L S C H

渋峠!2016(後篇)

色々多忙で週をまたいでしまいましたが、前回の続きです。

一旦停まってここからはマイペース、を確認。
IMG_6082

上の写真のように自分がちょっとオーバーランして一番前方で停まったので、そのまま成り行きで先頭でスタート。速い皆さんがびゅーってカッ飛んで行っちゃうかと思ったんですが、先が長いのを警戒してるのかまた普通にトレインになっちゃいました(笑)。
IMG_6088

まあマイペースでって確認してるんだから遅ければ抜かしていってくれるだろう、とあまり気にせず自分のペースを刻むことにしました。落車した時にバックミラーが壊れて(鏡が剥がれた)後ろの様子をつかみにくかったっていうのもあるし。
最初のうちは普通に森の中を走りますが、段々雰囲気が変わってきて、まずはロープウェイの駅を過ぎて殺生河原。
IMG_6093
硫黄の臭いが立ちこめてゆで卵を食べたいような食べたくないような(笑)。

途中2~3ヵ所工事で対面通行になっていたので、信号待ちを喰らいます。
IMG_6094

足つきなしで峠まで行きたいところでしたが、こればっかりはしょうがないですね。せっかくなので写真撮影。
IMG_6095
とりあえず撮りました、っていうヒドい写真w

P9170088_xlarge
(を撮っている自分の姿をかじさんが撮影。背中にマキロン)

その後も標高は順調に上がっていき、気がつくとかじさん、tomoさんと3人になっていました。かじさんに「このペースじゃかじさんには遅いでしょう、先に行ってください~」って言うと「まだいいよー」とのこと(笑)。なので時々言葉を交わしながら3人で淡々と上っていきます。

元々雨が降るか降らないか、っていう予報だったので眺めは全く期待していませんでしたが、陽は射さないものの視界はある程度開けています。
走りながらなのでうまく撮れませんがあちこち写真を撮りながら進みます。

IMG_6097

IMG_6100

そのうち残り10kmを切ったくらいでしょうか、かじさんが「それじゃ、行くぞ!」と自らに声をかけるとするするっと前に出てそのままアタック、あっという間に見えなくなってしまいました。
IMG_6102

IMG_6103

ここ最近も白石峠の自己ベストを更新し続けているかじさん、さすがです。その向上心見習わなければ・・・
その後はtomoさんと二人で登り続けます。白根山レストハウスは相変わらず停まることができません。写真も撮らずじまい。万座への分岐やいくらかのアップダウンを過ぎると先が見えてきます。

IMG_6116

IMG_6121

IMG_6124

IMG_6126

IMG_6118


遠くに見える道の先を「あの辺かな~」などと言いながら進み、ガーミンの断面で残り2kmとわかったところでそれを伝えました。
そして最後のつづら折れを過ぎると見えてきましたよー。

IMG_6130

IMG_6132

日本国道最高地点に到着です。今年もここに来ることができました!
IMG_6135

ここでも曇ってはいるものの、結構遠くまで見渡すことができました。
IMG_6145

IMG_6146

ほどなく全員が揃ったところで近くにいた人にお願いして記念撮影。
IMG_6149

そして長野側に数百m下りて県境の渋峠ホテルです。
IMG_6151

ここまで下りるだけでかなり寒い!
峠に上り返して草津へと一気に下りる前に万全の寒さ対策をします。
この下りのためにどんな防寒装備を持ってくるかかなり迷ったのですが、結局は手脚ウォーマー、インナーウォーマー、ウィンドブレーカーとフル装備で持ってきました。
これらをすべて身につけて、いざ下りです!

IMG_6152

みんなで下り始めますが、デビさん始め下りで速い人はあっという間に見えなくなってしまいます。
スキルがないのに無理に追いかけるととんでもないことになるので、あくまで自分のペースで慎重に下りていきます。自分の後ろにはかじさんとCB山さん。
ところが、下り始めて間もなく猛烈な睡魔が襲ってきました。これはマズい・・・
時々下りでこういう風にすごく眠くなることがあり、以前は何だかよくわからなかったのですが、ある時に理解しました。そう、ハンガーノック(になりかけ)です。
去年6月に白石峠でハンガーノックになった時、予定していた行程を諦めて上った峠をそのまま下りたのですが、眠くて眠くて耐えられず結局居眠り落車してしまったのでした。
そこで二人には先に行ってもらってとりあえず補給することにしました。

またもついでに写真など。
IMG_6156

スポーツ羊羹を一つ食べただけですが、プラシーボか?ってくらいに効果てきめん、眠気はすっかり吹き飛んで快調に下りていくことができます。

途中工事区間の信号でかじさんとCB山さんが停まっていました。「眠いから先行ってて」と言ったので谷底に落ちたら大変と待っていてくれたのです。落車に続きご心配をかけてしまい大変スイマセンでした。回復した旨伝えて3人で下りて行きます。
特に待合せは決めませんでしたが、途中にいなければ草津交差点のセブンに違いないと進んで行くとやっぱりその通り、ここで合流しました。

トイレに入って買物して外にまた出てくると・・・雨ですよ雨。
IMG_6159

それも見る見るうちにかなり強い降りになってきました。
しばらくみんなでスマホと空に交互に目をやりつつ様子見していましたが、走らないことには帰れないので、小降りになったところを見計らって出発。空からの雨と路面に溜まった水の跳ね返りでものの100mか200mで靴の中までびしょ濡れです。
しかも引き続き下りで滑りやすいしブレーキも効かないのに、デビさんは(自分にとっては)かなりのスピードで牽いています。コワイヨー!

ここで千切れると色々面倒なことになるので、歯を食いしばって何とかついて行きます。
そして、それほど走らないうちに雨は上がって(雨雲の下を抜けて)、路面もドライになりました。ヨカッター!

昨年休憩した道の駅六合は素通り、すぐに左折して最後の上り「暮坂峠」です。
去年はここを直進して渋川まで走ったのですが、今回は渋峠の後のデザートとして、この控えめで優しい峠がルートに加えられているのでした。
5%以下が続く緩い上りを走りながらさすがデビさん気が利いてるな~、なんて思ったりしました。

IMG_6161

24weさんとtomoさんと上りきって峠に到着。

IMG_6164

IMG_6165

ここでデビさんから衝撃のひとこと
「ここって去年も走ったっけ?」
えええぇぇぇぇ!?
上に書いたような意図をもって今回のルートを設定したと思っていたのに、本人は去年と同じルートにしたつもりだったらしいです(笑)
いやでもホントに穏やかでいい峠道だったのですごく楽しめました。
ここからは下りだけ、渋川まで行ったらどこかで食事をして後は利根川CRでセパセブンまで戻る予定です。
ちょっと狭くてクルマとの並走が厳しいR353をひたすら走り、道の駅おのこで自販機休憩。とここでトイレに入っている間にまた雨が降り出し、あっというまに土砂降りです。
さっきの草津のセブンといい休憩のタイミングが神がかっています。
ここでデビさんの提案でルート変更、伊勢崎までR17で行ってその辺りで食事することになりました。
また雨が小降りになったタイミングで出発。
IMG_6169

すぐにびしょ濡れになりましたがまたほどなく雨は止んでドライ走行。道々スマホで地図を見て方向修正してくれながら進みます。さすがですねー自分にはなかなかできません。
で、伊勢崎の東のガストにin、遅めの食事でまったり。

その先は10数キロでセパセブンに帰着、ここで解散です。
車載組(デビさん以外)はもう道の駅おかべまで5kmほど走るだけですが、デビさんはまだ80kmほど残っています。スゴイ!結局2時半頃の帰宅だったそうです。お疲れさまでした~

車載組も道の駅おかべでまた解散、自分もそこで着替えたりゆっくりして帰宅は0時をまわりました。

160917_渋峠

一年ぶりの渋峠、往路の落車はありましたが(改めましてご迷惑をお掛けてスイマセンでした)大事には至らず、とても楽しいライドで充実した一日が過ごせました。企画、お誘い頂いたデビさん始め、ご一緒した皆さんありがとうございました!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2016-09-27 02:19 | 自転車 | Comments(0)

渋峠!2016(前篇)

昨年の8月(仲間とのライド)9月(ブルべ)に上った渋峠、1年ぶりに行って参りました。
このライドが計画された9/17(土)は元々仕事で参加できない見込みだったのですが、(自分の中ですったもんだして)結果的には参加できることになりました。

当日は4時前に家をでてガソリンスタンド経由で関越へ。花園ICで下りて5時頃に道の駅おかべ着、準備をして仲間と一緒に集合場所のセパセブンへ。

IMG_5974

2週連続のセパセブンです。
IMG_5976

この日のメンバーは、プチデビルさん24weさんかじさん、tomoさん、CB山さん。これにスピードスターUr君が加わるはずでしたが、残念ながら体調不良でDNS。
そして前週に続いてsepaさんがお見送りにしてくれました。この日は家族のイベントのため渋峠までは行けませんが、途中まで先導してくれるとのこと。

出発時間となり7台トレインでスタート。
IMG_5977

利根川CRを遡り、坂東大橋~五料橋を渡ってR354との交点まで。
IMG_5988

ここでsepaさんとお別れです。先導ありがとうございました。今度はたっぷりご一緒しましょう!

6人になったトレインはR354を西へ進み、
IMG_5990

高崎市街を抜けてR406に入ります。ハルヒルやらブルべやらでよく通ったこの道、里見のセブンで1回目の休憩。
IMG_5996


IMG_5997

IMG_5998

IMG_6000

IMG_6004

更に進み権田交差点を左に逸れてK54。

IMG_6008

ここから上り基調をしばらく走るとやがてはまゆう山荘を経て二度上峠への山道に入るのですが・・・

権田交差点を超えてすぐ、確か道なりに左に曲がった直後のことです。殿を走っていたのですが突然前輪に衝撃を受けると斜めに飛ばされて、気がつくと地面に叩きつけられていました。落車です。
左から落ちて腕やら脚やらに痛みを感じますが、表面だけで骨折系のものではありません。立ち上がって身体や自転車を点検。左の膝横から落ちたらしく、広く激しい擦過傷ができています。ただ、なぜかこの時はあまり激しい痛みは感じませんでした。

IMG_6062
(色が生々しいのでぼかし+白黒でw)

自転車は幸いなことにバーテープが削れてブレーキレバーに傷がついたくらいで他は影響なし。左から落ちたことが幸いしました。
そして、この日初めて着たRaphaのウェア、袖口に穴が開いている~・・・がっくり。後でよく点検すると、脇のあたりとビブショーツにも小さい穴が空いていました。実は、落車して地面に横になった瞬間、身体よりも自転車よりも「ウェアやっちまった!!」っていうのが頭に浮かんだんですが(笑)、その時に想像したよりはダメージは小さかったです。もっとズタボロになったかと思いました。

落車した時は何が起こったのかわからなかったのですが、立ち上がって振り返ってみると原因がわかりました。
IMG_6009

路面にすり鉢状の凹みができていたのです。殿を走っていたので前方の路面が見えず、全く無防備な状態でこの穴に前輪がジャストヒットしてしまったようです。

落車直後に24weさんが撮ってくれた写真(向うから走ってきました。これにも穴が写ってます)
DSC05403_xlarge

ルート全体は上り基調ですが、この写真を見るとここは下っているような感じですね。地図によると川を渡る直前なので、地形的にはこのあたりだけちょっと下りだった模様。体感的には30km/hくらい出ていたような気がするけど、30km/h以上だったらあんな怪我じゃすまないような気もするし、実際にはもっと遅かったかも。

皆さんにご迷惑と心配をかけてしまいましたが、とりあえず走行に支障はなさそうなので再出発。さすがに直後は内心凹みまくりでしたが、5km、10kmと走るうちにだんだん気力も戻ってまた写真を撮ったりしつつ進みます。

IMG_6016

IMG_6020

そして次の休憩地点「はまゆう山荘」に到着。
ここでプチデビルさんお薦めの「桃太郎ソフト」をみんなで頂きます。

IMG_6031

これが桃の味かと思いきや何とトマト味。不思議な味わいですが意外にイケます。

この先は二度上峠までの九十九折れ。去年ブルべとその試走で2回走っているので大体の様子はわかります。10%超はほとんどない比較的緩い峠道、と記憶していましたが大体そんなところでした。

IMG_6043

IMG_6050
かじさん、24weさん、tomoさんが先行して段々離れていきます。

峠間近になって24weさん、tomoさんには追いつきましたが、かじさんは遥か先を行ってとっくに峠に着いているようです。
IMG_6051


P9170058_xlarge
(かじさん撮影)

そして到着した二度上峠。
IMG_6052

浅間山がきれいに見えています。
IMG_6061

ここからは下って下って大津のセブンにin。

ここで買ったのは補給食の他にマキロン、包帯、ガーゼマスク(ガーゼがなかったので替わり)。

補給を終えて、tomoさんに手伝ってもらいつつ傷口に控えめにマキロンを塗ってガーゼマスクをを当てて包帯で巻こうとしますが、よく考えてみると今まで包帯なんか巻いたことないので超適当(笑)。紐みたいにしてガーゼを押さえようとして呆れられ、見かねたデビさんが手際よくきれいに巻き直してくれました。

IMG_6065

いやー助かりましたありがとうございます!
痛みはそれほどではなかったものの、やっぱり傷口をさらしたまま走ることに恐怖心もあったので、これですごく走りやすくなりました。

そして、ここから草津までの10kmがルート中で最も厳しい上りであることは去年と同じです。

IMG_6066

といっても15%超の激坂が出てくるわけではないので、慎重なペースで走れば大丈夫、なんとかなります。

IMG_6069

IMG_6070

IMG_6074

大体みんな付かず離れずのベースで走り続け、草津運動茶屋公園の道の駅に到着。
IMG_6080

ここで渋峠前の大休憩、昼食を頂きます。自分はひもかわうどんを注文。写真はなし。

食事の後でトイレや水の補給を済ませて道の駅を出ると坂を下って草津交差点。
IMG_6081

ここを左に曲がると後はもう渋峠まで一本道です。

曲がってちょっと行ったところで一旦ストップ、ここからはそれぞれマイペースで行きましょう、ということで。

IMG_6082


いよいよ渋峠への長い長い上りの始まりです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2016-09-21 02:42 | 自転車 | Comments(3)

自走赤城山

先週ガンバレ!と応援した甲斐あって天気も何とか持ち、赤城山試走に行って参りました。

前週のデジャブのように曇りと雨を行き来する怪しい予報で推移した日曜の天気ですが、直前になって「曇り時々雨」が「曇りのち雨」に変わりました。
赤城山から下りて埼玉の半分くらいまで持てば、後は雨に濡れても家に帰ってシャワーを浴びるだけ、何とかなるだろ。その雨の確率も50~60%だからまた降る降る詐欺の可能性も高いし。
ということで一週間遅れで自走赤城山を決行することにしました。

当日朝、4時前に起床して4時半頃家を出ましたが、出る直前にtake-iさんからメッセージが入り、残念ながら雨でDNSとのこと。準備万端整えて玄関を出たら結構な降りだったそうです。
残念・・・
気を取り直して出発です。
家の周りはちょっと路面が湿っている程度でしたが、数km走って荒サイにinする直前のあたりはかなり強く降った直後らしく、完全ウエットで水たまりもたくさんできていました。ありゃ、大丈夫かな・・・

夜明けの荒サイ。雲は一様ではありませんが厚く、低く垂れこめています。
IMG_5851

1時間余り走って集合場所の指扇セブンに到着、一番乗りでした。
と、あゆさんからも途中土砂降りにあったので少し遅くなるとツイートがありました。
take-iさんの地元といいこの辺といい、かなりまだらに降っているらしいゾ。全然「曇りのち雨」じゃないじゃんか・・・

結局あゆさんも時間に間に合い、ぽっぽさんも間もなく到着して、ほぼ予定通りにセブンを出発しました。
IMG_5855

セブンでざっとルートの話をして、熊谷あたりまでは荒サイで行こうということになったので、道は簡単で3台トレインでサクサク進みます。
IMG_5857

吉見運動公園から北は自分は初めてですね。
IMG_5864

7月につくばに行ったときはtake-iさんの強烈な牽きに「自分が牽いたら遅くて迷惑なんじゃないか・・・」と恐れをなして結局1㎜も牽かずじまいだったのですが、さすがにそれはイクナイ!と反省。
今回はその時より少し抑えめにしてくれたこともあって恐る恐る先頭交代に加わり(といっても自分は速度遅め距離短めです(^^;)、
IMG_5874

熊谷からR17を経由してセパセブンまで50km余り。
指扇スタート時にセパセブンに8時半頃の見込み、とツイートしましたがそれよりいくらか早く到着しました。
そしてここではセパさんが娘さん3号を連れてお見送りにきてくれました。

IMG_5873

前日に300km4500mアップの過酷なブルべを完走したばかりのsepaさん、お疲れのところわざわざありがとうございました。次お会いする時は一緒に走りましょう!

そして今度は利根サイを北西へと走ります。
IMG_5879


前橋の南で利根サイから市街地に入り、K4のセブンでHC前の補給です。
IMG_5881

ここでツイッターをチェックすると、何とtake-iさんがセパセブンから呟いているではないですか。

てことはこっち(赤城山)に向かっているんですよね?
どこかで合流できるに違いない、と思いつつもさすがにここで待っているわけにもいかないので、我々三人は赤城山へと出発します。
IMG_5883

受付会場となる合同庁舎あたりを横目に見ながら上細井町の交差点へ。ここの写真を忘れるあたり、まだまだブロガーの心がけが足りていないですね。

信号が青になってスタート、50mくらい言ったところで一応ガーミンのラップボタンを押します。
最初のうちはあゆさん、ぽっぽさんについて同じペースを刻みますが、
IMG_5885

そんなのがいつまでも続かないことは日の目を見るより明らか。大鳥居を前に早速千切れました。
その後は他の試走者を抜いたり抜かれたり。

畜産試験場の信号は残念ながら赤でした。
IMG_5889

大河原橋を越えて山へと入っていきいます。
IMG_5894

ここから勾配は前半に比べて少し上がります。
ここまでかなり飛ばしてきたので距離相応以上に脚にきています。のんびりのんびり上るしかない感じ。
IMG_5897

しかも上り始めて間もなくからちょっと空腹を感じていました。
最後のコンビニの補給はデカビタとウィダーinゼリーだけ。そのもひとつ前にちゃんと摂ったのであんまり腹が減ってなかったんですよね。
しかし、こんなに早くから空腹になってたら最後の方はハンガーノックになってしまうかも・・・とちょっと不安を感じつつ上っていました。
去年の6月に白石峠でハンガーノックになった時の悪夢がよみがえります。
このままゴールまで持つかもしれないし持たないかもしれない、そんなにまずい状況じゃないようにも思えましたがこればっかりは楽観できない・・・ということで安全のため少し補給を摂ることにしました。
ポケットに入っているのはクリーム玄米ブランとスポーツ羊羹。パサパサした玄米ブランを走りながら食べると喉に詰まりそうなので(即効性もないし)、ここは羊羹一択です。これら補給食や塩タブレットが入ったビニールパッチをバックポケットから出して羊羹だけを取り出し、残りをまたポケットへ。ここまでは問題なくできました。

そしてこの取り出した羊羹、今回初めて食べる直方体のタイプです。あの細長いやつなら強くつまむだけで中身がにゅるにゅる出てくるので簡単なんですが・・・いや、これだって中味を出すのがそんなに難しいわけじゃないはず。でも初めてでちょっと要領がつかめず、ハンドルの上で羊羹に気をとられていたらついふらついて、やべぇ!と思った瞬間には路肩が斜めに落ちているところに前輪がいってしまい立ちゴケ落車です。ああ情けない・・・

こけてしまったものは仕方ないのでそのまま落ち着いて羊羹を食べ、さて再スタートと思ってバイクに跨りペダルを踏んだらスカッと空回り。チェーンが落ちてました。
これを復旧するのに慣れないもんだからまた手間取って、結局5分くらいロスしましたかね。たっぷり休んでしまいましたのでその後はスピードも回復・・・はしませんが、停まる前よりはいくらか楽になりました。

IMG_5899
IMG_5903
IMG_5905

残りの距離も着実に減っていき
3km
IMG_5906

2km
IMG_5907

1km
IMG_5909

そして最後の上りストレート。
IMG_5912

ここ、本番では最後までもがききりたいですね~

そしてやっとゴール。
IMG_5914

あゆさんぽっぽさん、お待たせしてしまい申し訳ないです。
そして早速定番ソフトクリームを。
「抹茶」と注文したのですが、オバさんミックスをぐるぐるとコーンに乗っけてます。
「あれ抹茶頼んだんだけど・・・まあいいですそれで」って言ったら
「あらスイマセン、それじゃ(自転車盛りの)さらにおまけで」ってことでこんな感じ。
IMG_5915

普通の自転車盛りより多いのかな?よくわかりません(笑)
つい一気食いしてしまい、下りで腹が冷えて大変なことになるんじゃないか、と危惧しましたが事なきを得ました(^^;

さて、take-iさんが追っかけてくるならそろそろ、と思っていると予想通りにやって来られました。
IMG_5917

色々あった結果、道の駅おかべまで車載で来られたそうです。
これで一人増えて4人になりました。
そしてさらに、前週はご一緒するはずだったのに順延になったためにDNSしていたぽじさんからDMが入り、合流すべくこちらに向かわれているとのこと。
大河原橋近辺で合流見込み、と電話で確認して4人でダウンヒルです。
IMG_5919

そして下山途中、大河原橋を過ぎたところで無事合流しました。前週はセパセブンから5人で走る予定だったのが流れてしまい、今週は2人減って3人のスタート・・・ちょっと残念な気持ちがありましたが、ここで前週の予定と同じ5人が揃いました。こういうのはホント嬉しいですね。
IMG_5920

そのまま前橋市街地まで下ってバーミヤンでちょっと遅めの昼食。
IMG_5923

ここから先は復路となりますが、まずはぽじさんの先導でセパセブンを目指します。
これがなかなかディープな道で・・・
IMG_5924

桃の木川CR~広瀬川CR、というルートとのことですが狭い!そして結節点ごとにあっち行ったりこっち行ったり(ぽじさんによると全て標識が出ていてわかりやすいそうですが)。
IMG_5929

IMG_5930

そこを30km超でびゅんびゅん走ります!自分は2番手でぽじさんの後ろに着いていたのですが、7~8㎞走って何かで停まった時に「これくらいのペースじゃ遅いですかね?」と訊かれ「速いです!(キッパリ!)と即答。
ブログによるとバイクはまだ本調子ではないとのことですが、さすがトライアスリート、余裕の走りでペースが乱れることなく約一時間の一本牽きでした。

ぽじさんもその後の予定があるということで、上武大橋が見えるところまで案内してもらってお別れです。
一緒に走れてよかったです。またじっくりとご一緒しましょう!

IMG_5938

そして4人で上武大橋を渡ってセパセブンに帰着。
IMG_5942

IMG_5943

ここで道の駅岡部にデポしたtake-iさんが離脱。朝DNSの連絡をもらった時は一緒に走れるとは思いませんでしたよー。
富士チャレ、ガンバって下さい!

朝と同じ3人に戻った我々は、来た道をそのまま戻ります。
先頭交代しながら走りますが、自分が牽くのは速度遅め距離みj(ry
熊谷市街のセブンで最後の休憩。
IMG_5945

ここを出るとすぐに荒サイに入ってノンストップでひた走ります。
IMG_5946

やがて暗くなったので写真もなし。入間TT区間から上江橋に入ったところであゆさんが離脱。
すっかりSタマも馴染んだ様子で相変わらず速かったです。
上江橋を渡りきったところでぽっぽさんとお別れ。
色々ご配慮いただきありがとうございました。
そして、皆さんお互いに赤城山HC頑張りましょう!!

一人になった途端にとても人には言えないような遅いスピードで屍のように走り、何とか家までたどり着いたのでした。

160911_自走赤城山


さてこの週末、明日は紆余曲折の末(いやあくまで自分の中で、だけですがw)渋峠ライドに参加できることになりました。去年のブルべ「リベンジ毛無峠」以来の渋峠、天気は晴天、とはいかないようですが楽しみ過ぎて毛穴が開きまくっています!(意味不明)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2016-09-16 22:45 | 自転車 | Comments(2)

ガンバレ天気(予報)

前回エントリー最後に書いたように9/4(日)は赤城山に行く予定でしたが、結局天気予報に翻弄されてDNS。
前日の段階で群馬70%など数字的にはちょっと難しかろうと思いつつ、一応結論は当日朝まで持ち越しとしていました。
そして迎えた朝、4時に起きた時には路面はウェットで雨はごくごく小降り。迷った挙句中止としましたが、その後天気はV字回復・・・群馬は予報よりずっと早く雨が上がり結果的には走れた模様。
く・・・仕方ないですね。予報から逆に振れて一日降り続く、という可能性だってあったわけですから。(と強く自分に言い聞かす!)

東京も朝のうちに雨は止み、午後はいい天気になってしまいました。
11時くらいまで家人の送迎で時間を使い、その後着替えて少しばかりのライドに出ました。
山方面は諦めて荒川~彩湖の定番コースです。

まずは彩湖から秋ヶ瀬公園の東、大宮国際CCの脇を通って一気に入間大橋まで。

IMG_5699

IMG_5700

IMG_5704

IMG_5707


そこから戻って

IMG_5712

IMG_5713

さくらそう水門
IMG_5716

彩湖でぐるぐる。
IMG_5719

IMG_5720

100kmくらいと思って走りましたが93km。
できるだけ強度を上げて(あくまで自分比)、昭和田んぼ他数カ所でPRも出たのでよしとしましょう。

今度の日曜は自走de赤城の仕切り直し、そしてまた天気予報は雨絡み。
好天に好転を期待するしかない・・・!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2016-09-07 23:18 | 自転車 | Comments(0)

和田峠~大ダワを濡れて走る

去年の8月は初めて(そして今までで唯一の)月間走行距離1,000km超を記録するなど、自転車に乗り始めて3年間はいずれも8月に年間で一番多くの走行距離を記録していました。
しかし今年は全然ダメ、天気やら仕事やらの関係でこの週末の前の段階で500㎞台です。
別に走行距離を伸ばすために走っているわけじゃないですけど、さすがにこれは寂しい・・・
そして迎えた8月最後の週末、一週間前から注視していた予報(東京近辺)は一時期雨から曇りに好転したものの、金曜日にはまた雨に逆戻り。
この推移から見て、降っても本格的な雨にはならないだろう、と日曜朝の時点で降っていなければ道中多少の雨は覚悟の上で走ることにしました。
行先はついこの前久しぶりに走ったばかりの奥多摩方面。その時最後に端折った大ダワに上ってみたかったのと、奥武蔵は台風の影響で走れないところもあるという情報だったので。

そして迎えた日曜朝、5時前に目覚めてまず外の様子を確認すると、当然の曇り空ながらも雨は落ちていません。よっしゃ!と準備をして5時半頃外に出ました。すると、ごくごく弱いながらも既に降りはじめています。でももう走ることにしていたので構わずスタートです。

予定したルートはR20で八王子まで行き、そこから陣馬街道で和田峠→甲武トンネル→上川乗から奥多摩周遊道路→奥多摩側から鋸山林道(大ダワ)→武蔵五日市から帰路、というもの。
小金井街道から府中でR20に入りますが、雨は降るでも降らないでもなく・・・ですが気温が低い!この日の東京の予想最高気温は27℃と8月にしては低めでしたが、それでも30℃近くまで上がる予報です。
多少の雨でも走ろうと思ったのはそれなりに気温があることが前提なわけで、寒い中濡れて走って風邪をひくなんてことは社会人として論外です。
道路脇の軒下に一旦停まってガーミンで気温を確認すると17℃(笑)。そりゃないよ・・・この気温でこの先も降り続くならここで撤収だな、と雨雲を見てみると

Screenshot_2016-08-28-06-37-35

この程度の雨はレーダーに映らないようです。これ以上は降らないと見るか、この程度は降り続けると見るか・・・様子見のままとりあえず八王子までは走ることにしました。

八王子までは家から約35km、イートインのあるローソンで最初の休憩をしましたが、店に入る前にガーミンで気温をみると変わらず17℃。これはまいったw

IMG_5616

ここで引き返したら今日の走行距離は70km。獲得標高はともかく一応走った体にはなりますが、なんとも中途半端でまた消化不良になります。
ツイッターのTLを見てみるとさすがに走っている人はあまりいないみたいだけど、プチデビルさんはどこを目指しているかわからないものの所沢界隈まで来ている模様。前日のライドが雨でDNSになったのでいつもは走らない日曜に走ってるんだなあ、と想像しました。そして、やっぱり俺ももちょっと走りたいなあ、という気持ちに。
改めて確認すると今いるローソンから和田峠までは約20km。往復100km超でひと山上ればまあカッコつくかな、と逡巡の結果和田峠まで行って引き返すことにしました。

再出発してすぐの追分交差点。
IMG_5617

この先、表和田を上るのは約2年ぶりです。
川沿いの雰囲気のいい道。
IMG_5618

だんだん緑が深くなってきます。

IMG_5619

IMG_5620

蕎麦屋の脇から山道に入るところで残りが3km台、と記憶していました。
そしてその先が激坂が続く厳しいゾーンです。しばらく走ると峠の茶屋まで2kmの小さい看板が出ていました。ぐぐぐ、まだそんなにあるのかいな、とがっかりしつつ漕ぎ進めます。
でもさすがに2年前よりはいくらか楽に上れている気がします。今年の1月に裏和田から上ってこちらを下りた時の記憶からするともうそろそろかな?でもさっきの2kmの看板からするとあと3~400mくらいだなー、と思っていると唐突に目の前が開けて峠に到着しました。

IMG_5623

誰もいません。写真を撮って一休みしていると
IMG_5625

この写真の右奥の道から5~6人のローディのグループがやって来ました。石碑の前で何事か話しをして、休む間もなく藤野側へと下りていきました。
そろそろ行こうかと身支度を始めた頃に、さらにソロのローディがやって来ました。さっき「夕焼け小やけふれあいの里」を通ったときに休憩していたBMC乗りの方です。頼まれて石碑のところで写真を撮って差し上げて、少しお話をしました。神奈川の大和から来て藤野方面に下りていくそうです。
自分は元来た方向に下りていく旨告げてお別れしました。

下り始めてすぐに停まって写真を撮りましたが
IMG_5628

下り始めてみるとそんなに寒くないし(もっとも下りで寒さを感じるのはしばらく走ってからだと思いますが)雨も小康状態、元の予定通りに先に進むこともできるんじゃないか?という考えが急に頭をもたげました・・・10秒ほど考えて踵を返し、最後の激坂をまた上り返します(笑)。とりあえず甲武トンネルを超えて上川乗までは行ってみよう、ということにしました。

数百m上って峠に再度たどり着くと、先ほどの彼がウインブレを着て間もなく出発しようかというところでした。その脇を通り「やっぱりこっちに行くことにしました~」と言って藤野方面へと下ります。

IMG_5631

下りきると藤野方面との分岐とアップダウンを経て

IMG_5632
IMG_5634
IMG_5636
IMG_5643

甲武トンネルへの上り。
IMG_5644

3kmほどだったか上ってトンネルに到着。ここは峠の名前とかはないんですかね?
IMG_5647

さらに一気に下って上川乗の交差点。「かみかわじょう」だと思い込んでましたけど「かみかわのり」なんですね。
IMG_5653
そしてなんと、見ての通りここまで来たら路面はドライです。


ここでまた停まって考え込みました。この路面をみてここで帰る手はないゾ・・・
ただ、どこで引き返すか迷いながら走ってきたことや夜ちょっとしたイベントが家であることを考えると、フルコース(ここから周遊道路~奥多摩湖~大ダワ)を走る気力はありません。
仕方ない、都民の森経由で奥多摩湖に抜けたらお初の大ダワは諦めてそのまま帰るか、と左折して上り基調を走り始めました。

しかし、数百m走るうちにまたハタと気がつきました。この日一番上りたかったのは大ダワ。そこに予定のルートと逆から上ればいいんじゃね?と。
実際はどうだかわかりませんが、ルートラボの断面だとどちらからでも似たような勾配だったはず。
よし、それだ!とまたもやストップ、Uターンして下り基調を飛ばします。

橘橋交差点(檜原村役場前)を直進。
IMG_5654

この前風張林道を上るのに通ったばかりの道です。
IMG_5656

直進してこの橋を渡ると風張林道へと続く道ですが、ここを右折します。
IMG_5658

キャンプ場などを経由して山深い雰囲気になってきました。
IMG_5660

苔むしていい味を出している橋。
IMG_5662

そして神戸(かのと)岩に到着。
IMG_5664

IMG_5666
奥に見えているのが神戸隧道です。

IMG_5668
写真だと真っ暗に見えますが、入ってみるとやっぱり真っ暗(笑)
足元はガタガタかつ濡れていて勾配もそれなりにあり、まっすぐではなくて途中でカーブしている・・・無理せずに足をついてとりあえず一枚。
IMG_5670

トンネルを抜けてちょっと進み、林道入口にはこんな看板。
IMG_5675

これで高度が994mとわかったので走りやすくなりました。ほぼ500m上ります。
時折12%超といった感じの激坂が現われますが、雨で煙って雰囲気がいいこともあり(走るコンディションとしては今一ですが)あまり苦しくなく淡々と上れます。

IMG_5678

IMG_5686

IMG_5688

40分ほど上り続けてピークに到着。さっきの看板には林業専用の道だから一般車は通ってくれるな、みたいなことが書いてあったので峠には何もないだろうと思っていたのですが、ちょっと広くなっていてトイレもあり、自転車で来ても休むのに丁度いい場所になっていました。
IMG_5691

IMG_5692

珍しくガーミンの標高がジャストです。
IMG_5693
手に持ったら995mになってしまいましたが、ホルダーについている時はぴったり994mでした。

トイレに入って写真を撮ったらすぐに奥多摩側に下ります。
檜原側も道が良くはありませんでしたが、奥多摩側は輪をかけて道が悪い!
ウエットでもあるので、10~15km/hでゆっくりゆっくり下りて行きます。途中舗装の表層が完全になくなってガレガレ、単なるダート道より始末に悪いところもありましたが両手でハンドルを握るのに必死で写真など撮れませんでした。

やっとの思いでR411まで下りてきました。
IMG_5695

ここから東へと帰路につきますが、古里の手前くらいまでこの日の中で一番強く雨に降られました。
単なるウインドブレーカーを着込みますが防水機能はないのですぐに浸みてしまい結構つらい・・・

この前は吉野街道を走ったので今度は青梅街道をそのまま行きました。二俣尾のセブンに入る頃には雨もすっかり止み、そのまま青梅街道~新青梅街道で家に着くまで降られることはありませんでした。

160828_和田峠~大ダワ

200kmいかなかったし獲得標高も特別大きくはありませんが、いつ帰ろうかと思いつつも結構走って上ることができたのでまあまあ悪くないライドになりました。自分が濡れるのはイヤだけど、しっとり濡れてガスにけむる峠道も悪くありません。

今度の日曜日はあゆさん、take-iさん、ぽっぽさんと自走赤城山の予定です。赤城山HCの試走ですね。3強1弱の構図が明らかなメンバー、また帰路で地獄をみるのは明らかです(笑)。
前日の土曜日はあざみライドが予定されていますが(これも行きたかった!)、土曜はダメだけど日曜は走れるという方、あざみの回復走には赤城山だろ!という方、いらっしゃれば是非~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
# by gon_oz | 2016-08-31 02:19 | 自転車 | Comments(0)