にもかかわらず、荒天・強風の前年を1分14秒しか上回っていない。距離を考えると実質的に遅くなっている。
・今回の富士ヒル(2回目):業務多忙で前3週ほぼノーライドだった2年前から12秒しか速くなってない。実質的に遅くなっている。

うーん、なんだこりゃ(笑)。ヒドいもんです。

かねがね言ったり書いたりしてきましたが、やっぱり自分の歳で週1回のライドではなかなかタイム向上は望めません。現状維持がいいところ、よっぽど毎週高強度で走らない限りは下降線は免れないのではないでしょうか。
一応毎日体幹トレやストレッチはやっていますが、やっぱりそれじゃ足りない・・・
という現実に直面した結果(大袈裟w)、白状してしまうと今年の2月頃ローラー台(固定)を導入したのです。
自分の場合は平日の帰宅は大体0時前後、それからあれこれやってからなので実質的にローラーを廻せるのは30分程度。(朝は6時半起きで7時半ごろ家を出るので劇的に起きるのを速くしないと無理。)
あんまり最初っからガンガンやると長続きしないだろうから、週二回30分程度、というヌルい形でトレーニングを始めました。
そうは言っても今までゼロだった平日のトレーニングを定期的に行うのだから、結構すぐに効果が出るんじゃないか?と希望的観測を含めて甘く考えていました。ウィークデイにペダルを踏んで脚に負荷をかけ、心拍を上げることに意義があるだろう、ということです。
0と0.5、0.5と1はそれぞれ0.5の差ですけど、0と0.5には深い深い隔たりがありますからね。
時間が短いのでその分自分なりに負荷が高いメニューをこなしているつもり。こんなのとか。
色々読んでみるとやっぱり効果が出るのに4ヶ月くらいはかかるようなので、まあ八ヶ岳はさすがにあんまり影響なかったかな、と。
その前後、白石峠で全然タイムが縮まらないと嘆いていたのには、こんな背景があったのです。
で、そろそろ少しは効果が見えてくるんじゃないかと内心期待していた富士ヒルもこの体たらくです(笑)。
でも考えてみると4ヶ月っていうのはもっとしっかり毎日取り組んだ場合であって、自分くらいの練習量じゃもっとかかる、というか下降線を持続ラインにもっていくのが精いっぱいなのかもしれません。

うーん、なかなか先行きは厳しいですねえ。かと言ってここで根を詰めてトレーニングしてもすぐイヤになっちゃうだろうし、次の目標も決まっていないし、微上昇線を描けることを望みつつぬるめのトレーニングを継続していきましょう。同時にどんなトレーニングが効果的なのか、少しずつ学んでいきたいと思います。
反省編ではもっといろいろ書きたいことがあったような気がするんですが、既に長くなりすぎたしまとまらないので、この辺でお終いにしておきます。


ひと段落ついたことだし、そういうのと同時にファンライドも大切ですよ、うんうん。
今度の週末は気力がわかないので少しだけ、と思っていたけど今日の午後くらいから何となく走りたい気分になってきました。
24weさんは今年も走るというYabooさんの夏至チャレコース、自分も今度の週末に前半だけでも走ってみようか、なんて思っています。

これで今年の富士ヒルレポートはお終い。ここまで長文を読んでくれたアナタ、ありがとうございました!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-06-15 21:55 | 自転車 | Comments(8)
Commented by あゆ at 2017-06-15 22:14 x
こんばんは。
レポート拝見しました。あと1分弱なので悔しいでしょうね。
スタートしていつも思うことは実は私も一緒です(^^)白石峠のTTの時もいつもいつ止めるかだけを考えいますよ〜。それなのになんでやるのかよくわかりませんね。
ローラー練やっていたんですね!なんとなく平日練習されているようでしたが、ローラーとは知りませんでした。
30分しか取れないなら、アップ10分、ダウン5分で残りの15分を5分全力、5分流し、5分全力のインターバルをやってみてください。
きっと効果が出ます。
gonさんは、ロングも走れるのであとは強度の高いところをやれば、きっと30分切れます。白石峠も。

とはいえ、ファンライドも大事だと思いますので、赤城山、楽しみにしてます!
Commented by ポッポ at 2017-06-16 05:47 x
富士ヒルお疲れ様でした❗️
タイムは更新ならずも惜しい結果でしたね(>_<)
昨年は私もローラーを買って富士ヒルは結果を出せたと思っています❗️
gonさんもやり方次第だと思います。
持久力、筋力、スキルの弱いところを強化してみましょう☺️
赤城で会えるのを楽しみにしてます🎵
Commented by gon_oz at 2017-06-16 08:27
あゆさん、コメントありがとうございます。
いろいろ考えさせられる今回の富士ヒルでした。2年前の宿題を一つも返せなかったので、今年の運営にうんざりしつつ来年も出ることになってしまうのかなあ、と思っています。
まるで効果が出なくて恥ずかしいのででローラーのことは言わずにおこうかと思ったのですが、先達の皆さんにアドバイスを頂きたくカミングアウトしました(笑)
頂いたメニューも早速やってみようと思います。色々トレーニングのやり方、考え方教えて下さい。
まずは7/2、梅雨の真っ只中なのでとにかく天気が崩れないことを願っています♪
Commented by gon_oz at 2017-06-16 08:32
ポッポさん、コメントありがとうございます。
ポッポさんはローラー効果で結果を出したんですね。羨ましい限りです(^^;
自分も限られた時間の中で最大の効果を出すにはどうすればいいか、これから色々と試していきたいと思います。心肺は少しは鍛えられたかなあ、と思うんですが脚力がまだまだですね。
赤城山楽しみにしています、まだ先ですがとにかく天気がもちますように!
Commented by ぽじ at 2017-06-16 09:08 x
レースと長文レポお疲れ様でした
結果は残念でしたが・・・
ローラー練、続けてるときっといつか結果が出てくると思いますよ

フルマラソンの場合ですが
28歳をピークに加齢により1年歳を取る毎に
約1分30秒記録が落ちる統計があります
競技時間が短い富士ヒルだと40秒程度でしょうか?
それを考えると一昨年や昨年と較べても
健闘してると言えるのでは・・・?
なんの慰めにもならないと思いますが・・・(^_^;)

また次回に向けて頑張って行きましょう!
赤城楽しみにしてますね
いつぞやのように雨で中止にならないように・・・
Commented by 24we at 2017-06-16 16:34 x
富士ヒルはお疲れさまでした。レース中の雰囲気伝わります
ヒルクライムレースの難しさがよくわかります。
誰かコメントしていたけど確かに短時間高強度の世界ですね。
24日のsepaさん秩父ライドは無くなりましたので
22日か24日の日の出から奥武蔵に居ます。赤城も行きたくなってきたあ〜
Commented by gon_oz at 2017-06-16 18:24
ぽじさんコメントありがとうございます。
勇気の出るお言葉や数字、ありがたい限りです。
色々と書きましたけど、ホビーライダーはそういう悩みも楽しみのひとつですよね。のんびり気長にやっていきたいと思っています。
継続、という点ではぽじさんのブログから大きいモチベーションをもらっていますよ。
赤城山はホントに天気だけが最大の心配事です。晴れろ!と贅沢は言わないので、なんとか降らないでいてもらいたいです!
Commented by gon_oz at 2017-06-16 18:27
24weさん、コメントありがとうございます。
そう、いつもちんたら走ってるから高強度が必要になる場面に対応できないんですよね~w
自分は18日に現地日の出スタートではなく自走で行って、コース前半くらいを走りたいなあ、と思っています。
赤城山ライドぜひぜひご一緒しましょう!