L S C H

2017年 05月 13日 ( 1 )

GWライドその2(荒サイ)その3(自走スバルライン)

GWも終わってすっかり通常運行に復帰しています。
今さらですが、そのGW後半のライドの様子など少しばかり。
5/1・2は通常業務をこなして5/3、午前中にチェーン交換等メンテナンスを少々行い、11時くらいから軽めのライドに出発。
環七から鹿浜橋で荒サイにin。 前回エントリーの奥武蔵行きで北上したので今度は南下。

b0144082_19230923.jpg
b0144082_19234929.jpg
b0144082_19243527.jpg
b0144082_19250741.jpg

若洲海浜公園で昼ごはん。

b0144082_19253814.jpg

帰りも荒サイ、追い風に乗って38~40km/hで巡航、stravaのPRを連発しました。

b0144082_19261081.jpg

鹿浜橋を通過して岩淵水門。
b0144082_19263430.jpg

もうちょっと先の笹目橋で荒サイを離脱していつものルートで帰宅、約85kmのライドでした。


5/4は埼スタでがっくり。


5/5はこのGWのメインライド、自走スバルラインです。
2年ぶりにMt.富士ヒルクライムにエントリーしているのでその試走を兼ねてのロングライド。
2年前も富士ヒルの試走でGWに自走で行っています。大筋はその時と同じようなルートを予定しました。

朝は4時過ぎに出発。
関戸橋から多摩ニュータウン通りを経由して橋本でR413に入り、津久井湖のファミマで最初の休憩。
b0144082_19272728.jpg
b0144082_19275437.jpg

ここまで道程は順調ですが、どうにも脚が重くてペースが上がらない感じがします。
時間短縮のため休憩は少な目にするつもりだったので、いつもより一品多く補給。

時間もそこそこに出発、次の休憩、道の駅富士吉田までノンストップの予定。
津久井湖ゴルフ倶楽部の坂を上り
b0144082_19282280.jpg
三ケ木を左折、青山を右折で道志みちにin。
b0144082_19284594.jpg
もう何回も走って慣れた道、と思っていますが前回走ったのは去年3月のブルべ「アタック愛鷹」ですから、一年以上間が空きました。
b0144082_19293755.jpg

神奈川県内最高地点
b0144082_19291383.jpg
天気が良くて気持ちイイ!
b0144082_19300575.jpg
b0144082_19303424.jpg
b0144082_19305731.jpg

上り基調のアップダウンを淡々とこなしていきます。
道志村に入るくらいから安定した緩い上りになり、傍らを道志川が流れる好きな雰囲気に。

富士山も見え隠れ。
b0144082_19312344.jpg

全く雲を被っていなくて、山伏峠から山中湖にかけてどれくらい綺麗な富士山を拝めるか、期待が高まりました。

道の駅どうしは素通り。
b0144082_19315666.jpg
b0144082_19323220.jpg
このまま山伏峠への上りに入ります。うーん、やっぱり脚が重い!距離も勾配も大したことないはずなのに四苦八苦して何とか耐えている感じ。
b0144082_19325542.jpg
この山伏峠への上りの最中、道志みちの前半で抜かしていった二人組の一人が途中の路肩で停まっていて、自分が通過したすぐ後にスタート。すぐに抜かしていくかと思いきや数メートル後ろをつかず離れず走っています。
間もなくトンネルか、というあたりで「どちらまで行かれるんですか?」と訊かれたのてスバルライン、と返すと彼も仲間と一緒にスバルラインに試走に向かっているとのこと。
b0144082_19333142.jpg

トンネルの手前で彼のお仲間が待っていましたが自分はトンネルの向こうで写真を撮りたかったのでそのまま直進。

b0144082_19335790.jpg
この写真を撮っていると傍らを下りて行きました。

自分も後を追うように山中湖への道を下り始めると、間もなく見覚えのある青のジャージに身を包んだ一群が上ってきました。おお、これはキャトルさんのACR-Fortunaの方々ではないですか。stravaで前日あざみラインに上っているのは知っていて、この日はスバルラインかな?でも時間的に会うのは難しいかなー?などと何となく思っていたのですが。
すれ違いざまキャキャキャトルさんはどこ?と素早く視線を動かすと、前から2番目か3番目にGiroの黄色いヘルメットにBMCのバイク発見!「キャトルさ~ん!!」と声をかけましたが、気づいてもらえたかどうか、ってところ。あとでstravaのコメント欄で挨拶しておきました(^^;

そのまま進んで山中湖への下り、正面に富士山が見えてテンションが上がるところですが
b0144082_19343276.jpg

さっきははっきり見えていた山頂に雲が被ってちょっと残念な感じ。
湖畔での記念撮影も
b0144082_19345438.jpg

う~ん、あと一息!
明神前からR138で富士吉田方面へ。
道の駅富士吉田で補給休憩です。
b0144082_19352986.jpg

山伏峠近辺では道の駅に着くのが10時前になるかも、そしたらうどん屋は開いてるかな?とちょっと心配しましたが、結局到着は10時を回ったあたり、そしてうどん屋のオープンは10時でした。

b0144082_19360039.jpg
冷やしうどん大盛りのセット。ご飯が思ったより多かったのですが、無理なく完食。24km上り続けるための補給としては適量ですかね。

ここを出るといよいよ今回のライドのメインイベント、スバルラインのヒルクライムです。
R138を昭和大入口で左折、スタート会場となる富士北麓公園まで緩く上って右折、さらに胎内洞窟入口を左折すると本番のスタート(計測)地点を通過。料金所で引っかかるのでラップボタンは押しません。

b0144082_19363930.jpg
トイレを済ませ、料金所で200円払ったところで自己計測のスタート開始。
長い長い上りが始まりました。

b0144082_19370215.jpg
1kmごとにこの標識。なかなか減らないのであんまり気にしないようにします。

一合目
b0144082_19372095.jpg

二合目
b0144082_19374037.jpg

平均斜度としては最初の4~5kmくらいの方がキツいですね。
最初の方はラップ平均速度は12km/h前半で推移。景色も変わらず、心を無にして上るしかない修行のエリアです。
b0144082_19380400.jpg

中間では少々勾配が緩むエリアが多くなり、平均速度はじわじわ上がって13km/hを超えます。それが三合目あたりかな?全然違うかも知れません。
b0144082_19382754.jpg

三合目と四合目の間では前を行くこんなローディも捉えました。
b0144082_19385060.jpg

小学生ですねえ。追い抜きざまに「すごいなあ、ガンバレ~!」と声をかけましたが、ちらりとこちらに目をやっただけで後はまっすぐ正面を睨みつけるようにしてペダルを廻していました。
少しばかり景色も変わってきて、時々山頂が見えることも。

b0144082_19392708.jpg
大沢駐車場では遠くにアルプスか何かの山並みが綺麗に見えていて、これは帰りに寄らなきゃ、と思いました。
そこを過ぎるとすぐに四合目、そして四合目を過ぎるとすぐに短いけど急勾配になるところがあるのは覚えていました。
b0144082_19395889.jpg
b0144082_19401721.jpg

ここを超えたあたりで平均速度はまた13km/hを切っていました。
そして最後の平坦区間に入ります。駐車場待ちの車が行列をなしている隣を通過、本番は死に物狂いで廻しているはずですが、今回はそういう状況もあってまあそれなりに(笑)。
ここで山伏峠で言葉を交わした二人組とスライド。「がんばって~」と応援してもらったので「あざーっス!!」とお返し。

そしてゴール前の最後の上り・・・自分の記憶では平坦区間から7~8%の上りが100mか150mあってフィニッシュ、ということになっていましたが、2年の月日はアラフィフの記憶を都合よく塗り替えるには十分な時間です。
実際には平坦区間からまた上りになって数百m、さらにフィニッシュ直前は激坂といってもいい急勾配になっています。これはここまでに脚を使いきっていれば充分に死ねる勾配だ・・・

上りきったところでラップボタンを押すと、料金所からのタイムは1時間46分。ここまで自走できて帰りの分いくらかは脚を残し・・・これで100分を切れれば本番の最低限の目標、ブロンズに目処がたつかなと思っていたのですが、そんなに甘くはなかったですね。平均速度は13.1km/h。ブロンズはこれを16km/hまで引っ張りあげなきゃなりません。結構大変かも。
でも2年前の試走は2時間以上かかっていますから、それに比べればかなり進歩しているはず。あと1ヶ月またガンバロー!

b0144082_19412684.jpg

そして着いた五合目、2年前の試走時よりは日本人率が相当高いような気がします。あの時はアジア大陸の大国を始めとしてなんだか日本語がまるで聞こえなかった気が・・・
b0144082_19414738.jpg

他のローディと天気のことなど少し言葉を交わしてコーラの小を飲んだらとっとと下山開始。

大沢駐車場でちょっと買い食い、上っているときに撮ろうと思った遠景をパチリ。
b0144082_19420749.jpg

山頂も綺麗に見えていました。
b0144082_19422898.jpg

そのあとはまた延々と下って樹海台駐車場でも一枚。
b0144082_19424948.jpg

b0144082_19431345.jpg
遠くに見えているのはパトカー。
センターラインが黄色だと自転車でも抜かさないんですかね。しばらく後ろにつかれましたが先に行ってもらって

b0144082_19433184.jpg
料金所まで戻ってきました。

最後に名残惜しく振り返り
b0144082_19440182.jpg

富士の裾野の下り基調、R139を禾生で右折するまで一直線。
曲がった先のセブンで補給休憩。
b0144082_19443685.jpg

この先のK35・雛鶴峠は2年半前にYabooさん、ぽっぽさんと一緒に夜道を一気に走ったルートです。
雛鶴峠まで約8km、それほどきつくも長くもないので無理なく峠のトンネルに到達。
b0144082_19450613.jpg
b0144082_19452456.jpg
b0144082_19454397.jpg

その先は相模湖まで延々と下り基調の緩いアップダウンとワインディング。この道が楽しい!
b0144082_19460637.jpg
b0144082_19462723.jpg
前回は終始Yabooさんに暗闇を牽いてもらって楽しかったのですが、明るいうちに飛ばすとまた極上。とにかく下り基調って素晴らしい!

b0144082_19465436.jpg
b0144082_19471913.jpg
相模湖まで下ってR20との合流はちょっと渋滞。
b0144082_19473353.jpg

しばらく走ってこの日のルートの最後の上り、大垂水峠です。ここはいつもへとへとになって走るので、大したことないはずなのに何でこんなにツラいんだ~!?と泣きが入るところです。
b0144082_19480492.jpg
この日もちょっと甘くみていましたが、上りはじめてすぐにガーミンの断面を見て気合いを入れ直し、アタックはできないものの気持ちを折ることなく淡々と上りきることができました。
b0144082_19482090.jpg
b0144082_19484064.jpg
明るいうちにここを通過できるとは思いませんでした。
後は高尾~八王子~日野と通過して国立府中インター手前のファミマで最後のガリガリ君休憩。
b0144082_19492346.jpg

府中から小金井街道~千川通りで21時前に帰宅。
b0144082_19494511.jpg

2年前はほぼ同ルート(復路はずっとR20)で帰宅が22時をかなり過ぎてましたから、走るスピードやら休憩の頻度・時間やらの改善でかなり早く帰れたのでした。

そんな風に、予定と違わず事がスムーズに進んだこともあって、お初の道はほとんどなかったもののとても満足度の高い楽しいライドになりました。

スバルラインのタイムはそれなりでしたが、結果的には山伏峠とか大垂水峠とか、道中の主だったセグメントでstravaのPRを更新していたのが地味に嬉しかったのでした。

文章も写真も2日くらい前にはできていたのですが、エキサイトブログの投稿インターフェイスが変わってしまい、今までのようにflickrのタグで写真を貼り付けることができずに四苦八苦。うーん、これからどうやって記事をアップするのがやりやすいかまた試行錯誤だなあ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-05-13 19:54 | 自転車 | Comments(2)