L S C H

タグ:ファンライド ( 70 ) タグの人気記事

渋峠!2016(後篇)

色々多忙で週をまたいでしまいましたが、前回の続きです。

一旦停まってここからはマイペース、を確認。
IMG_6082

上の写真のように自分がちょっとオーバーランして一番前方で停まったので、そのまま成り行きで先頭でスタート。速い皆さんがびゅーってカッ飛んで行っちゃうかと思ったんですが、先が長いのを警戒してるのかまた普通にトレインになっちゃいました(笑)。
IMG_6088

まあマイペースでって確認してるんだから遅ければ抜かしていってくれるだろう、とあまり気にせず自分のペースを刻むことにしました。落車した時にバックミラーが壊れて(鏡が剥がれた)後ろの様子をつかみにくかったっていうのもあるし。
最初のうちは普通に森の中を走りますが、段々雰囲気が変わってきて、まずはロープウェイの駅を過ぎて殺生河原。
IMG_6093
硫黄の臭いが立ちこめてゆで卵を食べたいような食べたくないような(笑)。

途中2~3ヵ所工事で対面通行になっていたので、信号待ちを喰らいます。
IMG_6094

足つきなしで峠まで行きたいところでしたが、こればっかりはしょうがないですね。せっかくなので写真撮影。
IMG_6095
とりあえず撮りました、っていうヒドい写真w

P9170088_xlarge
(を撮っている自分の姿をかじさんが撮影。背中にマキロン)

その後も標高は順調に上がっていき、気がつくとかじさん、tomoさんと3人になっていました。かじさんに「このペースじゃかじさんには遅いでしょう、先に行ってください~」って言うと「まだいいよー」とのこと(笑)。なので時々言葉を交わしながら3人で淡々と上っていきます。

元々雨が降るか降らないか、っていう予報だったので眺めは全く期待していませんでしたが、陽は射さないものの視界はある程度開けています。
走りながらなのでうまく撮れませんがあちこち写真を撮りながら進みます。

IMG_6097

IMG_6100

そのうち残り10kmを切ったくらいでしょうか、かじさんが「それじゃ、行くぞ!」と自らに声をかけるとするするっと前に出てそのままアタック、あっという間に見えなくなってしまいました。
IMG_6102

IMG_6103

ここ最近も白石峠の自己ベストを更新し続けているかじさん、さすがです。その向上心見習わなければ・・・
その後はtomoさんと二人で登り続けます。白根山レストハウスは相変わらず停まることができません。写真も撮らずじまい。万座への分岐やいくらかのアップダウンを過ぎると先が見えてきます。

IMG_6116

IMG_6121

IMG_6124

IMG_6126

IMG_6118


遠くに見える道の先を「あの辺かな~」などと言いながら進み、ガーミンの断面で残り2kmとわかったところでそれを伝えました。
そして最後のつづら折れを過ぎると見えてきましたよー。

IMG_6130

IMG_6132

日本国道最高地点に到着です。今年もここに来ることができました!
IMG_6135

ここでも曇ってはいるものの、結構遠くまで見渡すことができました。
IMG_6145

IMG_6146

ほどなく全員が揃ったところで近くにいた人にお願いして記念撮影。
IMG_6149

そして長野側に数百m下りて県境の渋峠ホテルです。
IMG_6151

ここまで下りるだけでかなり寒い!
峠に上り返して草津へと一気に下りる前に万全の寒さ対策をします。
この下りのためにどんな防寒装備を持ってくるかかなり迷ったのですが、結局は手脚ウォーマー、インナーウォーマー、ウィンドブレーカーとフル装備で持ってきました。
これらをすべて身につけて、いざ下りです!

IMG_6152

みんなで下り始めますが、デビさん始め下りで速い人はあっという間に見えなくなってしまいます。
スキルがないのに無理に追いかけるととんでもないことになるので、あくまで自分のペースで慎重に下りていきます。自分の後ろにはかじさんとCB山さん。
ところが、下り始めて間もなく猛烈な睡魔が襲ってきました。これはマズい・・・
時々下りでこういう風にすごく眠くなることがあり、以前は何だかよくわからなかったのですが、ある時に理解しました。そう、ハンガーノック(になりかけ)です。
去年6月に白石峠でハンガーノックになった時、予定していた行程を諦めて上った峠をそのまま下りたのですが、眠くて眠くて耐えられず結局居眠り落車してしまったのでした。
そこで二人には先に行ってもらってとりあえず補給することにしました。

またもついでに写真など。
IMG_6156

スポーツ羊羹を一つ食べただけですが、プラシーボか?ってくらいに効果てきめん、眠気はすっかり吹き飛んで快調に下りていくことができます。

途中工事区間の信号でかじさんとCB山さんが停まっていました。「眠いから先行ってて」と言ったので谷底に落ちたら大変と待っていてくれたのです。落車に続きご心配をかけてしまい大変スイマセンでした。回復した旨伝えて3人で下りて行きます。
特に待合せは決めませんでしたが、途中にいなければ草津交差点のセブンに違いないと進んで行くとやっぱりその通り、ここで合流しました。

トイレに入って買物して外にまた出てくると・・・雨ですよ雨。
IMG_6159

それも見る見るうちにかなり強い降りになってきました。
しばらくみんなでスマホと空に交互に目をやりつつ様子見していましたが、走らないことには帰れないので、小降りになったところを見計らって出発。空からの雨と路面に溜まった水の跳ね返りでものの100mか200mで靴の中までびしょ濡れです。
しかも引き続き下りで滑りやすいしブレーキも効かないのに、デビさんは(自分にとっては)かなりのスピードで牽いています。コワイヨー!

ここで千切れると色々面倒なことになるので、歯を食いしばって何とかついて行きます。
そして、それほど走らないうちに雨は上がって(雨雲の下を抜けて)、路面もドライになりました。ヨカッター!

昨年休憩した道の駅六合は素通り、すぐに左折して最後の上り「暮坂峠」です。
去年はここを直進して渋川まで走ったのですが、今回は渋峠の後のデザートとして、この控えめで優しい峠がルートに加えられているのでした。
5%以下が続く緩い上りを走りながらさすがデビさん気が利いてるな~、なんて思ったりしました。

IMG_6161

24weさんとtomoさんと上りきって峠に到着。

IMG_6164

IMG_6165

ここでデビさんから衝撃のひとこと
「ここって去年も走ったっけ?」
えええぇぇぇぇ!?
上に書いたような意図をもって今回のルートを設定したと思っていたのに、本人は去年と同じルートにしたつもりだったらしいです(笑)
いやでもホントに穏やかでいい峠道だったのですごく楽しめました。
ここからは下りだけ、渋川まで行ったらどこかで食事をして後は利根川CRでセパセブンまで戻る予定です。
ちょっと狭くてクルマとの並走が厳しいR353をひたすら走り、道の駅おのこで自販機休憩。とここでトイレに入っている間にまた雨が降り出し、あっというまに土砂降りです。
さっきの草津のセブンといい休憩のタイミングが神がかっています。
ここでデビさんの提案でルート変更、伊勢崎までR17で行ってその辺りで食事することになりました。
また雨が小降りになったタイミングで出発。
IMG_6169

すぐにびしょ濡れになりましたがまたほどなく雨は止んでドライ走行。道々スマホで地図を見て方向修正してくれながら進みます。さすがですねー自分にはなかなかできません。
で、伊勢崎の東のガストにin、遅めの食事でまったり。

その先は10数キロでセパセブンに帰着、ここで解散です。
車載組(デビさん以外)はもう道の駅おかべまで5kmほど走るだけですが、デビさんはまだ80kmほど残っています。スゴイ!結局2時半頃の帰宅だったそうです。お疲れさまでした~

車載組も道の駅おかべでまた解散、自分もそこで着替えたりゆっくりして帰宅は0時をまわりました。

160917_渋峠

一年ぶりの渋峠、往路の落車はありましたが(改めましてご迷惑をお掛けてスイマセンでした)大事には至らず、とても楽しいライドで充実した一日が過ごせました。企画、お誘い頂いたデビさん始め、ご一緒した皆さんありがとうございました!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-09-27 02:19 | 自転車 | Comments(0)

渋峠!2016(前篇)

昨年の8月(仲間とのライド)9月(ブルべ)に上った渋峠、1年ぶりに行って参りました。
このライドが計画された9/17(土)は元々仕事で参加できない見込みだったのですが、(自分の中ですったもんだして)結果的には参加できることになりました。

当日は4時前に家をでてガソリンスタンド経由で関越へ。花園ICで下りて5時頃に道の駅おかべ着、準備をして仲間と一緒に集合場所のセパセブンへ。

IMG_5974

2週連続のセパセブンです。
IMG_5976

この日のメンバーは、プチデビルさん24weさんかじさん、tomoさん、CB山さん。これにスピードスターUr君が加わるはずでしたが、残念ながら体調不良でDNS。
そして前週に続いてsepaさんがお見送りにしてくれました。この日は家族のイベントのため渋峠までは行けませんが、途中まで先導してくれるとのこと。

出発時間となり7台トレインでスタート。
IMG_5977

利根川CRを遡り、坂東大橋~五料橋を渡ってR354との交点まで。
IMG_5988

ここでsepaさんとお別れです。先導ありがとうございました。今度はたっぷりご一緒しましょう!

6人になったトレインはR354を西へ進み、
IMG_5990

高崎市街を抜けてR406に入ります。ハルヒルやらブルべやらでよく通ったこの道、里見のセブンで1回目の休憩。
IMG_5996


IMG_5997

IMG_5998

IMG_6000

IMG_6004

更に進み権田交差点を左に逸れてK54。

IMG_6008

ここから上り基調をしばらく走るとやがてはまゆう山荘を経て二度上峠への山道に入るのですが・・・

権田交差点を超えてすぐ、確か道なりに左に曲がった直後のことです。殿を走っていたのですが突然前輪に衝撃を受けると斜めに飛ばされて、気がつくと地面に叩きつけられていました。落車です。
左から落ちて腕やら脚やらに痛みを感じますが、表面だけで骨折系のものではありません。立ち上がって身体や自転車を点検。左の膝横から落ちたらしく、広く激しい擦過傷ができています。ただ、なぜかこの時はあまり激しい痛みは感じませんでした。

IMG_6062
(色が生々しいのでぼかし+白黒でw)

自転車は幸いなことにバーテープが削れてブレーキレバーに傷がついたくらいで他は影響なし。左から落ちたことが幸いしました。
そして、この日初めて着たRaphaのウェア、袖口に穴が開いている~・・・がっくり。後でよく点検すると、脇のあたりとビブショーツにも小さい穴が空いていました。実は、落車して地面に横になった瞬間、身体よりも自転車よりも「ウェアやっちまった!!」っていうのが頭に浮かんだんですが(笑)、その時に想像したよりはダメージは小さかったです。もっとズタボロになったかと思いました。

落車した時は何が起こったのかわからなかったのですが、立ち上がって振り返ってみると原因がわかりました。
IMG_6009

路面にすり鉢状の凹みができていたのです。殿を走っていたので前方の路面が見えず、全く無防備な状態でこの穴に前輪がジャストヒットしてしまったようです。

落車直後に24weさんが撮ってくれた写真(向うから走ってきました。これにも穴が写ってます)
DSC05403_xlarge

ルート全体は上り基調ですが、この写真を見るとここは下っているような感じですね。地図によると川を渡る直前なので、地形的にはこのあたりだけちょっと下りだった模様。体感的には30km/hくらい出ていたような気がするけど、30km/h以上だったらあんな怪我じゃすまないような気もするし、実際にはもっと遅かったかも。

皆さんにご迷惑と心配をかけてしまいましたが、とりあえず走行に支障はなさそうなので再出発。さすがに直後は内心凹みまくりでしたが、5km、10kmと走るうちにだんだん気力も戻ってまた写真を撮ったりしつつ進みます。

IMG_6016

IMG_6020

そして次の休憩地点「はまゆう山荘」に到着。
ここでプチデビルさんお薦めの「桃太郎ソフト」をみんなで頂きます。

IMG_6031

これが桃の味かと思いきや何とトマト味。不思議な味わいですが意外にイケます。

この先は二度上峠までの九十九折れ。去年ブルべとその試走で2回走っているので大体の様子はわかります。10%超はほとんどない比較的緩い峠道、と記憶していましたが大体そんなところでした。

IMG_6043

IMG_6050
かじさん、24weさん、tomoさんが先行して段々離れていきます。

峠間近になって24weさん、tomoさんには追いつきましたが、かじさんは遥か先を行ってとっくに峠に着いているようです。
IMG_6051


P9170058_xlarge
(かじさん撮影)

そして到着した二度上峠。
IMG_6052

浅間山がきれいに見えています。
IMG_6061

ここからは下って下って大津のセブンにin。

ここで買ったのは補給食の他にマキロン、包帯、ガーゼマスク(ガーゼがなかったので替わり)。

補給を終えて、tomoさんに手伝ってもらいつつ傷口に控えめにマキロンを塗ってガーゼマスクをを当てて包帯で巻こうとしますが、よく考えてみると今まで包帯なんか巻いたことないので超適当(笑)。紐みたいにしてガーゼを押さえようとして呆れられ、見かねたデビさんが手際よくきれいに巻き直してくれました。

IMG_6065

いやー助かりましたありがとうございます!
痛みはそれほどではなかったものの、やっぱり傷口をさらしたまま走ることに恐怖心もあったので、これですごく走りやすくなりました。

そして、ここから草津までの10kmがルート中で最も厳しい上りであることは去年と同じです。

IMG_6066

といっても15%超の激坂が出てくるわけではないので、慎重なペースで走れば大丈夫、なんとかなります。

IMG_6069

IMG_6070

IMG_6074

大体みんな付かず離れずのベースで走り続け、草津運動茶屋公園の道の駅に到着。
IMG_6080

ここで渋峠前の大休憩、昼食を頂きます。自分はひもかわうどんを注文。写真はなし。

食事の後でトイレや水の補給を済ませて道の駅を出ると坂を下って草津交差点。
IMG_6081

ここを左に曲がると後はもう渋峠まで一本道です。

曲がってちょっと行ったところで一旦ストップ、ここからはそれぞれマイペースで行きましょう、ということで。

IMG_6082


いよいよ渋峠への長い長い上りの始まりです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-09-21 02:42 | 自転車 | Comments(3)

自走赤城山

先週ガンバレ!と応援した甲斐あって天気も何とか持ち、赤城山試走に行って参りました。

前週のデジャブのように曇りと雨を行き来する怪しい予報で推移した日曜の天気ですが、直前になって「曇り時々雨」が「曇りのち雨」に変わりました。
赤城山から下りて埼玉の半分くらいまで持てば、後は雨に濡れても家に帰ってシャワーを浴びるだけ、何とかなるだろ。その雨の確率も50~60%だからまた降る降る詐欺の可能性も高いし。
ということで一週間遅れで自走赤城山を決行することにしました。

当日朝、4時前に起床して4時半頃家を出ましたが、出る直前にtake-iさんからメッセージが入り、残念ながら雨でDNSとのこと。準備万端整えて玄関を出たら結構な降りだったそうです。
残念・・・
気を取り直して出発です。
家の周りはちょっと路面が湿っている程度でしたが、数km走って荒サイにinする直前のあたりはかなり強く降った直後らしく、完全ウエットで水たまりもたくさんできていました。ありゃ、大丈夫かな・・・

夜明けの荒サイ。雲は一様ではありませんが厚く、低く垂れこめています。
IMG_5851

1時間余り走って集合場所の指扇セブンに到着、一番乗りでした。
と、あゆさんからも途中土砂降りにあったので少し遅くなるとツイートがありました。
take-iさんの地元といいこの辺といい、かなりまだらに降っているらしいゾ。全然「曇りのち雨」じゃないじゃんか・・・

結局あゆさんも時間に間に合い、ぽっぽさんも間もなく到着して、ほぼ予定通りにセブンを出発しました。
IMG_5855

セブンでざっとルートの話をして、熊谷あたりまでは荒サイで行こうということになったので、道は簡単で3台トレインでサクサク進みます。
IMG_5857

吉見運動公園から北は自分は初めてですね。
IMG_5864

7月につくばに行ったときはtake-iさんの強烈な牽きに「自分が牽いたら遅くて迷惑なんじゃないか・・・」と恐れをなして結局1㎜も牽かずじまいだったのですが、さすがにそれはイクナイ!と反省。
今回はその時より少し抑えめにしてくれたこともあって恐る恐る先頭交代に加わり(といっても自分は速度遅め距離短めです(^^;)、
IMG_5874

熊谷からR17を経由してセパセブンまで50km余り。
指扇スタート時にセパセブンに8時半頃の見込み、とツイートしましたがそれよりいくらか早く到着しました。
そしてここではセパさんが娘さん3号を連れてお見送りにきてくれました。

IMG_5873

前日に300km4500mアップの過酷なブルべを完走したばかりのsepaさん、お疲れのところわざわざありがとうございました。次お会いする時は一緒に走りましょう!

そして今度は利根サイを北西へと走ります。
IMG_5879


前橋の南で利根サイから市街地に入り、K4のセブンでHC前の補給です。
IMG_5881

ここでツイッターをチェックすると、何とtake-iさんがセパセブンから呟いているではないですか。

てことはこっち(赤城山)に向かっているんですよね?
どこかで合流できるに違いない、と思いつつもさすがにここで待っているわけにもいかないので、我々三人は赤城山へと出発します。
IMG_5883

受付会場となる合同庁舎あたりを横目に見ながら上細井町の交差点へ。ここの写真を忘れるあたり、まだまだブロガーの心がけが足りていないですね。

信号が青になってスタート、50mくらい言ったところで一応ガーミンのラップボタンを押します。
最初のうちはあゆさん、ぽっぽさんについて同じペースを刻みますが、
IMG_5885

そんなのがいつまでも続かないことは日の目を見るより明らか。大鳥居を前に早速千切れました。
その後は他の試走者を抜いたり抜かれたり。

畜産試験場の信号は残念ながら赤でした。
IMG_5889

大河原橋を越えて山へと入っていきいます。
IMG_5894

ここから勾配は前半に比べて少し上がります。
ここまでかなり飛ばしてきたので距離相応以上に脚にきています。のんびりのんびり上るしかない感じ。
IMG_5897

しかも上り始めて間もなくからちょっと空腹を感じていました。
最後のコンビニの補給はデカビタとウィダーinゼリーだけ。そのもひとつ前にちゃんと摂ったのであんまり腹が減ってなかったんですよね。
しかし、こんなに早くから空腹になってたら最後の方はハンガーノックになってしまうかも・・・とちょっと不安を感じつつ上っていました。
去年の6月に白石峠でハンガーノックになった時の悪夢がよみがえります。
このままゴールまで持つかもしれないし持たないかもしれない、そんなにまずい状況じゃないようにも思えましたがこればっかりは楽観できない・・・ということで安全のため少し補給を摂ることにしました。
ポケットに入っているのはクリーム玄米ブランとスポーツ羊羹。パサパサした玄米ブランを走りながら食べると喉に詰まりそうなので(即効性もないし)、ここは羊羹一択です。これら補給食や塩タブレットが入ったビニールパッチをバックポケットから出して羊羹だけを取り出し、残りをまたポケットへ。ここまでは問題なくできました。

そしてこの取り出した羊羹、今回初めて食べる直方体のタイプです。あの細長いやつなら強くつまむだけで中身がにゅるにゅる出てくるので簡単なんですが・・・いや、これだって中味を出すのがそんなに難しいわけじゃないはず。でも初めてでちょっと要領がつかめず、ハンドルの上で羊羹に気をとられていたらついふらついて、やべぇ!と思った瞬間には路肩が斜めに落ちているところに前輪がいってしまい立ちゴケ落車です。ああ情けない・・・

こけてしまったものは仕方ないのでそのまま落ち着いて羊羹を食べ、さて再スタートと思ってバイクに跨りペダルを踏んだらスカッと空回り。チェーンが落ちてました。
これを復旧するのに慣れないもんだからまた手間取って、結局5分くらいロスしましたかね。たっぷり休んでしまいましたのでその後はスピードも回復・・・はしませんが、停まる前よりはいくらか楽になりました。

IMG_5899
IMG_5903
IMG_5905

残りの距離も着実に減っていき
3km
IMG_5906

2km
IMG_5907

1km
IMG_5909

そして最後の上りストレート。
IMG_5912

ここ、本番では最後までもがききりたいですね~

そしてやっとゴール。
IMG_5914

あゆさんぽっぽさん、お待たせしてしまい申し訳ないです。
そして早速定番ソフトクリームを。
「抹茶」と注文したのですが、オバさんミックスをぐるぐるとコーンに乗っけてます。
「あれ抹茶頼んだんだけど・・・まあいいですそれで」って言ったら
「あらスイマセン、それじゃ(自転車盛りの)さらにおまけで」ってことでこんな感じ。
IMG_5915

普通の自転車盛りより多いのかな?よくわかりません(笑)
つい一気食いしてしまい、下りで腹が冷えて大変なことになるんじゃないか、と危惧しましたが事なきを得ました(^^;

さて、take-iさんが追っかけてくるならそろそろ、と思っていると予想通りにやって来られました。
IMG_5917

色々あった結果、道の駅おかべまで車載で来られたそうです。
これで一人増えて4人になりました。
そしてさらに、前週はご一緒するはずだったのに順延になったためにDNSしていたぽじさんからDMが入り、合流すべくこちらに向かわれているとのこと。
大河原橋近辺で合流見込み、と電話で確認して4人でダウンヒルです。
IMG_5919

そして下山途中、大河原橋を過ぎたところで無事合流しました。前週はセパセブンから5人で走る予定だったのが流れてしまい、今週は2人減って3人のスタート・・・ちょっと残念な気持ちがありましたが、ここで前週の予定と同じ5人が揃いました。こういうのはホント嬉しいですね。
IMG_5920

そのまま前橋市街地まで下ってバーミヤンでちょっと遅めの昼食。
IMG_5923

ここから先は復路となりますが、まずはぽじさんの先導でセパセブンを目指します。
これがなかなかディープな道で・・・
IMG_5924

桃の木川CR~広瀬川CR、というルートとのことですが狭い!そして結節点ごとにあっち行ったりこっち行ったり(ぽじさんによると全て標識が出ていてわかりやすいそうですが)。
IMG_5929

IMG_5930

そこを30km超でびゅんびゅん走ります!自分は2番手でぽじさんの後ろに着いていたのですが、7~8㎞走って何かで停まった時に「これくらいのペースじゃ遅いですかね?」と訊かれ「速いです!(キッパリ!)と即答。
ブログによるとバイクはまだ本調子ではないとのことですが、さすがトライアスリート、余裕の走りでペースが乱れることなく約一時間の一本牽きでした。

ぽじさんもその後の予定があるということで、上武大橋が見えるところまで案内してもらってお別れです。
一緒に走れてよかったです。またじっくりとご一緒しましょう!

IMG_5938

そして4人で上武大橋を渡ってセパセブンに帰着。
IMG_5942

IMG_5943

ここで道の駅岡部にデポしたtake-iさんが離脱。朝DNSの連絡をもらった時は一緒に走れるとは思いませんでしたよー。
富士チャレ、ガンバって下さい!

朝と同じ3人に戻った我々は、来た道をそのまま戻ります。
先頭交代しながら走りますが、自分が牽くのは速度遅め距離みj(ry
熊谷市街のセブンで最後の休憩。
IMG_5945

ここを出るとすぐに荒サイに入ってノンストップでひた走ります。
IMG_5946

やがて暗くなったので写真もなし。入間TT区間から上江橋に入ったところであゆさんが離脱。
すっかりSタマも馴染んだ様子で相変わらず速かったです。
上江橋を渡りきったところでぽっぽさんとお別れ。
色々ご配慮いただきありがとうございました。
そして、皆さんお互いに赤城山HC頑張りましょう!!

一人になった途端にとても人には言えないような遅いスピードで屍のように走り、何とか家までたどり着いたのでした。

160911_自走赤城山


さてこの週末、明日は紆余曲折の末(いやあくまで自分の中で、だけですがw)渋峠ライドに参加できることになりました。去年のブルべ「リベンジ毛無峠」以来の渋峠、天気は晴天、とはいかないようですが楽しみ過ぎて毛穴が開きまくっています!(意味不明)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-09-16 22:45 | 自転車 | Comments(2)

久々の奥多摩ライド

8/7はBRM717のリベンジで宇都宮から水上あたりを走るつもりでいましたが、前日・翌日の予定がいろいろ変わって断念。
一時はぽっぽさんと二人で走れるかも、と思ったんですけど。
結局自走で遅くならずに帰ってこられるところ、ということで1年余りぶりに奥多摩界隈に行ってきました。

朝6時に出発、新青梅街道やら青梅街道やらを走って武蔵五日市駅から檜原街道に入り、最初のコンビニで休憩。
奥多摩方面への入口になるこのファミマ、たくさんのローディで賑わっていました。
補給を済ませて再出発、檜原村役場前の橘橋交差点です。
IMG_5248

写っている3人のローディは左折しましたが、自分は右折。
そう、風張林道に初挑戦です。

最初は檜原街道と変わらぬ雰囲気の道が続きますが、だんだんと道が細くなってきます。

IMG_5250
IMG_5252
IMG_5259

よく見る「ニセ風張林道入口」は無事にスルー。
IMG_5258


IMG_5260

完全に林道になったところでガーミンの断面表示は
IMG_5263

まもなく激烈な上り坂が始まることを示しています。


そしてついにやって来ました。
IMG_5264

激坂の入口としてあまりに有名なこの光景、ついに自分の愛車と共に写真に納めました。
ここの広くなっているところは

IMG_5266

さっきコンビニで一足先に出発したグループが、どこかで寄り道をしたのか橘橋を過ぎてから(それまで抜かしてないのに)追い抜いていったのですが、ここでまだ休憩中でした。
激坂の途中でずばずば抜かされるのもイヤなので、先に出ないかな~と思ったのですが、なかなかその素振りがない・・・「きのこセンターで停まる?停まらない?」などと相談しています。
そのうち男女3~4人のグループがまた後から来て、停まって少し喋っただけで上り始めたので(写真はその瞬間)、自分もそれに続いて上り始めました。

きのこセンターまでがすごくキツいが、その後も充分キツい、っていうのは何となく知っていました。グループの彼らの会話できのこセンターまで1.5kmとか言っているのが聞こえたので、まあ1.5kmなら何とかなるか、と楽観的にスタート。

IMG_5268
最初のこのあたりは比較的緩くて12~13%かな?
ちょっと進むと15%前後に勾配が増して、もうそこから戻ってきません。これはキツい!

IMG_5270
IMG_5272

ただ、15~16%であれば前輪が浮きそうになるほどではないので、1回転ごとにトルクを確実に伝えるよう心がけてじっくりじっくり上っていきます。

やがて見えてきました「きのこセンター」。
IMG_5273

ここは素通りして終点まで足つきなしで進みます。
確かにこの後も相当なものです。きのこセンターまでが14~16%、この後が12~15%、って印象。実際の数字はどうだかわかりませんが。

IMG_5274

終点が近づくにつれ緩勾配のところも時々現れますが、やがてついにやって来ました、ここを走りたかったんですぅ!
IMG_5276

IMG_5279
これは素晴らしい!

さらにしばらく上って終点の風張峠に到着。
IMG_5280

予定ではここから奥多摩湖側に下りることにしていましたが、すぐにでも冷たいものを飲みたかったので(ボトルの水は十分にあったのですがもうぬるい)、予定を変更して反対方向の都民の森へ。峠から都民の森までの距離は記憶では1.5~2㎞くらい、このくらいなら上り返してもいいだろうということで。
ところが下りてみると記憶より長い・・・(笑)結局3㎞以上下ってやっと都民の森で休憩。カレーパンと何だったかの炭酸飲料。ついでにボトルの水も足しておきました。

IMG_5281
IMG_5282

ここを出て峠まで上り返し。この区間は勾配は緩いのでそれほど堪えませんでした。
IMG_5284

峠の道標で改めて記念撮影、
IMG_5285

奥多摩湖まで一気に下ります。
IMG_5289

水は少ない・・・
IMG_5292


次に目指すは松姫峠。
しばらく通行止めでしたが、峠までは上れる(大月方面へは抜けられない)ようになったことは知っていました。で、お初に上ってみようかとルートに入れたのです。

多摩湖を過ぎると山梨県にin。
IMG_5293
IMG_5294

小菅村役場前で左折、上り基調から峠道になってきます。
IMG_5296
IMG_5298

真っ直ぐ行くと新しく開通したトンネル、右折すると松姫峠。
IMG_5299

あまり勾配は変化せず、淡々と上っていきます。
IMG_5300
IMG_5310
IMG_5312
IMG_5307

トンネルのところで右折してから6km以上あったようですが、やっとピークに辿りつきました。
IMG_5313
IMG_5314

ここから先は
IMG_5317

一休みしたらまた一気に下り、小菅村役場前をさっきとは逆方向に進みます。
この先、道の駅丹波山で昼食を摂るのにちょうどいい時間になってきました。
確か距離的にはたいしたことないし、すぐ着くだろう・・・と町役場近辺にあった自販機はスルー。
ボトルの大はほぼ空、小は2/3くらい残っていたでしょうか。

しかし、前の晩にサッカーを見ながらいい加減に作成したルート、高低差をよく把握していませんでした。

IMG_5319

丹波山に向けてK18を右折したところで念のためガーミンで断面を見てみると、がーん、結構上っているじゃないですか。
うむむ、自販機で水を補給しておくべきだった・・・後悔先に立たず。
ちなみに後で確認したら今川峠という立派な峠で、ルートラボによると3kmで約300m上っています(笑)
こういう「そんなの聞いてねえよ!」っていう上りは実に堪えます、精神的に。

IMG_5320
IMG_5322

控えめに水分を補給しつつやっとピークに到着。
IMG_5323

見渡したところ峠の石碑等はないようでしたが・・・見落としたかな?

ズバッと下って道の駅丹波山。
IMG_5325


昼食にざるそばを頂いたらあとはR411で一路東へと戻ります。

IMG_5326


この後のオプションでお初の鋸山(大ダワ)と久々の多摩湖一周を用意していましたが、暑さにやられて両方スルー。ちんたら上れば上れたでしょうけど、このまま直帰すれば家族と一緒の夕飯に間に合いそうだったのもあって。

一応大ダワの入口を確認、数10m進んでみました。
IMG_5328
IMG_5329
ここも相当な勾配らしいので、また改めて挑戦にきましょう。
この後は古里のセブンで最後の休憩、19時前には何とか帰宅したのでした。


160807_風張林道~松姫峠


203km2772mと、次の土曜のブルべBRM813千葉200kmつくばと同じくらいの数字になりました。
そのつくばブルべ、予報は晴れ時々曇りで予想最高気温は33度。灼熱の一歩手前、って感じでしょうか。
体調に気をつけて楽しく走りたいものです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-08-10 21:43 | 自転車 | Comments(2)

午前限定白石峠

前回書いたように、BRM717はDNS。
今年参加予定のブルべの中で一番楽しみにしていたコースだけに、ホント残念です。
夏にでも自主ブルべでリベンジしようかと考えています。

そんなわけでこの三連休はノーライド(会社にクロスバイクで行くだけ)になりそう、と悶々としていました。
ところが日曜の夕方、あゆさんtake-iさんが何やらツイッター上で月曜午前のライドの相談をしているではないですか。
これに乗らない手はない!と便乗させてもらいました。
去年3月にこの3人で走った時と同じパターンです。
集合場所の物見山まで車載して、ライドが終わったらそのまま仕事に行く算段としました。

集合は6時半なので5時に家を出れば十分間に合います。余裕をもって4時50分に出たのですが、2~3㎞走ったところでボトルを忘れたことに気付いてUターン(笑)。結局物見山の第二駐車場にデポして準備を終え、出発したのが6時5分くらいでした。
ウォーミングアップに周回を一周して集合場所に着いたのは一番乗りでしたが、間もなくお二人とも到着。

そう、この日はあゆさんの新フレームのお披露目ライドです!
IMG_5017
S-Works Tarmac
いやカッコいい・・・

IMG_5016
撮影会状態です。

そして出発、まずは田中セブンで軽く補給休憩。
IMG_5018

白石峠上り口。
IMG_5021

一旦ストップして一言二言話をしたらすぐに上り始めます。
IMG_5023

IMG_5024

道中は省略(笑)。
この前初輪行できた時もひどいタイムでしたが、それよりさらに1分近く遅い・・・
暑さのせい?
この前心肺能力を高めないとこれ以上速くなれない、と書きましたが、
前回今回と、心肺がマックスになる前に足がまるで回らなくなってしまいます。
10%超えるともう抗えない。特に後半になるとスタミナが尽きて激しく失速。
ここ三週は一応毎週末上ってるんですけどねえ。
毎週2000m以上上らないと登坂能力を維持できないんだろうか?

やっちん茶屋もまだ出ていない時間だったので、ボトルの水を飲みつつおしゃべり休憩。

IMG_5027

この先は普通に定峰峠に下りて林道定峰線を上ることにしてまた出発。入れ違いでやっちん茶屋のおぢさんがやって来ました。

カマボコを華麗に避けながら定峰峠へ。
IMG_5028

さらに秩父方面に下りて行きます。
途中で停まってお二人の姿を撮ったり。

IMG_5030

IMG_5032

IMG_5034

IMG_5037

毎度お馴染みの定峰線の起点です。
IMG_5040

ここはもうアタックせず、あれこれと話をしながら3人一緒に上っていきます。

IMG_5042

IMG_5046

相変わらず気持ちいい道です。

IMG_5048

IMG_5054

そして高篠峠。
IMG_5055

2本上って後は帰るだけ。大野峠線からK172に下りて、再び田中セブンで小休憩。
IMG_5057

自分は物見山に戻りますが、お二人は物見山の北をまわって荒サイに入られるそうです。

IMG_5059

IMG_5061
鳩山あたりでお別れ。
短い時間でしたがご一緒させてもらい楽しかったです。また走りましょう!

最後は山村短大の前をゆるゆると上って駐車場に到着。
IMG_5062

撤収後は下道で都内まで走り、そのまま休日出勤と相成ったのでした。

仕事多忙でちょっと疲れがたまってきました。この週末は走るか休むか迷う・・・
こういう迷い方は珍しいですねぇ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-07-22 08:58 | 自転車 | Comments(2)

初めての筑波山ヒルクライムと、残念な報告

北関東のメジャーヒルクライムスポットのひとつ、筑波山。
行ってみたいと思いつつなかなか足が向かなかったのですが、やっと機会があり初めて行ってきました。
take-iさんとぽっぽさんがツイッター上でつくば行きの話をしていたので便乗させてもらったのです。

予定日の7/10は3日前くらいまでは曇り時々雨の予報でしたが、金曜日くらいから劇的に好転して結果的にはもちょっと遠慮してくれ、っていうくらいのピーカンになりました(^^;

6時にtake-iさんご指定の草加市立病院前セブンに集合。自分が一番乗りで朝食を摂っていると間もなく二人同時に登場。

IMG_4928


まずはブリーフィングで最短のルートを選択することになりました。
自分以外のお二人はここから近いので補給も不要とのことですぐに出発。

IMG_4929

IMG_4931

草加市街から江戸川を越えて三郷を抜け、小貝川CRに入る前に早めの休憩。

IMG_4935
ぽっぽさんの新兵器です。

ここを出てすぐに小貝川。

IMG_4938

さらに守谷あたりを走りますがtake-iさんが牽いてずっと34~35km/hで巡航。往路は自分も元気なのでそれほど無理なくついていくことができます。

その後ぽっぽさんに先頭交代。
IMG_4946

あっという間に筑波山が眼前に迫ってきました。
IMG_4948


仲間の皆さんのツイートでよく見る田中セブンに到着。
IMG_4951
528d7bfd-eb56-4d80-be93-cd36ce6b7a55

都幾川の田中セブンと同姓同名ですねー。

ここを出るといよいよヒルクライムですが、その前にtake-iさんに導かれてちょっと寄り道。
つくば名物のカエルさまに安全祈願。
IMG_4952

take-iさんが設定してくれたルートは、まず定番の不動峠。
上り口にほど近い平沢官衛に立ち寄り。ここも色んなブログで見る有名スポットですね。
IMG_4955

さて、いよいよヒルクライムの始まりです。
不動峠への起点。

IMG_4958

4kmちょい、と教えてもらってスタート。
大体6~7%くらいでしょうか、一定の勾配でそれほどキツくないので結構上りやすく感じました。
しばらくはtake-iさんの後ろについていましたが、次第に離されていきます。
ぽっぽさんはずっと自分の後ろについていたので「先に行って下さ~い」と行ったのですが、気にしないでー、とそのままの位置。

IMG_4959
(これは知らない人)

そう、ぽっぽんは後ろから自分の走りを動画に収めてくれていたのでした。まん中らへんまでくると、今度はtake-iさんを撮るべく猛ダッシュで上っていきました。自分の遅いペースに合わせて頂いちゃってスイマセン。

峠直前で10%の標識が出ていましてが、それ以外は激坂もなく、まあまあ上りやすい印象で不動峠に到着。

画面では見慣れたこの光景、お初です。
IMG_4961


続いてここを右に下りちょっとの間平地走行。
IMG_4962
IMG_4966

続いていわゆる「裏筑波」へ。これは相当な激坂だと一応知ってはいました。

アプローチ部分。
IMG_4969

左右に民家等ありますが、もう10%を越えています。

やがて山あいに入り、13~15%くらいの勾配が続いたあとでいよいよ来ました、コンクリート舗装の超激坂区間です。ここから先は写真なし。ガーミンを見る余裕もありませんが、15~20%くらいでしょう。3人でえっちらおっちら上っていきます。

事前にtake-iさんから、道幅が狭くクルマが来たら足つきを免れないと聞いていましたが、まさにその通りの険しく狭い道です。
そして、行く手の勾配が一段とキツくなり右に曲がっていくのが見えるあたり、後ろからエンジン音が聞こえてきました。
クルマではなくオートバイのようですが、かなり飛ばしているようであっという間に近づいて来ました。

この時前の二人は左寄り、自分は右寄りを走っていたような・・・
このままでは道を塞いでしまう、左によるにも停まらないでいるのが精一杯で、進路を自由に変えることができません。
下手に動いているうちに追い付かれて接触でもしたら大変!
と一瞬のうちに判断してあっさり足をついてしまいました。うーん悔しい!(休むことができてちょっと嬉しい)

その瞬間の様子をぽっぽさんの動画から。
バイク

この20%近い激坂、一度足をついてしまったら再スタートも難しい・・・勾配が少しでも緩むところまで、と数m押し歩きしますが、これっぽっちも緩くならないのは見上げれば明らかです。
仕方ない、いっちょトライしてみるか、と右足に体重をかけて踏み込み、左足をペダルに乗せてみるとカチャッと軽くクリートが嵌まり、バランスもなんとかとることができました。
これはラッキー、そのままひと漕ぎひと漕ぎじっくりと踏みしめながらゆっくり上っていきます。キツい!そして長い!このキツさ(勾配×長さ)はもしかすると明神峠より上かも。そうなると、あざみラインに次ぐ自分史上2番目の激坂となります。何とか漕ぎきって風返し峠に到着。

IMG_4970
IMG_4971

一休みしたあとは表筑波っていうんでしょうか、下りていきます。目的地はかりんとう饅頭の沼田屋さんです。以前仕事でつくばに通っているときにお土産でもらったことがあってとても美味しかったので、今回立ち寄りたいとリクエストしていたのです。
神社の鳥居を通りすぎて一路、到着しました。5コ入りを買ってひとつその場で補給、残りはサドルバッグに押し込んでお土産です。

02bd23fe-f849-4941-880c-712683234553

ここでの休憩を終えると今下りてきた道を上り返します。結構距離があったから6kmくらいかなー、と思いつつ上ってみると、大体そんなものでした。

IMG_4976

再び風返し峠でまたも定番の記念写真。
IMG_4978

次はこの日のチマ・コッピ、つつじヶ丘へ。
IMG_4985

風返し峠からは2kmないのですぐに到着。
まずははずせない、ここで写真です。
IMG_4987

それからソフトクリームを食べて大休憩、絶景ポイントに立ち寄ったら来た道を戻ります。下りて行く途中も中々の絶景を見ることができました。
また風返し峠に戻り、そのままスカイラインをアップダウンしながら下りていきます。

IMG_4993

IMG_4996

さらこ不動峠から下へ。
朝上った時は上りも下りもたくさんのローディで賑わっていましたが、午後になると誰もいない・・・3~4人とすれ違っただけでした。

帰りもまた田中セブンで休憩しようとしたのですが、これっぽっちの日影もないのでスルー。
次のセブンまで数km余計に走って休憩です。
IMG_5001

このあたりからだいぶへばって来ました。
take-iさんとぽっぽさんが交互に前を牽いて、行きと同じくらいの34~35km/hくらいで巡航。自分はおミソ扱いで後ろに着いたままです(^^;すぐさま千切れる、というほどではありませんがこのままじゃとても最後まで持たない、あとちょっとで加速度的に遅くなる(笑)感じです。
諦めて先に行ってもらおうと思ったのですが、take-iさんに一緒にいった方が絶対にラク!と言っていただき(いやそれはもちろんわかっているんですがw)、泣きを入れてちょっとペースを落としてもらいました。

IMG_5003
IMG_5005

結局帰路のルートも色々考えて頂いていたそうなんですが、往路と同じ最短ルートで休憩多めに走って草加市内。

まずはtake-iさんとお別れ。
IMG_5010

一日牽いていただきありがとうございました。またよろしくお願いします。次のレースガンバって下さ~い!

そこからすぐのセブンでぽっぽさんと最後の休憩。
IMG_5011

さらに新荒川大橋まで裏道で案内してもらいました。
IMG_5012

ぽっぽさん、一日ありがとうございました。動画とても参考になります。またご一緒下さい!

自宅まで残り10km余り、走りなれた道を順調に走って18時過ぎに帰宅したのでした。


160710_筑波山

実はブルベ以外で200km以上走るのは今年初めてでした。
これでこの週末のBRM717に弾みを、と思ったのですが・・・
仕事の都合でDNSとなりそうです。くっそー残念、でも今度ばっかりは流石にちょっと仕事を優先せざるを得ない状況です。まあ仕事があるから自転車乗って遊べるわけだし、たまには仕方ないですね。
今のところ当日の天気は曇りのち雨。雨が降れば諦めもつくからこのままの予報でいてくれ、と思ってしまう心の狭い自分でした・・・


などと書いているうちにまた予報が変わって、日曜のみなかみは曇りになりましたね。いや~、そうでなくっちゃ。出走される方々、がんばって下さ~い!(ウソくさい?いや本心ですヨ、ほんとに!)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-07-15 21:41 | 自転車 | Comments(8)

夏至チャレ改め夏至サイクリング

この前の週末、土曜は雨のち曇りのはっきりしない天気、そして日曜はほぼ快晴に恵まれた一日となりました。
前回エントリーに書いた通り、日曜に順延になったので「夏至の日サイクリング」に参加して参りました。

元々、奥武蔵の山の神Yabooさんが数年前から毎年この時期に走っている企画ライド、一番日が長い夏至の日(あたり)に日の出から日没までひたすら上り続けるもので、目標の総獲得標高は6,000m・・・
去年初めて参加させてもらいましたが、最後ちょっとついて行けなくなってコースを端折った自分の記録は160km4800m、上昇率が丁度3%でした。

Yabooさんは去年の暮れくらいからだったでしょうか、色々多忙で思うように自転車に乗れない日々が続いていた模様、さらに落車等もあって例年のようなイケイケの状態ではないようです。
前日のツイートでは

「明日はサイクリングですから、そこのところくれぐれもよろしくお願いしますー」

とのこと。うーん、Yabooさんらしくない(笑)
そんなわけで今年は去年よりちょっと緩い気持ちで、家を3時20分頃出ました。
毛呂山のセブン4時半集合に合せた出発ですが、少しでも睡眠時間を確保したかったので、鶴ヶ島まで関越に乗りました。鎌北湖にデポするのに高速を使ったのは初めてですね。

4時10分頃鎌北湖の第二駐車場に到着、
IMG_4514

支度を済ませて毛呂山まで2~3㎞下りてセブンに到着。24weさんとぽっぽさんが既に来られていました。間もなくあゆさん、Yabooさんも来られてこの日のメンバー5人が揃いました。

IMG_4518
手前、いつの間にやら黄色成分がやたらに高くなっているYabooさん(ヘルメットも黄色)w

補給+おしゃべりの後、5時くらいに出発です。

IMG_4520

この日のルートは基本は去年と同じ、適宜省略しながら行きましょう、って感じです。

朝陽の中を進む5人のトレイン
IMG_4523

まずは鎌北湖からグリーンラインに入ります。最初の方は10%超の激坂が多くてキツいですね。

IMG_4528

アップダウンを繰り返しながらどんどん標高を上げていきます。

IMG_4531

IMG_4537

北向地蔵を超え、一本杉峠を超え、まずは顔振峠で小休憩。

IMG_4540

去年までの夏至チャレなら時間を気にしてすぐ再スタートするところですが、もうまったりとゆるポタ風味で自転車話に花を咲かせます。

富士山も見えていました。
IMG_4541

ここでこの先のルートを確認、本来は八徳入線を下って高山不動を上るところですが、いきなり省略(笑)
最初っからこのコースのクイーンステージですからね。
その先の猿岩線を下りて梅本線を上ることにして再スタート。
写真を撮ったりしたので自分が先頭を走る時間が多かったと思いますが、調子こいて走っていると・・・梅本線の終点に来てしまいました・・・

あ、あれ?猿岩線は?

猿岩線の下り口はこんな感じ。
IMG_1456
(3月撮影)

こんなわかりやすいのになぜ見逃してしまったのか(笑)

IMG_4554

結局ここも省略してそのまま進むことに。

IMG_4560

で、刈場坂峠に到着。さっきの顔振峠からろくに走っていませんが、また休憩です。

IMG_4567

しばらくおしゃべりした後で、刈場坂線を下ります。下りは思いの外寒かったですね。

IMG_4571

で、そのまま上り返し。
5km以上あります。ここはしばらくご無沙汰していましたが、3月の雪見ライド以来3回目です。

IMG_4572

IMG_4575
あゆさんはダンシングしばり!

IMG_4583


上った後はこんな感じでまた休憩(笑)
IMG_4588


次は奥武蔵支線を下りて大野峠線を上ります。

IMG_4594

IMG_4600

IMG_4612

高篠峠に到着。
IMG_4617


ここから白石峠を素通りして定峰峠から秩父側に下り、途中から林道定峰線を上ります。
つまりまたこの高篠峠に戻ってくる(笑)
さっきの刈場坂線の上り返しといい、なんというこの重力の無駄遣いw

IMG_4620

皆に人気の林道定峰線の起点。
IMG_4632

勾配はキツいところが多いけどホントに気持ちいい道ですね。

IMG_4638

IMG_4639

そしてまた高篠峠に戻ってきました。
本来のコースはここから真っ直ぐ大野峠線を下りて白石峠を上るのですが、これも迷いなくスキップ。
さっきと同じように白石峠を通過して定峰峠へ。

IMG_4645

IMG_4648


今度は右折して小川町方面へと下りていき、橋場交差点でストップ。
ここで牧場への上りに備えてまた休憩(笑)
IMG_4656

そしてまた上りです。

IMG_4661

ここは特に前半がキツいですね。いや、後半も楽じゃありません。体感的にはこの日の上りの中でここが一番平均斜度がキツいような気がします。

IMG_4662

距離が4kmないくらいなのが救いです(笑)

へろへろになってまるでスピードが出なくなりつつ何とか牧場に到着。
IMG_4665
IMG_4667
IMG_4671

みんな揃ったところでそば・うどんで昼食。自分は山菜そば+天ぷらを頂きました。
食べ終わったら返す刀で待ちに待ったソフトクリームです。

IMG_4675

いやあ、ウマい!

食べ終わったら今上った道をそのまままた下ります。あっという間に橋場に戻ってきました。

IMG_4679

ここまでで確か2600mくらい上っていたと思います。かなりへばりました。

IMG_4682

Yabooさん、あゆさん、ぽっぽさんはここから平地を走って帰路につくとのこと。
自分は上り足りない、っていうよりBRM717のことを考えるとも少しやっておかないとまずいんじゃないかな~、ということであとちょっとだけ上ることにしました。
すると24weさんがつきあってくれるとのことで「gonさんの後ろにくっついて行きますよ」と。
ありがとうございます!でもくっついて行くっていうのは???です(笑)。

まずは3人をお見送り。
IMG_4683

IMG_4685

我々二人は正規の「夏至チャレルート」でさっき走ってきた定峰方面に進み、途中で荻殿線へと左に入ります。
曲がる手前でそういえば、と思い出しました。荻殿線の下の方は「あじさいの道」だから、ちょうど今が見ごろなんじゃないの?と。

上り始めてみるとまさにその通り、左右の道に色とりとりのあじさいが咲き誇っていて実にきれいです。
IMG_4686
IMG_4688

そして24weさんはするするっと前に出てしまい、もう着いて行けません。やっぱり、予想通りです(笑)
IMG_4696

やがてあじさいの道からそれて上り続け、七重峠(笠山峠?)に到着。
IMG_4701

すぐに下ってダムの横を通り過ぎ、最後の上りは赤木七重線です。

凄く鬱蒼としていて川が並行して走っていたり、雰囲気がすごくいい道です。
そしてここでも24weさんは先行してしまいついて行けない・・・
IMG_4706

あまり長くない上りが終わると、碑原峠でまた24weさんが待っていてくれました。
IMG_4707

IMG_4708

激坂を下ってK172に合流、そのまま田中交差点まで進んで
IMG_4711

ファミマで最後の休憩。
IMG_4713

K30を南下して最後は鎌北湖までの短い上り
IMG_4715

「夏至チャレ」だったら力尽きてこの上りも厳しいところですが、「夏至サイ」なのでまあ淡々と上っていけるだけの脚が残っています(笑)

最後は定番の場所で記念撮影して撤収。
IMG_4718


160626_夏至サイ
126km3560m、夏至チャレよりはかわいい数字に収まりましたが、それでもやっぱり走り甲斐は十分にありました。
夏に向けてのプロローグとしてはなかなかいいライドでしたね。皆さままた是非よろしくお願いします♪




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-07-01 00:01 | 自転車 | Comments(4)

坂練その2:何とか走れた日曜日

ツール・ド・八ヶ岳直前の坂練三連チャン(予定)、その2は当然のようにまた奥武蔵です。
4/3(日)、この日は昼くらいには帰りたかったので残念ながら車載予定として、前の晩に自転車をクルマに積み込むなど用意を済ませました。
明けて当日朝、予定通り4時過ぎに起床、朝食~軽量化~着替えと済ませて荷物を持ち、そおっと玄関の扉を開けてみると・・なんと雨が降ってるじゃないですか。
おいちょっと待て、それは聞いてないぞ・・・
ひとまずクルマに乗り込み、エンジンをかける前にスマホで雨雲の状況を見てみました。
すると都内~埼玉南端あたりは降っていますが、行く先の奥武蔵界隈は降っていない模様(っつっても弱い雨だと映らないからそんなのアテにならないんですけどね)。
リスクはあるけどまあ行けば何とかなるだろ、と予定通り出発しました。
物見山にデポすべく関越に乗りましたが、予想通り川越ICあたりで雨は止んで路面もドライになりました。坂戸西のスマートICで下りてサンクス経由で駐車場着。

IMG_1565

準備を済ませて6時すぎにスタートです。

IMG_1567

慈光寺バス停のトイレにだけ立ち寄って白石峠上り口着。
IMG_1572

この写真の撮影時刻が6時59分。今までここを上った中で一番早いアタック開始時刻かも知れません。
ここまで20km足らず走っただけのいわゆる「サラ足」でどのくらいのタイムが出せるのか?
一週間前に3,000m上った成果は残っているのか?
自分の歳だと週に一回のライドじゃ衰えるのを食い止めるのが精いっぱいですからね。

2月の今年初白石もひどいタイムだったので、あまり期待せずに上り始めました。
ガーミンには一番の目安となるラップ平均速度も表示せず、スピードだけを見ながら上ることにしました。
すると、結構いい感じで上れています。
目安となる「最低でも10km/hキープ」をほとんどの区間で守れているじゃないですか。
ベスト(31分台)は難しくても32分台くらいは出せるんじゃないか?と期待しつつゼェハァ脚を廻し続け・・・0.0kmの標識を通り過ぎる瞬間にラップボタンを押して表示されたタイムは31分24秒。

IMG_1574

ベストタイムの秒数を覚えていなかったのでベスト2くらいの記録かな、と思っていたのですが、後で確認してみたら今回のが12秒更新してベストタイムでした(笑)。
そして、去年5月の記録からは約1年で23秒更新しています。果てしなき30分切りへの道・・・この計算で行けば4年後には達成だ!!(笑)

IMG_1573

時間の余裕がないのでちょっとだけ休んだらすぐにグリーンラインを高篠峠まで。
IMG_1577

ここから大野峠線を下って

IMG_1578

白石峠の上り口を過ぎてすぐ、赤木七重線への入口です。
IMG_1580

ここから碑原峠を越えて七重峠を目指します。逆向きは去年何回も走りましたが、こちらからは1年半ぶり2回目です。
まずは14~15%の激坂をこなして赤木七重線に入り、
IMG_1582

碑原峠で一旦ストップ。
IMG_1583

写真だけ撮ったらすぐにこの先を下ります。
IMG_1584

ダムの手前で花がきれいなスポット
IMG_1585

続いてダムの横でトイレ+補給休憩。
IMG_1586

引き続き栗山線を七重峠へと上ります。
IMG_1589

この前半は桜がきれいだったのが予想外の収穫でした。
写真はまるでダメだったんですがw
IMG_1595

高度が上がってくると桜もあまり咲いてなくて普通の風景に。

IMG_1599
こんな風に前方が開けたからもう少しか、と思ったらまだまだだったりしつつ、やがて七重峠に到着。

IMG_1602

七重峠=笠山峠なのか違うのか、色々なところで書いていることが違ってよくわからないのですが。

次は荻殿線を定峰方面へと下りていきます。

IMG_1604

下りきる間際には美しい風景が。
IMG_1607

K11に出ると左折してそのまま定峰峠へと走ります。定峰峠を越えてそのまま白石峠までがこの日のコースの最後の上り。

IMG_1614

定峰峠まではずっと緩い勾配が続きます。
こういうところで追い込んで走らないと速くなれないんですよねー。わかっちゃいるんですが・・・

IMG_1615

峠に着いたらトイレだけ済ませて
IMG_1619

そのまま先へ。白石峠までは地味にキツいです。
IMG_1620

で、この日2度目の白石峠。
IMG_1621

後はもうここから下りて物見山まで戻るだけです。
この道を下ることはあまりないので結構新鮮。

IMG_1624

薄日が差して木漏れ日も。
IMG_1623


この日は「ときがわサイクルフェスタ」をやっていて、大勢の上ってくるローディとすれ違いました。
速い人のんびりな人、様々でしたが、ちらほらと押し歩きの人もいました。下から2kmも行かないあたりを押し歩いていたオバさんローディ、峠までたどり着けたでしょうか?

菜の花が綺麗なところを抜けて
IMG_1626

去年ハンガーノックで居眠り落車した忌まわしい場所も花が咲き誇っていたので、停まってパチリ。
IMG_1628

その後も下り基調を気持ちよく飛ばして
IMG_1630

道々の風景を撮りつつ進み、
IMG_1632

IMG_1639

往路で帰りに写真を撮ろうと目をつけていたトトロと菜の花で記念撮影。
IMG_1636

最後に明覚駅でも一枚。
IMG_1641

物見山に戻って撤収、12時半くらいには帰宅できたのでした。

160403_白石~笠山~定峰

家を出た瞬間はがっくりきましたが、思いきって出かけて正解、予定通りの行程をこなすことができてラッキーでした。午前中だけで2200m、なかなか効率のいい坂練となりました。


さて次の週末はいよいよ本番前最後の坂練です。
今のところ天気も何とかなりそうですね。
行き先は・・・もちろん奥武蔵(笑)。
もうルートを考えるのはめんどくさいので、さっきちょっと書いた去年ハンガーノックになった時、予定の半分くらいしか走れなかったのでこれのリベンジで行こうと思います。坂練第一弾で走ったルートの逆回りがたくさん含まれてますけど。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-04-06 08:49 | 自転車 | Comments(0)

雪景色の奥武蔵を走る(後篇)

さて、前回の続きです。

BMC+カットライクならキャトルさんに間違いない、と踵を返して全速力で踏み込みますが、さすがにすぐは追いつかない・・・特産物販売所の手前、上り勾配が急になるところであえなく失速w。
そこを24weさんが余裕でパス、看板の前で停まっていた件のローディに声をかけてくれました。
追いついてみると、おおやっぱりキャトルさんです。合流できてよかった~
とにかく寒いので紹介とかは店に入ってからにしましょう、ってことでそのまま折り返し、5台トレインとなってまた宿へと下ります。

「やすらぎの家」はそこそこ混んでいましたが、キャパが大きいので問題なく席を確保。
席についてすぐにあゆさんがツイッターをチェックしたところ、Yabooさんが10分ほど前に目と鼻の先の建具会館で休憩していたとのこと。
すかさず居場所をリプライしてくれたので、走り始めていなければ合流できるはず・・・
とりあえずキャトルさんとそれぞれを紹介したりしますが、その間もまだ体の震えが止まらない・・・自転車でこんなに寒い思いをしたのはこの冬(ってもう春ですけど)初めてです。

食事の方の注文は、一番身体が温まりそうなカレーうどん、冬季限定とか言われるとなおさら魅力的です。これの大盛りにしました。
みんなの注文を終えてあれこれ話をしていると間もなく、期待通りにYabooさんが登場しました。
お仕事等多忙でこの日はなんと2ヶ月ぶりのライド、リハビリ的に低めの山々を巡ってきたそうです。
これでこの日のフルメンバー6人が揃ったことになります。

やがてやって来ましたカレーうどん。
IMG_1079
 
これを食べてやっと体が温まりました。みんな食べ終わった後もレースだのブルべだの、話は尽きません。ひとしきり喋ったあとで、それじゃこの後はどうしましょうか、という流れに。
さすがにこれで終わりじゃ物足りないけど、もう長い上りはいいや、って感じです。
幾つか案が出た中で、あゆさんの提案によりダム公園の方に行くことにしました。松郷峠の東側のエリアでしょうか。あゆさん以外は初めてのようです。

IMG_1081

店を出て身支度、まずは田中交差点まで6人で。これは西平交差点の信号待ち。
IMG_1082

田中まで来たところでYabooさんが離脱です。少しでしたがお会いできてよかったです。BRM320ガンバりましょう!

残る5人はK30を北上、途中で左に逸れてダム方面へ。
IMG_1083

IMG_1084

さらにダムの直前を右に逸れて、そこからが林道雀川上雲線だったでしょうか。
他に車も自転車もほとんどいない、静かで勾配もそれほどでもない気持ちいい道です。
ただし、初めての道なのでどこがピークかわからない(笑)。
下りに入ったのでもうピークは過ぎてそこいらにあゆさんたちがいるんじゃないか?と思ったらまた上り始める、っていうのを何回か繰り返し、やっとたどり着きました。

IMG_1087

(写ってないけど)ちょっとした四阿がある、見通しのいい場所です。

IMG_1086

ここから先もちょっと上りましたかね。それから下って下って、あれこんなに上ったっけ?って感じで下って、横松から(この辺りの横松とか斜め松とかあんまりよくわかってないんですがw)さっき通ったK30との交差点に出ました。

この先荒川CRで行こうか、ということになったのですが、そうすると24weさんはちょっと遠回りになってしまうので、申し訳ないですけどここでお別れ。
IMG_1089

思いがけず一緒に走れて楽しかったです。また一緒に走りましょう!

4人になった残りのメンバーは荒川方面を目指します。

IMG_1090

順当な経路は物見山経由ですが、あれを上るのは避けたい、ということになってぽっぽさんの案内で北回りのルートを走ります。
物見山を上らなくて済むのはありがたいんですが、その分平坦の距離が長く、そして速い・・・38km/h前後で進むトレイン、いやそれ俺にはムリですーww
朝自分が牽いた時と10km/h違うんですよ、10km(**)。1時間走ったら10km差がつくんですよ!
シンジラレナイ・・
最後尾になんとか食らいつきますが、小高い丘のようなところで前三人は軽やかにダンシング、自分はもう腰を上げる力が残っていない・・・あっさりちぎれました。
段々遠のいて行く三人を視界にとらえつつ必死に脚を廻し、そのまましばらく進んだところで待っててくれて再合流。どうもスイマセンー(;´д`)
その後もちぎれそうになる自分を入れ替わり立ち替わり牽いてもらい、なんとか戸守のローソンまで。

IMG_1092

いわゆるトモローってやつですね。いつも横を通ってましたけど、ここで休むのは初めてです。

IMG_1093

休憩を終えてリフレッシュ、といってもキツいことには変わりませんが、圏央道側道から荒川CRにin。
つかず離れず、から入間TT区間はちょっとゆっくり目にこなして上江橋であゆさんが離脱。
流れのままだったので写真は撮れず、残念ー。
ドタ参感謝、またよろしくお願いします!

更に進んで羽根倉橋でキャトルさんが離脱。
IMG_1102

何とか合流できてよかったです。今年は2回以上はご一緒しましょう!

最後の二人となり、秋ヶ瀬橋まで誰もいない左岸をおしゃべりしながら並走、そこから彩湖のバックストレート土手下に入ります。ちょっと息を吹き返してまた写真など。

IMG_1103

IMG_1105

管理橋を渡ってまた左岸を走り、笹目橋をくぐったところでお別れです。
IMG_1107

ぽっぽさんありがとうございました。これからも日曜仲間でよろしくです~

そこから最後のひとり旅で完全にマイペース、住宅街の生活道路に入ったところで20km/h以下で屍のように走って無事帰宅したのでした。

160313_刈場坂峠

当初予定した200kmを大きく下回りましたが、そんなことはどうでもよくなる楽しさ厳しさでした。
最初は一人で走るつもりだったのがブログに一言書いたら一人増え二人増え、最大6人ものトレインで走れたのはほんとに嬉しいことです。
雪や寒さの過酷な状況、一人で走っていればつらい記憶だけが残るのに、みんなで走ると「あの時は大変だったね~w」と楽しい思い出に変わるのだからありがたい限りですね。

例によってグダグダと長くなってしまいました。簡潔にまとめる能力を身に付けたい・・・最後までお付き合い下さったあなた、ありがとうございます(^^;

さて、今度の週末はBRM320埼玉300kmアタック愛鷹です。雨から曇りの予報に変わりギリギリのところで持ちこたえています。なんとかそのままもってくれ~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-03-16 23:10 | 自転車 | Comments(6)

雪景色の奥武蔵を走る(前篇)

前回エントリーの最後に一言載せたライドに行ってきました。
これが予想外の展開になり、とても印象深いものになったのでそのご報告を。

コメント欄でぽっぽさんとキャトルさんから返事をいただき、これは楽しいライドになりそうだと期待しましたが、問題なのが天気。
当日は曇りの予報でしたが、その前の木・金あたりの予報が東京は雨、秩父は雪。土曜の秩父の最高気温が5~6度。
山の上の方は雪が残って走れない公算大です。うーん、どうしよう・・・と他のルートを考えたりネット上で可能な限りの情報収集をしたり。
で、土曜午後に出した結論は、予定通りにスタートしてダメだったらその時に考える(笑)。いやもう状況がわからないからしょうがないです。
まあグリーンラインは難しいだろうなあ、というのは覚悟しておきました。
ただそうなると、こっちはどこを走るかわからない、キャトルさんはショップの走行会を途中離脱、どこで合流できるのか?難易度が一層高くなりました(笑)

家から集合場所までは約25kmなので余裕を見て5時15分頃出発、思ったより時間がかかりましたが6時40分頃到着。
イートインコーナーがあるので集合場所に選んだローソンですが、進行方向と逆側なので信号を渡らなければなりません。
信号待ちしながらふと見ると、イートインコーナーの前にロードバイクが一台停めてあってローディが座っているのが見えます。
でもロードバイクはぽっぽさんのルックでもニールプライドでもない真っ黒の車体だし、ローディも遠目でも明らかにぽっぽさんじゃありません。
たまたま見知らぬローディが休憩してるんだなー、と思いつつ信号が変わって店まで寄りついてみると、こちらに手を振るローディは24weさんじゃないですか!
まるで予想していなかったので結構本気でビックリしましたw。
朝ツイートをくれていたそうですが、自分が出発した後だったようで気がつきませんでしたよ。ドタ参頂き嬉しい限りですー。
そして24weさんによると、あゆさんもドタ参表明してこちらに向かわれている模様とのこと。なんとなんと、これは嬉しさ楽しさ倍の倍、ドン!です。ありがとうございます~
まもなくあゆさん、引き続きぽっぽさんも到着されました。

IMG_1025

予定より人数が増えて賑やかになりました♪
それに、これなら路面状況等難しくなった時にも路頭に迷うことはないでしょう(笑)
準備ができたところでスタート。
健脚の3人を自分が牽くわけですが、ここで気負ってスピードを出し過ぎると足がなくなり、後半で死ぬことは日の目を見るより明らか(いや結局死ぬわけですがw)です。
多少かったるいと思われても自分のペースで走るしかない・・・と大体28km/h程度(←ココ重要)で進みます。

まずはバーディクラブの坂で準備運動、引き続き成木街道から小沢峠を上ります。

IMG_1026

名栗側に下ってK53を左折、西に走って山伏峠上り口までが思ったより長かったですね。
IMG_1029

この区間は最近逆向きは何回か走りましたが、こっち向きはほぼ2年前に初めてYabooさんのライドに参加した時以来です。
IMG_1033

その時と同じようにトイレ休憩し、みんなで上り始めます。するとあゆさんが「TTするよ~」って感じでカッ飛んで行ってしまいました。
それはもう、カメラを取り出して写真を撮る暇もないくらいです。
ところが・・・カーブを一つ二つ過ぎてみると、工事区間の信号に足止めを喰らったあゆさんの後ろ姿がw
IMG_1035

ここでやっと写真に収めることができました。
信号が青になると改めてそれぞれのペースで、自分はゆるゆると上って山伏峠に到着。
IMG_1036

IMG_1038

気温は0度前後、寒~い!

IMG_1039
この先、ちょっと下って今度は正丸峠への短い上り。

IMG_1040

IMG_1041

そして峠に到着。
IMG_1042

IMG_1045

この時まだ9時台でしたが茶屋には一組お客さんがいましたね。
ここからの下りはちょっと長いのでウインブレを着こみ、下山開始・・・道が悪いしカーブもキツめ(勾配は緩め)なのでさほどスピードは出ませんが、それでもこの下りの寒さたるや!!
どの位寒いかというと、ぽっぽさんのサイコンが寒さで充電不能となり、懐で暖める羽目になるほどです(笑)

下りきると次は刈場坂線の上りです。
IMG_1047

これを上りきれればこの日のルートのチーマ・コッピ(最高地点)です。刈場坂峠の標高は800m超、果たして上りきれるのか? (路面的に)
途中で雪が積もっていたらそのまま下りてきてR299を適当なところまでさらに下るつもりでしたが、とにかく行ってみるしかありません。
キャトルさんと、ツイッターでこの界隈を走っていることがわかったYabooさんに行動を知らせるため、刈場坂線を上る旨一言呟いてからスタート。
IMG_1048

夏至チャレの時はパンクにより途中で折り返したので、この道を下から上るのも久しぶりです。もうちょっと緩い気がしていましたが、結構キツくて長い・・・路面は単なるウエットですが、周りの景色が段々雪深くなってきます。
IMG_1052

IMG_1053

上の方はこんな感じ、ぎりぎりセーフですね。
IMG_1055

そしてこの写真の直前だったか直後だったか、行く手の路傍で24weさんがパンク修理中、ああこんなところで・・・
「大丈夫だから先行ってください」とのこと、ぽっぽさんもいたので結構トイレが差し迫っていた自分はお言葉に甘えさせてもらいそのまま通過です。スイマセン~
さらに進んで峠間近のあたり、先行していたあゆさんが下りてきました。24weさんの大魔王は把握されていて、様子を見に下りていくそうです。自分は結構トイレが差しs(ry
そして間もなく、峠まではウエット路面のまま辿りつくことができました。

IMG_1058

期せずして一番遅い自分が皆さんの上りを待ち受ける形になったので、せめて写真をば。
IMG_1061 - コピー

IMG_1064 - コピー

そして、刈場坂峠といえばお決まりのこの構図。
IMG_1068

もちろんこんな雪景色は初めてです。
ちなみにちょうど一年前、去年の3月15日にあゆさん、take-iさんと3人で走った後で一人でここに来ましたが、その時の写真がこれ。
IMG_0119

春ですよ、春!うーん何というこの違い(笑)

さてこの先、元々考えていたルートは奥武蔵支線を下りて白石峠ですが、いろんな意味でもう白石峠はあり得ない・・・とはいえまずは下るしかありません。
予定通りに奥武蔵支線を下りますが、800m超の北斜面、この日のルートで一番危険なところです。
案の定・・・
IMG_1077

クリートを外し、轍の上を慎重に下りて行きます。
でもさすがにこんな状況は700mより上くらいだけでしたね。ちょっと下るとすぐに路面の雪はなくなり、ウエットからさらにドライ、とどんどん走りやすくなります。
山あいを抜けて直線基調になり、特産物販売所までの長くスピードの出る下り・・・寒い、寒すぎる・・・体の芯の芯まで冷え切りました。

IMG_1078

ここでこの先どうするかを相談、とにかく暖かいものを食べたい!で満場一致、宿交差点手前のうどん屋「やすらぎの家」に行くことにしました。
それをキャトルさんにツイッターのDMで伝えようとしたのですが、寒さで手が震えてうまく打てない!何度もやりなおしてやっと送信、4人でもう一下り、と進みます。

すると間もなく工事の片側通行で信号待ちに引っかかりました。
と、停まったところで反対車線を走り抜ける2~3人のローディ・・・ふと見ると一台はBMCです。
通り過ぎる瞬間だったので顔は判別できなかったけど、とりあえず後ろ姿に「キャトルさ~ん!」と大声で呼びかけてみました。でもタイミングも遅れたのでさすがに届かなかったらしい・・・
キャトルさんなら向こうもこっちを探しているはずだし、やっぱり違ったか・・・と思ったのですが、24weさんだったかな?が「カットライクのヘルメットを被っていた」と教えてくれたので、それなら間違いない!と慌てて方向転換、全速力で追いかけます。

三流ドラマみたいな切り方ですがw、ちょっと長くなってしまったのでとりあえずここまでが前編ということで(^^;

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-03-14 23:45 | 自転車 | Comments(2)