L S C H

2017年 04月 30日 ( 1 )

BRM422あおば300km伊豆・参戦記(後篇)

さて、前回の続きです。
1週間も時間が経ってしまい、写真も多くないしどうも話を進めづらい(笑)
PC1を出てからは(それまでもですが)左手に海を見ながらひたすら上ったり下ったりしてました、ってこと。

時々思い出したように写真を撮ったり。
IMG_7854

IMG_7855

下田から先がキツい、ってブリーフィングで話がありましたが案の定下田までもキツい。下田の手前が結構なアップダウンだったような気がします。
下田を過ぎて松崎前の最終コンビニ、とキューシートにあるセブンイレブン。
普通にコーラ、サンドイッチ、おにぎりなどを補給。他の参加者の方も何人か。

IMG_7859

ここを出てからPC2あいあい岬まで10kmあまり、どんな道だったかまるで覚えがありませんw
IMG_7862

アップダウンを重ねて、石廊崎へ標識を横目にしつつ上った先にあると思ったらそれほどでもなかったんだったかな?やっぱり上った先だったかな?うーん、とにかくPC2到着です。
IMG_7866


PC2がほぼ最南端でここから西伊豆に入ります。まずは松崎までのアップダウン。
このあたりから海の眺めがそれまでの曇りでグレー一色から少し陽が射してグラデーションになるとか変化し始めたような。

この区間に限らず、こんな感じのトンネルをとにかくいくつも通りました。
IMG_7870

ダウンからアップに急激に勾配が変わるところで雑なぺダリングをしてしまい、スカッと力が抜けたと思ったらチェーン落ち。
IMG_7876

1%伸びてしまっているチェーン、5月には替えようと思っていたのですが、そういう状態だからこそ常に丁寧なぺダリングが必要ですね。

ちょっと見づらいですが、アップダウンでうんざりしないようにいつものように断面を表示して走っていました。
IMG_7877

松崎町にin。
IMG_7881

IMG_7884
この方とは結構長い距離前後しながら走りました。平地~緩斜面で抜かされ、急勾配で抜かし返して、って繰り返しているうちに最後は千切られましたけど。

天気がよければ・・・と思わせる眺めでちょっと停まってパチリ。
IMG_7887

またもトンネル。
IMG_7888

松崎の街に入ったところ、伊豆の長八美術館でストップ。丁度この時は3人くらい後ろについていましたが、先に行ってもらって記念撮影。

IMG_7889

これは自分が大学1年の時、初めて買った雑誌「新建築」の表紙を飾っていた思い出深い建築です。
その翌年、前篇に登場した網代のマンションを起点に伊豆半島をオートバイで走りまわった時に来て以来なので約30年ぶりです。30年後に自転車で来ることになるとは夢にも思わなかったですねえ。

ゆっくり見てきたいところでしたがそうもいかないので、写真だけ撮ってコースに復帰、先を急ぎます。

引き続きアップダウンが繰り返されます。

トンネルの連続。
IMG_7892

IMG_7893
土肥の最終コンビニ。このあたりでは前後もばらけて、自分の後で一人入ってきただけでした。
この後はPC3を目指します。

IMG_7895

IMG_7896

IMG_7897



IMG_7901
これが確かPC3へのちょっと長め(2kmくらい)の上りの入口。この上りは勾配きつめで結構堪えました。


そしてPC3、出会い岬。
IMG_7903

後から来た人も「この上りは地獄ですね~w」とのたもうていました。

この後もしばらくアップダウンが続きますが
IMG_7905

IMG_7906


やがて海岸線の平坦路に。
IMG_7909

IMG_7912

しばらく左手に漁港やらマリーナやらを見ながら進み、やがて海岸線を離れて内陸に入ります。
R1に入ったところでPC4、唯一のコンビニPCです。
IMG_7913

ここも最初はだれもいませんでしたが、買物や補給をしているうちに何人か入ってきました。出発の身支度をしている時にCB山さんも来ました。
他の仲間の様子など少しお話しして、箱根超えへとスタートしました。この時点でもう暗くなっていたのでほとんど写真はなしです。
箱根は初めてですが、湯元側からよりもこちらからの方が大分楽だというのはあちこち読んでいたので、気楽に行きました。

IMG_7916

とはいえ、ここまで4000mくらい上っているので脚はもう無いに等しいのでちんたらしか走れません(笑)。ガーミンの距離と勾配をちらちら見ながら14kmを淡々と上りました。
エコトイレだか何だかで用を済ませます。
IMG_7917

予報では箱根辺りから雨かな、と思っていましたが路面はウエットながら降ってはいません。もう雨雲は通り過ぎたんだな、とひと安心。

IMG_7918
元箱根の交差点。これがこの夜撮った最後の写真です。

間もなく下りに入りますが、路面はウエット、VCRあおばのサイトで予め案内されていたように細かいワインディングの下りは照明なしで真っ暗。ヘルメットに付けた中華ライトの光を頼りに慎重に下りていきます。
やがて三枚橋でR1に合流。しばらくは一本道だし早川口から先はこの前熱海のブルべで走ったばかりで様子もわかっているので安心して進みます。

小田原のあたりでポツポツ落ちてくるものがありましたが、二宮を超えて残り10kmくらいから本格的に降り始めました。R1を逸れた後は朝落としたバックミラーを探しながらゆっくり走ろうと思っていたのですが、路面が濡れて黒くなりとても探すことはできないので諦めました。

キューシートに「ビニールハウスが切れたあたり」で左折というポイントがあり、左手のビニールハウス群が切れたところで左折すると未舗装路。これはミスコースしたな、と思いつつ進むとその未舗装路も途中でなくなってしまいました。

注釈だけ見て距離を無視していたのですぐ復帰したのですが、この未舗装路を走っている時にヘルメットの中華ライトが突然消えてしまいました。小田原を過ぎたあたりで電池は交換していたので、雨でやられてしまったのでしょう。
もうキューシートをあきらめてガーミンのコース表示だけが頼りです。ってかそんなミスコースを防ぐためにはガーミンだけ見ていた方が安全ですね。

さらにその先でちょっとぼーっとしてきたので、この期に及んでスポーツ羊羹を食べて最後の湘南平の上り。先にゴールした人たちか、下りのクルマと何台かすれ違います。
何とか上りきると雨風が強くなってきてスタッフの方々がテントをレストハウスの軒下に移動させようとしているところ。少々お手伝いをしたりしましたが
「今の時刻を覚えておいてください」とのこと(笑)。
テント再設営後に自己申告の時刻で無事にゴール認定。16時間20分でした。PC4を出た時に走りながらこれはもしかしたら15時間台か?と皮算用しましたが、色々あってそれはとても無理でした。

コーラやらお菓子やら頂いているとCB山さんが到着。ゴールタイムは10分違いでした。
一足先に駐車場に戻って撤収、片付けが済んでからCB山さんと少々お話をして、帰路につきました。さすがに疲れていたので海老名SAで10分ほど仮眠しましたが、順調に走って家まで辿り着きました。

170422_BRM422あおば300km伊豆


300kmは去年3月のアタック愛鷹以来でしたが何とか走りきりました。
今までで一番キツい300kmは一昨年のリベンジ毛無峠(獲得標高6000m超)でしたが、今回は5000mないのにその時より後に残るダメージが大きかったですね。脚の筋肉痛とか尻とか。毛無峠は長い非激坂が多かったので、安定して走ることが出来た印象ですが、今回はひっきりなしに上ったり下りたりだったからでしょうか。
最近何となくサドルが欲しいな~と思っていたのでこれを機にちょっと物色してみましょう。

24weさん、プチデビルさん、CB山さんの自転車仲間をはじめとする参加者の皆さん、あおばスタッフの皆さん、ツイッターで応援メッセージ頂いた皆さん、本当にありがとうございましたー

次のイベントは6月のMt.富士ヒルクライムですね。ここのところ上っても上ってもタイムが縮まらない(白石峠TT)のですが、どうすればいいのかよく考えながらトレーニングしましょう・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-04-30 07:46 | 自転車 | Comments(0)