L S C H

<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

荒川峠の季節がやってきた

先週、先々週と結構がっつりと走ったので今週はお休み気味。いや今週もあれこれ走りたくてルートを作ってはあったんですが、日曜しかない休みに毎週毎週早朝からお出かけし続けるのもいかがなものか、ということでちょいと遠慮が入ってしまいました(笑)。

で、昼ご飯を食べてから「ちょっとひとっ走りしてくる」ということで14時前に出発。時間が短いときはもう何も考えずに荒川CRと彩湖です。信号のストレスなしに短い時間で効率よく走るには、うちからだとこれしかありません。
下赤塚から板橋区立美術館の前を通って笹目橋の西から荒川にin。
b0144082_1344439.jpg

土手上を北西へと走り始めますが、どっひゃ~・・・風が強い!前日から吹き始めた風が残っているのはわかっていましたが、CRに入ってみるとその強さが半端ない!この秋から冬に向けて初めての荒川峠です。
短時間で高負荷のトレーニングができる!と前向きにとらえてえっちらおっちら進みます。
朝霞水門、秋ヶ瀬橋を越えて羽根倉橋を渡り
竹やぶ
b0144082_135021.jpg

田んぼ
b0144082_1351774.jpg

治水橋
b0144082_1353144.jpg

上江橋
b0144082_1355174.jpg

b0144082_136715.jpg

TT区間
b0144082_1361864.jpg

入間大橋まで来たところでストップ。TT区間を見返したところ。
b0144082_1371456.jpg

荒川峠トレーニングはここまでにして引き返します。

行きが激しい向い風ですから帰りは当然追い風ヒャッハー!です。
気持ちいいいぃ!ちょっと踏むだけで40km/h、風の抵抗を全く感じず無風で走っているよう・・・本当に無風なら走っている分の空気抵抗があるはずですが、その風切り音もなくやけに静か。追い風特有の不思議な感覚を味わいました。
その調子で走ったら入間TT、田んぼ、秋ヶ瀬公園といった主要な区間で軒並みストラバのPRを更新していました。見事な追い風ドーピングです(笑)
b0144082_1375536.jpg

そして彩湖を2~3周。ホームストレートは必死に漕いで25km/h、バックストレートは軽く漕いで40km/hという感じでした。
b0144082_1382188.jpg

最後は笹目橋を渡って家路につきます。
ところが、いつも真っ直ぐ渡りきるのになぜか一瞬右岸へのスロープを降りていきそうになり、おっとこっちじゃねーやと急ハンドルを切ったらそこがちょうどエキスパンション金物の上。
あっ、と思う間もなく前輪がグリップを失って落車!とほほ・・・。チェーンが落ちて右のSTIレバーが曲がってしまいました。チェーンを戻して走り始めるとリアの変速がなんかおかしい。
なんとかなだめすかして走って帰宅して整備です。曲がったレバーを元に戻したら、スタンドにかけて試した限りでは変速もちゃんと動くようになりました。
レバーが曲がったせいでケーブルのテンションがおかしくなってたのか?そんなに微妙なのかなあ。走って試さないとちょっと不安です。
あと、あちこちいじっていると左のペダルの回転が渋くなっていることに気がつきました。渋くなってるっていうか明らかに故障レベルで回りません。これは落車とは関係なく、どうもこの2~3回のライドでクリートをキャッチしづらいと思っていたら・・・
調べるとタイムのペダルはベアリングにトラブルが出やすいそうです。しかも自分でメンテできない構造なので修理に出さなきゃならないらしい。買ってすぐにカーボンバネがイカれて(これは自分のメンテがよくなかったせいもあるけど)、大枚はたいて買い直してまだ半年ですよ。どうなってるんだいこれ!

ちょっと脱線しました。前日の土曜出勤20kmと合わせて100kmとすべく本当は80kmは走りたかったんですが、結局70kmどまり。まあ半休脚日と思えばこんなもんでしょう。

さて、次の週末はまたがっつりいこうかな、と。
そろそろ寒くなってきて高いところに上りづらくなるので、今のうちに行けるところに行っておきたい・・・ということで、いっちょ麦草峠でもいってみるか!と思っています。
道の駅龍勢会館からだと往復約210km、道の駅上野からだと同130km。どっちかな~。
11/1(日)、天気は今のところ残念ながら曇りの予報なんですが・・・。
日曜だから難しいとは思いますが、ご一緒頂ける方がいればぜひ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-10-29 01:40 | 自転車 | Comments(0)

BRM1018青葉200km山中湖参戦記(衝撃の明神峠)

いきなりですが、自分の今までのブルベ履歴は:

2014:
BRM914群馬200km上毛三山/道の駅よしおか温泉発着/上昇率2.0%

2015:
BRM321群馬300km秩父-森林公園-宇都宮/城南大橋発着/上昇率0.3%
BRM912群馬300kmリベンジ毛無峠/城南大橋発着/上昇率2.0%

3回だけですがこんな感じです。
なぜか全部グンマーですね。発着地点まで高速を100km近く走って時間とお金がたくさんかかります。そして、まっ平か山岳かの両極端です。
そこで、今年最後に
・自走で行ける
・200km
・上昇率1%前後
・(できれば)日曜開催
ていう条件を満たすのがあれば走っておきたいなあ、ということでエントリーしたのが今回の青葉200km山中湖です。

スタート・ゴールは稲城の大丸公園。連光寺坂の上り口にあるのでよく前を通っています。
5時受付開始・6時スタートなので4時ちょっと前に家を出ました。
予定通り5時過ぎに着いて受付を済ませ、5時半過ぎからブリーフィング。
b0144082_1562421.jpg

公開されたスターティングリストを見て人数が多いんだなあ、と思いましたがやっぱりたくさんいます。
そのわりにウェーブスタートでもないみたいで、全員が2列になって順次車検を受けてスタートです。
いきなり連光寺坂~天国への階段経由で尾根幹を西まで走りきるコースですが、自走で一度心肺をあげていたのでそれほどキツさは感じませんでした。

ブルベの常で最初のうちは抜いたり抜かれたりでしたが、尾根幹を走りきった辺りでひとまず15人程度のトレインに落ち着きました(笑)
周りの迷惑にもなるのでこんな状態で走りたくはないんですが、これをちぎって前に出るのも大変だし、わざと遅れるのもバカらしいし・・・等と考えているうちにまた信号等で分断されていきました。
相模川沿いに10km以上真っ直ぐ進む道では6人のトレインとなり、ドラフトにならない程度に車間を開けて快調に飛ばしました。
その後も後ろから追いつかれたりまた離したり、正直もう鬱陶しいなあ、と思ったり大人数のブルベだからしょうがないなあと思ったりしつつ、最後は2人を牽くかたちでPC1、ローソン西湘二宮店に到着。
b0144082_1565796.jpg

写真はタイミングが悪くてあんまり混んでいませんが、後から後からランドナーがやって来てこのスペースもロードバイクで一杯になりました。
自分も立ったままで補給を済ませ、タイミングを見計らって出発。

やっと一人で自分のペースで走れます。ちょっとだけ海沿いに走って
b0144082_1571669.jpg

また内陸へ北上します。数km走ると前方に数人の集団が・・・。
b0144082_1574842.jpg

信号のタイミングでまた追いついてしまいました。
しばらく後ろについていましたが信号で分断したりちょっとした上りでスピードの差が出たりしてまたバラけました。
こんなところを走ったり
b0144082_1582224.jpg

静岡県に入ったり
b0144082_1583442.jpg

富士山が目の前に見えてテンションが上がる場面も。
b0144082_1584596.jpg

明神峠への上りに入る頃にはすっかり一人旅となっていました。
この明神峠さらにその先三国峠までが、この日のルートの中で唯一のまとまった上りです。
上りに入るといきなり10%超でキツい!ガーミンが示す断面はこんな感じ。
b0144082_1592887.jpg

上り始めでガツンと驚かせておいてあとはそこそこの上り・・・みたいな峠ではなさそうです。
今回のブルベを走るにあたり、この唯一の上りの概要は一応確認していた・・・つもりでした。標高差約700m、まあそんなに長くないから大丈夫だろ、と。
確かに長くないんですが、その標高差に比べて距離が長くなさすぎです(笑)
改めてこの上りだけのルートラボを引いてみたら、距離6.7kmで平均斜度10.4%でした。いやキツいわけですよ。
10%~13%位を推移する勾配をヒィヒィいいながら上っていくと押し歩きのブルべ参加者発見。追い抜くときに一声かけると、「まだまだこの先が本番らしいですよー」とのこと。うむむー。
まるで緩くならないまま進んでもう一人くらい押し歩きの人を抜かした後かな?
これが本番、と思われるところに来ました。この激坂の途中でさらにコンクリート舗装の真空工法(輪っか)。16%~18%位の勾配が2~300m続きました。余裕ゼロなので当然写真はなしです。ダンシングを交えて何とかかんとか輪っか区間を突破。
その後も2~3人の押し歩きを抜かしながら進み(前方遠くに二人見えています)、
b0144082_213561.jpg

キューシートによると明神峠バス停が間近。
直進なのにわざわざキューが示してあり、もしかしてちょっと平らになってるのかなー、そしたら休んじゃお♪と思いつつ進み、キューシートが示す距離まで来てみると・・・全く緩くならない上り道の傍らにポツンと置かれたバス停の立て看板(笑)くそ、こうなったら意地でも足つきなしで上りきるぞ!とそのまま通過です。
そこからさらに3km弱ひたすら漕ぎ続けて最後は帳尻を合わせるかのように少しばかり緩くなり、色づき始めている山を撮る余裕も・・・構図はめちゃくちゃですが。
b0144082_214999.jpg

そしてやっと足つきなしで峠に到着。
b0144082_215930.jpg

ふ~・・・これはキツい!自分の中の激坂ランキングでは、あざみラインに次ぐ第二位の座を獲得しました!
b0144082_222333.jpg

写真を撮ってウインドブレーカーをはおり、山中湖へ下りようとすると前方にいた一人ののブルべ参加者がこちらに向かってきます。すれ違いざま驚愕の一言
「もう一本行ってきまーす!」
ええぇぇぇ!
この猛烈な激坂をブルベの最中におかわりするって・・・ちょっと頭がおかs(ry
いや失礼しましたw世の中すごい人がいるものです。
自分は当然ルート通りに山中湖へと下りていきます。途中に湖と富士山が同時に見える絶景スポットがあり、とりあえず停まって記念撮影。
b0144082_223499.jpg

先っちょが雲を被って隠れてしまっています。メチャいい天気なのに残念!
もう少し下りたところにはさらにいい(らしい)スポットがあって一眼レフを乗っけた三脚が鈴なりになってました。
湖まで下りて湖畔を時計回りに少し走るとPC2、セブンイレブン山中湖旭ケ丘店です。
ブリーフィングでも説明がありましたが、休憩所が併設されていてVCR青葉に限らずPCによく使われるところだそうです。
コーラとおにぎり等買い込んで休憩所で椅子とテーブルで落ち着いて補給、これは嬉しいですね。ブルベ以外の利用者もいたので写真はなし。

ここを出るとあとは山中湖をぐるっとまわって山伏峠を超え、道志みちで帰るだけです。だけって85km以上ありますけどね。
湖畔を走りながら振り返ってみるとさっきより山頂の雲が少なくなっていたのでとりあえず一枚。
b0144082_22506.jpg

富士山だけでとった方が露出が単純でうまく撮れます。
b0144082_23018.jpg

山中湖に別れを告げて山伏峠までの短い上り。
b0144082_231575.jpg

b0144082_233582.jpg

トンネルを過ぎるとあとは道志みち起点の青山交差点までひたすら走ります。信号待ち以外では、ボトルの水が尽きたので一回自販機に停まっただけでした。
b0144082_235344.jpg

b0144082_24937.jpg

b0144082_242228.jpg

b0144082_24411.jpg

道志みちを走りきり、青山交差点を右折してしばらく行ったところのセブンで最後の休憩。PC2からゴールまで80km以上あるので一回は休憩したい、ということで目星をつけていた場所です。ゴールまで約30km、最後のエネルギー注入には丁度いいでしょう。
b0144082_25642.jpg

モンスターエナジーとガリガリ君、それに手持ちのシリアルバーで補給。後から一人ブルべ参加者が入ってきたので「もうちょっとですね~」などとご挨拶。

ここを出発したところで残りの距離と時間をざっと計算、平均24~5km/hくらいで走れれば10時間切りが可能かな?ってところでした。
いや、道志みちの終わりくらいでも、このまま休憩なしで行けば10時間は切れるかな~って思ったんですが、やっぱり疲れたし最後にガリガリ君は欠かせないだろ、ってことで予定通りセブンに入ったわけです。
で、この後はだんだん市街地に入ってくるので信号が多くなりアベは落ちる一方。尾根幹の入口となる小山の交差点で残り35分くらいだったかな?この時点で完全に諦めモード。
尾根幹は夕方の渋滞が始まっていて走りづらかったり、フロントディレイラーから異音が出ているような気がしてちょっと停まって確認したり、で結局大丸公園にゴールしたのが16時11分、認定タイムは10時間11分となりました。
リザルトがアップされていますが、PC2のタイムが自分より30分くらい遅いのに10時間切りでゴールしている人が何人かいます。余計な写真を撮ったり、PC以外のコンビニで休憩したりしてたからかなぁ?いや、走るスピードが遅い、ってのがやっぱり第一でしょうけどw。
手続きが終わると用意されていたコーラとお菓子を少々頂き、ゴールした旨ツイートして早々に撤収。
b0144082_253376.jpg

自走だとそのまま走ればいいだけだから楽ですね。
是政橋から多摩川原橋までは相変わらずカオスのCRを走り、
b0144082_25566.jpg

その後は朝と同じ道を逆に辿って18時前には帰宅できたのでした。
b0144082_263448.jpg


自宅からの往復を含めて丁度250km、上昇率はおおよそ1%。大体狙っていた通りの数字になりました。
計算外だったのはなんといっても明神峠~三国峠の破壊力です。あんな激坂が控えているとは全くの予習不足でした。
明神峠、三国峠、ヒルクライム等をキーワードにググってみるとこの激坂に挑んだ先達のブログがたくさん出てきますね。皆さんやっぱり苦労しています。どれも写真等色々載っているので興味のある方はどうぞ
自分は、もうあそこはいいや・・・って感じですけど、来年になったらどう思っていることやら(笑)

一本の上りでズタボロに疲れましたけど、全体で均せば無理なく楽しく走れていいブルべでした。やっぱりスタート/ゴール地点が近いのは楽ですね。
この位のペースで300kmになれば時間的に余裕ができてグルメもできます。今回も最終的には貯金が3時間あったからほうとうを食べたりしても良かったんですけど、一人だとやっぱりなかなか・・・。

来年どんなブルべを走れるか、またスケジュールが出揃ったらゆっくり考えましょう。一度くらいは400km走ってみようかな・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-10-21 02:11 | 自転車 | Comments(0)

奥武蔵~秩父、充実のソロライド

三連休の最終日、奥武蔵~秩父を走ってきました。
あんまり時間がないので写真中心にざっとさらっておきたいと思います。

夏のどれかのライドで仲間の皆さんと話をした時とか最近の皆さんのブログ更新の様子から、結構ブログを書くのがかったるくなっている人が多いみたいです。
自分もちょっとその傾向があるんですけど、あくまでも日記として書いておくと後で読み返して色々役にたったり参考になったりすることがあるんですよね。
なので簡単ではあってもできるだけ記録としては残しておきたいと思います。


いつも走っている奥武蔵エリアからすぐ先は秩父で、市街地にご飯を食べに行ったりブルべで通ったりしたことはありますが、さらに向こうの城峯山あたりには今まで行ったことがありませんでした。
なので今回のメインディッシュはそのあたりということにしてルートをひいてみました。
やっぱり基本は龍勢ヒルクライムのコースだろう、ということで白石峠TTから秩父を抜けて城峯山まで上り、そこからまた戻って粥仁田峠で高原牧場、さらに下りて七重峠を抜けて帰るルートを設定、ガーミンに入れておきました。

朝は4時20分頃に起床、準備をして軽く朝食を摂り5時過ぎには出発しました。すっかり日も短くなったのでまだ暗い中走ります。1.5㎞くらい走ったところであ、ヘルメットの尾灯も点けなきゃ、と頭に手をやると・・・
ヘルメットがねえよおい!
サイクルキャップだけ被っていてヘルメットがありません(笑)キャップを被っているとヘルメットがないのに気がつかないんですよね~。仕方ない、そこからまた家まで引き返してヘルメットを被って出直し、家の周りの信号が多いあたりを行ったり来たりで20分近くロスしたかな?まあ1.5kmで気がついてよかったです。

再スタート後は順調に新青梅街道から所沢へ。田中交差点までノンストップで行きたかったけど前の晩にけっこう呑んだのでやっぱりトイレに行きたくなって、豊水橋のサンクスにピットイン。
b0144082_8255119.jpg

短い休憩の後はK262からK30で田中ファミマまで。
b0144082_826183.jpg

ここでちゃんと朝ご飯を食べ、一言ツイートして白石峠への道を走ります。
b0144082_8262632.jpg

写真だけ撮ってアームカバーを外したらすぐにアタック開始!
b0144082_8263723.jpg

最初抑え目、後半で目一杯っていう白石攻めのセオリーを意識して静かな入り。間もなくラップ平均速度が12km/hくらいに落ち着いてあんまり動かないまま上っていきました。ずるずる遅くならないのは作戦が功を奏しているのかな。
目標の30分切りのためにはこの平均速度を12.8km/hまで上げなきゃなりません。難しいですねえ。結局ゴール時の平均速度12.1km/hでタイムは31分35秒。ベストを12秒だけ更新しました。
b0144082_8265429.jpg

ところでこのタイム、ガーミンで自分で計測したものだけど、stravaだともうちょっと遅いんですよね。自分の計測は上り口の停止線でスタートして峠の0.0km標識の真横でゴール、このラップボタンを押すタイミングは間違いないし距離もだいたい6.4kmになっているので、常に自分で計ったタイムを基準にしています。

やっちん茶屋でガリガリ君すいかを買ってベンチに座り、かじりながらツイッターを確認してみると、かじさんが自分と入れ替わりくらいで田中ファミマからツイートしていました。
おお、それならしばらく待機していればお会いできるに違いない・・・頃合いを見計らって0.0kmの標識の下でカメラを手に待っていると、ほどなくやって来られました~
b0144082_827498.jpg

そのまましばらく立ち話。最近はLEVORGでお忙しいようです(笑)。やっぱりスバルはいいクルマですよね~、羨ましい!
この後は堂平山まで上って帰られるとのことだったので、ここでお別れしました。
b0144082_8275283.jpg

かじさん少しでしたがお会いできてよかったです。またご一緒しましょう♪

一方自分は定峰峠経由で一路秩父へと向かいました。
秩父橋を渡り
b0144082_828387.jpg

右手遠くには秩父セメントの名建築(今は太平洋セメントかな) 。
b0144082_8281441.jpg

短い上りをこなして道の駅龍勢会館。
b0144082_8283122.jpg

持参のシリアル等で少し補給休憩して、メインディッシュの龍勢ヒルクライムコースへと出発。
龍勢ヒルクライムレース自体は去年から中止になってしまっているようですね。地元の理解を得られていないようなことをどこかで読んだような・・・
走ってみると完全に生活道路になっているようなところもありましたから、半日とはいえあれを閉鎖してレースをするのはなかなか難しいことだと思います。レースがあれば試走でたくさんのローディがやって来ますしね。自分もその一人みたいなもんですが、スイマセン。
b0144082_828519.jpg

しばらくは緩い上りが続きますが、途中小さい鳥居を越えたところで急に勾配アップ、10%超の激坂ゾーンに突入。その後もそれなりの勾配をキープしながら進んでいきます。何度か分岐がありますが、その都度「城峯山」方向へ進路を選びます。
標高600mくらい、完全に山中の雰囲気になってからも民家があります。
b0144082_8291738.jpg

そりゃレースやるのも難しいだろうし、こんなところに住んでたら大変だろうなぁ、と思わせます。
そうこうしているうちに段々標高も上がってきて、色づき始めている木もあり。
b0144082_8293518.jpg

b0144082_8294877.jpg

b0144082_829581.jpg

龍勢会館から峠まで700m余り上りましたが、先日のブルベ同様ガーミンで先3kmの勾配を見ながら走ったので、うんざりしたり気持ちが折れることなく上りきることができました。もはや初めての上りでは欠かせないアイテムになってしまいましたねー。
で、ピークに到着。
b0144082_8301647.jpg

石間峠、と道標にはありました。城峯山っていうのとどっちがメジャーな通称なのかよく知りませんが、四阿もあってなかなか雰囲気のある峠でした。
ここからは一路下って
b0144082_8572194.jpg

続いてアップダウン、天空の楽校(よくブログ等で見ます)の前を通りすぎ
b0144082_8303530.jpg

橋を渡って
b0144082_8305060.jpg

皆野のセーブオンで昼食休憩。
b0144082_830594.jpg

軽めに腹を満たした後はR140を南下、途中でそれて粥仁田峠へ。
b0144082_831758.jpg

(後で出てきますけど、峠にある道標とかゆにたの「に」の字が違います)
ポピー坂の南を並行して走っているこの道、去年の走り初めで白石峠に続いて一度だけ上ったことがあります。その頃はどこがどんな道なのかさっぱり知らず、地図でこの辺り走ってみるか、と適当に設定したルートをスマホのサイコンソフトに入れてそれをなぞって走りました。
それがたまたまこの粥仁田峠だったわけですが、実際に走ってみたら峠の経験がほとんどない自分にとってはとんでもない激坂、ヒイコラいいながら何とか上った覚えがあります。
さて、2年ぶりに上るこの道今回はどんな表情をみせてくれるでしょうか。
林道大霧山線、というらしいです。
b0144082_831173.jpg

上りに入って間もなく勾配はどんどん上がりあっという間に10%超。12~15%を行ったり来たりしていたような感じですかね。前回はクロスバイクのフロントトリプルのインナー(28T!)を駆使しましたが、今回ももちろんインナーローまで落としてます。
勾配はキツいけど雰囲気はまあいい感じです。
b0144082_8312824.jpg

ピークに近いところで一旦視界が大きく開けます。素晴らしい眺め。
b0144082_8313964.jpg

ここを左に大きくカーブするとその先はちょっと下りになるので、ここが峠かと思ってしまいます。
前回はここで休憩しました。その時の写真がこれ。
b0144082_832211.jpg

でも本当のピークはもうちょっと先なので今回はこのまま進みます。この先はもう激坂はほとんどなかったような。
その代わりにダート路が数百メートル。
b0144082_8321441.jpg

今来た道を見返せるポイント。長いレンズで仲間が走るのを撮ったら楽しいだろうなあ。
b0144082_8322339.jpg

ほどなくガーミンに表示されている断面を見ながらピークの辺りを通過しましたが、何もありません。前回は気づかなかったけど確か道標があったはず・・・と思いつつゆっくり進むとちょっとだけ下ったところにありました。
b0144082_8323828.jpg

自動露出で明るくなっちゃいましたけど、もうちょっと鬱蒼とした雰囲気でしたね。
更に進むとポピー坂から上ってきた道と合流。
b0144082_832597.jpg

その先、牧場でソフト・・・とは行かずにK11へとそのまま下りてきました。
橋場の交差点で自販機休憩。
b0144082_833777.jpg

この後はこの半年余りでもう4回目、ここを曲がって荻殿線を上ります。
b0144082_8332129.jpg

七重峠。
b0144082_8333435.jpg

栗山線を下りきり
b0144082_8334451.jpg

ダムの横でトイレ
b0144082_8341076.jpg

赤木七重線に入って
b0144082_8342458.jpg

碑原峠。
b0144082_8343684.jpg

一気に下りてK172の白石上り口手前。
b0144082_834526.jpg


ここから東に朝来た道を戻ります。
予定していたルートでは最後に梨花カントリー~楠線で締めることになっていましたが(思考停止のルート設定w)、そのデッドラインと考えた「宿交差点を16時」を30分ほどまわっていたのでそのまま直進しました。
田中交差点を右折、K30から毛呂でK114にそれた後は事前に作った初めてのルートを辿って所沢の東の辺りまで走り、いつもの道に復帰。
奥武蔵界隈への行き来は幾つかの限られたルートばかりで飽きたので、新しいルートの開拓にトライしてみました。でも暗い中走ったからいいのか悪いのかよくわからなかったな・・・
こんな感じで20時前には帰宅したのでした。

b0144082_835917.jpg

231km3554m、初めての道や久しぶりの道を含めてがっつり走ることができた楽しいライドになりました。
今年ここまでの200km超ライドは全て250km超だったので、200km以上250km未満のライドは10月になったのに初めてでしたね。

そういえばこの日のライド、龍勢以降の大小4本の上り下りで一人のローディにも会うことはありませんでした。
静かは静かでいいんですけど・・・ちょっと怖かったです、ケダモノたちが現われないかと。実際この日奥武蔵の南の方を走ったYabooさんは猿と猪に出会ったそうです。
こればっかりはどうしようもないですけど、気休めにこの前ショップで見かけた熊除けの鈴でも買っておけばよかったなあ、なんて思いながら走ってました。

これで年間の獲得標高は去年と同じ約80,000mになりました。これからだんだん上りづらい季節になるから100,000mは難しいかな?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-10-16 08:41 | 自転車 | Comments(2)

息抜きも必要だ!

というわけで、この前の週末は軽くソロのファンライドを走ってきました。
いや、本当は早起きして白石峠にでも行こうと思ってたんですけど、前の晩は酔っぱらって寝てしまい何の準備もしてないし、家人にも出かけるとも何とも話をしてなかったし。
朝4時頃に目が覚めたのでこのまま準備して出掛けちまおうか、とも思ったんですが、やっぱり色々考えてやめておきました。
まあ久しぶりに家族でゆっくり朝ごはんを食べられてよかったです。
で、食べ終わってからどこに行こうか考えました。奥武蔵でもあまり遠くない南の方か、多摩丘陵か、はたまた車載でやっぱり白石峠か。
とっとと決めないとどんどん時間がなくなっちゃうゾ、ということで結論は榎本牧場(笑)。ファンライドですよファンライド。

それからいろいろ準備をして出発したのが10時10分。
榎本牧場はクロスバイクに乗り始めて間もない頃に一度いったことがあるだけです。荒川CRを北上して初の100km越えを目指しましたが強烈な北風に抗いきれずに途中で断念、その帰りに寄りました。
2月ですからすごく空いていましたね。
今回はその時と逆に南側からのアプローチです。
荒川CRをいつものように遡ります。
b0144082_1472768.jpg

気温は結構高かったのですがカラッと晴れて気持ちよく走れました。
b0144082_1474749.jpg


上江橋を渡らずにくぐって、その先は初めての道です。
b0144082_148847.jpg

改めて地図を見ると、ここの入間TT区間で川が分かれて(川の流れ方向でいうと合流ですけど)西が入間川、東が荒川なんですね。
その荒川沿いに進みます。
b0144082_1483529.jpg

なんとなくこっちの方向だろう、ってCRがあったりなかったりの中進んで行くと、記憶にある牧場近辺の雰囲気になってきました。
と、のぼり発見。
b0144082_1484834.jpg

無事辿りつきました。
前回とは大違い!季節がいいだけに、幼児中心の家族連れと自転車乗りで一杯です。
b0144082_1491042.jpg

自転車乗りがここに来る目的といえばもちろんジェラートしかないわけですが、いきなりそれに行ってしまうのも味気ないので、まずは牛舎の中とか
b0144082_1492719.jpg

b0144082_1494416.jpg

外にいるブタとかミニブタとか(絶賛販売中)
b0144082_1495618.jpg

b0144082_1501223.jpg

をのんびり見て回り、それからおもむろにジェラートの短い行列につきました。

抹茶とティラミスのダブル。ミニブタの横で美味しくいただきました~
b0144082_1503392.jpg


食べ終わると牧場を出て、さらに進みます。
b0144082_1505211.jpg

牧場横の細い道をしばらく進んだら川を渡ってしばらく走り、荒川CR右岸に復帰。
b0144082_1511383.jpg

b0144082_1513120.jpg

ホンダエアポートを超え、圏央道をくぐり、
さくら堤公園で写真を撮り、
b0144082_1514767.jpg

さらに進んで吉見総合運動公園でK271にぶつかりました。そろそろ昼飯時だし、コンビニでもないかな~、と左折して進んでみますが何もありません。
うむむ・・・と思いつつさらに進むと、左手に「名代 四方吉うどん」の看板が目に入りました。
おお、これも2年半ほど前にクロスバイクで初めて100㎞超ライドをした時、目的地としていた東松山店が定休日だった(GW中で定休日を気にしていなかった)、あの四方吉うどんの本店です。
これはちょっと入ってみるしかないだろ、と迷わずハンドルを切りました。
バイクラックも設置されています。
b0144082_1523520.jpg

満席だったので席につくまでちょっと待ちましたが、オーダーするとさほど時間がかからずに出てきました。
b0144082_1524748.jpg

特大、大、中、並、小とあるうちの中です。あと舞茸天ぷらを追加で。結構大盛りの店だと記憶していたので用心して中にしましたが、これでも自分にとってはなかなかの量だ・・・
お味は・・麺はコシがあってなかなかのものでした。冷たいつけ汁の種類がなかったのでもりうどんにしましたが、この量食べるにはちょっと単調かな。これからの季節は肉汁うどんとかの方がいいかも。
適量よりは多かったものの無理なく完食、満足しました。
あとはもう帰るだけ、荒川CRを引き返します。相変わらず暑くもなく寒くもなく、青空で絶好のコンディションです。
b0144082_1535842.jpg


入間TT区間ではいつにも増してオフロードバイクの音が響き渡っていると思ったら、全日本モトクロス選手権開催中、とのことでした。
b0144082_1542750.jpg

土手の反対側も観客の車で埋め尽くされています。
b0144082_1544782.jpg

あとは順調に進んで秋ヶ瀬公園で自販機休憩、彩湖でお約束の写真を撮って帰宅しました。
b0144082_1554278.jpg

b0144082_1551152.jpg

途中で100kmいかないかな、と思いましたが、結局100km丁度でしたね。

全般的にゆっくり走ったつもりだったのですが、stravaのデータをみたらPRを連発していました。不思議なものですね~。

今度の週末はまた連休ですが、土曜は仕事、日曜は家族でちょいとイベントがあってノーライド。天気も悪いみたいですが。
月曜は何とか走れると思うので、がっつり行きたいですね~。まだノープランですけど・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-10-09 02:00 | 自転車 | Comments(2)

まえばし赤城山ヒルクライム大会2015参戦記

昨年に続き2回目の参加で行って参りました、まえばし赤城山ヒルクライム大会。
2週前に山岳ブルべの大一番を終えたこともあり、燃え尽きたってわけじゃないけど気楽に走りたいなあ、と思っていました。
前の晩にはちょうどサッカーの大一番もあって家族で録画観戦して歓喜、準備はぬかりなく済ませたもののあんまりレースのことには頭が行かずじまい。よって早めの就寝もうまく眠りに入れて4時間ほどしっかり睡眠をとりました。
2時に目を覚まして準備、2時40分頃に家を出て給油と朝食の調達を済ませて練馬から関越にin。
こんな時間ですからガラガラで順調に進みますが・・・
b0144082_8234762.jpg

途中から雨が降ってきました。電光掲示板によると本庄児玉まで雨走行注意とのこと。
うむむ・・・場所によっては土砂降りと言っていいくらいに降っています。群馬県に入っても小降り、霧雨程度に降り続いたまま前橋で関越を降り、指定された駐車場に4時半ごろ到着。
一部ピロティになっているところもありますが、そこは既に満車だったので屋外に駐車。空模様とにらめっこしますが降ったり止んだりの模様。
スマホで雨雲の様子を確認するとこんな感じ。
b0144082_8235840.jpg

おいおいこのあたりだけじゃねえか!ま、これならそのうち止んで予報通り曇りになるだろ、ということで雨脚が弱くなったところをついて諸々支度。
バイクの用意を済ませて車内で着替えたり朝食を摂ったり。周りを見ると、カッパを着て会場へ向かう人もいるし、自分と同じように様子見しているように見受けられる人もいます。
まあ自分はここまでにかけた参加料、ガソリン代、高速代等考えたらよっぽどの雨じゃない限りは走るつもりでいましたから、どういうタイミングで出発するか、を気にしていただけですね。
結局5時30分頃でしょうか、雨がほとんど止んだところで駐車場を出発、会場までは10分もかからない位でした。

当日受付を済ませてゼッケンをヘルメットとジャージに付け、荷物を預けます。
b0144082_8242740.jpg

その後は去年と同じように周りの道路で少しウォーミングアップをしようと会場を出ましたが、小雨が降っていたので体が温まる前にびしょ濡れになりそうで、数百mで諦めました。で、自分のグループの列に自転車を並べました。
b0144082_8243720.jpg

これで試走なし、ウォーミングアップなしの完全ぶっつけ本番が確定です(笑)。
樹の下に座ってストレッチしたりトイレに行ったりしているうちに6時半から開会式。それもすぐ終わってしばらく待ち時間の後、7時にエキスパートクラスからスタートです。
見るとスタートゲートのちょっと先くらいの上空にドローンがいて、スタートの光景を上から撮影している模様。
5分おきにスタートが続き、第三グループが出発して自分のスタートは次の次、そろそろ並んで移動開始かな・・・と思いながらふと見るとドローンが何やら不穏な動き。ダイナミックな画像を撮ろうとしているのか?と一瞬思いましたがあっという間に錐もみ状態になってドッカーンと墜落。ありゃりゃりゃりゃ・・・何てこった。
ちょっと離れたところなのでどういう状況なのかわかりませんが、煙が上がっています。
b0144082_8244913.jpg

間もなくアナウンスで、落ちた場所はコース外だが安全確認のため次のグループの出発を遅らせる、とのこと。で、どの位余計に待ったでしょうか。10分もないくらいだと思いますが、やっとスタートに向けて上がってきた気持ちがまた萎えてしまいました。
心拍も90くらい。いくら緊張しないからってちょいと低すぎますw
b0144082_8245873.jpg

それにしてもドローン、何もないところに落ちてよかったです。あれが選手が走っているコース上だったら・・・各グループ後方の選手がスタートラインを超える頃にはそれなりにスピードが出ていますから、大変なことになる可能性もあったわけです。いやあ怖い怖い。
そんな訳でちょっと遅れて前のグループがスタート、続いて自分たちのグループもスタート位置につきました。
b0144082_8305857.jpg

ここでやっと心理的にも「レースだガンバるぞ!」と気持ちが高揚してきました。

そしていよいよスタート!号砲に合せて車列が動き出し、会場を抜けてK4に出て上細井町の交差点を越えるまでが短いパレード区間。計測開始地点でガーミンのラップボタンを押しました。
20.8kmの楽し苦しいレースの始まりです。
今年はとにかく試走していない(夏休みに途中まで上っただけ)ので、去年の自分のレポートを読んだりしておぼろげに組み立てを考えていました。
去年と同じタイムを出すためには平均14.2km/h出す必要があります。前半緩く後半キツいこのコースでは、前半に貯金を作って後半でそれを食い潰していくことになるでしょう。
夏休みに走ったときに引き返した大河原橋までを20km/hで行ければいいタイムが出るに違いない、そんな目論見をたてていました。

スタート直後は勾配が緩いこともあって25km/h以上で走ります。飛ばし過ぎずに常時20km/h前後で・・・などと考えていましたが、実際には思った以上に勾配が緩いので飛ばしている意識がなくてもかなりのスピード(もちろん自分比w)が出ていました。
いつもヒルクライムレースでは最初の3kmくらいは心肺が上がらずとてもキツい思いをするのですが、今回はあまりそれがなかったですから実際抑え気味で走っていたんだと思います。
そして大鳥居を過ぎ、畜産試験場前の交差点を過ぎ、勾配が少し増しペースも落ち着いて来ました。
大河原橋で19km/hだったかな?もうちょっと先だったかな?目論見より少し遅いけど脚の残り具合からこのまま行けばそれなりのタイムが出せそうだな、とちょっとばかりとらぬ狸の皮算用を始めたりしました。
ただ、試走していないのでこの先どの程度タレてしまうものやら想像がつきません。
なので山間に入ったあたりでは少し抑えぎみだったかな・・・これが最終的には仇になったようなならないような。

山間の最初はしばらく直登です。去年のブルベ「上毛三山」で下りの振動に悩まされた区間ですが、その後舗装し直したのかきれいで滑らかな路面になっていました。って、気がついたのは下りでですけどね(笑)
さらに進むと九十九折れに入ります。ガーミンが示す斜度は一段と上がりますがスピードもそれまでより上がっていました。??そんなわけないだろ・・・ガーミンの斜度自体あまりあてにならない上にちょっとタイムラグがあるからそんなことになったんでしょう。
まあでもカーブが続いてそれまでの道より変化が生まれ、走りが楽しくなったのは間違いありません。
後半の中盤くらい、一番勾配のキツい区間がしばらく続くあたりでもスピードは落ちるもののあまり苦しさは感じることなく上っていたような気がします。

ただ、筋肉を休めるためにちょっとダンシングをしたら、その後で腿裏にちょっとつりそうな気配が・・・。
これはまずい、と少しペースを抑えたところで丁度勾配が大きくなり、ちょっとの間10kn/hを割ってしまいました。
去年の自分のレポートを読んだら2度ほど10km/h以下になったようなことが書いてあったので、今年はまずは2ケタ厳守、と思っていたのですが。まあずっとガーミンとにらめっこしてるわけじゃないから、その時だけじゃなかったかもしれないですけどね。

その後出てくる後半の九十九折れは勾配が緩くて加速しながら気持ちよくカーブを曲がれるところです。
ゴールまで残り5km、4km、3kmと距離を減らし、同時に平均時速も0.1kmずつ順当に下がっていきます。そしてついに残り2kmを切ったあたりで14.3km/hとなりましたw

あと0.1km/h下がったらほぼ去年と同じです。ありゃりゃこりゃまずいゾ・・・と気合いを入れ直してペダルを廻していると、勾配がかなり緩くなってきました。そういえば一番最後でこんなふうになるんだっけな、と思いつつラストスパート!自分でも不思議なくらい簡単にスピードが乗り、20km/hを軽くオーバーして疾走(あくまで自分比w)、前を走る人たちをゴボウ抜きにしたのです(あくまでイメージw)。
そのまま最後の直線に入りダンシングで踏み込むとゴールのゲートが見えてきました。
あそこまでこのペースで!と必死にもがきますが、やっぱり最後までもたない(笑)、去年とおなじです。ダンシングからシッティングに戻って減速しながらゴール!
・・・タイムは1時間26分台。昨年の記録を上回るという最低限の目標は何とか達成しました。正直、残り2~3kmまではもうちょっといいタイムが出せるんじゃないかと思っていたのですが、やっぱりそううまくはいかないですね。

ゴール後は列に並んで荷物受取まで直行、さらに下山待機場に進んで順番待ちです。
ここで去年と同様になめこ汁がふるまわれました。去年はありがたいものの生ぬるくてちょっと残念な感じでしたが、今年は熱々で大変おいしくいただけました。タイミングの問題かも知れませんが色々改善されていて素晴らしいですね。
さらに待ち時間もほとんどなく、なめこ汁の空きコップを回収に来てくれるのと同時に下山が始まりました。
b0144082_827182.jpg

ハルヒルは全員上り終わるまで下山が始まらないので待ち時間がすごく長いのですが、赤城山は上り下りで車線を分けるのでそれほど待たずに下ることができます。道幅の問題とかあるのかも知れませんが、これははっきり運営の差が出ていますね。(上の写真は対向車線の人たちもゴール後ですから緩い雰囲気です。)
会場までスムーズに下りてきて、出店を冷やかしてちょっとだけ買い物を済ませ、自転車を押して撤収しようとしたらすぐそこにぽっぽさんがいるではありませんか。参加されているとは知りませんでしたよ。
レースの結果とか最近の様子などしばらく立ち話をして、また一緒に走りましょうとご挨拶をしてお別れ。
b0144082_8271475.jpg

あとは駐車場に戻ってお片付けです。
b0144082_8272540.jpg

結局雨はそこそこで上がったのですが、路面は下りの途中まで完全にウエットだったのでもう泥まみれです。
b0144082_8273674.jpg

回りにはその場できれいに拭きあげている人もいましたが、帰ってからゆっくり掃除することにして汚いままクルマに載せました。
帰りは時間があったので下道で、セーブオンで家族のお土産にぷにもっちぃを調達したりカインズホームで工具を買ったりしながらのんびり帰宅。帰宅後はバイクをクルマから降ろしてそのまま洗車しました。

こんな感じで全行程を終了、今年も楽しく赤城山のヒルクライムを走ることができました。
去年のタイムを少しでも上回る、という緩い目標も一応達成です。タイムを去年から1分35秒縮めました。
でも、どうももやもや感が拭えません。
序盤でいつもの心肺の苦しさをあまり感じなかったり、中盤でちょっと抑え気味に走ってしまったり、ラストスパートでやけにスピードが出たり・・・端的に言って出し切れてないんじゃないの?ってことですw
もちろん走っている最中は全力のつもりだし、ゴール後はもう動きたくないッ!ってくらいに最後は踏んでいるし、体力が余ったわけじゃないんですが。
ペース配分をうまくすればあと3%くらいは絞り出せたんじゃないか?って気がしてなりません。
理由として試走とか気持ちとか、いろいろ書き連ねることはできるけどそれは割愛。
年末のまとめか来年の始めか、来年のレース・ブルべ出走計画についてはこれから考えますけど、今の気持ちではこの赤城山は来年リピート参加する第一候補ですね。お金は余計にかかるけど当日受付で参加しやすいとかそういう要素もあるし。まあ年末になったらまたいろいろ考えましょう。
b0144082_8274696.jpg


霧雨の中赤城山に上ったたくさんの参加者の皆さん、お疲れさまでした~
Urくん、またも入賞おめでとうございます!すっかり常連ですね~、次のレースは表彰台だ!
ぽっぽさん、今度はスタート前からご一緒しましょう!
ツイッターで応援、お祝い頂いた仲間の皆さん、改めましてありがとうございました。
当日まとめて一言お礼を言っただけになってしまい大変失礼しました。色々お言葉頂いて本当に嬉しかったです。また一緒に走りましょう!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-10-02 08:33 | 自転車 | Comments(8)