L S C H

<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

BRM422あおば300km伊豆・参戦記(前篇)

走って参りました、伊豆半島一周。
「イズイチ」ってのはあんまり聞かないですけど、VCRあおばの昨年に引き続き(その前に開催されていたかは知らない)のコースです。
300kmってのは自分が走ったことのある最長距離(何回かありますがいずれもブルべ)ですが、去年の3月(AJ埼玉のアタック愛鷹)以来です。
大丈夫かな?という不安もありましたが、まあ時間いっぱい使うつもりでいれば何とかなるだろう、とエントリー。
例によって一週間前から気にしていた天気は、最終的に帰路の箱根辺りから降るんじゃないかな?という予報になりました。

前日は珍しく早く帰れたので睡眠時間はいつもより長く5時間程度、3時に起きて3時半に出発という予定通りの行動。
5時ちょい前に駐車場着で準備を始めました。このブルべにエントリーしている自転車仲間は24weさん、プチデビルさん、CB山さん。プチデビルさんはファンライドでは何回もご一緒してますが一緒にブルべを走るのは初めてです。

駐車場では多くの参加者たちが準備をしています。
IMG_7827

持ってきた朝ごはんを立ち食いし始めた途端に寄ってくる猫たち。
IMG_7825

準備ができたらスタート地点に移動です。
定番の記念撮影。ここは初めて来ました。
IMG_7831

ブリーフィング。東伊豆は平坦、西に行ってからのが大変、とのこと。ホントかな?
IMG_7833

そして車検→スタート。
最初は湘南平の坂を1.6km下りますが、この日は思ったより気温が低く寒いので風にあたるのがイヤでゆっくり下りていきました。
平地に入って数珠つなぎのまま数km走ってすぐR1に入ります。
が、そのR1に入る信号でふと下を見ると、ない!ハンドル先っちょのバックミラーがありません。

IMG_7835

強い衝撃があれば抜けることはあるけど結構きつく嵌っていたし、スタート地点で念のため押し込んだのも走り始めてからミラーで後方を確認したのも覚えているし、ダンシングして膝に干渉したとかどこかでぶつけたとかの記憶はまるでないし、それなのにない・・・
本格的な安全確認はできないけど、後ろに車が来ていないかとか、他のローディ(この日の場合は他のブルべ走者)とのペースの違いを確認したりとか、やっぱりあるのとないのとでは大違いなわけですよ。それが最初の数kmでなくなってしまうとは幸先悪いのお・・・と思いますが探しに引き返すわけにもいかないので仕方なくそのまま進みます。

しばらくは団子状態の集団走行になりますが、見慣れた24weさんやデビさんの姿も一緒でした。

IMG_7837

IMG_7838

R1に入って間もなくの国府新宿交差点から熱海までは2月に走った同じあおばの200kmと同じルートです。
この間にだんだんそれぞれのペースで集団もバラけて前後の人数も減ってきました。

IMG_7841

小田原、真鶴、湯河原と進んで熱海市街地に入ります。去年も今年も熱海のブルべで混雑のため愛車との記念撮影ができなかった寛一お宮の像、今回は誰もいなかったのですがあえなくそのまま通過。前後にブルべ走者がいると遅れをとるような気がして停まることができませんでした。熱海ブルべの場合は目的地ですけど今回はまだ序の口だし。

海沿いの公園のトイレに寄り道。用を済ませて出ようとするところで入れ違いに24weさんがやって来ました(笑)
その先、小さいトンネルを迂回するルートが二つ連続するところで自分の前を走っていたブルべ走者は迂回しないでそのままトンネルを抜けて行っちゃいました。いいのかなあれ?

網代を過ぎたあたりの(リゾート)マンション
IMG_7842

死んだおばあちゃんが昔ここに一部屋持っていて、時々遊びに来たものでした。
ずっと海岸線を南下、PC1に到着です。

川奈いるか浜公園。
IMG_7846

公園っていうか広場っていうか・・・
今回コンビニのPCは最後のPC4だけで、PC1~3は写真チェックです。その代わりにキューシートには松崎前の最終コンビニが提示されていて、その距離が127km。無補給で行くのはちょっとつらいので60km台や80km台にあるコンビニをチェックしましたが、わざわざコンビニに入るのも時間がもったいない。
そこでパンやシリアルをちょっと余計に持って、このPC1でついでに補給することに。
写真を撮って植え込みの縁に座って補給が終わる頃に24weさんとCB山さんが到着。
IMG_7848

入れ替わりに出発です。
IMG_7849

ここを出てしばらく行くと何やら交通規制をして車が詰まっています。自転車は進むことができたのでやり過ごして走って行くと、どうやら川奈ホテルGCで「フジサンケイレディスクラシック」をやっている模様。土曜日ですから女子だと二日目ですかね。まだ朝のうちだったから車の量もそれほどではなかったですけど、もうちょっと遅かったらすごい渋滞になっていたのかも知れません。

行程的にはまだ1/3も来ていませんが、この後は写真を見てもどこだかわからないし記憶も曖昧、書くことが少なくなるのでひとまずここまで。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-04-26 01:52 | 自転車 | Comments(0)

ツール・ド・八ヶ岳2017参戦記 後篇

さて、前回の続きです。スタート直後は混雑して進路も思うにまかせないのはいつものこと。窮屈な中を何とか漕ぎ進めますが、1kmも走ればだいぶ落ち着いてきます。周りとの間隔を保って自分のペースで走れるようになってきますが、一年ぶりのこのコース、はてさてどのくらいのスピードで走ればいいのかよくわからない(笑)

確か大雑把にいうと序盤と終盤は勾配がキツくて中盤が緩い・・・そんな感じのはず。結果的にはスタートしてから3kmくらいまでが一番キツかったです。心肺が上がりきらない上に勾配がそこそこ(10%くらい?)あったので。
最初の波を超えた後は一定のペースで淡々と(もちろん自分にとっては厳しめのペースで)上っていきます。途中住宅や別荘があるエリアではポツポツと沿道で応援してくれる人たちも。「あざ~っス」と声にならない声で応えつつ漕ぎ進めます。

ハルヒルや富士ヒル等のメガ大会に比べれば参加者数は少ないですが、それでも1,000人超の人が走っています。前から落ちてくる人、後ろから抜かしていく人、序盤~中盤ではスピードが違う人が廻りをたくさん走っています。

やがて緩い上り~平坦基調の辺りに差しかかります。去年車を停めたスキー場に差しかかるまでが緩い区間だったかな?気を抜かずにガンバって踏みますが30km/hも出なかったですね。緩いとはいえ少しは上っていたからかな。

スキー場を過ぎるとまた勾配が少しキツくなって7~10%の間で行ったり来たり。10%前後になるとさすがにちょっとつらくなってきます。
今年に入ってから、というか去年11月の富士山ライド以降でこなした一番長い上りが白石峠ですから、35分以上上り続けるなんて半年ぶりなわけですよ。それはもうヘバります。

ここは標高100mおきに看板があるので、手元のガーミンの距離と同時にそれを目安にして上るわけですが、ガーミンの標高とはだいたい20~30mくらいずれていました。ところが1,900m地点ではほぼ一致、看板を通り過ぎる瞬間のガーミンは1,899mを示していました。それが2,000mでは確かまた30m以上ずれていたので相変わらずあてにならねえなあ・・・などと考えたりしていました。

一方でゴールまでの距離も正確には覚えていなくて、開会式でナビの人が25kmとか言っていたのでそれを目標に走っていました。あと2㎞くらいかな~、と思っているところで荷物受け渡しの駐車場に差しかかり、誘導のおじさんが「ラスト500m、ガンバって~」と檄を飛ばしてくれていました。おっともう残りはそれだけか、と慌ててスパートしようとしましたが・・・ムチ打っても脚がもう廻りません(笑)
終盤戦では抜かされるより抜かす方が多い走りでここまで来ましたが、この最後2~300mで3~4人くらいにズバズバ抜かされました。
そしてついに最後の左カーブを曲がってあの標識が見えてきました。廻らない脚を何とかかんとか動かしてやっとの思いでゴ~~ル!
ラップボタンを押して表示されたタイムは1時間38分台。う~ん・・・
前篇冒頭に書いたように去年は風雨が強い悪コンディションで1時間40分でしたから、ことしは最低5分は縮めたい・・・という意気込みで臨んでいたのです。それが2分も短縮できないとは・・・
これは大敗北といっていいタイムです。結構意気消沈しました(笑)
まあ仕方ない、とりあえず写真を撮って

DSC_0256

DSC_0257

荷物受取場所まで数百mおりて荷物を受け取り、あゆさんに一報を入れました。

IMG_7814

スタート前にやり取りした時には「上で会いましょう!」ともらっていましたが、こんなに時間がかかってしまったんではあゆさんはもう下りてしまっただろう、と判断して自分も身支度をして下り始めました。上の方は雪解け水でウエットだったり路面が悪かったりなので飛ばさず慎重に走ります。
途中写真を撮ったりしつつ
IMG_7815

スキー場のレストハウスまで辿り着きました。ここでやっとあゆさんと合流、一緒になめこ汁のサービスを頂きました。あゆさんは1時間15分台とのこと。速ええぇぇ!
ずいぶん長いことお待たせしてしまったようで、どうもスイマセンでしたー!

色々お話しをした後、あゆさんはじゃんけん大会に参加していくとのことだったのでそこで解散、自分はそのまま駐車場まで下りていきました。

白樺林で写真など
IMG_7817

駐車場にていろいろ片付けて撤収完了、無事戻った旨ひとことツイートして帰路につきました。
IMG_7818

途中浅間山がきれいに見えていました。
IMG_7821

というわけで今年最初のレースを無事に終えることが出来ました。
実に不本意なタイムでしたがこれが実力なのだから仕方ないですね。かねがね言ったり書いたりしていたように週末に走るだけでは現状維持が精いっぱいなので、2月くらいから少しだけ平日もトレーニングするようにしているのですが、そうそう一朝一夕には結果に結びつきません。また次のレースに向けて頑張っていきましょう。

まずは今度の週末、土曜日はBRM422あおば300km伊豆を走ります。
平塚発着で伊豆半島一周、あおばのスーパーシリーズなので結構厳しいコースのようです。300km走るのは一年以上ぶりですけどだいじょぶですかねえ・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-04-21 01:54 | 自転車 | Comments(2)

ツール・ド・八ヶ岳2017参戦記 前篇

4/16(日)は今年最初のレース、第31回ツール・ド・八ヶ岳を走ってきました。
昨年に続いて2回目の参加です。昨年はレースの前後合せて3~4時間程度だけ雨が降り、上の方では風もかなり強いという悪条件でした。

今年も月曜あたりは曇り時々雨という予報で気を揉みましたが、だんだん好転して前日には晴れの予想となりました。
去年のブログを参考に3時ごろ出発。途中横川SAで軽量化を済ませ、佐久穂に入って一昨年の麦草峠ライドでも補給したセブンで朝食を調達、福祉センターの駐車場に5時半ごろには到着。さすがにちょっと早すぎたかな?ゆっくり朝食を摂って着替えや準備を済ませ、まずは受付へ。

遠くに見える八ヶ岳がきれいだったので思わず停まって写真撮影。
IMG_7807

受付を済ませたらそのままそのあたりでうろうろしたりアップしたり、と思っていたのですがアームウォーマーを忘れたのと特にやることもないので一旦車に戻りました。
ちょっと目をつぶって休んだりパンを食べたり、30分くらいのんびりして7時40分くらいにそろそろ出るか、と再び会場付近へ。

まずは荷物を預けます。
駐車場に着いた時の車の外気温表示は5℃で、受付に行った時もかなり寒かったのでスタート直前までウィンドブレーカーを着ているつもりでした。しかしこの時点で予報(23℃くらいだったかな?)通りかなり暖かくなっていたので、ウィンブレも脱いでバックパックの中へ。

荷物を預けた後はアップします。本コースを途中まで上ることもできたようですがそれじゃつまらないので、仮設トイレが設置された道をその先へと走ってみました。緩やかな勾配で上っていて他にも走っている人がいたので、これならいいかな、と。
後で地図で見ると本コースとほぼ並行して走っているようです。
少しずつ強度を上げながら走って心拍を170超くらいまで上げました。2km程度行ったところでこんなもんかな、とストップ。ほんとはもっとやった方がいいんでしょうけど(笑)
見返すとこんな感じ。のどかです。
DSC_0244

この写真を撮ったついでにスマホを確認すると、あゆさんから連絡が入っていてスタート地点近辺にいるとのこと。ただしスマホは預けてしまうので今後連絡は取り合うことはできないようです。
で、来た道を下って戻ってみるとスタート時間が近づいてきたこともあっていつの間にやら大混雑となっていました。これはちょっと探せない(着ているウェアがわかればだいぶ違うのですが、それも不明だったので)とあきらめてもうちょっとアップを続けました。あゆさんスイマセンでした~

次は千ヶ日向グラウンドへの坂道です。ここは去年トイレを探してさまよった時に上っていいアップになったので今年も一本こなしておきました。

途中からいい眺めが望めます(下りで撮影)。
DSC_0245
ホント天気に恵まれてヨカッタ・・・

下りてから最後にトイレの行列に加わりました。列の真ん中ぐらいまで進んでこんな感じ。
DSC_0246

でも大小別れていたのでどんどん進み、開会式が始まる頃には用を済ませてスタート地点に並ぶことができました。
この時点でさらに気温は上がって暖かくなっています。アームウォーマーを着けてスタート、暑くなったら手首までおろそうと思っていたのですがこれなら最初っから必要なさそう、と外してバックポケットへ。夏と同じ半袖半パンとなりました(インナーは袖なしではなくて半袖ですが)。回りを見ると半袖半パンはあまりいなくて、長袖ジャージやレッグウォーマーが多数派でした。それすぐ暑くなっちゃうんじゃないの・・・って感じの暖かそうなカッコしている人もいました。

DSC_0247

開会式では何人かが挨拶、そしてこの大会の名物にもなっている感じのマトリックスパワータグの安原監督。この大会の競技委員長だそうです。
面白おかしく色々なことをしゃべりましたが、大事なことは三つ(二つって言ってましたが自分にとってはこの三つでした)。

・タイムを縮めるためには緩斜面や下りで流しちゃ(手を抜いちゃ)ダメ。
・レース初参加の人を含め様々な人が走っているのだからヘンな動きをする人がいても怒らずお互いマナーよく。
・家に帰ってビールをプシュッと開けて「うンめェ!」ってやった時がこの大会の本当のゴールであって麦草峠は仮のゴールに過ぎない。最後まで安全に気をつけて。

てな感じです。やっぱり最後のが一番大事ですよね。今年に入ってからもダウンヒルやクリテリウムでの事故のニュースなどありましたから。ホビーレースはとにかく事故なく無事に終わることが一番のタスクです。
で、話が長すぎてスタート予定がそれぞれ一分繰り下げられました(笑)
9:01にチャンピオンクラスがスタート、以降2分おきに各クラスがスタートして自分のGクラスは7:12の予定が7:13のスタート。
前の組がスタートしたところで改めて写真撮影。
DSC_0254
順番など気にせずゆっくり並んだのでこんなに後ろになってしまいました(一応マスドスタート)。

スマホをしまうと間もなくカウントダウンが始まりました。
10、9、8~3、2、1、スタート!と同時にガーミンのボタンを押しましたが、ラップボタンを押したつもりがスタート/ストップボタンを押してしまい、削除/保存の選択画面が(笑)
ちょっと慌てましたがもう一度スタート/ストップボタンを押した上で改めてラップボタンを押し、前の人が動いて自分もペダルを踏むまでにはレースのラップをスタートさせることができました。
さあ、いよいよ標高2127mを目指す今年最初のヒルクライムレースが始まりました!

と、短いですけどひとまずここまでということで。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-04-19 09:00 | 自転車 | Comments(0)

雨をついて走りに行ってきた

今年最初のレース、ツールド八ヶ岳まで一週間を切りました。この週末、本番前最後の泥縄トレーニングを目論んだわけですが、予報は土日ともに雨のち曇り。土曜はいつものように仕事でしたが、家を出る頃はほとんど降っていなかったのでクロスバイクで出勤。出発して間もなく降り始めて結構濡れましたがそれもまあ覚悟の上。往復20kmですが走らないよりはましでしょう。

明けて日曜、午前中は予報通り雨でしたから、午後から車載で走りに行くかな、と考えながら雑用を済ませつつ天気の成り行きを見守りました。
しかし、なかなか止みません。いつものように東京アメッシュのサイトを見ていましたが、自分のいる練馬あたり、出かけようと思っている奥武蔵、共に雨降りです。
結局昼飯も家族でのんびり食べ、もうダメかな・・・とあきらめかけた13時過ぎからか、やっと埼玉方面の雨雲が殆どなくなってきました。しかし窓の外は普通に雨降りです。
霧雨程度なら雨雲レーダーにも映らないし、ほんとに止んでるのかな、どうしようかな~と逡巡するうちに時間はどんどん過ぎていきます。

埼玉の殆どの部分の雨雲が見えなくなった頃にやっと出発を決意、着替えてバイクを車に載せて家を出たのが14時過ぎ。それからガソリンスタンドで来週の八ヶ岳までの分までガソリンを入れて、都内の信号峠(いつもの道だけど悪いタイミングで引っかかりまくり)を乗り越え関越に乗りました。
後はスムーズに物見山に到着、距離が短く装備も簡単なので手早く準備を済ませます。

IMG_7731

この写真の時間が15時15分。こんな遅くから走り始めるのは初めてです。
関越に乗る頃まで降っていた雨も間もなく止み、スタートした時には路面はウエットながらもう降る心配はなさそうな空模様です。
最初の信号を右折して下りに転じると路面もドライで、宿の交差点を超えて山あいに入るまでずっと問題ないコンディションでした。

IMG_7732

IMG_7733

慈光寺バス停でトイレにに寄り道して白石峠上り口へ。
IMG_7734

IMG_7735
この写真が15時58分。ここに来るまでに二人のローディとすれ違いましたが、それがこの日会ったローディの全てでした。

時間も遅いし、写真を撮ったらとっとと上り始めます。この前2週連続で上った時よりはいくらかいいかな?という印象。前半の激坂部分では10km/h以下に落ちることは殆どありません。
この前はベストから2分半くらい遅いタイムだったので何とか1分落ちくらいに納めたいなあ、とガンバります。しかし、後半になるとタレてくるのは防ぎようがない・・・ひとケタのスピードもちょくちょく顔を見せるようになり、ヒィヒィ言いつつゴール。

IMG_7736

ゴールしたときの苦しさからいえばこの前より出しきれたかな。
タイムはベストから1分5秒落ち。この前より1分半くらい速くなったからまあいいところでしょう。やっと改めてベストを狙える位のところまで戻ってきた感じです。
そのベストを出したときの記事を読んでみたら、その前の2ヶ月間で27,000m上ったって書いてありました。そりゃかなわないわけですよ、練習量が違いすぎます。

誰もいない四阿のベンチで仰向けになって気兼ねなくゼェゼェした後は、時間もないので上ってきた道をそのまま下ります。

IMG_7738

花が綺麗な季節です。
IMG_7742

宿を右折、萩日吉神社の横を梨花カントリーへと激坂にアタック。
IMG_7745

13%超が続きますが、それほど距離は長くないのでクルクル回して無事に制覇。
途中で見事な桜が咲いていました。
IMG_7747

その後もあちこち写真を撮りつつ進みます。
IMG_7749

IMG_7751

IMG_7755

最後はそば道場横の激坂を下りて楠線へという定番ルート。
IMG_7756

IMG_7760

確かもう営業を再開しているんだったかな?さすがにこの時間ではやっていないシロクマパンの前を通って物見山方面へ。山村坂を上って駐車場に帰着。
IMG_7761

さっさと撤収して帰路につきます。そんな天気だったからレジャー帰りのクルマも少なかったのか、関越はスムーズに流れましたがそれでも家に着いたのは7時すぎでした。

170409_白石~梨花


距離は短かったけど上昇率2%超で上りも出し切れたし、意を決して出かけた甲斐があったライドとなりました。


暑くなったり寒くなったりで走る度に何を着るか迷う季節ですが、この日は今年初の生足&指切りグローブでした。やっぱり直接風を受けて走れるのは気持ちいいし、カメラの扱いもしやすくて助かります。
IMG_7757


ところで、この日は夕方からパリ-ルーヴェの放送があってTLも結構盛り上がっていました。随分面白い展開みたいだったようです。
自分も観たかったのですがこの春からJリーグがDAZNでの放送(配信)に変わったので、急場しのぎにテレビからスカパー!のチューナーを外してPS3を繋げたままになっていたのです(TVが古いのでHDMI端子が少なくて両方同時に接続できないw)。それに、去年まではスカパー!のサッカーセットでJSports2~4が見られたけどそれもなくなってしまったので独自にJSportsだけ契約しなければならない・・・
視聴環境と契約内容、ともに見直しが必要なんですよね。どうしようかなー

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-04-12 22:25 | 自転車 | Comments(0)

成木峠とか山伏峠とか

また一週空いてしまいました。
3/26(日)は日曜出勤。いつもなら走れねえじゃねえかくっそ~、というところですが天気が悪く雨も降っていたのでまああきらめもつきました。
仕事もなくて天気がよければ前回書いたように奥多摩方面で200km3,000mのライドを計画していて、ルートも引いてあったのですが。
4/2、その奥多摩を走るつもりでしたが金曜から土曜にかけて天気が悪く、山では雪が積もった模様。
標高1,000mを超える風張峠は雪が残っているだろうと予想、奥武蔵の標高低めの辺りを走ることにしました。
4/2はときがわサイクルフェスタがあって、その関係の情報から白石峠は走行可、と掴んでいましたが高篠峠とか刈場坂峠はダメだとか。白石一本しかないのではあんまり気が進みません。
成木峠、山伏峠界隈(実際は白石とそれほど標高も変わらないけど)か、弓立山やくぬぎ村あたりか、と思案しましたが、本番(ツールド八ヶ岳)が近いので少しでも長い上りを、と前者を選択しました。

前夜はまた遅くからのサッカー観戦で寝たのは2時。
目が覚めたのが7時すぎで9時ちょっと前のゆっくりした出発になりました。

いつもの清瀬~所沢からK179のルート。岩蔵街道に入ってファミマで最初の休憩。ここもイートインコーナーがあるので助かります。
バーディクラブを超え、成木街道の上り基調を走って小沢峠との分岐はノンストップで林道へ。
1ヶ月前と同じくらいのペースかな、と感じながら上りますが12%を超えるような激坂区間でのキツさは今回の方が上のような。一週空いてしまったことが大きいのかな。

DSC_0233

結局1ヶ月前より40秒余り遅いタイム。残念ですがまあこんなもんかな、というところ。
この成木峠(常盤林道)いままで何回か走っていますが他のローディに合うことが殆どなかったのですが、今回は上り下り共に数人すれ違い、ゴール地点でも他のローディ(写真に写っている女性と後から上ってきたそのお仲間の男性)がいました。
上りの残り1㎞地点で足着きして再スタートできずにいた女性ローディ、励ましの一言をかけましたが下りていくと残り200~300mのところでまたストップしていました。何とかゴールまで辿りつけたかな?
この日は予想最高気温が14~15℃くらいでしたが、下りはやっぱり寒い!寒いのと路面が悪いのとでまたゆっくりゆっくり下りていきます。今回はイノシシには遭遇しなかったですね(笑)
成木峠の状態次第で先のルートを決めようと思っていたのですが、ゴール付近でわずかに雪が残っている程度と全く問題なかったので、小沢峠を越えK70を北に進み、山伏峠を目指します。

DSC_0234

印象としては成木峠より山伏峠の方が標高が高いと思っていましたが、ルートを見ると成木峠の方が高いんですね。
山伏峠は道がよくて勾配も成木峠よりずっと緩いので気持ちよく上っていけます。
といってもそれほどいいタイムではありませんでしたが、とりあえずゴール。

DSC_0235

ピークのちょっと先ですが、雪はこんな感じ。
DSC_0236

さらにちょっと下ってちょっと上って正丸峠。

DSC_0238

久しぶりに奥村茶屋に入って山菜そばをいただきました。
ここを下って、これまた久しぶりにR299をしばらく南下。やっぱり交通量が多くて走りづらいです・・・
武蔵横手駅の横から林道中野線に入るつもりで走っていましたが、吾野トンネルの手前に左折で顔振峠の標識。
山伏峠の様子からも顔振峠くらいの標高なら問題ないのは明らかだったので、急遽顔振峠へとルート変更です。ここは2年前に一度上ったことがあるだけですが、思いの外キツかったのを覚えています。
距離的には2km余りですが、10%超がかなりの部分を占めている印象。
顔振峠のちょっと下の180度ターンするところでグリーンラインに合流。

DSC_0239

この先のユガテあたりのアップダウンも結構堪えます。まだ2,000mも上っていないのに何という体たらくでしょうw

北向地蔵で久しぶりに写真など
DSC_0240

宿谷権現堂線でちょっと近道することも考えましたが、鎌北湖でトイレに寄りたかったのでそのまま直進。

DSC_0241
鎌北湖でトイレと持っていたシリアルでの小補給を済ませ、帰路につきます。
この前二週連続で寄った豊水橋のファミマが正丸峠から30kmあまりで最後の補給には丁度いいかな、と思ったのですがもうちょっと行けそう。新所沢街道あたりのコンビニで、と思って結局そのまま家まで走っちゃいました。

170402_成木峠~山伏峠

147km2,100m、なんとブルべ以外で2,000m越えは今年初めて。調べたら去年はツールド八ヶ岳前の4週で計12,400m上ってましたから、その差は歴然ですね。あと一週、量より質の坂練をして何とかいい結果につなげたいものです(強がりw)。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-04-04 01:46 | 自転車 | Comments(0)