L S C H

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ビンディング導入

b0144082_13075.jpg

例によって本文とは何の関係もない写真です(笑)。

先日は白石峠で惨敗、脚着きまくりでしたが脚を鍛える他にとりあえずできることと言えば、ビンディングシューズの導入。ビンディングペダルにはしばらく前に替えてあって、その後はまあそのうち買おうと思いつつ買わないまま。一度初めて行ったショップでちょっと安くなってるのがあったからよしこれで決めた、と思ったら合うサイズが売り切れだったりして、2か月くらいかな、経ってしまっていた。
一応その間もネットやショップで色々と物色、スペシャライズドSport TouringやボントレガーSSRmultisportあたりがいいかなあ、と目星をつけていてそろそろ本腰を入れて選ぼうかと思っていたところ。
それが白石峠を経験してとりあえずシューズ買うしかない!と思い始め、ちょっと時間の空いたときに池袋のとあるショップに行ってみたらそこにあったのがシマノのRT32、定価は11550円なんだがこれがなぜかいつも定価のそのショップで特価品7000円以下。
シマノはデザインが今一つで選考漏れしてたけど、この値段であればそんなこといってられません。試し履きしてサイズを選び、速攻で買ってしまいました。
で、この前の日曜日、休日出勤でビンディング初体験。前からビンディングにしたらまずは荒川CRの広いところで練習だな、と思っていたのでペダルPD-A530のフラットペダル面を使っていつもの道を通り荒川を目指した。
・・・結局荒川まで行かないうちに、街中で片足ずつ嵌めたりはずしたりを繰り返して具合を確かめて両足共嵌めて走ったりしてた。
初ビンディングの感想:確かに力はペダルに伝えやすい。でも「引き足」っていうんじゃなく360度クランクと直角方向に力が入るようにペダルを廻そうとすると、これはなかなか難しい。フラペの時から上死点で前向き、下死点で後ろ向きに力を入れることをイメージして漕ぐようにはしていたけど・・・。意識すればそれなりに力を伝えられるけど意識しないといつの間にか今までのフラットペダルの時と同じ力の入れ方になりそう。まあ、まだ1回目だし、これは意識して慣れていくしかないんだろうなあ。
あと、かなり悩んでサイズを決めたんだけどちょっと小さい。買ったのが41で換算25.8cm。もひとつ上の42、換算26.5と迷って交互に何回もはいたんだけど普段25.5だけに42だとさすがにちょっと大きすぎる気がした。
ビンディングシューズだからといって普通の靴よりぴったり小さめにする必要はない、って店員さんにアドバイスもらったんだけど、それ以外に決め手になったのが「少し伸びますよ」って言われたこと。でも、履き始めてから改めて見てもおいおいこれホントに伸びるのかよ、っていう化学系の素材。高い革製のものなら少しは伸びるだろうけど、これでも伸びるというかヘタって少しは履きやすくなるかな。今のままのキツさでずっと履き続けるのはちょっと厳しいかも。そしたら高い授業料だなあ。
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2013-08-27 01:13 | 自転車 | Comments(0)

初白石峠

昨日まで夏休み、今日から通常勤務となって働いてます。
自転車的夏休み中のトピックは、最長距離更新+初峠。8/13(火)に奥秩父に行ってきました。
観測史上最高気温の記録を更新するなど猛烈な暑さに見舞われた週末が明け、この日は暑いもののそれまでの日より少しはましで、31度とか32度とかの予想最高気温。朝6時に家を出ました。
清瀬から所沢を抜けてさらに北西へ、国道299号に入りひたすら走る。途中で北に折れて宮沢湖とか埼玉医科大学とか、今まで車や電車で来たことがある場所を「ああ、こんなところにあったのか」と横目に見ながらさらに進む。やがて越生を超えて都幾川に入ると左折で白石峠の標識あり。
その先、ずっと走っていくがブログでよくみる白石峠入口(TT起点)の看板がなかなか見当たらない。見逃してしまったか?はたして峠まであとどれくらい?斜度はどんなもんなの?と何もわからないまま、結構な坂になってきたところをペース配分もできずにひたすら登る。
そのうちまだ開いていない休憩所みたいなところに来たので、自販機で水分補給+ひと休み。そこを出てほどなく例の看板発見。
b0144082_0523998.jpg

ああ、ここからなのか。でもすでにかなり脚を使ってしまっている。後で確かめたらここまで約60km。大した距離じゃないはずだが・・・やっぱり登り基調なのが堪えてたのかな。もちろん貧脚なのが一番の原因なんだけど。
走り始めてみると起点から○.○キロと残り距離が出ていたのは目安になって助かった。その数字がなかなか減らないのがまたキツい。もっともそんな数字を気にする前に、勾配自体がきつくて登り始めてすぐにギブアップ。あっという間に足を着きました。前半の方が勾配がきつくて何度も足を着いて休憩。心折れつつも後半は何とか足を着かずに峠まで息絶え絶えにたどり着きました。
b0144082_0534821.jpg


ヒルクライムの仕方、力の入れ方抜き方等さっぱりわからず、ただただペダルを廻すだけだったのでなんとも情けない結果でした。クロスバイクだからフロントトリプルなんだけど、インナーなんて横断歩道の階段に併設されているスロープを登る時くらいしか使ったことなかったけど、一定以上の勾配になるともうインナーロー連発、というか入れっぱなし。
平地ではこんなの使い道あるのかよ、と思うくらい軽いギアが見た目はそれほどの勾配には見えない峠道では重くてしょうがなく感じるんだから不思議なものです。
峠の東屋で数人のローディを横目に見ながら15分か20分くらい大休憩。この時点ではこの先の予定を大きく端折ってこのまま帰っちゃおうかな、なんて思ってました。ペース配分がわからなかったし、この暑さの中、無理して体がおかしくなったら元も子もないし。
でも、白石峠から大野峠を通って刈場坂峠に行き、そこから正丸トンネルまで一気にダウンヒルしたらその爽快さによって元気回復。
返す刀で正丸峠を目指して再ヒルクライム。しかし、ダウンヒルの爽快さで体力が完全に回復するほどは甘くない。結局1回だけだけど正丸峠でも足を着いて休憩してしまった。でもまあ総じて白石峠よりは正丸峠の方が楽。距離も勾配も。
b0144082_056322.jpg

正丸峠の茶屋で昼ご飯を食べて、さてその後はというと、予定ではさらに15~20km尾根を走って国道におりることにしていたけど、さすがにここでギブアップ。食後は今来た道をそのまま帰って正丸トンネル入口に。そこからはR299を東に下って所沢経由で帰りました。家まで150km弱。
この日の感想はというと、とにかく峠がこんなにキツイものだとは思わなかった。クロスバイク+フラットペダルという構成を言い訳要因と考えても、ちょっと登れなさすぎかな?逆にフロントトリプルでインナー28Tっていう強みもあるし。他のブログを見てみると白石峠は結構斜度もきつくて大変な方みたいでちょっと安心したけど。色々なところに行ってみたいと思っていたけど次はもう一回白石峠にリベンジだな。

ちなみにこの日の水分補給:24ozボトルのアクエリアスと20ozボトルの水(凍らせておいた)を最初に用意。その後アクエリアス(500ml)×4本、水(500ml)×1本、赤コーラ(300ml)×2本、ノンアルコールビール(350ml)×1本(昼食時)。他にガリガリ君(梨)、ソルティライチのアイス各1本、ゼリードリンク2本、他にホットケーキ系菓子パン半分、など。すごい量の水分を摂ってるなあ。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2013-08-16 01:01 | 自転車 | Comments(0)

自転車とカメラバッグ

自転車に乗っていると写真が撮れない。
最初から「写真を撮りながらポタリング」っていう気持ちで走っていれば違うのかもしれないけど、走っているとどうしても走ることだけに夢中になっている。これはクルマに乗っている時なんかも同じで、ちょっと写真を撮りたくなる風景とかがあってもついつい「まいっか」とそのまま走り続けてしまう。これはもちろん「どれだけ写真を撮る気があるか」にかかっているわけだが、自転車の場合大きいのが、いかに簡単にカメラを取り出してファインダーを覗くことができるか、だ。
そこで、ずっと自転車に乗って使うためのカメラバッグを探していた。とりあえずは前から持っているものを使っていたわけだが(以下の二つ)、
・ショルダータイプで小さいやつのベルトをできるだけ短くして(遊ばないようにする)使う。:走るときは背中に乗っけるような形で。カメラを取り出すのもバッグが体に近すぎることを除けばまあまあ出しやすい。でも、上り坂や疲れてきたときはどうしてもバッグが落ちておなか側にまわってきてしまう。
・昔オートバイに乗ってた時に使っていた大きいウエストバッグのカメラバッグをたすき掛けにしてメッセンジャーバッグ風に使う。今売られている「ポタカメ」みたいな感じ。
ポタカメ:
b0144082_171343.jpg

昔のだからこんなに洗練されてないけど。ポタカメみたいに補助のベルトがあればいいんだけど、一周まわすだけだからこれも上り坂だとおなか側にまわってしまう。カメラはまあ取り出しにくくはない。
こうやってあらためて書いてみると、今まで使っていたのも使えなくはないw。でもその「間に合わせ感」がいやで、自転車に最適なカメラバッグを店頭、ネット両方で探していた。
早い段階で目をつけていたのがこれ、KATA スリングバックパック KT DL-3N1-10
b0144082_0584024.jpg

走るときは完全にリュックタイプにできるからホールディングは文句なし。バッテンにかけるから、片方のベルトバックルを外せばメッセンジャータイプと同様にするりとバッグを体の前に持ってこられる。デザインも悪くないし価格も比較的お手頃。これに目をつけたのは自転車に乗り始めて間もないころだったから、少し様子を見ようと思って時々店でいじっているうちに、ポケットが小さすぎることや、クッションが厚いから走っているとき背中に密着しすぎて凄く暑いんじゃないか、といったネガティブ要素が目につき始めた。
それで他に目を向けてみると、可能性がありそうなのはやっぱり最近増えているメッセンジャータイプ。ロープロやバンガードでよさそうなのがあったんだけど、ここで大事な前提条件、それは左肩にかけたいってこと。これはどっちが主流っていうことは特にないみたいで、メーカーによって見事に右だったり左だったり分かれている。機能的にはよさそうだけど右肩用だからNG、っていうのがいくつかあった。それらから消去法でのこったのが
ロープロアーバンフォトスリング150。
b0144082_103596.jpg

左肩用だし、チャックの操作性がちょっと悪い(曲がりがきつくて引っかかる)のを除けばまあいい感じ。8000円台はちょっと高いけどまあしょうがないかな。ということでアマゾンの欲しいものリストに入れてとりあえず時々眺めていた。

そしたら「こんな商品も買っています」で宣伝に並んでいたのがこれ、Caselogic SLRC-205。
b0144082_114034.jpg
b0144082_122974.jpg

結論からいうと、その日のうちにポチってしまいました。これだけ何か月も検討していたのに決めるときはあっけないもんです。
もちろん左肩用だし、写真で見るかぎり大きさや使い勝手、ポケットの位置等も問題なさそう。ちょっと左肩にかかるベルト部分が太すぎるのがデザイン的には野暮ったいし暑そうではあるがまあいいだろう。Youtubeにアップされてる宣伝の動画を見ても色々と丁度よさそう。しかも4000円台と、これまで検討してきた中では最安値。もしはずれだったとしてもこのくらいならあきらめもつく。で即日ポチです。こんなの初めてかも。

この前の日曜日、休日出勤だったので写真を撮る暇はなかったんだけど、担ぎ心地を確かめるためにこれを使ってみた。K-5じゃなくて軽い方のLXに標準単焦点、それにちょっと重たい24㎜を一応横のポケットに入れて。短距離だからどの程度体の負担になるかはまだ未知数ではあるけど、体にフィットして走りやすいことは間違いない。ただ、上り坂ではやっぱりおなか側にまわりそうになる。補助ベルトがあるから完全にまわっちゃうことはないんだけど、もうちょっと補助ベルトの効果があるかと思ったんだけどなあ。これはベルトの長さをこれから調整すれば少しは改善されるかも。

これから150㎞とか200㎞とか走るようになったらさすがに重くて邪魔かも知れないけど、100㎞前後までだったら一眼レフを担いで十分に走れそうな感触。楽しみが広がりそうだ。もちろんカメラバッグなんてある程度使ってみないと分からないから、これもやっぱりダメ、ってなって一年後にはKATAあたりを使っているかもしれないけどね。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2013-08-08 01:15 | 機材 | Comments(0)

ジテツウしたい!

b0144082_10352.jpg

先週は仕事の締切があって休日出勤だの朝帰りだの徹夜だの、と会社に入りびたりの日々でこのブログもまるで更新できず。
自転車的トピックでいうと、その間で一日終電では帰れないけど泊ると先の体力が持たなそう、という日に初めて平日の自転車通勤をしてみた。
出社時間自体もイレギュラーで、前の晩会社に泊り(ある程度寝た)で朝始発で帰宅、シャワー浴びて朝ご飯食べていつもより1時間早く家を出る、といった感じ。ネクタイはしめてないけど一応仕事のスラックス+革靴+ワイシャツなので、汗をかきたくない。
そこで、いつもの7~8割の力の入れ方でかなりゆっくりモード、そろりそろりといった心持で漕いでみました。結果、土曜日に直行するより2~3分遅いものの、それでも電車で通勤するよりは充分に早い。ラッシュの電車に乗らなくていいし早いし、服装の問題を除けば通勤自体は電車よりずーっと快適。会社での駐輪場所は玄関のちょっと脇に何気なく。特に自転車通勤が禁止とか明文化されてるわけでもないので、黙認されたってことですかね。できることなら毎日これで行きたい。それが世の中の流れ、と言いたいところだが・・・。
服装に関してはクールビズの間は乗りやすいけど汗をたくさんかいてしまう(そろりそろりと乗ってもやっぱりそれなりに汗だくになる)し、クールビズの期間が終われば普通にスーツ+ネクタイなので、ネクタイは走ってる間はしめないにしてもスーツ着て走るのはさすがにツラい。駐輪場所もオーソライズされているわけじゃないので、今回のように非常時だけの通勤手段ってことになるでしょう、残念ながら。

そんな先週を過ごした後、今週一週間働くと土曜日から夏休みだ。仕事の状況は予断を許さないけど、無理やりにでも休んでしまおう。去年は結局夏休みをとれないまま終わっちゃったからね。子供らはダブル受験だし、特にこれといったイベントは予定されていない(受験勉強の息抜きを兼ねて一日だけ日帰り温泉に行くかも)から、どっかで一日時間をもらってロングライドに行こうと思ってます。
今のところ第一候補は奥武蔵。正丸峠やらなにやらそのあたり。色々な峠や坂があって地理的に難しそうだけど、今後峠を走るとなるとやっぱり一番身近だろうからね。
あとはカスイチとか道志みちとか奥多摩湖とか、有名どころが候補だけど今回行くところ以外はまた少しずつ、たまに走って攻略(?)していきたい。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2013-08-06 01:01 | 自転車 | Comments(0)