L S C H

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

CANYON Roadlite AL 7.0 ファーストインプレッション(その2)

前回に引き続き、ファーストインプレッションその2です。

b0144082_183256.jpg

(似たような写真ばっかりですが(笑))

まずはアルテグラ、っていうより純粋にギア比の話。
escapeR3はフロントがアウター48T、ミドル38T、インナーは28Tだけど基本的に封印。リアは13-26Tを使っていました。
普段はフロントアウターでリアは2~7速まで使っていたので、ロードでフロント50-34T、リアが11-28Tになった時、今までと同じようにフロントは基本アウターで走るとするとちょっと全体的に重すぎになるかな、と思っていたけどあまりそれは感じなかったですね。
気がつくとフロントが1速に入っていてちょっとディレイラーが鳴ったことが数回あったけど(それは完全にたすき掛けだから仕方なし)長い上り坂やだんだん勾配がきつくなることを察知できれば、早めにフロントをインナーに入れてくるくる回していける。平地~ちょい上り程度ならフロントアウターキープで行けそうなのはよかった。escapeR3よりちょっと重いギアで走れるのはやっぱり軽いからでしょう。

二日間乗ってみた印象として、よくカーボンとの比較でいわれる踏んだ分だけストレートに力が伝わる感じ、なのかどうかはカーボンフレームに乗ったことがわからないけど、軽くなったことからか、つらい上りや脚が売り切れた局面でもわずかな力で漕げば反応して進んでくれる印象はやっぱりありますね。
それ以上のことは経験もまるでない初心者だしまだ150㎞くらいしか走ってないし、よくわからないですねえ。まあ、「新車の嬉しさ」で倍増しているけど乗っていて楽しいことは確かです。
あと、重いギアで踏めるのと回転系の性能がいいのとで、単純な下り坂でのスピードはずいぶん違います。土曜日の荒川に行く途中にある東京大仏前の下り坂はまだ慣れていなかったからビビりまくってブレーキ握りっぱなしだったけど、日曜日の後半に尾根幹の稲城第三公園の坂を下りた時にはアウタートップまで踏んでいって初の50km/hを達成。もっと坂が長ければもちょっと出せたかも。
そういえば土曜日の彩湖バックストレートで思いっきり回したら40km/hを超えて「やっぱりロードバイクは違うわ~」と思ったら追い風参考記録(笑)で、ホーム側に来たら逆風がキツくて下ハンもって空気抵抗を減らして25㎞/hくらいがやっと。同じエンジンで急にそんなスピードが出るわけないんですよね。

ポジションは一日走ったところで調整、前回の彩湖の写真でもわかるようにちょっとハンドルが上を向いていたので修正、サドルは逆にちょっとお辞儀している感じ(家の中では水平に見えたけど外でタイル貼の壁の前に置くと下がっていた)だったのを修正。これで日曜日はかなり走りやすくなったけど、ハンドルはもうちょっと遠くてもいいかも。XSサイズなのでステムも80㎜と短い。これを90㎜か100㎜にしてみたいけど、何せあんな棒っ切れ(失礼)が同じ型だと9000円くらいするんですよね。少なくとも1,000㎞くらいは走って自分のポジションがもっとよくわかってから考えましょう。とりあえずもう少し走ったら1cmくらいハンドルを下げてみるかな。


ついでと言っちゃなんですが、アクセサリー等についていくつか:
ペダル:シマノPD-A520
今まで使っていたPD-A530と同じくSPDだけど、ハメる感覚がだいぶ違います。530はバネをちょっときつくしても”むにゅっ”て感じで、気持ちよくハマらないんだけど(個体差かな?)、520は”バチンッ”て、SPD-SLほどじゃないけどいい音でしっかりハマってくれる。ただし、表裏は踏んだだけだと530よりわかりづらくて、ひっくり返したつもりでもなかなか嵌められなくて結局足元を見て確認することが何回もありました。あと、詳細を見比べてないけど、クリートと軸の関係が同じでないように感じる。520の方が軸が後ろにあるように感じるけど気のせいかなあ。そんな大事な位置関係を型によって変えるとは思えないけど。

スマホホルダー:ミノウラiH-500
デザイン、というかごっつさはこの際許すとして、ビビり音がひど過ぎる。1日目はスマホを付けていなかったのでうるせーなー、と思い外してカメラバッグに入れていたけど、2日目はスマホを乗せていたのでそういうわけにもいかず。スマホを乗せれば振動するところが押えられて静かになるんじゃないかと期待したけどそんなこともなし。走っている間じゅうずっとビリビリ鳴っていてうるさいのなんの。でも外してみるとどこにもそんな目立ったガタはないし、原因がよくわからないんです。可動部分を1か所ずつテープとかで押えて走って原因を見つけなきゃ。アマゾンのレビューとかを見ても誰も指摘していないけどみんな気にならないのかなあ。

・ボトルケージ
写真はないけど、部分的にホールド部分を切り取って改造中。もうちょっと大胆に切れば何とかボトルを差し込むことはできそうだけど、ボトルケージ下端~トップチューブ下端の寸法=ボトルの長さ(ぴったりというか無理に嵌めれば入るくらい)であることが改めてわかったので、ケージの形状が改善されても実質的に使えないことには変わりなし。同じシリーズのXSサイズのボトルを買うかなあ。夏の2ボトル体制で必要なんだから、500mlが350mlになるのは痛い、というか本末転倒。やっぱり夏になるまで悩みそう。

・CO2ボンベホルダー
ボンベを黒に塗ったらフレームに馴染んで結構イイ感じ。
b0144082_191079.jpg


こんな感じで始まったスポーツバイクライフ第二段階、エントリークラスながら嬉し恥ずかし。乗る時間を確保するのとエンジン強化がこれからの最大の課題。
とりあえず1・2月は年間目標(5000㎞)のための月間走行距離には遠く及ばず。今後のライドに期待です!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-02-27 01:15 | 自転車 | Comments(5)

CANYON Roadlite AL 7.0 ファーストインプレッション(その1)

この週末、ロードバイク「Canyon Roadlite AL 7.0」のシェイクダウンをして参りましたのでその報告を。

まずは土曜日、仕事があるので午前中限定で大体6時~10時までくらいかなあ、と時間を設定して金曜の夜はいつもよりアルコール控えめでちょっとだけ早めに就寝。
翌朝、目覚まし時計でしっかり5時過ぎに目覚め、簡単に朝食を摂って身支度、タイヤに空気を入れていざ出発!
もうかなり日の出も早くなってきて6時は真っ暗じゃないけど、一応ライトが必要な暗さ。家を出て数キロは普通の住宅街なのでゆっくり慎重に進みます。何たってポジションも慣れないし、ビンディングだって今までと同じSPDとはいえちょっとつけ外しのフィーリングも違うし、それにSTIレバーの操作も初めてですから、変速だってぎこちないのです。
とはいうもののその時間だと人も車も少ないので、余裕のあるところでは無意味に変速して感触を確かめたりしながら走りました。

行先はやっぱり走り慣れている荒川CR。シェイクダウンは荒川と前から決めてました。いつも通り笹目橋の隣から入ってずっと上流へ進み、羽根倉橋を超えた竹藪区間あたりまで行ってUターン。
そのまま秋ヶ瀬公園に入ってトイレの後で最初の撮影タイム。丁度いい具合に朝日が横から射していたので、林をバックに数枚、場所を移動してまた数枚。
b0144082_044269.jpg


さらに公園を突っ切って彩湖へ。ぐるぐるする前にほとりで2回目の撮影タイム。撮影中に風で倒れちゃったりしたけど芝生の上だからダメージなく問題なし。舗装の上だったら結構ショックだったでしょう。
b0144082_0443434.jpg

それから彩湖を2~3周、さらに下流に進み鹿浜橋近辺から環七に入って帰途につきました。

次の日曜日は朝ご飯食べて入試を翌日に控える子供が塾に出かけてからゆっくり11時過ぎに出発。2日目だからホントはがっつり登ってみたいところだけど峠はどこも積雪でダメだろうから尾根幹へ。小山田周回あたりはまだウエットコンディション、って情報もあったので本線往復と連光寺坂で90㎞弱。
前置きが長くなったけど、こんな感じで計150㎞程度。まだまだこれからだけどとりあえずの第一印象。

・(当たり前だけど)軽い。
アルミフレームといえどもescapeR3とはカタログ値で3.5kgくらい違います。当然の話、何をするにも軽々で、漕ぎ出しと登りは全くの別物ですね。これがもっと軽いカーボンフレームでホイールも上位グレードだとさらに感動的なことになるんでしょうか。

・振動はあまり変わらない?
道中の甲州街道は舗装があまり良くなくてかなり振動が多いんだけど、これは同じアルミなこともありescapeR3とそれほど変わらない印象。フォークとシートポストがカーボンになった分でいくらかよくなるかな、と思ったんだけどそれほどでもない感じ。まあ厳密にいえば少しは違うんだろうけど。

・まっすぐ進まない!
いや、ある程度スピードを出せば当然安定するんだけど、ごく低速(10㎞/h以下くらいかな?)だとescapeR3に比べてかなりフラフラしてしまう。ホイールベースが短いこと、ハンドルの幅が狭いことなどが原因でしょう。慣れれば安定するかな。

・アルテグラは凄い!
105から替えてもかなり違って感動するらしいですから、3×8速のクロスバイクとはもう比較になりません。ちょっとトルクを加えている時や2段落とした時はショックを感じたりガチャンって音が出ることもあるけど、ストレスなく走っているとシフトアップもシフトダウンもほとんど音もなくスッと変わります。それも指一本で軽々と。
最初にこんなのを体験しちゃうと105とかティアグラとか(気分的には)使えないかも。贅沢しちゃってゴメンナサイ。まったく分不相応ですな。
あと、クロスバイクみたいに変速のインジゲーターもないし、ギアは11枚もあるし、何速で走っているのかさっぱりわかりません(笑)。フロントインナーで坂をヒイコラ上って2速くらいまで落としたかな、と思って見てみるとまだ4速と5速とかだったり。コンパクトギアのインナー34TってescapeR3のフロントミドル38Tより小さいんですよね。その感覚がまだ掴めてないです。
ブレーキも、急ブレーキが必要なシチュエーションはまだないけど、普通に走る分にはブラケットポジションからの握りで十分に効きます。6700から6800でかなり良くなった、っていうブログもあまり変わらない、ってブログもあったけど実際はどうなんでしょうね。


えー、ものすごく中途半端ですけどこのまま最後までいくと書く方も読む方もちょっとかったるいと思われるのでこの辺で一回切りますか。続きはギアの使い方や装備品その他について、かな?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-02-25 00:53 | 自転車 | Comments(2)

ロードバイク納車その2・装備編

前回記事は「納車ドーピング」が見事に効いて、ブログ村の「ロードバイク注目記事」で場違いにもランクインしてしまいました。訪問頂いた皆様ありがとうございます。

さて、ドーピング第二弾・装備編です。
いったん外に出て写真を撮った後、また室内に戻って先日購入した装備品等を順番に付けていきました。
・後輪のスポークプロテクター(黒い輪っか):
撮影後いの一番に外しました。十分に調整されているらしいのでここでチェーン落ちすることはないでしょう。ネットではスプロケットがバカ力で締められていて外すのに苦労したようなことも読んでいたのでちょっと覚悟していたけど、適正トルクだったのか拍子抜けするほど簡単に緩みました。8~10速用のスプロケット外しも一番外側のギアには普通に掛けられたので問題なく使えました。


・ペダル:SHIMANO PD-A520
b0144082_1201914.jpg

最終的に使うペダルの種類はまだわからないのでとりあえず今持っている靴を使えるSPDを選択。Canyonのサイトで買えて値段も安かったので一緒に購入。


・ガーミンのスピードアンドケイデンスセンサー
b0144082_1221481.jpg

b0144082_1224177.jpg

ケイデンス用マグネットはお約束のダイソー製品です。スピード用マグネットもダイソーの小さいネオジム磁石と自己融着テープで小さく目立たないように仕上げるつもりで入手してあるけど未作業でgarmin附属品のまま。


・サドルバック:トピーク・エアロウェッジバッグのMサイズ。
b0144082_1245528.jpg

中身の写真は撮ってないけどチューブ2本、携帯工具、携帯ポンプ(air-boneの小さいやつ)、タイヤレバー、CO2インフレーター、ワイヤー鍵など。パンパンです。てか全部入りきらず反対側はこう(笑)。
b0144082_1252997.jpg

チューブ2本のうち1本が結構大柄なので(タイヤ28mmか32mmまで対応するサイズだったかも)、一回パンクしてこの大柄のチューブが小さいチューブに入れ替わればこの鍵のヘッドも納まるのでは?と期待しています。


・リアライト:パナソニックSKL090
b0144082_1263084.jpg

escapeは新しいサドルバックを付けてシートポストの一番下につけられたけど、Roadliteはその余地なし。右のシートステイに取り付けました。あんまりスタイリッシュな位置じゃないですね。


・ボトルケージ:キャニオンオリジナル
b0144082_127292.jpg

Canyonオリジナルのボトルケージが自転車と一緒の購入で安くなったので2ケお買い上げ。
ブログを読んでくれている皆さん、この写真を見てどう思いますか?写真じゃちょっと伝わらないかな。自分は取り付けた瞬間にこの買い物が失敗であったことを悟りました。









b0144082_128985.jpg

ボトルが入らねええええ!!orz
ちょっと引っかかって入らない、とかそういうレベルじゃないです。もう、まるで無理。ボトルが入らないことが一目でわかります。そりゃあ確かに一番小さいXSサイズですよ。だけど純正のケージでこれはちょっとないんじゃないの?試しにescapeで使っているミノウラのパイプ製ボトルケージを付けてみたら写真のボトル(Polarの20oz)はギリギリだけど入りましたよ。
とりあえずダウンチューブに一つだけ取り付けて使用、夏のボトル2本体制になる頃には別のボトルケージを買いましょう。仕方ねえな。


・CO2ボンベホルダー
b0144082_1295877.jpg

ボトルケージを取り付けなかったシートチューブにこれだけ装着。色が黒でヨカッタ。この写真を撮った後でボンベも艶消し黒に塗りました。


・ガーミンのアウトフロントマウントとミノウラiH500
b0144082_1305493.jpg

ガーミンとスマホを両方使うとこの位置関係。うーん、カッコわる。でも今まで一年間スマホの地図を頼りに走ってきたからこれからもそれはやめられないなあ。走り慣れてて道がわかるところだけを走る時はこのスタイルで。
b0144082_1312232.jpg



・ライト:GENTOS SG-355B
b0144082_132833.jpg

ライトは今まで使っていたGENTOS閃SG-255Bを共用。ホルダーもバイクガイのベルクロタイプでとりあえず間に合わす。いずれCAT-EYEのVOLT300とかにしたいなあ、などと思いつつ。

あとはベルを付けなきゃいけないんですよね、法規上は。escapeには最初からブレーキレバー組込みで付いているけど一度も鳴らしたことがないなあ。

さて、これだけのものをつけて総重量はおそらく1㎏近くアップしているのでは?と思いますが仕方ない、どれも必要なものですから。
最終形の全体像は室内のひどい写真しかないので、シェイクダウンの報告の際に載せるつもりです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-02-21 01:36 | 機材 | Comments(3)

ロードバイク納車!!

待ちに待ったロードバイクがついに納車になりました!
と言っても注文してから納車までは結構早かったんですが。先週土曜日、雪のため早めに休日出勤を切り上げて帰ってみると大荷物が届いていました。youtube等で散々見てイメージトレーニング(笑)してきたこのパッケージです。どーーん!
b0144082_1313723.jpg


夕食のアルコールはいつもの休日の半分くらいに抑えて、食後早速”開封の儀”を執り行いました。
タイヤを手初めに一つ一つ箱から取り出しながら、一緒に購入した予備のディレイラーハンガーやらペダルやらボトルケージやら、過不足なく同梱されていることを確認です。
一式取り出したところ。
b0144082_1315752.jpg


キャニオンのロードバイクのラインナップの中では最廉価モデルですが、この梨地の質感がたまりません。
b0144082_1321895.jpg


指先でコツコツ叩いてみると同じアルミながらescape R3とは明らかに違う、いかにも薄そうな音がします。デザイン自体はとても地味で、escapeR3と2台フレームだけにして1色に塗りつぶしたらどっちがどっちだかわからないかもしれません(笑)。だがそれがいい、質実剛健なドイツ風味です(ちょっと強がり)。
この辺から作業に没頭していちいち写真を撮っていられなくなりました(笑)。
まあ、組み立てといってもハンドル、シートポスト+サドル、タイヤを取り付けるだけです。えーと、まず前輪を取り付けてスタンドで自立するようにして、それから厳重にプチプチで梱包されたハンドルをむき出しにしてステムに取り付け、後輪をセットして最後にシートチューブにシートポストをブッ刺したんだったかな。ハンドルと後輪は逆だったかも。
そういえば、シートポストがカーボンだからカーボン用のグリスを買わなきゃ、ちょっとだけしか使わないのにもったいないなあ・・と思いながら買いそびれていたんですが、食べ物のタレとかと同じような袋にちょっとだけグリスが入ったのがついていて助かりました。カーボン専用じゃないのかな?「for carbon and alloy components」って書いてある。とりあえずシートポストに塗り塗りです。
一通り形にしたところでいい加減に締め込んだ各所のボルトをマニュアルに載っている規定トルクを見ながら付属のトルクレンチ(トピークとかで商品になっている簡易型の安いタイプ)で増し締め。
一日目の作業はこれにて終了。
b0144082_133542.jpg

トルクレンチとグリス、15ヶ国語が一冊になって無駄に分厚いマニュアル、予備のディレイラーハンガーなど。

次の日曜日は快晴なるも、前日の雪が路上にはたっぷり残っていてとても走ることはできません。前日の続きの作業です。走れない分午前中はプールに行って、午後から色々セッティング。まずは前日作業終了時点の素の姿で記念撮影。
b0144082_1331954.jpg

CANYON Roadlite AL 7.0。 せっかくなのでここのところあまり出番のなかった一張羅のレンズで撮りました。

その後は色々な部品、アクセサリー類の取り付け、取り外し。ちょっと長くなっちゃうので続きは次回に。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-02-18 01:40 | 機材 | Comments(3)

またも雪

また週末に雪ですねえ。
この前は土曜日に降り続き日曜は雪かき、一日空けた火曜の祝日は何とか自転車出勤できたけど、今度はどうでしょうか。
今年に入ってから冬休み中に奥秩父に一回行ったきりでほとんどまとまった距離を走っていません。
子供たちの受験もあり、天候ばかりのせいでもありませんがさすがにフラストレーションがたまってきました。
走りたい、登りたいですぅ!!
そんなわけで今週は業務にかまけてすでに金曜日、週に一回は書いておこうというわけで単なるアリバイ更新でした。ちゃんちゃん

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-02-14 22:30 | 日常 | Comments(1)

いろいろポチった

b0144082_1331030.jpg

今週はロードバイク導入に向けて色々とポチりました。月曜夜にポチッて木曜には全部揃った。便利な世の中です。

・サドルバッグ:今まで使っていたジャイアントのやけに安かったのが壊れたので、ロードバイク・クロスバイクの2台兼用とすべく(壊れなくてもそうするつもりだったけど)、トピークのエアロウェッジバッグとフィクサー。日曜日に店で大きさを確かめて買おうと思ったけど、どの店にもベルトで留めるタイプしか置いてなかったので。

・リアライト:クロスバイクで使っているのと同じパナソニックの「LEDかしこいテールライトSKL090」。
明るさと振動で勝手に点灯するので点け忘れ消し忘れなし。夜間もそうだけどトンネルを通る時とかいちいちつけたり消したりしてられないですからね。デザインもまあ自分としては許せる範囲内。

・レーパン:裏起毛の冬用、ノンブランドの安物をとりあえず。写真はなし。

・CO2ボンベホルダー:上記のサドルバッグは容量は今までと同じくらいだけど、今までが結構パンパンだっただけに常備品が収まりきらない恐れあり(前のサドルバッグに入っていたものを入れてみたら案の定パンパン)。何を外にだすか考えた結果、ボンベを出すのが盗難のダメージとか、2台の使い分けを考えてもいいだろう、ということで。

・スマホホルダー:ミノウラiH-500。
今はiH400を使っているので、新製品の500にしてみようかと。店頭では見ていたけど、実際にパッケージを開けてみると結構ごつい感じ。garminとスマホの2台体制(地図不要な時はスマホはつけないつもりだけど)になってしまうからできるだけシンプルに抑えたい。クロスバイクに500を持ってくるかも。ブラケットは500が持ち出しタイプなのでどっちにどっちを使うか、まあゆっくり考えよう。

この週末は土曜に雪の予報。これが積もると土・日・火と走る機会がごっそりなくなることになるorz。日曜日は自転車で行けないところでの仕事が確定してるけど、火曜は少しは走りたいなあ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-02-07 01:41 | 機材 | Comments(3)