L S C H

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3連休のライドは大垂水峠

この前の3連休、皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか。
自分は・・・

金曜:仕事
土曜:休み。短めの一日ライド
日曜:午前中仕事→午後家族とお出かけ(に追っかけ参加)

てな具合でした。
でこのブログとしては当然土曜日のことを書くことになるわけですが、10時前出発、17時過ぎ帰宅という控えめながら大雑把に言うと一日、という時間で大垂水峠、相模湖あたりに行って参りました。

前の晩早く寝た自分は土曜は当然のように一番の早起き、家族が起きてくる前にどこに行こうか、「ロードバイクトレーニングコースガイド」など眺めながら出発時間、帰宅時間を想定して考えて行先を決定。runtasticでルートを作成して行先に関する準備を完了。
家族が起きてきて一緒に朝ごはんを食べたあと、やおらいそいそと着替えて準備完了、行ってきま~す、と家を飛び出しました。
いつものように環七→荒玉水道線→甲州街道と進みますが、3連休だけあって車の量が多く思うように走れません。甲州街道の車線が狭いところでは車が渋滞すると自転車もストップです。いつも尾根幹方面に行くときに曲がる鶴川街道の交差点を過ぎるくらいまで断続的にそんな状態が続き結構なストレスでした。
やっと流れるようになり味スタの横を通過
b0144082_2374082.jpg

あまり面白味のない道をひたすら西に進み、30㎞ほど走ってそろそろ休憩か・・と思ったところでタイミングよくミニストップを見つけて停止。早めかつ軽めの昼補給、パンを2ケほど。
八王子市街地も中心近くは結構混んでいたけど何とかやり過ごし、やがて追分に到着。
b0144082_2375616.jpg

ここで右に行けば和田峠、左に行けば大垂水峠・相模湖です。
左に進路を取り進むと今度は高尾駅。
b0144082_2381893.jpg

昔来たことがあるはずだがまるで記憶がない。と思ったら高尾山に登る時は高尾山口駅なんですかね。
だんだん田舎道の山の中に入ってきたな~と思いながら漕いでいるとなんとなく峠道に。勾配はそれほどでもないけどずるずる登っていってそれなりにツラい。
この前の白石峠の教訓を活かし、出来るだけケイデンスを落とさないよう70以上くらいかな、キープしながら進む。途中で一箇所工事中のところがあり交互通行になっていて残念ながらここで足つき。それがそんなに残念ではない程度の峠道です。
そこを過ぎてちょっといくと、峠に到達
b0144082_239052.jpg

写真だと分かりづらいけど、道路標識に「大垂水峠」と書いてある。あれ、でもよくブログとかで見るタテ書きの「大ダルミ峠」ってヤツはどこにあるんだろう?と探しながらゆっくり進んでいくと、ありましたありました。この看板。
b0144082_2391562.jpg

記念撮影だけ済ませ、先を急ぎます。
次は相模湖。昔「相模湖ピクニックランド」に遊びに来ましたねえ。もう20年以上前でしょうか。今は「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」という名前になっているそうです。たぶん前を通ったはず。何かそれらしい入口の前を通過しました。(下の写真はそこじゃないけど)
b0144082_2395295.jpg

地味にアップダウンをこなしつつ次は津久井湖。いい加減疲れてきたのとトイレに入りたかったのとで、ここで小休憩。トイレを済ませ、最初のコンビニで買ったスニッカーズを食しました。
b0144082_240816.jpg

その後は尾根幹を抜けて多摩川を渡り
b0144082_2401863.jpg

そのちょっと先にあるミニストップで最後の休憩。補給はチーズケーキソフトだったかな。
b0144082_2402873.jpg

帰路は甲州街道ではなく久しぶりに人見街道を使ったけどそっちも結構混んでました。
全行程約120kmのライド、獲得標高は1000mに届かず。
b0144082_241228.jpg

峠の後もアップダウンが結構あったから1000mくらいは行くかとおもったんだけどなあ。
大垂水峠はあれだけ走ってたどり着いたんだからもうちょっときつくないと行った甲斐がない?っていう印象。家から20kmくらいのところにあると丁度いいかも。って房総の大福山みたいな感じかな?

今度の週末は金土日で旅行するのでノーライド決定。3月の走行距離は約480kmでやっと年間5000kmペースに到達。1・2月の借金はこれから少しずつ返していきましょう。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-03-27 02:42 | 自転車 | Comments(0)

初めての集団走行は房総ライド!(後編)

えー、それでは前回の続きを。

鬼太郎ツリーハウスを出た一行はさらに南下します。
途中月崎なる無人駅で「ここから先は何もないから」ということで小休止、トイレだけ済ませます。小さい駅の横には梅の花が咲いていてなかなかフォトジェニック、撮り鉄と思しきアマチュアカメラマンが数人うろうろしています。しかしここでも写真はありません(笑)。
自分も一応写真が趣味ではありますが、前にも書いたけど自転車に乗ってしかもコンパクトカメラしか持っていないとどうも写真を撮ろう、っていう気持ちが全くなくなっちゃうんですよね。自分のためにもブログのためにもも少し撮るよう心がけましょう。

月崎駅を出てしばらく行き、左折したところでZENさんから「ここからはそれぞれのペースで」とのこと、ああここから山なんだなとわかります。事前に大福山、亀山湖あたりっていうのだけは知っていたので、これが大福山か、と。しかし、この山がどのくらいの高さと勾配なのか、この山の後で100㎞走るのか200㎞走るのか、自分はまるで知りません(笑)。さあどのくらいのペースで上ったものか、考えるまでもなくまるでわからないまま上り始めます。4人それぞれのペースで上り始め、やがて行くと一部下りもあってなかなか楽しめるコースでした。標高もそれほどでなく後で地図で見たら山自体の標高が292m、ふもとから最高到達地点の標高差はどれほどかわかりませんが、楽しく上るには丁度いい、自分ちのそばにこういうのが2~3個あるといいトレーニングになるのに、といった感じの山でした。

次の目的地は亀山湖、ZENさんが事前に調べてくれていた蕎麦屋にたどり着いたのが12時半。朝スタート時に「昼は12時半くらいかな~」と言っていた正にその通り、素晴らしいプランニングです!
ここでは全員が鴨の麺、他の3人が鴨蕎麦で自分だけ鴨うどんを頂きました。訊いてみると大盛はなしということで自動的に普通盛となったのですが、出てきたのを見て納得、最初から2人前とはいわないまでも1.5人前くらいの十分な分量です。いうまでもなく写真はありません(笑)。ただのオヤジさんが写真をこまめに撮っていたので間もなくブログにアップされるでしょう。
おっと、自分にも写真がありました。店を出て走り始める直前にやべ少しは写真も撮っておかなきゃ、とあわてて撮った店の外観です。
b0144082_1382484.jpg


ここまでの距離が約80㎞、ここからは北上して帰路となります。というのも帰ってからログを落として地図で確認してわかったことで、その時にはどこを目指しているのかさっぱりわかりませんでした(笑)。まずは食後のデザートをめざし、最初のコンビニかファミレスに入ろうということで走り始めますがなかなかありません。久留里まできてやっとセブンを発見、それぞれの補給品を買って外で食べながら談笑。
そのあとは黙々とひたすら北上。途中吹きっさらしの直線路で向かい風がキツいところでは危うくちぎられるかと思いましたが何とか踏みとどまりました。

b0144082_1392833.jpg

八幡宿近くのファミマで最後の休憩後、お子さんのお迎えがあるというただのオヤジさんとはお別れ、その辺りからはほぼ朝の道を逆に辿って道の駅やちよに戻ったのが17時40分頃だったでしょうか、全行程158㎞の房総ライドでした。
「房総職人」の異名をとるというZENさんは終始牽くと同時に、この広い範囲をまるで自分の家から半径300m圏内かのように迷いなく案内して頂き驚愕しました。
b0144082_140495.jpg


距離的にも自分の経験上2番目に長かったのですが、何といっても初の集団走行が今回のトピックでした。そういう意味でも記念すべきライドになりました。
他の人の走りを見ることができる、一人では行かないところへと行動範囲が広がる、食事が楽しい(一人だと大概コンビニで立ち食いですから)等々いい点がたくさんありました。他の方々の安全意識が高い点も参考になりました。
また、初めて走った房総は適度なアップダウンがありいい道を選んでいただいたためか信号やクルマも少なくとても走りやすかったですね。

世の中土曜日に走る人が多いようなので基本日曜しか休みでない自分には難しいところも多いのですが、これから少しずつでもチャンスを作っていきたいものです。
ご一緒頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

追記:
今回のライドでもう一つ嬉しかったのは膝痛が出なかったこと。前回痛くなって整骨院に行ってからストレッチを続けてきていい感じだったけど、その間100km超のライドもなかったので半信半疑でした。今回150km以上走って全く痛みも前兆もなかったのでひとまず完治と言っていいんじゃないでしょうか。ストレッチは引き続きやっていこうと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-03-20 01:47 | 自転車 | Comments(4)

初めての集団走行は房総ライド!(前編)

3/16(日)、丸一日走る時間をもらっていたこの日、前回エントリー最後に書いたように東京湾一周で初の200㎞超えをする予定でいたのですが、ここ数年来仕事でお世話になっているaraitaさんからお誘いいただき、房総ライドに行って参りましたのでその報告など。

事前の連絡を取りあっている中で、途中でちぎれた時のためにルートが決まっていれば入手しておきたいと訊いてみたのですが、臨機応変に走る予定とのこと。ううむ、自分の走力でついていけるのでしょうか?不安がよぎります。
当日は道の駅やちよに8時集合。丁度いい時間に着こうと思うと首都高の混雑が始まってしまう恐れあり、と思ったのでちょっと早めの6時に出たら7時過ぎには着いてしまいました。トイレに行ったり車の中で2度目の朝食(家で食パン一枚だけ食べた)を摂ったりしているうちに程よい時間になったので自転車を出してセッティング。心拍計を忘れたことに気づきましたが、走る分には全く問題ないので気にしない(走行中に心拍データをどう活かしていいのかまだわかっていませんw)。

準備ができて駐輪場あたりに行こうとしたところで丁度近くにaraitaさんがやってきて駐車。彼の準備を横で待って一緒に駐輪場に行くと、ご一緒頂くZENさん、ただのオヤジさんは既にいらっしゃってました。ここで紹介してもらって初めて同行される方がどなたか知ったわけですが、共にaraitaさんやその自転車仲間のブログでよく名前を拝見する方です。
皆さんの愛機はaraitaさん:COLNAGO CLX3.0、ZENさん:BMC(すいません、型番不明です)、ただのオヤジさん:TIME ZXRSと錚々たるラインナップです。特にただのオヤジさんのTIME、そもそもTIMEなんて縁遠い存在なのでグレードとかよく知らなかったのですが、帰ってから改めてHPで確認してびっくり、さらにカンパのレコードにレイノルズのカーボンディープリムホイールで、どうやら自分のCanyonを3台並べてもまだ買えないお値段のようです。あれ、4台でも買えないのかな?よくわかりません(笑)。
この時点で気後れ度メーターがmaxに達しますが、「今日はまったりサイクリングモードで」などと言っていただき「うんうん、それがいいですよ」と内心うなづきつつスタート。ZENさんが先頭を牽き、2番が自分、3番がaraitaさんで最後がただのオヤジさんという順でスタート。

走り始めてすぐに「しまった、もう一つ後ろがよかった」と思いましたが時すでに遅し。それはなぜかというとハンドサイン。最初は川沿いの道で狭く、車止めや歩行者も多いことからZENさんが次々と的確にハンドサインを出してくれますが、素早くそれと同じ動作をして後続に伝えることができません。その辺り3人目であれば前二人のシンクロ具合を見て学ぶことができたのですが、不慣れなものでついタイミングが遅くなったり出しそびれたりしがちに。減速や止まれのサインは片手でブレーキをかけながらになりますが、片手でのブレーキコントロールに慣れていないので、サインを出した手をすぐにまたハンドルに戻してしまいます。初心者の自分としては確実に止まることが優先なのでその辺はまあ大目に見てもらいましょう。次に集団で走る時にはもうちょっとうまくできるはず。

やがて車列は一般道に入り順調に進みますが、ペースは幸いにして自分にも無理なく着いていけるスピードで推移しています。
どこをどう走っているのか自分にはさっぱりわからないのですが、30数㎞走ったところで最初のトイレ休憩。自分はシリアルバー一本だけ補給。
そこからさらに進んで行き、途中でわき道へ。これはまたどこへ?と思ったら「鬼太郎ツリーハウス」なるところに到着。一般の民家が庭を公開して見晴台みたいなものを作ってあるのですが(その辺の写真はなし、まるでブログのことなんか考えていないw)、高台になっていて猛烈に景色がいいです。
b0144082_13636.jpg

見晴台に上ったりして景色を堪能したら長居をせず先を急ぎます。
次は大福山へ。
行程の半分も来ていませんが、もう遅いので続きは次回へ。ご覧の通り写真をろくに撮っていないので後半はすぐに終わってしまうかもしれません(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-03-18 01:41 | 自転車 | Comments(0)

屈辱の白石峠:何でこうなるの!?

b0144082_1573336.jpg

この週末、土曜日は出勤なのでEscapeにて。シェイクダウンの時みたいに早起きしてRoadliteに乗ってから一度帰宅して出直そうかと思っていたけど、子供がインフルエンザにかかったり仕事に結構早めにいかなきゃならなかったりでEscapeのみ。
日曜はとりあえず100km走ってみるか、ということでまた定番の物見山まで行ってグルグルして帰ってくるつもりでいたんだけど、前日までにネットで白石峠に登れるという情報を得た。雪でまだ走れないと思っていたんだが、とりあえず峠までは行けるらしい。
そこで急遽予定変更、時間は丸一日とれるわけじゃないので物見山まで車載、そこから白石峠に行ってみることにした。
家を出てちょっとコンビニに寄ってから関越に乗り、坂戸西のスマートICで降りてほどなく物見山まで、一時間ちょっと。時間がないけど登りたい!っていう時にはいい手だ。正月休みに道の駅おがわまちまで車載で行った時も同じようなことを書いたけど、こっちの方が近くて行きやすい。

物見山周辺は今まで行った中では一番たくさんローディがいたけど、それを横目に準備していざ白石峠へ。
上り口まで約20km、丁度いい足慣らしになる距離と高度差(田中の交差点からここまででも結構上っている)で体も慣れたところで到着。ここにも峠を降りて来たと思しきローディのグループがいた。

そこで1~2分息を整え、スタート!正月にEscapeで登った時からどのくらいタイムを縮められるか、楽しみにしていたのでワクワクしながら上り始めた。だが、どうも勝手が違うような気がする。
軽いから無理なく進むんだけど、ギア比もescapeより軽くてつい楽をしてしまう。軽いギアを選択するからにはその分ケイデンスが上がらなきゃいけないんだけどそれが出来ずにどんどん遅くなる。脚力がついてこなくて、心肺はそれほど辛くないんだけどまるで脚がまわらない。
半分を過ぎたあたりであれ、これこの前とそれほどタイム変わらないんじゃないの?と思い始める。途中2回ローディに抜かされ、一回女性ローディを抜かし、最後の緩いところでもまるでスパートできずにだらだらゴール。
同時にガーミンのラップボタンを押して驚愕。前回より5分以上遅い!!
なんという受け入れ難いこの結果orz

自分なりの分析

①脚の状態:
前回は一週間前にヤビツに登り、そのあとで走り初めで50kmくらい荒川辺りを走っていた。ヤビツの前も毎週末コンスタントに土日合わせて100㎞くらいは走っていたかな。年間5000㎞達成のために駆け込みでそこそこ乗っていた。確かヤビツの後も筋肉痛にはならなかったので、いい塩梅に走りこめていたはず。
それに対して今回は雪で前3週のうち2週はライド0。水泳で心肺はちょっとは鍛えたけど脚はまるで使わず。あれ、こういうの脚がフレッシュ、っていうんだっけw前日の自転車出勤の帰り道、定番の坂巡りコースは気持ちよく登れたような気もするな・・

②ギアの選択、シッティングとダンシング
前回のEscapeはフロントがミドルしばりで38T、リアは1速が26Tでギア比1.46。んでシッティングで登れない勾配だとダンシング。ただし1速では軽すぎてタイミングがうまくとれないのでダンシングだと2~3速。
Roadliteはフロントインナー34T、リア1速は28Tでギア比1.21。これのシッティングで上れない勾配の距離は体感としてescapeの1/3~1/4程度か。ダンシングが極端に減り、その分増えたシッティングはインナーローもしくは2速、ただしケイデンスはまるで上がらず。

この脚の状態の違いとescapeの2~3速ダンシングとroadlite1速シッティング(激遅)の違いがタイム差に出たのかな?うんうん、そうだよね、そうに違いない。この対策がうまくできれば正月のタイムは軽くクリアできるはず、はず・・・
ダンシングと軽いギアでケイデンスを上げる練習だな。これで次上る時は一気にどーーんと・・・ということにしておこう。

その後は失意のまま白石峠を降り(峠から他の方面へはすべて通行止め)、松郷峠を経由してちょっと遠回りで物見山に戻り、東京電機大から大東坂を上って〆たのでした。
b0144082_158746.jpg

松郷峠の後、セブンで休憩

今度の週末は気を取り直して、東京湾一周で初の200kmにチャレンジする予定。
予定変更となりました。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-03-12 02:02 | 自転車 | Comments(2)

特に話題のない火曜日辺りの独り言

b0144082_1271962.jpg

納車、シェイクダウンを終えてひと段落の当ブログ、ドーピングも切れてブログ村「ロードバイク部門」ランキングでも150~200位あたりと定位置に戻って参りました(笑)。
この前の週末は悪天候でライドは0。特に買ったものもなし。あ、出張先で帰りの新幹線での暇つぶしにBicycle Clubを買いました。自転車的には全く話題のない今週です。さっき思い出したけど、せめて近くのサイクルベースあさひにRoadliteを持ってって防犯登録でもしておけばよかったな。

シェイクダウンの日は土曜日だったので、朝早く出て荒川・彩湖に行き、いったん帰宅して着替えescapeに乗って出社しました。Roadliteのすぐ後にescapeに乗って感じたのがブレーキフィールの違い。新品のアルテグラと1年乗ったテクトロだから性能的にまるで違うのは当たり前だけど、それに輪をかけて、ワイヤーも伸びてへたってるんじゃないの、という印象。でまたネットで調べてみたら5000km走ったらワイヤーも替え時らしい。
次の作業はこれで決まり。今度時間が取れたらブレーキワイヤーを交換しましょう。でもきっとワイヤーを替えてもRoadliteのカチッとしたフィールにはとても近づけなくて、Vブレーキ自体も替えたくなっちゃうんだろうなあ。とは言っても替えませんけど。その辺を向上させる選択肢があるかどうかも全く知りません。
他には、アウターを今と同じ白にするか赤化計画の一環として赤にするか悩みます。アウターを赤にするとかなり印象が違ってくると思うけど、ちょっと派手過ぎ?って気もするけどどうでしょうねえ。

などと独り言を呟いて今晩はおしまいです。それでは。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-03-05 01:58 | 日常 | Comments(3)