L S C H

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

やはり年内のライドはなし。年末のごあいさつなど

前回エントリーのaraitaさんのコメントへの返信にも書きましたが、整骨院で診てもらいました。原因とか何とかについて詳しいことはわからないけど、ぶつかったりの衝撃が原因になることもあるし、寒さの影響もあるかも知れない、とのことです。
超音波、電気療法、ストレッチで身体各所の点検といったメニューでした。しばらくの間通って診てもらうことになりそうです。

最初の発症(道志みち・山中湖)→荒川CR100km(1週間)は毎日かなり念入りにストレッチを行ったけど再発。
荒川CR100km→所沢+彩湖(2週間)は尻辺りの筋肉に張りを感じたりしたので、あんまり負荷をかけない方がいいのかも、と該当部分のストレッチはかなり軽めにしたけど結局再発。

という経過なので、こういう時は該当部分のストレッチをした方がいいのかやめといた方がいいのか、これが気になるので訊いてみたところ、やった方がいいとのことです。
治療は保存療法で、なんて書いてある本もあるので本当に続けてていいのかちょっと半信半疑なんですけど。
どっちにしても長期戦になりそうな気配です。年明けて1月4日が前回ライドから2週間なので、そのあたりでちょっと走ってみようかなどと思っているんだけど早すぎるかな?

さて、この時期走れない自転車乗りがすることといえば一つしかありません。
ポチですよポチ
膝にやさしいともっぱらの評判であるところのTIMEのペダル、前回痛くなった2月から1年近くAmazonの欲しいものリストに鎮座していたのですが、ついにポチりました。Amazonでじゃないですけど。
WiggleがAmazonより3000円くらい安いからそっちで買おうと思ったら在庫切れだったので、ちょっとだけWiggleより高かったけどCRCで初ポチしました。
しかし、ペダルだけだと送料無料になりません。1000円の送料がかかってしまうのはばかばかしいので必需品を追加。うーん、相手の思うつぼですねえ。
今必要なものといえば交換時期に来ているタイヤとチェーンですが、より必要度が高いタイヤにしました。どれがどういう特性なのかあんまり詳しくないし特にこだわりもないので、有名どころ
・Mavic Yksion
・Continental Grand Prix 4000SⅡ
・Michelin Pro4 Service Course
あたりからPro4をチョイス。
Mavic:グレードは違うけど今もMavicなので違うのにしてみたい。
Continental:凄く評判はいいけどちょいと高い。2本で諭吉さんおひとり様以内に抑えたい。
ということで消去法によります。他のブランドもいろいろあるけど面倒だから調べていません(笑)。
ということで、ポチッたら即日発送した旨メールが来ました。たしか荷物が届くまで10~15営業日ってことだから正月明けて少ししてからですか。まあ急がないから気長に待ちましょう。

さて、ちょっと話をペダルに戻します。
さっき書いたようにTIMEのペダルは膝に負担がかかりにくい構造、と言われていますがそれは横方向、というかかかとが回転する方向がある程度ルーズに動くから、とのことです。SPD-SLとかとの比較はネット上でもある程度見られますが、自分が使っているSPDとの比較は見当たらなかったような。
他は使ったことないけどSPDもかなりルーズな方のはずだから、TIMEにしたからといって今までより負担が減るとは限らない、と一応覚悟はしています。藁にも縋る思いってとこでしょうか。
あと、シューズも今のはSPD用だから普通の三つ穴のビンディングシューズを買う必要があります。これはサイズだけじゃなくてフィット感もいろいろ試してみたいので、ポチらずに実店舗で買うつもり。
今まで冷やかし程度にしか見ていなかったからよく覚えていないけど、自分が候補にしている2~3のメーカーが全て揃っている店ってあったかな・・・まずはその下調べからしなくちゃならないですね。冬休みの間に一回ぶらぶらしてみようかな。って正月はほとんどやってないのか。行くなら年内だな。
新しいシューズとペダルで本来ならヤッホー!ってなるところですが、理由が理由だけに今一つ気持ちが盛り上がらないですね(笑)。

結局12月は177㎞しか走れず月間走行距離の最低記録を更新しました。年間走行距離は6,710㎞どまりです。
1月もあんまり走れなさそうだけど、一応この前書いた通りに来年の目標は7,000kmとしておきます。
まだ先行き不透明だけど、膝を治す目標として2/8のブルべ(200km)にエントリーしてみました。さすがにちょっと無謀かもw。支払期限が元日なので、それまでよく考えてみます。2/15ってのもあるから、そっちに乗り換える可能性もありです。


さてさて、2月にロードバイク購入、その後色んなところを走って、レースに初出場したり一緒に走る仲間もたくさんできたり、最後にちょっとケチがついたものの自転車的にはとてもとても充実した一年間でした。
年内の更新はおそらくこれで最後です。皆様今年一年間色々とありがとうございました。
よいお年をお迎えください♪

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-12-26 23:05 | 日常 | Comments(4)

どうなっちゃったの俺の膝orz

参りました。今回の膝痛はかなり本格的です。

12/20(日)、前週は膝の回復のためにノーライドとして万全を期し、往復130kmで上昇率も1%程度と軽めに設定した名栗湖までのルートを走ることにしました。
遅くとも6時には家を出ようと思っていたのですが起きたのが6時。軽く朝食を摂ったりして家を出たのが6時40分頃でした。
右膝には念のため買ったサポーター。他にシューズカバーや真冬用グローブ、春先に買って未着用の冬用キャップなど、真冬対応装備の検証も兼ねています。
谷原~大泉~清瀬といつものルートで順調に走ります。つい右膝に神経が行ってしまいますが(今まで書いていなかったかも。痛みが出たのは右膝のみです)、サポーターのおかげかじんわり暖かくて結構いい感じ・・・だったのですが・・・それもつかの間、清瀬を過ぎて走行距離が20kmにも満たないうちに、早くも右膝にかすかな違和感。あれ、やっぱりダメかな・・・と思う間もなくまたもやあの痛みがやって来ましたorz。荒川CRを100km走った時は40kmくらいで痛くなり始めたので2週間乗らずに養生したのに20kmもたずに発症ですかそうですか。
少しの間走りながら逡巡しましたが、やっぱりここは無理せず引き返すしかないだろう、ということで所沢で折り返し。帰りのルートに設定していた所沢街道の南を並走している道に入りました。
所沢街道は狭い上にいつも交通量が多く走りづらいので、ルート的には丁度いいのですが最近は敬遠してほとんど走っていませんでした。すぐ隣りにこんな走りやすい道があったなんて、リサーチ不足でしたね。これが今回のライドの唯一の収穫ですw
そして、この道を走っている間はなぜか痛みが出ません。治っちゃったんじゃないの?と思うほど脳天気ではありませんが、直帰するのはやめてもうちょっと距離を走って様子を見てみようか、という気になりました。いや単にもちょっと走りたかっただけなんですけどね。
それじゃあ家から近くて平らなところをグルグル走るのがよかろう、で毎度の彩湖へ。新青梅街道から富士街道で谷原に戻り、外環の側道から幸魂大橋を渡って彩湖にin。
20~25km/hでのんびり走り、ガンガン抜かれまくりますがそんなことは気にしない。右膝周辺のどこがどんな風に痛いのか、神経を集中させながら走ります。
しかし、膝の外側だけだった痛みがだんだん前とか裏とか、膝周辺全体に拡がっているような気がしてきますwどうなってるんだ俺の膝。
2周ほど走ってベンチで休憩、補給とツイートなど。あと1~2周かな、と再び走り始めてみたら、身体が冷えたせいか痛みが増していたのでもうそのまま帰宅。所沢から直帰すれば40km程度だったところを77kmも走ってしまい、余計に悪化させたかな?と思わないでもないですけどまあおそらく五十歩百歩でしょう。気分が滅入っていたので写真は一枚も撮らずじまいでした(笑)
b0144082_293310.jpg


元々、去年の年末から今年にかけて断続的に痛くなった時に調べたり整骨院で診てもらったりした結果、腸脛靭帯炎だろうと自己診断しました。これは「膝の外側の痛み」とかで検索すればいくらでも出てきますが、自転車やランニングで発症しやすい痛みだそうです。
原因や対策も色々ですが、対策の中でも取り入れやすいストレッチを中心に体のケアを毎日欠かさずするようにしてきました。
腸脛靭帯自体は膝の横の筋肉でそれだけを伸ばしたりほぐしたりは出来ないのですが、そこからつながっている大殿筋や大腿筋膜張筋(お尻の横や太ももの付け根辺り)を伸ばすことで腸脛靭帯のストレスも減らすことができる、ということらしい(この辺聞きかじりなので細かく言えば間違いがあるかも)です。
で、その辺りに効くストレッチを何種類かと、その他からだ全般のストレッチを毎晩欠かさず励行、その効果があったのかその後は全く痛みは出ず、200km超も4,000m超も(膝痛の視点では)全く問題なくこなしてきました。
それがここにきてこの痛み・・・・
昨日は午前でライドを切り上げたので、午後は以前行った整骨院に行こうと思っていたのですが、急用が出来てそれもかなわず。まったくの素人考えですが考えられる原因は以下の二つ・・・

①やっぱりぺダリングが問題!説
元々ぺダリング等脚の使い方に難があったものの、一時的にストレッチ等で改善されて症状が出にくくなっていたに過ぎなかった、という考え方です。ここで問題というか気になるのが前回触れた平均ケイデンスの低さです。平地ではそこそこ廻すように気をつけているつもりですが、上りに入るとついつい廻すよりも踏んでしまいます。それが平均ケイデンスの低さに現れているのですが、この踏んでしまうことの膝への負担の蓄積が今回現われたのではないかという説です。もう何か月もの間、少なくともサドルやペダル等に関するセッティング変更は行っていません。ことさら自分でフォームを変える等の試みもしていません。よって「蓄積」と考えたいところです。自分でも気がつかないうちにフォームが乱れていたのかも知れませんけど。

②筋肉を傷める引き金があった!説
まず思い浮かぶのが、道志みちで山中湖まで行ったとき、尾根幹の終わりで歩車道の段差を乗り越えられずに立ちゴケしたこと。右半身をしたたか打ちつけました。この時に膝の外側から尻のあたりまでダメージを負ったのが影響しているか・・・もしくは、そのライドかその前のライドか、すでによく覚えていないのですが休憩している時にストレッチをしたところちょっと調子に乗り過ぎて「グギッ」ってなって、ちょっとヤバいぞ、と思ったこと・・これはどこがグギッってなったのかまるで覚えていない、そのあと痛いとかもないので関係ないかもしれませんが・・・
こういうことが原因で筋肉とか腱とか傷めることがあるのか全くわかりませんけどそうだったら救われるなあ、という希望的観測です。治りが遅いにしてもどういうダメージかがはっきりするし、何といっても今までやって来たぺダリングとかストレッチが間違いだったわけではない、ということになるので。
激しくぶつけたことが原因で筋肉がダメージを負って、そこがうまく働くなってその先の腱に負担がかかる・・こんなことがあるんでしょうか?ないかな?

昨日はそんなわけで激しく凹みましたが、一日経ってこの文章を書いているうちにとっとと治してまた走ろう!とファイトが沸いてきました。とりあえず明日(もう今日だけど)整骨院に行って診てもらいます。
楽しみにしていた走り納めとか参加できなくて残念ですが、仲間と走るのはまた来年のお楽しみにしておきましょう。

問題なのは、これから1年で最もカロリー摂取が激しい期間に突入すること・・・冬休みが終わった時点で現状+1kg以内が目標、としておきましょう(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-12-23 02:18 | 自転車 | Comments(3)

ネタがないのでちょっと早めに今年のまとめなど

前回ちょっと書いたように、この週末は大事をとってノーライドとしました。膝の痛み、やっぱり寒さと関係あるんですかねえ。去年も秋から冬になる頃に痛くなって、痛みが出たり出なかったりを繰り返しているうちに2月頃また結構ひどくなり、整骨院に一回だけ行って色々話をしてストレッチを始め、痛みがとれたのが3月。
そして本格的に寒くなってきた11月末に再発。今も寒いとちょっと疼く感じがなくもない。どんなもんでしょう。

で、土曜日は普通に仕事。日曜は午前中に大掃除第一弾として風呂をきれいにしました。いつも年末に1年間使ってカビルンルン状態の風呂を徹底的にきれいにするのですが、さすがに20年以上経つので落ちない汚れも多くなりましたねえ。そのあと午後からはまた仕事に行ってきました。地味に忙しいです。
これから年末にかけて、休みの日の仕事がいくつか・・・仕事が終わらなくて土日も、ってんじゃなくてお客さんと打合せとか、外的要素でどうしても休みの日に仕事が入っちゃうんです。20日と23日はそんなわけで走れません。
そして今のところ走れる予定の21日は天気が思わしくない・・・
年内走れてあと2~3回ですかね。そのうち1日中走れるのは1回あるかないか?ってとこです。

さて、走っていないので自転車的ネタがない今週、簡単に今年のまとめ(暫定版)をしてみたいと思います。

■年間トータル
今年に入って先週までのデータは下記の通り。
b0144082_128892.jpg

年初、年間走行距離の目標を5,000kmと設定、ロードバイクを買ってからそれを6,000kmに上方修正しました。
その数字は既にクリアしているのでどうせなら7,000kmに乗せたいところですが、上で書いたように年内あとどれだけ走れるか、ってとこなので微妙なところ。
まあ無理せず走れる距離を走りましょう。
年間の上昇量(獲得標高)は約80,000m。ガーミンのデータなので怪しいところはあるにしても、年間上昇率1%は確保できているとみていいでしょう。
年間上昇率は特に目標の数字を挙げてはいませんでしたが、自宅から最寄りの山まで40km以上あることを思えばまあまあいい数字を残せていると思います(自分比)。
他の数字は話半分に見ておこうと思いますが、平均ケイデンスが低いですねえ。上っているときはどうしても落ちますけど、平地は90を目安に走っているつもりなので平均で70台後半くらいまで持っていきたいところです。


■月毎の走行距離
次に、月ごとの走行距離のグラフがこちら。
b0144082_1284184.jpg

最低が6月で約280km、最高が8月で995kmです。1月、2月、6月は雪やら雨やらであまり走れなくて距離が伸びませんでした。
12月・・・最低記録更新はないはずですが、さてどうなることやら。
2月半ばにCanyonが納車になり、3月も少し雨があったり旅行に行ったりであまり走れず、その後は週末ごとに雨が降った6月を除いてだいたい600kmくらいは走っていることになりますね。
来年以降も大体これがいいところでしょう。今の生活だと平均的にこれ以上走ることはおそらく難しいです。

よって来年の年間走行距離の目標は7,000kmとしておきます。


■ロングライド
200km以上のロングライドは数えてみたら8回でした。基本日曜しか走れないですから、これもまあこんなもんかな、と。
クロスバイクで160kmくらいまでは何回か走っていたので、特に200kmの壁というのは感じなかったですけど、初の200km超えはYabooさん企画の奥武蔵だったので獲得標高の方で結構堪えました。
最長距離は赤城山に自走で行った時の273km。最長距離を延ばすことにこだわりはないけど、来年は300km走ってみたいですね。


■獲得標高
1ライドあたりの最高獲得標高はBRM914上毛三山の4,126m。
あてにならないと評判のガーミンの上昇量ですが、ルートラボで引くと4153mとなったのであてにならない同士、まあまあの精度が出ているんじゃないでしょうか。
他には3,000m超が2回。これはもっと増やしたいですね。2,000m後半はたくさんあるんですけど。スタミナ、脚力として3,000mくらいはどうってことないよ、っていう風になりたいです。


■レース等
レース・イベント類で出走したのは3つ。順番に
・榛名山ヒルクライム
・BRM914上毛三山
・赤城山ヒルクライム
どれも実に楽しくて思い出深いものになりました。とにかくロードバイク元年でいつ何があるのか全く把握しておらず、その都度目の前にぶら下がっていて面白そうなのに参加した、って感じ。来年は1年間を見据えてもうちょっと計画的に参加したいですね。
でどうするかというと・・・
ヒルクライム:榛名山、赤城山はやっぱり最有力候補です。
あとはMt富士とか乗鞍とか、他の有名どころにも出てみたいですね。
そうそういくつもは出られないから後ろ二つを狙うならその分榛名山・赤城山は諦めなきゃならないかな?
申込み時期と抽選か先着かを考えると、作戦をちゃんと決めておかないと全部出るとか一つも出られないとか、とんでもないことになりそう(笑)
ブルべ:200と300を2回くらいずつ出られたらいいかなあ、などと漠然と考えています。
各支部のスケジュールがアップされた時に出走計画を検討し始めたんだけど、膝が思わしくなくなってから意欲が一気にダウン、その後ほったらかしていますw
1月分とかはもうエントリー一杯になってるんですかね。いろいろ見た中で一番刺激的なのがAJ群馬のBRM912リベンジ毛無峠、300km6000m!の山岳ブルべです。
今年の上毛三山の1.5倍。これは想像を絶する・・・300の認定を受けていることがエントリーの条件になっているので、出走を考えるなら春のうちに300を一回走っておかなきゃなりません。
これを目標に春から夏に鍛えまくるという手もありますが、というかそうしないことには完走はムリでしょうけど、そこまでやらなきゃいかんのか?って思わなくもないです。


■来年は・・・?
最後に、今年のライドやら見聞やらを踏まえて来年行ってみたいところ、上ってみたいところは・・・といきたいところですが、これを書き始めると長くなるので(笑)ここでやめておきましょう。年末年始で書く機会があればその時に。
とりあえず今度の週末は日曜日に天気が持てば膝のグアイを見ながら、成木や名栗のあたりもしくは多摩の尾根幹周辺、どちらかを100~130kmくらい軽めに走ろうと思ってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-12-19 01:38 | 日常 | Comments(0)

荒川サイクリングロード100kmライド

前回書いたように道志みちに行った最後の方で膝痛を発症、一週間たったのでどんなもんかと平地100㎞走で荒川CRを走ってきました。
朝は久しぶりに家族揃って食事、その後準備したりバイクの清掃をしましたが、ここのところ前輪のエアが微妙に抜ける(一週間経つと4barくらいになっている)ので、以前パンクした時に予備の予備で買ってあった新品のチューブに交換。スローパンクにしても抜けきらないチューブはちょっと気持ち悪いので処分しました。

そんなこんなで家を出たのは11時半をまわっていました。
荒川を行って帰ってくれば当然往復がほぼ同じ距離になるので、平地を距離縛りで走ろうとするときには大概荒川を遡ります。100km走ろうと思ったら50km行ってそのまま帰ってくればいいので簡単。
いつもの道を20分ちょっとで笹目橋の西隣から荒川右岸にin。朝霞水門までは以前は土手下を走ることが多かったのですが、最近は眺めを重視して土手上を走ります。しかし、向かい風が強い・・・あまり踏みこむのも膝に悪かろうと25km/h程度でゆっくり進みます。そういう季節になってきましたね。いわゆる「荒川峠」ですか。ただ平地を走るのにも骨が折れます。
朝霞水門を過ぎると土手下へ、秋ヶ瀬橋をくぐってまた土手上に戻ります。羽根倉橋を渡ったところで一旦秋ヶ瀬公園北端のトイレに立ち寄りです。いつもの治水橋下のグラウンドの簡易トイレまで持ちませんでした(笑)。
ゴルフ場の横、竹藪区間などを抜けて田んぼの中で最初の撮影。
b0144082_1312190.jpg

この日は平地で短めだったのでもう一つのお楽しみとして一眼レフを担いできました。シェイクダウンで撮影会をやって以来ですね、一眼レフ持って走るのは。
最初のうちは停まってバッグを背中から体の前に持ってきて蓋をあけてカメラを出して構えてという一連の動作がスムーズにできなくて、あれれ・・・という感じでしたが、ライド後半には慣れたというか思い出したというか、スムーズに撮影できました。
で、田んぼ区間の終わりで土手の向うに見える並木をパチリ。
b0144082_1313590.jpg

もうちょっと進んで上江橋からススキの群生を見下ろします。入間TT区間へ下りるスロープが見えていますが、わらじとんかつを食べに行ったときにはちょうどその真上にきれいに富士山が見えていました。
b0144082_131513.jpg

この写真もよく見るとシルエットがあるのがわかります。ブログ用にリサイズしちゃうと難しいと思いますが・・・

続いてTT区間に入りますが、相変わらず向かい風が強くてスピードを出せません。ここは左右ともに切り立った土手の上なので、背景が近くになくてロードバイクだけを浮き立たせた写真を撮るにはもってこいです。
b0144082_132961.jpg

こんな感じ。ちょっとナルシズム入っちゃってますかね(笑)
写真映えを意識してサドルバッグではなくツールケースにしています。決してグレードの高くない入門モデルですが、まあ自分のバイクは可愛いもんです。
b0144082_132245.jpg

入間大橋を超えてしばらく走るとサイクリングロードのすぐ脇がちょっとした林のようになっている場所がありました。
b0144082_1324057.jpg

写真目線で走っていたのでいい感じに木が枯れてきているのが目につきましたが、今まで何回も走っているのにあんまり気にしたことがなかった場所です。ここでもアングルやレンズを変えて何枚か撮りました。
b0144082_144985.jpg

休憩場所で(?)有名なホンダエアポートを超えて走っているうちに膝にちょっとした痛みが出てきてイヤ~な感じ。同時に2回目のトイレタイムが差し迫ってきたので、鳥羽井沼で一旦CRを下りて駐車場のトイレを拝借。土手を見上げるところにきれいに色づいた木(何の木だ?)があったのでまた一枚。
b0144082_1443333.jpg

大事を取ってここで引き返そうかとも思いましたが、まああと少しで50kmだし帰りは追い風で楽に走れるから、とそのまま進みます。
この先をしばらく行くと道なりに左にそれていくと比企自転車道、右に曲がると荒川CRに分かれます。左は行ったことがありますがここから先の右は初めてです。土手下の道をしばらく走って道路を横切るとさくら堤公園。
b0144082_1333253.jpg

これも色んなブログや記事で何回も見たことがある有名どころですね。桜の季節には大変な混雑になるのでしょう・・・

その先、ほんの少しの未舗装路を超えて吉野総合運動公園の横を走っているところで50km到達。
b0144082_1334459.jpg

こんな景色。
b0144082_13401.jpg

そこから数百m行ったところで折り返しました。その時点で14時半ごろだったか、ここからはどんどん陽が傾いていきます。行きに何枚か写真を撮ったところまで戻ってみると、横からの陽が射してまた違う情景になっていたのでしつこくまた何枚か。
b0144082_1341584.jpg

太陽が落ちていくと刻一刻と光の状態が変わって印象的な景色が展開されていきます。
入間TT区間から
b0144082_1343432.jpg

西遊馬公園の横
b0144082_1344612.jpg

田んぼ区間のちょっと手前、雲が印象的でした。並木はメタセコイヤですかね。
b0144082_135693.jpg

さらに進んで田んぼ区間からはさいたま新都心のビル群がよく見えます。もうちょっとレンズを上に向けた方が画面のバランスはいいんですけど、自分の影を入れたかったのでこんな構図に(^^;
b0144082_1352046.jpg

秋ヶ瀬公園まで戻ってきて、行きと同じトイレでトイレ+最後の補給休憩。
b0144082_145413.jpg

ここからはあと20㎞くらい。もう写真撮影も終わりかな、と思いつつ公園も南端近くに来ると、左手の林が最後の夕陽に照らされて朱く染まっていました。
b0144082_1355676.jpg

道路からここに自転車を運んでセットする数十秒の間に陽が沈んで光が弱くなってしまったのですが、この写真を撮る直前は樹がもっと朱く照らされていたのです。うーん、残念・・・

さくら草公園から彩湖のバックストレート土手下を走って管理橋を渡ると、陽が沈み切った夕暮れ空に富士山のシルエットが浮かんでいました。
b0144082_1361428.jpg

これでホントに写真はおしまい。後はまたいつもの道で家路へ。あと5kmくらいのところでこりゃ100kmにぎりぎり届かないゾ、と予測して(別にこだわる数字でもないんだけど)少しだけ遠回りして100kmに乗せたところで帰宅、と相成りました。

肝心の膝の具合はあんまりよろしくなくて、次の週末はノーライドで回復に努めようか、などと憂鬱に考えていますが、久しぶりに写真を撮りながら走ったのは思いの外楽しかった荒川CR100㎞ライドでした。
b0144082_1363160.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-12-09 01:47 | 写真 | Comments(2)

センチメンタル・ジャーニーin道志みち<後篇>

さて、前回の続きです。
道の駅どうしで休憩後は、今回のライドの最高地点である山伏峠を目指します。事前にルートラボで引いていたのでプロフィール(断面)も画面上では見ていたのですが、最高地点の標高が凡そどのくらいか、なんてことはまるで気にしていませんでした(笑)。
峠までの距離もよくわからないのですが、山中湖まで15kmとあったのを見てとりあえずその半分くらいかな?などと勝手に設定して目標としました。

走り始めてしばらくはそれまでと同じ上り基調でしたが、段々勾配がきつくなって峠道風味になります。道の駅からの距離が6kmを超えたくらいからもうそろそろトンネルが見えないかなあ、などと考えながら漕ぎますが、それらしい雰囲気のカーブを超えても超えてもトンネルは現われません。
このあたりでソロのローディに抜かされました。皆さん速いですよねえ。あっという間に引き離されました。結局道の駅から峠まで9kmくらい走って、やっとトンネルに到着。いろんなブログでよく目にした山伏峠です。
b0144082_222312.jpg

後でデータを見てみると道の駅からだと400mくらい上っていました。平均勾配が5%以下だからトータルではたいしたことはありませんが、それまでにそこそこの距離を走っていたのと、後半の方が勾配がきつかったので結構堪えました。

短いトンネルを超えるとすぐに下りです。勾配のきつい峠道はすぐに終わり、後は山中湖に向かって直線基調の緩やかな下り道で、テニスコートやら何やら、合宿によく使われていそうなエリアを抜けて行きます。自分も大学のサークルの春合宿は山中湖でしたね。湖畔の民宿だったけどどの辺りだったか覚えていないし、もうないかもしれないなあ。

数km走ってT字路の突当り、ここから山中湖の周回に入ります。前日までは山中湖を一周するつもりでいましたが、いつの間にか夕方から雨が降る予報になっていたのと猛烈に寒いのとで、適当なところまで行って折り返すことにしました。
でそのままR413を左に曲がってみましたが、なかなか湖畔で写真が撮れる公園のようなところが見当たりません。しばらく走ってボート乗り場の駐車場みたいなところがちょっとあいていたのでとりあえずそこでパチリ。
b0144082_22231599.jpg

ロケーション的にあまりいいところではありませんでしたが、まあいいやとここで折り返しました。
しばらく戻っていくとさっきは見過ごしていたちょっとしたサイクリングロードみたいな道があったので入ってみました。すると「交流プラザきらら」ってやつのまわりが散策できる公園のようになっていたのでここで改めて写真を撮って一休み。
b0144082_22142731.jpg

この雲の向うには富士山がある模様(笑)。朝方は尾根幹からあんなにきれいに見えていたのに、足元に来てみたらこれっぽっちも見えません・・・くそった(以下略)。
ここでの気温が7度。じっとしていると寒くてしかたないのでとっとと出発します。山伏峠へのT字路まで戻ってセブンで昼食休憩。隣のバスロータリーにベンチがあったのでそこに座ってホットココアとパンなど。
b0144082_2214398.jpg

食事がすんだらR413を逆に辿って行きます。山伏峠まではちょっと上ればすぐ。トンネルを抜けたところでウインドブレーカーを着て下りの寒さに備えます。
b0144082_22244787.jpg

ズバッと峠道を下って再び道の駅どうしにin、セブンで入ったばかりですがまたトイレ。差し迫ってはいませんが、トイレが近い自分は入れるところで入っておかないとこの先どうなるかわからないので・・・。ってそんなことはどうでもいいんですが、用をすますと休憩なしですぐ出発。
あとは下り基調の道を気持ちよく飛ばしていきます。高度が下がるにつれて気温は少しずつ上がり、ウインブレを着ていれば全く問題ありません。少しアップダウンが出てくると上りでは暑いくらいになってきました。

かなり下って神奈川県に入り、アップダウンが激しくなろうかというところでK76を左折。道志ダムを通過します。
b0144082_22145985.jpg

その後はまた同じ調子の道を下り、いつの間にかこの時の帰路に合流していました。その時に相模湖の勝瀬橋へと右折した交差点を今回は曲がらずに直進、そこからすぐの日連大橋を渡りました。
b0144082_22151743.jpg

相模湖の北側のR20を走り、同じセブンで最後の休憩。
その後は大垂水峠は上らずにR412へと右折。以前大垂水峠に来た時、帰りに走った道ですね。プレジャーフォレストの前を通り、大きいアップダウンを二つか三つこなして行きに走ったR413に合流しました。が、このあたりで二つほどトラブルが・・・

ひとつはガーミンのバッテリー。モバイルバッテリーとケーブルを持っていたのですが、走行中も充電できるようにちょっとした改造を施したケーブルと、それが接触不良なんだか最近調子が悪いので予備でノーマルのケーブルの二つを一応持ってきたつもりが、間違えて改造したケーブルを二つ持ってきていて、結局両方とも充電できずw。こりゃ家まで持ちそうもないぞ、と予測しました。保存しないままバッテリーが切れた時にログがどうなるのかわからなかったので、残量が1~2%になったらもうログを終了して保存することにして、あとはもうあまり気にせずに走ることにしました。

もう一つのトラブルの方は厄介で、ロードバイク購入前後にちょっと悩まされていた膝痛が久しぶりに顔を出したのです。右膝の外側、典型的な腸脛靭帯炎だと思われます。
前回は整骨院で診てもらったところとにかく体がカタい!と言われ、それ以来ストレッチを欠かさずに続けた結果、どれだけ走っても上っても全く痛くなることはなくなり、完全に制圧したと思っていたのですが・・・

バッテリーは順調に減り続け、反比例するように膝痛は少しずつ大きくなってくる中、野猿街道からR20に復帰。そこから小金井街道に入ったところでバッテリー残量が2%になったのでひとまずログを終了、保存しました。
更に進んで東八道路から吉祥寺通りに入るところで腹が減ったので持参のゼリーを補給。青梅街道を横切って千川通りに入るともう自宅まで数kmですが、膝はかなりヤバい感じで、軽く漕いでも痛みが走ります。15~20㎞/hくらいででちんたらちんたら走って何とか家に辿りついたのが18時半ごろでした。
b0144082_22153417.jpg

ガーミンのログを止めてから自宅まではルートラボで距離と獲得標高を確認して、それを足した数字に修正しています。210kmを約13時間ですからほぼブルべペースですね。

<膝痛について>
前回の膝痛の時は走った翌日くらいまでは階段を下りるのがとにかく痛くて辛かったのですが、今回はそういうことはなくて全く痛みはのこっていません。ただ今週の後半、寒さが厳しくなってくると痛みではないもののちょっと疼く感じがありますね。もしかすると毎年冬になると膝痛に悩まされるようになってしまうのか?
とりあえずその後は今まで以上に丹念にストレッチをしているので、来週くらいまでは負荷の少ない軽めのライドで様子を見ようかなあ、などと考えております。

以上、お初の道を走った傷心の道志みちライド(笑)、色々とネガティブ要素はありましたが道と走り自体は楽しかったですよ。山伏峠は思っていた以上に上り甲斐があったので、これを超えた上でさらにスバルラインやましてやあざみライン、っていうのはやっぱりちょっと自分には荷が重いかな?来年の夏までに少しでも鍛えたいですね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-12-05 22:27 | 自転車 | Comments(2)

センチメンタル・ジャーニーin道志みち<前篇>

b0144082_216983.jpg


凹みました。
盛大に凹みました。
11/29(土)、あわよくば中継を生観戦と思いましたがやっぱりそれはかなわず、結局情報遮断の上で夜8時くらいから録画観戦したサガン鳥栖vs浦和レッズ。最後の最後、ロスタイム4分を過ぎた最後のプレーで同点に追いつかれて試合終了。
そのまま勝っていれば公平に見て50%以上はあったはずの優勝の可能性がどうひいき目に考えても1%程度に減ってしまいました。ああ・・・
今までも悔しい負けはいくらでもあったけど、ラストプレーでの衝撃、落胆具合で言ったら大げさでなくドーハの悲劇以来かも・・・
観戦終了後に翌日のライドの用意をするつもりだったんだけど、何もする気にならず風呂だけ入って10時半ごろには寝てしまいました。

翌朝は一応目覚ましをかけて4時半ごろに起きてだらだらと準備、夕べの気分を引きずったまま何を着て行こうかってとこから始めて(というほどバリエーションがあるわけじゃないんですがw)、家を出たのが5時半過ぎ。
向かうのは道志みちから山中湖です。西に行くにはメジャーなルートのひとつですが、まだ走ったことがなかったので行ってみようかと週の半ばくらいから考えていました。
いつものルートで環七~荒玉水道線~甲州街道と走って鶴川街道に入ります。明け方まで雨が降っていたのか、路面はずーっとウエットのままでした。
多摩川原橋で日の出を迎え、24WEさんの定点観測ポイントだな~と思いつつ写真を撮ろうとすると丁度水面をたくさんの鳥が飛んでいきました。
b0144082_235294.jpg

その先は尾根幹にするか多摩センター通りにするかはたまた野猿街道にするか、走りながら考えて最後の最後まで迷った結果、尾根幹を行くことにしました。これがまた厄災を生むことになるのですが・・・
b0144082_24778.jpg

くじら橋を超えて稲城中央公園のトイレに寄り道。軽量化の波がいいタイミングで押し寄せてきたので、やたらに広い多目的トイレに自転車ごとin。愛車を眺めながら軽量化したのは初めてですw。ふと見るとタイヤにもみじの葉っぱがくっついていて秋っぽくいい感じ。
b0144082_242269.jpg

スッキリして再び走り始めましたが、朝日を浴びる色づいた並木がとてもきれいだし、遠くには富士山の頭がきれいに見えていました。しかし、この日はデジカメを仕事場に忘れてきていたので撮影はスマホのみ。自分は走りながらスマホで写真を撮るスキルを持っていないので、いちいち停まるのがめんどくさくてこの辺の写真は撮らずじまい。
どうせ富士山の足元まで行ってもっといい景色が見られるんだし、と思っていたのでした。甘い、甘すぎるよ俺・・・。

先が長いのであまり飛ばさず走って尾根幹の終点間際、ずっと工事していた町田街道へと下りていく新しい道が開通していました。ここが開通したのを何かで読んだのを思い出したのが、尾根幹を選んだ理由のひとつです。
これはズバッと気持ちよく下れそう、とペダルを踏みかけたその時、視界の端に入ったのは・・・自転車通行禁止の標識です。
くそった(以下略)と毒づきながら急停止、3~4m戻って左にそれる古い道に入ろうと、車道から歩道に乗り上げ・・・・られずに痛恨の立ちゴケorz。

ほんの数mでしたが逆走の形になってしまったので、クルマは来ていなかったもののかなり斜めに乗り上げようとしたのと完全ウエットだったのとで、ビンディングじゃなくても間に合わないくらいスカッとこけました。
右の肘と膝横をしたたか打ちつけて、後で見たらハデに擦り剝けていました。ウェアは汚れた程度だったんですけどね。バイクはこれも無傷かと思いましたが、バーテープがちょっと削れていました。まあその程度で済んでよかったです。

大したダメージがなかったんだから気を取り直してと言いたいところですが、引きずっている前夜のショックが更に5割増しになった気分でどんより町田街道を走ります。それまでより3km/hはスピードが落ちていた気がします(笑)。
R16からR413に入ってしばらく走り、津久井湖に到着。
このちょっと先にコンビニがあるのを覚えていたのでここでは写真だけ撮ってすぐ出発しました。
b0144082_244684.jpg

で、すぐに現われたファミマにin。イートインコーナーがあって助かりました。
b0144082_25894.jpg

ここで朝食を済ませ、ツイートして再出発。

R413からR412に左折して間もなく、再びR413=道志みちの標識が見えてきます。この辺までは走りながらも最後のコーナーキックの場面が何度も何度も頭の中でリピートしていましたが、道志みちに入る辺りでやっと走りに集中できる感じになったかな。
b0144082_25288.jpg

道志みちに入って最初の標識が山中湖まで46か48㎞だったと思います。この先の道行きの長さを実感しました。
最初のうちは緩いアップダウンを繰り返しながらだんだん標高が上がっていきます。尾根幹でもきれいだったですが、ここでも紅葉がきれいな情景が多くみられました。
紅葉のことなんかこれっぽっちも考えていなかったのでちょっと得した気分です。2週連続御坂みちライドの時に堪能したので、自分の中では今年の紅葉はもう終わったことになっていたのです。
こんなところだったり
b0144082_255090.jpg

こんな橋を渡ったり
b0144082_2154538.jpg

b0144082_261558.jpg

冒頭の写真もこの道志みち前半に撮ったものです。
やがてこんな看板も。
b0144082_262854.jpg

あくまでも神奈川県内の話であって、この先山梨県に入ればもっともっと高くなることはわかりきっているんですが、一応写真を撮りました。というのもこれとの比較がしたかったからです。
b0144082_265947.jpg

464ってのがガーミンが示している標高です。
大概ガーミンの方がこういう標識より低い標高を示すんですが、この日はガーミンの方が数字が大きかったですねえ。この後も920mって看板のところで950mくらいを示していました。まあ、あんなちっこいボディに内蔵されている高度計がそんなに正確な数字を出せるわけがありません。凡その目安としては十分に役に立っていると言えるでしょう。

この後も一旦100mくらい下ってから、またアップダウンを繰り返しつつ基本は上り基調です。
b0144082_282158.jpg

b0144082_284125.jpg

正確な位置はよく覚えていませんでしたが、津久井湖の休憩から道の駅までだいたい30kmくらいかな、と見当をつけながら走りました。道の左側を道志川がつかず離れず流れていていい雰囲気です。
実際には道志みちに入ったところから30kmだったので見当よりはちょっと遠かったですが、「道の駅どうし 2km」の標識が現われ、ほどなく道の駅どうしに到着しました。
b0144082_272672.jpg


その場からもツイートしましたが、バイク(自動二輪)がやたらたくさんいて、自分が着いたときにはほかにはロードバイクは1台も見当たりませんでした。休憩している間に二人連れが到着、さらに自分が出発するのと入れ違いにまた3人グループが来た程度でした。
昼食にはさすがに早いので、ベンチに座って持参のシリアルバーを補給。
そして道志川沿いでも一枚。
b0144082_274853.jpg

しっかり休んだら、まずはこの日のヒルクラ的メインディッシュ、山伏峠に上ります。

まだ折り返しまで来ていませんが、例によって帰路は写真も書くことも少ないので前半はこのあたりまでとさせて下さい。
続きは後半にて。明日かな?明後日かな?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-12-03 02:29 | 自転車 | Comments(6)