L S C H

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

北風ライドto奥武蔵

2/21は最初のヒルクライムレースまで2ヶ月を切ったこともあってちょっと上っておきたいなあ、ということで今年初の白石峠に行ってきました。
前の晩は遅くまで雨の予報だったので朝のうちはウエットコンディション確実ですが、それを気にするとこの週末はノーライドになってしまうのであんまり考えないことにしました。

5時15分のアラームで目を覚まし、準備やら朝食やらで家を出たのが6時すぎ。だいぶ日が長くなったのでこの時間でライトがいるかいらないか、っていうくらいの明るさですね。
路面は予想通り完全ウエット。

家から5kmほど走ったあたり
IMG_0542

荒川CRに入り朝霞水門を過ぎたゴルフ場の脇
IMG_0546
完璧にウエットです(笑)

でも
昭和田んぼ
IMG_0556

入間TT区間
IMG_0560

と走るにつれて空は雲がなくなり晴れ渡る気配を見せ始めます。そしてやっぱり風が強い。季節的には終盤ですが、やっぱり荒川峠ですね。
このまま晴れて風が吹けばすぐに乾くだろ、と確信しました。

入間大橋を超えてちょっと行ったところで撮影タイム
IMG_0568

さらに先に進みます。
IMG_0570

圏央道と交差するところで荒川CRを離脱、さらに圏央道の側道を逸れたあたりでもう路面は乾いていました。
IMG_0574

戸守を超えて物見山でトイレだけ済ませ、田中セブンにin。
IMG_0577

ウエットコンディションを走ったおかげで既に車体が汚れまくっています。
IMG_0575

朝食その2を済ませて、いざ白石峠へ。
山あいの道に入っていくとまたウエットとドライが混在していました。
IMG_0578

IMG_0579

さらにバイクが汚れますorz
相変わらず風は強い・・・

そして上り口に到着。
IMG_0581

まとまった距離のヒルクライムは上り初めのヤビツ以来一ヶ月以上ぶりなこと、少しですけど体重が増え気味なことなどから、アタックするにしてもベスト更新などとても望めません。
いいとこ四捨五入して30分、つまり35分切りできれば御の字だろうなあ、などと考えつつ上り始めました。
最初の1~1.5㎞くらいはいい感じです。入れ込んでいないから気楽に廻せてるような気がしました。
でも、当然のようにその後はどんどんタレてきます。ベストを出した時はほとんど10km/hを下回ることがなかったように記憶しているんですが、自分がそんな風に走れていたなんて信じられない感じ。ちょっと勾配がキツくなるとすぐに8~9km/hになってしまいます。そしてダンシングの多用。こりゃダメだ~、と思いつつ何とかこらえて漕ぎ続け、峠に到着・・・タイムは35分52秒、目標未達です。
IMG_0584

やっぱり今はこんなものでしょう。これから2ヶ月の間にどんどんアゲていきたいですね。

四阿で自分の直後に上ってきたローディとちょっとお話し。彼は山頂まで行ってみるとのこと。天気が良くて眺めが期待できそうなので自分も行ってみました。
途中2~3ヶ所雪が融けきっていないところもありましたが、概ね問題なく走ることができます。
ゆるゆる上って堂平山到着。
天気がいいってのはやっぱり気持ちいいです。
IMG_0596

IMG_0598

上の写真だと小さくてわかりづらいんですが、スカイツリーも見えていました。
拡大すると
24549402784_1cabf52869_o
わかりますかね。

あまり長居はせずにまた白石峠まで下ります。パラグライダーの発着場で写真を撮ろうかと思ったんですが、風で自転車が倒れるのは間違いない感じがしたのでスルー。

峠からは大野峠方面も定峰峠方面も路面凍結通行止の看板が出ていましたが、堂平山への道の状態から見てどちらも大丈夫だろうと判断、高篠峠まで行って大野峠線で下ることにしました。
高篠峠までの道も1~2ヶ所わずかに路面に雪が残っているところがあるくらいで問題ありません。数km走って、高篠峠に着いてみると・・・・
IMG_0601

いきなりこの状態です。ここは広くなっているから陽当りもいいはずですけど、標高が高くなっているからですかねえ。上の写真の直進方向は大野峠へと続くグリーンラインで一番標高が高いエリアですが、ちょっと進むのは難しそうに見えました。

大野峠線を下りる方向はこんな感じ。
IMG_0602

丁度ここを上ってきたローディのおぢさんに訊いてみると、この先下りていくのはやはり問題ないとのこと。

なので予定通りここを下りて行きます。
IMG_0603

山肌にわずかに残る雪と木陰のコントラストがきれいだったので
IMG_0606

この後はそのままズバッと下ります。宿の直前、とき庵の横あたりで梅が7分咲き、ってところでしょうか。
IMG_0609

宿の交差点を右折、萩日吉神社の横を梨花カントリーまでいつもの激坂を上ります。白石の体たらくに比べて、こっちは意外とくるくる廻して気持ちよく上ることができました。13%超が続くので絶対的スピードは遅いんですけどね。
梨花を超えて大附に行く途中で左に逸れて弓立山(の途中)まで。
IMG_0612

最近某有名ブログで、ここのことを役所に訊いたら上まで行っても構わないって言われたようなことが書いてありました。それじゃ行ってみようか、っていう気がなくもない感じでここまで来てみたけど、やっぱりそういう伝聞だけでこれを突破するのはちょっといかがなものか、と思ってやめておきました。

引き返した後は大附の激坂を下って楠線を超えます。と、そこは上谷の大楠なわけですが、今まで見たことのない光景、クルマと人で溢れかえっています。
理由は明らか、前夜の「アド街」が越生の特集で、この大楠も取り上げられていたんですよね。いやあ、テレビってスゴいですねー。
IMG_0613

詰まって動けなくなりクラクションを鳴らすクルマの横をすり抜け、上の写真を一枚だけ撮ってそそくさと先を急ぎます。
牧場の横を通って梅林の辺りに出るまでにも何台ものクルマとすれ違い、歩いている人もたくさんいました。
そして梅林まで出てきましたが、ここら辺りも当然凄い混雑です。梅はもう一息ってとこですかね。
IMG_0614

混雑を抜けてシロクマパンの前の道で何枚か。
IMG_0616
IMG_0618

本当ならシロクマパンで昼飯にするのに丁度いいタイミングですが、しばらくお休み(心配ですね・・・)なので、そのままK30に入り、去年の夏至チャレでスタート・ゴールだった毛呂山のセブンで補給休憩。
IMG_0622

あとはいつもの道をノンストップで家まで走りましたが、帰路もずっと風が強く時々ハンドルをとられつつ慎重に走って早めの4時前には家に着きました。その後は自転車を家に入れる前にソッコーで洗車、
IMG_0629

午前中の汚れをきれいに落として、あとは室内で各所掃除してお終いとなりました。


160221_白石峠
150km2000mと数字は控えめ時間も短めでしたが、これからどんどん暖かくなって走りやすくなる季節のとっかかりとしてはまあちょうど良かったんじゃないでしょうか。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-02-24 08:50 | 自転車 | Comments(0)

日記、のようなもの

これといったネタがないので、週末のことを少しばかり。


木曜(祭日)、午前中はブルべで融雪剤の上を走ったままになっていたロードバイクをジャバジャバ水洗い。午後は会社でちょっとばかり仕事をしてきました。

金曜日、仕事で古い町並みが有名な某地方都市へ。
IMG_0349


土曜日はいつものように仕事でしたが、次の日曜日が荒天の予報で走れない見込みだったのでちょっと午前中に走っておこうかと。
ロードバイクに乗り始める前はクロスバイクで土曜出勤前に100km、なんてのをたまにやっていたのですが久しぶりにそれにチャレンジすることにしました。
ルートもその時に走ったこれ。
ぐるぐる
渦巻きにぐるぐる走って丁度100㎞です。

6時に出れば100km走って午前中に会社に着けるな、と思っていたのですが案の定起きられずに家を出たのがほぼ7時。
チョー久しぶりに江戸川CRを走り
IMG_0358

江戸川を渡り
IMG_0369

葛西臨海公園に寄り道をして
IMG_0371

都内に入って芝増上寺など
IMG_0381

やっぱり出発が遅れたのと予定になかった寄り道があったりしたので午前中で100kmは諦め、池袋のY's Roadで買い物をして丁度昼くらいに会社に到着、走行距離は88km。
帰路を含めて一日で100kmに軌道修正です。
帰りは午前中の道と交差しないルートを選んで結局トータル106kmでした。
160213_土曜出勤100km


日曜日は朝目が覚めると予報通り、外はびゅーびゅー凄い風です。
午前中は自転車の整備をして過ごしました。
まずはクロスバイクのブレーキケーブル交換、前日のY's Roadの買物はこれです。
パーツの赤化の一環でアウターケーブルは赤くしました。シフトケーブルも近々替える予定ですが、白赤のケーブルでやけにめでたい感じになりました(笑)
IMG_0387

フロントのブレーキレバーを握った感触が何となくヤワいのがケーブルを替えても直りません。ブレーキ自体の剛性の問題にしちゃいくら何でもヤワ過ぎるな~、と思ったらリードパイプの中にバネが入っていました。握りはじめのタッチを柔らかくしてガッツンブレーキになるのを防ぐためでしょうか。
自分はかっちりした感触でガッツン気味の方が好きなので、バネを取ってセットしてみたらいい感じです。実走して確認する必要はありますけど、まずはこれでいってみましょう。

続いてロードバイクのタイヤローテーション。今のタイヤ(Continental Grand Prix)にしてから一度もパンクしていないので、このタイヤのつけ外しは久しぶりでしたが、簡単にハマって全く問題ありません。スムーズにタイヤを入れ替え、チューブが噛んでいないことを確認して2本とも規定の空気圧まで空気を入れました。
次はホイールを戻す前にブレーキシューの清掃です。船からシューを外して軽くやすりをかけ、千枚通しでめり込んでいる金属片を突っつていると・・・・

BAN!!!

バカでかい音がして突然前輪がパンクしました。
噛んでないと思ったけど、実は微妙にチューブを噛んでいたのか(実は前輪はチェックがちょっといい加減だった)、チューブに何か欠陥があったのか寿命だったのか、よくわかりません。
チューブを取り出してみるとこんなです。
IMG_0389

パックリいってますね~。こんなの初めてです。
仕方がない、ブレーキシューの清掃を終えると予備のチューブを前輪につけ直しました。

2台とももう少しいじりたいところはあったのですが、とりあえずこの日はここまで。
昼には風も雨もやみ、絶賛異常気象実施中!って感じで20度超のあったか陽気になりました。

走りに行くこともできたのですが、珍しく息子が近くの学校で練習試合をやっていたので見に行くことに。滅多に乗ることのない西武線の下りで10分あまり、家人と一緒にのんびり見物してきました。
IMG_0422

たまにはこういう過ごし方も悪くない、平和な日曜日です。

ということでまあ人に読んでもらうような内容でもないですが、この週末の日記、のようなものでした~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-02-16 08:32 | 日常 | Comments(0)

BRM207あおば200km熱海参戦記(後編)

さて、前回の続き、の前に今回の装備について:
取り立てていうほどのものではありませんが、ハンドル廻りは前回と同じ。
IMG_0311

今回が5回目のブルベですが、ほぼこれで定着ですね。スタート直後以外は日中の走行になるのはわかっていたんですが、中華ライトをダブルで装備してブルべ気分を高めました(笑)。
ガーミンにルートを入れていたのですが、スタートするときにナビをスタートさせるのを忘れ、わからなくなったら呼び出せばいいやと思って結局そのままキューシートだけでゴールまで走りました。初めて本来の方式(?)で走りきれたことになります。

さてさて、レポートに戻りましょう。
真鶴あたり、アップダウンを重ねて真鶴トンネルを抜けますが・・・出口のところで反対車線でバイクとクルマの事故です。警察のクルマは来てましたけどまだ発生したばかりみたいでライダーの脚が見えてました。スタート直後に続いて2度目の事故現場です。大丈夫だったでしょうか・・・
その先は下って一旦海に近いレベルに。そして有料道路のビーチラインはそのまま低いところを行きますが、旧道はまた少し上ってアップダウンを繰り返しながら熱海の市街地を目指します。
そして寛一お宮の松まできました。
あの像と自転車のツーショット(スリーショット?)を撮って今回のレポートのキメ画像にしようと思っていたのですが・・・



IMG_0296

団体さんと謂れを説明するおじさんに占拠されていましたorz
仕方ない、待つほどのものでもないのでこの写真だけ撮ってさっさと退散です。

その先、公園の横をクランクするところの信号待ちで横にランドナーが並びました。ふと見ると外人さんです。そういえばエントリーリストに一人カタカナだったかアルファベットだかの人がいて、朝受付でも見かけたなあ、と思い出しました。
「お腹すいたねー」
「もうすぐPCだからそこで補給ですねー」
みたいな会話を交わして(もちろん日本語)再スタート。
ちょっと道がわかりづらくて戸惑っている間に彼が先行、見えなくなりました。
この先、熱海市街からPC1のミニストップへの最後の道は10%を軽く超える激坂です。
ミニストップのさらに先は熱海峠、昔オートバイに乗っていた頃に走ったことがあるのを覚えていて、その記憶や今回ひいたルートからもこの最後の上りが手強いことはわかっていました。
その上り口のあたりまで来ると脇に停まっているランドナーが・・・と思ったらさっきの彼(Davidサン)でした。
「補給したよー」みたいなことを言っていたと思います。もうすぐそこがPCなのにw

その先、勾配は強烈ですが距離はそんなに長くないので、インナーローで淡々と上ってPC1に到着。直前にある梅園が見頃を迎えつつあるようで、その界隈はどこもクルマが多くちょっと走りづらかったですね。
IMG_0298

ミニストップで買い物を済ませて外に出るとDavidサンがいたので隣に座ってお話ししながら補給。
アメリカの方で、色んな所でブルベを走られているそうです。ワシントンの何とかとかロッキーの1,200kmとか、覚えきれないけど色々仰っていました。
この日のルートの信号の多さに参ったそうで、ここまでの100kmでPBP全部より信号が多い!とか、上りが多いことに関して「日本のブルベのコース設定者はイジワルw」とか、面白い話を聞かせてもらいました。
そして、彼のバイクが何と木製フレームだそうです。完全オーダーメイドかと思ったら、既成品とのこと。自分のバイクの隣に停めていたのでツーショット。
IMG_0297

後でわかったのですが「Renovo」ってメーカーらしいです。たしか彼のお母さんだかの実家の近くにあるなんてことを言っていました。

そういえばこれはPC1で撮った写真です。
IMG_0304
総走行距離(上から二つ目)は小数点以下一位まで表示されているのにラップ距離(一番上)は一桁までしか表示されません。最後の上りの手前で戸惑ったのはこれが原因で、交差点の位置がよくわからなかったんですよね。PC間距離が100kmを超えるなんて初めてだったので、今まで気がつきませんでした。

そんな休憩を終えて復路スタートです。基本的に往路と同じルートですが、熱海市街地で海まで下りない、宮ヶ瀬湖は通らない、と往路をマイルドにしたコースになっています。
IMG_0305
熱海を抜けたところで往路のコースに合流、海沿いの道から中に入ってアップダウンするところでウェアの調整で停まっていたDavidサンをパス。真鶴半島の根元を走る辺りでは海がイイ感じで見えていたので停まって写真など。
IMG_0308
この辺までは少しは写真を撮ろうという気持ちもあったのですが、小田原あたりまで来るともう普通の景色の単なる市街地走行です。
この辺ではもう前後にランドナーも見当たりません。順位というか順序も安定して、自分より速い人は自分より前を、自分より遅い人は自分より後ろを走っています。
残り45kmのPC2まで淡々と走り、その直前で二人のランドナーに追い付きました。
先行している人も何人かいてそれなりの賑わいです。
でもツイートしたり家人と連絡をとっているうちにみんないなくなってしまい、こんな感じに。
IMG_0310
この直後、自分が出発するのと入れ違いでDavidサンが入ってきました。
そして最後の45km、回らない脚をなだめすかしてちんたらちんたら行きます。まさに「サイクリング」ペースでした。うーん情けない・・・こんなに走れないんだっけ自分は、とげんなりしながら完全平坦を26~27km/hペースで走りました。
45kmのうち最後の15kmくらいは尾根幹です。そこまで来れば走り慣れた道で先が見えますから、とにかく小山の交差点までと思って走りました。
そしてやっと尾根幹に入ると、アップダウンはありますがトータルでは下り基調なのと先が見えたのとで何とか息を吹き返して順調に漕ぎ進みました。前回のあおばブルベの時もそうでしたが、夕方の尾根幹はクルマが多くロードバイクが少ないですね。
稲城五中前を左折して新大丸の交差点までくればゴールです。
認定タイムは10時間44分でした。そして今年からメダルがその場でもらえる(買える)ってことで、新デザインなので買っておきました。
IMG_0317

暖かい飲物を頂いて完走報告のツイートをしたら撤収。
IMG_0315

家まで25kmほどですが、まあそこそこのペースで帰りました。

b0144082_1523277.jpg

去年のBRM1018あおば200km山中湖との比較を色んな場面でしてきましたが、その時のタイムが10時間11分で獲得標高が2403m(ルートラボによる)。今回はコースが被るところが多くあって獲得標高は2134m(同)。実はこの数字から「10時間切れんじゃねえの?」なあんてことを考えていたんですが、そんな考えは大甘でしたねー(笑)。冬の間やっぱり走り込めていない分脚がなまっていたのと、スタート地点までと宮ヶ瀬湖の先で飛ばしすぎたのと、そのあたりが敗因でしょう。簡単なブルベはない、という言葉を実感した今年の初ブルベでした。
次のブルベは320の埼玉300kmです。鍛えてかからねば~!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-02-13 01:55 | 自転車 | Comments(0)

BRM207あおば200km熱海参戦記(前編)

前回のエントリーから間が空いてしまいましたが、予定通りに今年最初のブルベ、BRM207あおば200km熱海に参加して参りました。

レース・イベント参加時に一番気になる天気、今回は一週間前から晴れマークで安心していたのですが・・・直前になってまさしく雲行きが怪しくなり、前日の未明から当日早朝にかけて雪の予報に急変。TVでは予報士のおじさんが積もらない見込み、などと言っていましたが、そんなものあてになりません。
前の晩早めに布団に入る直前に外の様子を見てみると、いかにも雪が降りそうな湿って冷たい空気が立ち込め、すでに地面は雨だか雪だかわからないけど湿っている感じです。
うむむ、とにかく積もらないでくれよー、と願いつつ眠りにつきましたzzz
3時半に目覚ましが鳴って起きましたが、外は少なくとも雨は降っている様子はありません。お願い!と思いつつ玄関の扉を開けてみると、路面はウエットですが積もってはおらず、降ってもいません。
キタコレ!
喜び勇んで準備を始めました。といっても軽い朝食を摂って着替えるだけですけど。
スケジュールは5時受付開始、5時半ブリーフィング、6時スタートです。
去年10月のあおば200km山中湖も同じスケジュールで、5時前に着いて激しくヒマをもてあそびました。
そこで今回はブリーフィング直前に着けばいいや、と出発を遅くして4時15分頃家を出ました。
よしよし予定通りだゾ、といつもの道を走りましたが、途中であれ、5時半間に合わないか?と思って少し踏んだりした結果5時25分頃大丸公園に到着。早速受付を済ませましたが、結果的にはブリーフィングは少し遅れて始まったので余裕でした。
IMG_0260

ブリーフィングでは大事なことがひとつ、宮ケ瀬湖を過ぎた道の駅でシークレットの通過チェックがあります、とのこと。つまりそれはもうシークレットではない(笑)わけですが、何しろPC1が105km先の折り返し地点ですからそれは途中に何かあるだろう、と思っていた予想通りでした。
ブリーフィングが終わるとほどなくスタート。ウェーブスタートではなく、一列にずらッと並んでいます。
IMG_0263

自分もかなり後ろになってしまいましたが、車検を済ませてスタート・・・と思ったらクリートがはまりませんw
トイレとの行き帰りにクリートを傷めないように芝の上を歩いたのですが、雨やら雪やらでかなりぬかるんでいたらしくシューズの裏を見るとびっちり泥が詰まっていました。
何とか泥を少し落としてクリートを嵌め、やっとスタート。

連光寺坂を上って天国への階段から尾根幹に入るのですが、上りきって尾根幹の上を跨ぐ橋に警察のクルマが停まっていて、何人かのブルべ参加者が脇に立っていました。
走りながら見たところ重い怪我人がいるようには見えなかったのですが、ゴール後にスタッフの人たちが話していたところによると、撒いたばかりの融雪剤に滑ってブルべ参加者が落車、救急車が2台も来たそうです。大したことなければいいですが・・・

その後は大勢のトレイン状態で尾根幹を進み、相模原、横山を走ります。やがて信号だの少しずつのスピード差だのでだんだんトレインも千切れてきて走りやすくなってきました。それでも前に後ろにすぐに数人繫がってしまいます。
IMG_0265

相模川を渡って愛川あたりから上り基調になってきました。僅かばかりですが高度があるからか単にそういう雲の動きだったのか、周りに残る雪も多いみたいです。
IMG_0271

本格的に宮ケ瀬湖に向かう上りに入ったところ、トルクをかけた後輪がスルッと空回り。あれっと思いつつちょっと進路を変えましたがまたツルッと滑ります。雪の上ではないのですが・・凍結ですね。いやあ怖い怖い。一面ツルツル、って感じじゃなかったし真っ直ぐ進んでいたので落車することなく進めましたけど、一歩間違えばすッ転んでいるところでした。

IMG_0274

いくつかのトンネルを超えて進むとやがて湖畔の道に出ました。
先行の何人かが写真を撮っています。自分もちょっとストップして何枚か。

IMG_0276

IMG_0277

この間にここまでの上りで抜かしてきた何人かがまた先行していきました。
自分も後を追ってまた出発。

しばらく湖畔を走って下りに入り、道の駅清川に到着。時間が早いし小さい道の駅なのでトイレ以外は何もなし。
IMG_0282

カードにチェックを入れてもらったらトイレを済ませてすぐにまた走り出しました。

IMG_0281

この先は下ってしばらく走ると海沿いのR1に出て、小田原を過ぎるまでずっと平坦路が続きます。
だいぶ西に進んだので富士山など。
IMG_0284

いつの間にかまた集団が膨らんでしまい、10人近くのトレインが信号やら何やらのたびに前後くっついたり離れたり。結構皆さんハイペースで飛ばしています。スタートしてからまだ60kmもいってないのに早くもヘバってきましたw

このペースで走り続けるわけにはいかない・・・折り返しのPC1まで105km、さっきの通過チェックはトイレだけだったから、もうちょっと行った辺りで一回は補給休憩しておきたいところです。

海沿いのR1に出ればまもなく去年のBRM1018でPC1だったローソンがあるのは覚えていました。同じところじゃつまらないからそのひとつ先のコンビニに入ろうか。などと最初のうちは考えていましたが、とてもそんな余裕はなくなっています。むしろもっと手前で入りたいくらい、でも確かあのローソンの前にはコンビニはなかったような・・・
二宮でR1に入って2~3km、この時は結構ばらけて後ろに2~3人いただけだと思いますが、やっぱり最初のコンビニだったローソンにピットインしました。
IMG_0285
自分の以外の自転車はブルべとは無関係です。

パン等で補給を済ませ、早々に出発。海沿い、といっても二宮~小田原間は海が見える場所はあまりありません。
小田原の市街地を抜けて西湘バイパスと並行するあたりでは午前中の光を反射する海面がきれいに見えていました。
IMG_0289
この写真はもうちょっと先ですかね。
真鶴半島が近づいてくるとアップダウンが出てきて前半飛ばし過ぎた脚を更に削ってきます・・・

折り返しまで来てないですけど、例によって復路は写真も書くこともあまりないのでひとまずここで切ります(^^;

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-02-10 13:18 | 自転車 | Comments(0)