L S C H

タグ:ファンライド ( 70 ) タグの人気記事

ピンポイントな夏休みに奥武蔵へ<前編>

今年のいわゆる「盆休み」は最短で取る場合13日(水)~17日(日)っていうのが一般的みたいですね。自分もそのつもりでした。 でした・・・・orz
ところが12日(火)に休み明けまで、もしくは休み中に片づけなければならない事案が2件同時に発生、あえなく13日(水)のみの休みとなってしまいました。残りは再来週あたりに何とかとりたいものです。

今週唯一の夏休みとなったその13日(水)、キャトルさんと奥武蔵を走ってきました。キャトルさんとは時々お互いにブログにコメントする仲で、一度ご一緒に、と言いつつなかなかタイミングが合わなかったのですが、やっと一緒に走る日をつくることが出来ました。先日初めて白石峠を上ったそうですが、タイムが32分台とのこと。もうその時点で降参です(笑)。

当日は秋ヶ瀬公園に集合、挨拶して自転車を並べて記念撮影。
b0144082_8233921.jpg

キャトルさんと愛車のプレシジョンキャトル。フレーム以外は全とっかえに近いそうで、カラーリングと相まってクロスバイクというよりフラットバーロードといった趣です。
b0144082_8251768.jpg

ちょっと雑談をしてさっそく出発。川越→坂戸と抜けて田中交差点手前のセブンで休憩。
b0144082_8253051.jpg

そしていつもの白石峠登り口。
b0144082_8254057.jpg


とりあえず自分が先に走り始めますが、間もなくキャトルさんが「ガンバリまーす!」と追い抜き、あっという間に見えなくなってしまいました。高ケイデンスが特徴的な軽々とした走りです。速い!
b0144082_8255289.jpg


自分はというといつも通りですが、今日こそは自己新をと少しでもスピードを上げるべく必死に漕ぎ続けます。何とか36分台には乗せられるかな?という希望的観測を持てるくらいのペースだったはず。
ところが、全体の2/3を過ぎて残り約2㎞、あとは緩斜面中心だから少しでもペースアップを!とダンシングしたところ、何の予兆もなくいきなり左の太ももが攣りそうになりました。
たまらずペースダウン、しかし一旦筋肉がそういう状態になってしまうと、シッティングでも攣りそうになることに変わりありません。ゆるゆると走りながらボトルの水を太ももにかけてクールダウンします。
丁度いくらか勾配がきついところにさしかかり、蛇行して進みつつボトルをケージに戻そうとしますが、シートチューブのケージは元々フレームが小さくてまるでボトルが入らなかったのを改造しており、ボトルを納めるのにちょっとコツがいるのです。
左手で蛇行をコントロールしながら右手でボトルを納めようとして悪戦苦闘しているうちにあらららら・・とコースアウトしてあえなく足つきorz。
ぴったり一年前の8月13日に初白石峠チャレンジ、酷暑と初の峠の過酷さに負けて数限りなく足つきして以来、色々な坂を一応どこも足つきなしで上りきってきましたが、丁度1年ぶりの山登り中の足つきでした。う~ん、残念。
最後1㎞くらいは何とか復活して足攣りの懸念を感じることなく走れましたが、結局38分台とまた自己ベスト更新はなりませんでした。
b0144082_8261663.jpg

キャトルさんは途中でサングラスを落としたのを拾うロスがありながら30分台とのこと(実質30分切り?)。次回は確実に30分切りですね。羨ましーい!
上り始める時に下から見上げると上の方が雲に隠れていたので、雨が降っているかも?と思いましたが、途中ガスっているところを抜けて、峠では陽が射していました。そこで堂平山の天文台まで行ってみることに。
すると天文台からの眺めは雲海です。低く立ち込めた雲の上まで上ってきていたのでした。
b0144082_8263038.jpg


一休みを終えるとまた下りていき、白石峠は素通りして定峰峠で給水休憩。
b0144082_8264415.jpg

さらに西へと下りて栃谷の交差点を右へ。秩父国際カントリーを更に右に曲がって釜伏峠を目指します。
この道は自分も初めて。上り始めのあたりでああそういえば釜伏峠の激坂が云々、てブログを読んだことがある気がするなあ、と思ったのですが・・・
これが強烈な激坂です!10%を超えたら一桁に戻ってこず、一番きついところはガーミンが17とか18%を示していました。ってことは瞬間的には20%を超えてるんじゃないでしょうか。印象としてはこの界隈では高山不動に次ぐ激坂ぶりです。
b0144082_82781.jpg

その一番きついあたり、あんまり広くない道をキャトルさんと一緒に蛇行しながら進んでいたのですが、蛇行した時にスピードが落ちすぎてハンドルが斜面下方向を向いてしまい、あえなくこの日2回目の足つき。しくしく。情けないです。
分岐でいったん止まって方向を確認、
b0144082_8272415.jpg

キャトルさん何をしているかと思ったら・・・こんな写真を。
b0144082_8273427.jpg

さらに進んで釜伏峠に到着、小休憩+ちょっと補給。
b0144082_8274511.jpg

二本木峠、ふれあい牧場方面へとアップダウンを進みます。
牧場についたらモーモーハウスを素通りしてソフトクリームを売っている小屋へ。買ったソフトクリームは眺めのいい道の反対側に移動するまでに溶けて流れ落ち始めていました。あわてて食べたので写真はなし。
b0144082_828162.jpg

ソフトクリームを食べながらしばし雑談、次は食事するところを目指します。
あらかじめ目星をつけておいたのはK11で定峰峠に戻る途中にある「鬼うどん」。この日が定休日ではないのは確認済みですが、盆休み真っ只中営業しているのか?半信半疑でペダルをこぎ進みます。

とりあえず今日はこのあたりまで。続きは例によって写真激減の後編へ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-08-15 08:35 | 自転車 | Comments(2)

短い距離にテンコ盛り<後編>

一昨日で今年も半分終わりです。歳をとる毎に時間が経つスピードがどんどん速くなりますねえ。小学生だった頃は人生の1/10くらいあった1年間が今やたったの(約)1/50ですから、まあ仕方ないことです。

6月は週末ごとに雨に祟られたこともあり全く走行距離が伸びず、わずか285kmでした。確認したところ一昨年の年末にクロスバイクに乗り始めて、年明けの昨年1月に290㎞走ったのが今までの月間最低走行距離でした。ハイ、最低記録更新です。
一応当初の目標だった年間5000kmペースは維持していますが、それはまだクロスバイクだった時の数字なので、ここで上方修正して6000kmを年間走行距離の目標としておきます。今のところ2800km台なので後半は前半よりたくさん走らなきゃなりませんね。ガンバリましょう!

さて、昨日の続きです。
プチデビルさんのツイートにより皆さんが堂平山にいると確信し、自分も峠からさらに上って行きます。この先は斜度もゆるく距離も2㎞くらいでしょうか、天文台に辿りつくとやっぱり皆さん休憩中でした。この時は聞かなかったのですが、皆さんのブログによると「埼玉のラルプ・デュエズ」を上ってから来たそうで、こちらの出発が遅くなったのと併せてタイミングが合ったのはラッキーでした。

・・・・とここで写真がないのが間抜けなところですが、プチデビルさん、Yabooさん24WEさんけろさんsepaさん、そして初めましてのぽじさんとyanazyさんです。
そして、ここからはしばらくご一緒させてもらうことにしました。自分で走ろうと思っていたコースもいいんですが、こうやって仲間の皆さんと走るチャンスを逃すことは出来ません。雨もすっかり上がって、午後からの予報はともかくとりあえずはいい天気になって雨中走行の心配もないようです。

まずは定峰峠まで下りて行き、そこでまた小休憩。
みんなのバイク(+知らない誰かのバイク)
b0144082_1373322.jpg


24WEさんは午後から所用のためここで離脱とのこと。下りの5㎞くらいだけしか走れませんでしたが、また一緒に走りましょう!

一行はさらに西に下って秩父市を目指します。途中の撮影ポイントで写真を撮る人たちもいましたが、先頭のYabooさんに続いて自分はそのまま下りて行きました。この日はさすがにこんな天気なので他に走っている人にはほとんど会いませんでしたが、一人上ってくるローディがいてこんにちは~と挨拶を交わしました。
平地に降りて撮影で停まった後続の方も合流しましたが、何人かが遅れているようです。プチデビルさんによるとsepaさんがパンクしたらしいとのこと。昼食は行列ができる店を予定しているので、そこで再合流することにして先を急ぎました。

目的地は秩父市内の「野さか」豚みそ丼で有名な店です。
b0144082_1371591.jpg

自分はもちろん初めてですが、色々なブログ等で名前は知っていました。土日は11:30開店、我々が着いたのが10時50分頃だったでしょうか?駐車場はほとんど埋まっていてみんな車の中で待機しています。
野さかの店先からは武甲山がよく見えます。
b0144082_1382725.jpg


やがてsepaさん達も修理を終えてやって来ましたが、人数が一人増えています。先ほどすれ違ったローディが仲間のUrさんだったそうです。Urさんも私は初めましてですが、上りを平地のように走るメチャ速の若者として名前はかねがね聞いていました。ハルヒルでは足が攣って45分台だったという、異次元のクライマーです。
順番待ちに記入して雑談しているうちにやっと開店時間になり、一番に入って食券で注文しました。
下ごしらえはすっかりできていたのでしょう、ファーストフードか?と思えるほどの速さで出てきておいしくいただきました。
b0144082_1394120.jpg

デカ盛りではない、とのことでしたが用心して普通盛りにしたらちょっと量が足りなかったですね。肉の量はそのままでご飯1.5倍くらいが自分にはちょうどいいかも。

後ろに順番待ちのお客さんがたくさんいるので食ベ終わると余韻もなくすぐに店を出ました。向かいのコンビニでデザートタイムです。自分は定番ガリガリ君の梨味でした。
b0144082_1402255.jpg


腹が落ち着いたところで来た道を戻り、林道定峰線を上ります。ここ最近ではすっかりおなじみになったこの道、苦しいけど楽しい上り甲斐のある林道です。

b0144082_1404039.jpg

前を行くプチデビルさんとぽじさん。
上りきるとさっき一人で通った高篠峠です。
b0144082_141112.jpg

皆さんはここから小川町まで下って戻り、ガストでお茶の予定。そこまで一緒に行きたかったのですが、天気が崩れる予報なのでここから戻った方が良さそうでした。
というわけでまた中途半端ながらここで離脱です。
短い距離・時間でしたが集団走行で自転車仲間と走り、食べることが出来て本当に楽しい時間でした。皆さん、ぜひまたよろしくお願いします。

ここからはまた単独走となり、朝走った道を逆に辿ります。
b0144082_1413567.jpg

元考えていたコースは刈場坂線を下りて正丸峠から天目指峠を上ってみるつもりでしたが、天気のことを考えるとさすがにそれは危険です。でも来た道(GL)をただ戻るだけでは面白くないので、これも予定していた猿岩線を下って笹郷線を上りGLに復帰する道を行くことにしました。どちらも初めて走る道で、高低差はぐっと大きくなりますが距離的にはGLをそのまま行くのとそれほど変わりません。

b0144082_142060.jpg

猿岩線との分岐。3時間ほど前の野さかでは青空のいい天気だったのに、この時点では完全な曇天、しかも雲はちょっと怪しい感じで黒く立ち込めています。大丈夫かな?と思いはしたのですが、まあ何とかなるでしょ、と猿岩線を下って行きました。猿岩線の上りはキツい、というのはYabooさんから聞いたりしていたのですが下ってみて納得、これを上るのは脚が残っている時じゃないと相当辛いだろうなあと思いながら進みました。

b0144082_1423773.jpg

下り切って黒山三滝への入口、時間のある時にちゃんと滝まで行ってみましょう。
この分岐から笹郷線をGLへ戻ろうとまだ平地を走っている時に、ポツ、ポツ・・・来たと思ったら一気に土砂降りです!これ50%の確率で降る雨じゃないだろ、と思いながら全力ダッシュで雨宿りできるところを探しながら走りました(不安定で局地的に強く降る、とか言っていたからしっかり予報通りなんですけどね)。で、運のいいことに一応雨をしのげそうな場所を発見、ここでしばらく様子見です。
b0144082_142549.jpg

路面を叩く雨の様子がこの写真でわかって頂けるでしょうか?こんな雨が40~50分くらい振り続けました。目の前の道は交通量も少なく、雨宿りの間に数台しか車は通らなかったけど、一人だけGLから下りてきたローディがこの土砂降りの中をばびゅーん!て走って行きましたね。もうヤケクソな感じでした。多分ジャージ姿でレインウェアも着てなかったはず。
一方自分が雨宿りしているところはこんな感じ。
b0144082_143597.jpg

はるか上方に数10cmの庇が出ているだけなので、壁にピタっ!と張り付いていないと濡れてしまいます。風向きによっては完全に雨掛りです。壁の下の方は濡れてるでしょ?

数十分の雨宿りでしたが、やがて少し小降りになってきたので意を決して走り始めました。ポツっと来た時点で前日届いたばかりの防水ジャケットを着ていましたが、その実力を試す時が早速やって来ました。
で、走り始めてわかったのですが雨は思ったよりずっと小降りになっていました。道の脇を川が流れていて、その音に惑わされていたのです。
b0144082_1433972.jpg

そうはいっても降ってることは降っていて、濡れながら上りGLとの合流地点までたどり着きました。この笹郷線の上りはそれほどキツくなかった印象。

ここで初の雨中走行の感想をいくつか備忘録として。

・ブレーキが効かない。
効かないとは聞いていたけどホントに効かなかったですね。評判のいい6800アルテグラのブレーキでもこんなになってしまうなんて。下りは下ハンでがっちりブレーキレバーを握りながら20㎞/hもいかないくらいでゆっくり下りました。

・防水ジャケット
dhbの安物ですが、まあ役には立ったと思います。そもそもwater proofとは書いてあったけど、レインウェアと言っていいのか、ちょっとした防水(撥水?)加工がしてあるウインドブレーカーなのか、位置付けがよくわかりません。パールイズミのレインウェアあたりと比べたらどうなんでしょうねえ。こんなの着て上ったら蒸れ蒸れで暑くてしょうがないだろ、と思ったけど意外にそうでもありませんでした。

・メガネ
実は雨中走行で一番心配だったのがこれ、雨でメガネが濡れて視界が遮られてとても走れないんじゃないの?と危惧していました。実際にはサイクリングキャップをかぶっていたのでその鍔が効いて、ほとんど影響はありませんでした。平地で30㎞/hくらい出したらどうだかわからないけど、キャップさえかぶっていれば20㎞/hくらいだったら全く問題ないですね。

後は靴や靴下がハデに汚れるとか、自転車も同じく汚れるとか、サドルバッグもウエストバッグもとにかく汚れて後始末が大変。


権現堂線をそんな雨中走行でアップダウンしてやっと鎌北湖まで戻ってきました。この時にはすっかり雨は上がって陽も射していましたかね。
b0144082_14417100.jpg


こんなわけで、距離は90㎞あまりと短かったのですが単独走→集団走行→雨中走行と色々なシチュエーションがあり昼食はグルメも楽しめ、獲得標高が2400m超で上昇率も2.5%を超えるなどなかなか密度の濃い楽しいライドとなったのでした。
b0144082_1443741.jpg


次の週末も雨の予報、さてどうしようかな。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-07-03 01:50 | 自転車 | Comments(3)

短い距離にテンコ盛り<前編>

相変わらず梅雨らしいはっきりしない日々が続いています。
この週末も土日ともにパッとしない天気でしたが、日曜日にその間隙を縫って(いや実は縫いきれなかったのですが)走って参りました。

最近作ったルートに、鎌北湖から定峰峠までグリーンラインを縦走、その後グリーンラインの周りを下りたり上ったりしながら鎌北湖まで戻ってくる、という車載前提のコースがありました。自走でもいいんですけど体力もさることながら往復の時間がもったいないかなあ、ということで。
これをたどってみようかと思ったんですが、一週間やきもきしながら見続けた天気予報は前日夜の時点で午前30%、午後50%。実に微妙です。
で、まあ走り始めて雨が降ってきたら撤収しようかな、と。車載で鎌北湖まで行っていれば戻るのも楽ですから。
てなことを考えていたのですが、前日からの600kmブルべを悪天候でDNSしたプチデビルさん達がそのうっ憤晴らしライドを企画されているとのこと。みちの駅おがわまちに7時集合で白石峠(+堂平山)~秩父~林道定峰線というルート。これもまた魅力的です。

しかし!最大の問題点はレインウェアを持っていないということ。前週にwiggleでポチったdhbの防水ジャケットはまだ届いていません。届いてもどのくらいの雨に通用するのか、試してみないとわからないし。ということで、

・近くを走るのでもしかしたら会えるかも?
・家に帰って防水ジャケットが届いていたらドタ参するかも?

といった意味のことを土曜夜に仕事場からからツイートしました。
そして夜遅く帰宅してみると、おお見事なタイミングでwiggleの荷物が届いているではないですか!
キター!!これはおがわまち集合で決まりだな!と思ったのですがすでに0時近い時間だったので参加のツイートは翌朝でいいや、とそそくさと寝床に入ったのでした。

そして翌朝4時に目が覚めてみると・・・結構な雨降りです。心が折れました。ツイッターのTLを見ると参加の皆さん、とりあえずは行ってみる、という感じでそれぞれ出発しています。アメッシュで雨の降り具合を見ても簡単にやみそうには見えません。
うーん、どうしよう。
どのくらい雨を凌げるか未知数の防水ジャケットで、何より雨中走行の経験もなし。ちょっと怖いです。これで皆さんと一緒に走るのはやっぱりつらいなあ、などと思っているとTLでウィンブルドンで錦織がまだ試合をしていることがわかりました。
TVをつけてみると第5セットで2-2。これ見てそのままW杯のコロンビアvsウルグアイに突入する、ってのも魅力的!こんな雨だしやっぱり今日も走れずじまいでしょうがないかな・・・などと思いすっかり軟弱な方に心を傾けていたら、錦織の試合は3-3になったところで日没サスペンデッドで中断となってしまいました(笑)。
これはやっぱりとっとと出かけろ、っちゅうことかと思い直し、当初の予定より30分遅れくらいで家を出ました。前日の午前中に自転車はクルマに載せてあったし、着替えを始めとする荷物も準備はしてあったので、出ると決めればさっさと出られます。

で、向かった先はやっぱり鎌北湖。ブルべをDNSしたプチデビルさん、sepaさんの他に参加されるのもブルべやロングライドの経験が豊富な方ばかりのようで、その中で貧弱な雨対策で初の雨中走行はやっぱり無理!という結論です。
下道で大泉~清瀬~所沢~入間と抜けて鎌北湖に到着。出撃準備完了です。
b0144082_1485789.jpg


この時点で7時半。雨は完全に上がり、ごくわずかですが青空が見えているところもありました。
で権現堂線からグリーンラインに入りますが、最初の上りが8~10%くらいでしょうか、いきなり息が上がります。全くのウォーミングアップなしでこの勾配はハルヒルのスタート直後なんかよりよっぽどツラいです。だたまあ今回は競争しているわけじゃないので、ツラいなりにその分ゆっくり上るので何とかなります。
大雨が降った後なのでガスっていたり
b0144082_1492955.jpg


落石や折れた枝で路面状況が悪い上にこんなところもあったり
b0144082_1494221.jpg


ですが、晴れ間が見えることもありました。
b0144082_1501180.jpg


着実に高度を上げつつ順調に進んで行きました。
北向地蔵
b0144082_151887.jpg


笹郷線との分岐(一本杉峠?)
b0144082_1512198.jpg


傘杉峠
b0144082_1582212.jpg


顔振峠
b0144082_1514963.jpg


ぶな峠
b0144082_152106.jpg


飯盛峠
b0144082_155012.jpg


刈場坂峠 悪天候の合間ですが軽トラ売店のギタリストおじさんが店の準備をしていました。
b0144082_1522323.jpg


大野峠
b0144082_152388.jpg


高篠峠
b0144082_1525161.jpg


で、白石峠までやってきました。
b0144082_153570.jpg


ここで小川町から走っている皆さんの動向がわかるかな?とツイッターを確認。9時20分くらいだったので、小川町7時出発だともう通り過ぎちゃってるだろうな・・・と思ったのですが、プチデビルさんの「白石峠アタック!」のツイートが47分前、と表示されました。ということはちょうど今頃天文台に着く頃のはず・・・と自分もそこから山頂をめざしました。

夜も遅いので続きは後編で。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-07-01 02:01 | 自転車 | Comments(0)

奥武蔵半ドンライド

「冷やし納豆うどんの大盛り下さい」
「はい、冷やし納豆の大盛りですね。うどん、そばどちらにします?」
「・・・うどんで。」
いや、何でもありません。

土曜日は昼から仕事に出る予定だったので午前中限定でYabooさんの奥武蔵ライドに参加してきました。
7時に日高のローソン集合でしたが、帰りを急ぐので飯能まで車載です。ちょっと早いだろうと思いつつ4時半過ぎに家を出たところ、東飯能駅近くのコインパーキングに6時前に到着、ゆっくり準備をして走り始めたのが6時丁度。K30で集合場所に向かいますが、さすがに早いのでそのまま通り過ぎてウォーミングアップ。6時半に戻って来られるように埼玉医大のちょっと手前まで行ってきました。で戻ってくると殆どの方が到着していました。
Yabooさんの他、プチデビルさん、柏餅さん、お初のCB山さん。朝飯を買ったりしている間にもう一人お初のよしぞ~さんも来られて全員集合です。プチデビルさんと柏餅さんは60㎞以上を自走で来られていました。頭が下がります。
b0144082_122434.jpg


談笑しつつ準備してほどなく出発、まずは桂木観音方面を目指します。エリア的には最近何回か走ったあたりですが、道自体は初めてなので例によってどこを走っているのかさっぱりわかりません。Yabooさんは走り慣れた様子で細い道も間違いなく先導してくれて車列はスムーズに進みます。
上りに入るとそれぞれ走りやすいスピードになるのでちょっとバラけますが、要所で進行方向を確認しつつ進みます。
b0144082_1222854.jpg

短い激坂を上りきって桂木観音に到着。5月に始めて来て以来もう3回目です。今回は天気が良かったので遠くにスカイツリーが見えていました。
b0144082_1225856.jpg

b0144082_1232243.jpg

景色を楽しみつつしばし休憩して出発、下っていきますがここでアクシデント、CB山さんがパンクです。大雨の後だったので路面がよくなかった(小石や枝が結構落ちていた)ので、何かを踏んでしまいリム打ちしてしまったらしいです。
b0144082_1234251.jpg

みんなで戻ってワイワイいいつつ修理完了、さてタイヤをフレームに戻して出発と思ったら・・・CB山さんが道を横切る排水溝のグレーチングの中を覗き込んでいます。なな何と!クイックのナットを落としてしまったとのこと。グレーチングはボルトでがっちり留められていて動きません。さてどうする・・・隙間から枝を突っ込んで挟んで持ち上げようとしたりしますが、なかなかうまくいきません。あれこれトライしているうちにデビさんが先が三つに割れている木の枝を探し出してきました。これが見事にハマり救出成功!いやあ、一時はどうなることかと思いましたが、これで再出発です。よかったよかった。

さらに梨花カントリー方面に向かい馬の横など通りながら走ります。
b0144082_1252529.jpg


しばらく進んだところで今度は柏餅さんがパンク!
やっぱり大雨の影響でしょうか、今度も落石か何かを踏んでリム打ちのようです。
b0144082_1255018.jpg

きれいな小川が横を流れるところでまたパンク修理→再出発。
梨花カントリーへと向かうコンクリート激坂(5月に初めて降りた時に上ってみたいと思ったところ)をえっちらおっちら上ってひと山越え、宿の交差点へ。tomoさんとは田中のファミマで合流の予定でしたが、ちょっと予定が押してしまったのでYabooさんが連絡を取って宿まで来てもらい、ここで合流。そのまま建具会館で給水休憩、さらに白石峠の登り口までひとっ走り。
b0144082_131660.jpg


ここで息を整え、峠は各自のペースで上ります。他の人たちは引き続き午後もずっと走り上りますが、自分はここを上ったら離脱なので全力アタック!を宣言します。そして三々五々上り始めましたが、この日はもう一つ、試しにリアを2速(25T)縛りにしてみました。別に深い意味はないけど、色々な走り方を試してみたかったのと、ある程度の勾配で2速でケイデンスを上げて走るのが気持ちいい、ていう感覚がつかめてきたから。この2速でそこそこのケイデンス(70くらいか?)で上れる勾配を少しずつ上げていけるといいんですけどね。
で、30分以上ヒイコラいいながら上って、今まで来た中で最もローディで混雑している峠に到着。タイムは・・・

37分11秒。

自己ベストを7秒更新(笑)、安定の37分台です。全力アタックでこれかよw進歩しないですねえ。当面の目標である35分切り、いつになるかわかりませんがまあ気長にトライしましょう。
b0144082_1315142.jpg


b0144082_1272237.jpg

やがて全員そろい、そのまま休憩&談笑。昼食をどこにするかなど相談しつつそろそろ行きますか、ということになり、残念ながらそこで自分は離脱です。
天気は最高にいいし、これから行く秩父以西は行ったことがないエリアなので本当にもったいないのですが、ここで皆さんにサヨナラして上ってきた道をそのまま下り、田中からK30を一路南に下って東飯能のコインパーキングに帰着しました。
b0144082_1281784.jpg


b0144082_9501963.jpg


途中山田うどんで冷やし納豆うどん(大)を食べたりしながら下道で仕事場へ。当初の予定よりはかなり遅くなってしまいましたが、その日のうちにやらなきゃならない仕事をこなして23時頃に帰宅したのでした。
まあ、半日ではありましたが何とかやりくりして皆さんとライドを楽しめたのは、また今後の時間の使い方のバリエーションを拡げられたという意味でもよかったでしょう。一日走れるに越したことはないですけどね。
白石峠以降の様子については皆さんのブログで展開されるでしょうから、それを楽しみにしたいと思います。色々と面白いこともあったようなので。

日曜日は朝からサッカー三昧、イタリアvsイングランドと日本vsコートジボワールを連続観戦。
その後数週間前に買ってあった洗浄ツールでチェーンを掃除、昼食後に荒川、彩湖で50kmほど走ってきました。南風が結構強かったので北上した前半は35~40km/hで巡航、帰りは一転して向い風で25~30km/hとなりましたが、下ハンでできるだけ長く走る練習と思って何とか漕ぎ続けました。
このライドは帰宅後にガーミンの操作を誤ってログを消去してしまい、まあいいや自分で作ればと思ってルートラボを引いたのですが、そのデータをガーミンコネクトに取り込もうとするとエラーになってしまいます。50㎞と短くて面白いルートでもないから別にいいんだけど、ちょっと気持ち悪いので試行錯誤して原因を探る予定。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-06-18 01:32 | 自転車 | Comments(0)

初の200km越えは初の3000m越え・・・か?(後半)

GWも終わり、7時間後には出勤を控えております(笑)。
4連休初日の奥武蔵ライド、その後半レポートです。
最初のヒルクライムは山伏峠、途中キツいところもありますが、それなりの斜度でした。
b0144082_024227.jpg

自分が最後にたどり着いたあと、ひとしきりお話をしてタイムスケジュール通りに正丸峠を目指します。R299側からとはちがってこちらからはアップダウンで尾根伝いって感じでしたでしょうか。
b0144082_0243440.jpg

そこから路面の悪い下りを慎重に走って刈場坂峠の登り口へ。この先刈場坂線は白石峠リベンジを果たした時に下りで砂利だまりに突っ込んでパンクしたところですが、登るのは初めてです。
「遅い人から先に行きまーす」って自分が先陣をきって登り始めますが、1kmか1.5kmくらい行ったところであゆさんにあっさり抜かれます。あゆさん速い!
その後24WEさんにも抜かれ、Yabooさんに抜かされる寸前で峠に到着。ここはそんなにきつい斜度がなく、インナーローでクルクル廻せるくらいの気持ちいい登りでした。
b0144082_032273.jpg

b0144082_0324184.jpg

看板が新しくなってから来たのは始めてかな。
ここで早くもボトルの残量が怪しくなってきたので出店でスポーツドリンクを補給。
歓談しつつ一休みしたところでスケジュール通りに大野峠・高篠峠・白石峠を経由して定峰峠へ。このルートはグリーンラインっていうんですかね。
b0144082_0342831.jpg

ここでも一休み、また予定通りに東秩父方面へ下ります。ダウンヒルから下り基調の平地走行になり、ふれあい牧場への道(二本木峠)を左折。
ここはキツかったですね。以前反対側の粥仁田峠を登ったときもかなりのものでしたが、山の斜面自体がどちら向きにもきついのでしょう。
b0144082_0442537.jpg

例によって最後に到着したあと、ソフトクリームを食べにもーもーハウスへ、そこでジェラートをいただきました。GWで家族連れの観光客多数、天気も眺めもよく最高のロケーションでした。
b0144082_0464047.jpg

その後牛乳も飲んでリフレッシュ、西側に下って定峰林道入口を目指します。
がしかし・・・リフレッシュしたはずですがここまでの行程で既に脚は売り切れ寸前、というか売り切れてました。下りはまあ何とかなるものの、栃谷の交差点で小休止したあとの平地走行は既に着いていけなくなり、千切れてしまいます。
b0144082_0503078.jpg

林道入口に着いた時点でもうボロボロ、この先高篠峠まで登れるのか、Yabooさんによると確か平均10%以上、距離も5km程度とのことだったと思いますが、とても登れる気がしません。
うーん、ここでDNFか、とも思いましたが気を取り直して最後尾からゆっくりゆっくり登り始めます。かなり登った辺りでもうそろそろか、と希望的観測を胸に上を見上げてみると遥か上方にガードレールが見えて心が折れかけたりしましたが、息も絶え絶えに高篠峠にたどり着きました。
b0144082_057295.jpg

一応ここまではスケジュール通りに推移していたので歓談しつつ休憩、また少し息を吹き返しました。
休憩後は昼食をめざして東側に下ります。白石峠登り口までの道は程よい斜度ですごく気持ちよく走れることを知りました。
昼食は宿の交差点に程近いうどん屋。
いつも前を通っていましたが、構えが立派で広間に卓が並ぶ親しみやすい雰囲気、お値段も普通です。
山菜系の天ぷらが美味、うどんもこしがあってイケました。
b0144082_115083.jpg

食後もちょっと長めに休憩して完全にリフレッシュ(したつもり)、ここから先は斜度はともかく短めの坂だけということで少し気が楽になります。
再出発後はいろいろなブログでよく目にする梨花カントリークラブへと登ります。
キツーい坂をクラブハウスまで登ってみると、これ磯崎新設計の「武蔵丘陵カントリークラブ」ですね。昔建築雑誌で見てました・・・ってことを心に思いつつ必死になって皆さんについていきます。
そこからまた下り(この下りがコンクリート舗装で逆向きはかなりなモノだと思いました、そのうち登ってみたいです)、また平地走行で千切れそうになりながら最後の登りを桂木観音へと漕いで行きます。
最後の最後にコンクリートの激坂をこなした先にはまた素晴らしい場所が待っていました。
b0144082_1112138.jpg
b0144082_1111440.jpg

写真ではなかなかその良さが伝わりませんが・・・・

本来の予定ではこの先がまだありましたが時間の関係もありこのあとは帰路につくことになりました。
下って東に進み、毛呂のあたりであゆさんがご自宅への別ルートへ。
南に下って宮沢湖隣のコンビニで最後の休憩、湖の駐車場まで車載の24WEさんとはここでお別れ。
この先はちょっとYabooさんのペースについていくのも辛そうなのでは単独走、ということにさせてもらおうかと思いましたが、ここまでよりはゆっくり目に走るということなのでお言葉に甘えて所沢までご一緒させてもらう、というか牽いていただくことに。

で所沢でYabooさんともお別れ、所沢街道~青梅街道で一路帰宅しました。
全行程202kmはやっと初の200km越え、獲得標高は2921mでした。昼食時に誤ってガーミンのログをいったん保存して2分割になってしまったのでデータはひとまず上記だけ。

激しく疲れましたが充実した楽しいライドで、色々な意味で今後の糧になると思います。
ご一緒頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
それにしてもYabooさんのコースは噂に違わぬハードさでしたが、これでも自走の往復を含めて3000m以下です。5000mとか6000mとかとても考えられません(笑)!

ちなみに帰宅して着替える時に体重計に乗ってみたら学生の時より軽くなっていてびっくりです。
その後かなり元の数字に近くなりましたが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-05-07 01:31 | 自転車 | Comments(0)

初の200km越えは初の3000m越え・・・か?(前半)

GW後半の4連休も折り返しです。
家族との予定もなく(もはやそれぞれに忙しくてそれどころではない)2日間自転車三昧してしまったので、何回かに分けてその記録を。

前回エントリーで書いたように3日(土)はハルヒル試走に出かけて時間と気力によっては2回登ってしまおうか、などと目論んでいたのですが、以前よりブログを愛読させてもらっていたYabooさんが奥武蔵での超絶(自分にとっては。Yabooさんにとっては至って普通らしいですw)ライドを予定されているとのこと。
かねてより軽めのライドでご一緒させてもらいたいと思っていて何回かコメントもしてましたが、決して軽めではないもののこのタイミングを逃すと次はいつになるか分からないと思って我とわが身を省みずに参加させてもらいました。ハルヒル試走は今日(もう昨日ですが)行ってきたのでそれはまた改めて。

参加はYabooさんの他に24WEさんあゆさん
事前にブログにてそれぞれのプロフィールや走りっぷり等拝見させていただきましたが、百戦錬磨(?)のつわものばかりです。
初めての集団走行の時もだいぶビビリましたが、今回もそれ以上にビビリまくりです。前の晩には本気でやっぱりキャンセルしようかと思いました・・・

当日はセブンイレブンの飯能永田店に8時集合。飯能は白石峠に行ったときに何回か通って大体分かったいたので、自走で行ってみることに。丁度40kmなのでグロス20km/h+何かあったときのマージン30分として5時半に出発。GW初日とはいえさすがにこの時間だと空いていたのとトラブル・アクシデントは何もなかったのとで7時20分くらいには着いてしまいました。近くまで車載の24WEさんは既に来られていて、ご挨拶と歓談。やがてあゆさんとYabooさんも来られてそれぞれご挨拶、全員集合です。


b0144082_21513100.jpg

Yabooさんのリドレー。シクロクロスにロードのタイヤを履かせていますが、フレームサイズがデカくディスクブレーキで何ともいえないカッコよさです。

b0144082_1183637.jpg

24WEさんのこれもリドレー。カラーリングのデザイン、Di2アルテグラ(最近換装されたそうです)はYabooさんのバイクと同じですがこちらはロードバイク、Yabooさんのとはちょっと違ったカッコよさです。

b0144082_1203162.jpg

あゆさんのピナレロ・パリ。白のフレームに鮮やかな青のバーテープが印象的です。ちょっと持たせてもらいましたが軽い!

いろいろと雑談しているうちに出発予定時刻となり、出発。Yabooさん、あゆさん、自分、24WEさんの順にトレインを組んで進みます。
えーと、これ初っ端からキツかったです。30~35km/hで推移、普段このくらいで走ることもよくあるんですが、川沿いで微妙に登り基調なのとやっぱり自分のペースで走れないのがつらい。ひとりなら辛くなれば自然にペースを落としてしまいますからね。だんだんアップアップになってきて、しかもあろうことか右のふくらはぎが攣りそうになってきました。ふくらはぎが攣りそうなんて去年の7月に初尾根幹を走り土曜出勤前100kmライド(午前中に出社)をした時以来かな。きっとどこか力の入れ方が間違っているんでしょうから、追々勉強してみます。

やがて山伏峠のぼり口についてトイレで小休憩。
b0144082_1395924.jpg


ここからはそれぞれのペースで、ということで登り始めました。
あゆさんが凄いペースであっという間に見えなくなってしまいました。事前にブログで白石峠を28分台で登られることは知っていたのですが、それにしても凄いです。
当然自分は途中から最後尾の一人旅になるのですが、まあ何とか山伏峠に到着。
b0144082_1443871.jpg


まだ序盤ですが、平日と同じように深夜となってしまったので今日はこの辺にしときます。
行程が進むにつれて気力体力が尽き記憶があいまいになって書けることも限られてきますので(笑)、この辺が記事としての半分としていいでしょう。
それではまた。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-05-05 01:54 | 自転車 | Comments(2)

那珂湊海鮮ランチライド!はトホホを含みつつ・・・その2

木曜の夜からまた出張、飛行機の中で書いています。とりあえず文章だけ作ってホテルで写真と合わせてアップですかね。

2回落車したところからの続きです。
ほどなく次の休憩地点となるコンビニがあるのでそこまで行きましょう、ということでコンビニまで走る間にまた前後色々変速してコンポには問題がないことを確認。
コンビニではハンドルのバーテープがザックリ削られてハンドルまで傷ついているのを確認、また少し凹みます。
幸い体へのダメージはほとんど感じなかったので、シリアルバーだったかを補給してまた出発、次のストップはランチの目的地です。
その後のトレインは順調に進み、大洗の海岸沿いを走って那珂湊へ、お魚市場に到着です。初めて来ましたが(そもそもこのあたり一帯どこにも来たことがない)、昼前から凄い賑わいです。
b0144082_23325819.jpg

うまそうな海の幸があれこれ並び、お土産用からその場で食べるものまでずらり。
そんな中、11時頃とちょっと早いですが昼食。あまり迷わず目の前の店にみんなでin。
b0144082_23232291.jpg

こんなのを頂きました。人気№1の五福海鮮丼にしらすをトッピングして同じお値段、今週のおすすめ丼です。量は少なめですがとても美味しくいただきました。

店を出た後は少なめだった分を海の幸の買い食いで穴埋めか?と思いつつあれこれ冷かしながら歩きますが何となく誰も手を出さず、甘いものが食べたいということになりそのままお魚市場をでました。
ほどなく入った最初のコンビニは平磯海水浴場の横、ここでデザート系のスイーツを買ってみんなパクパク。この日は予想最高気温が12度とかなり寒かったんですが、kuruseさんは休憩の度アイスを食べていてみんなびっくりです。若いってスゴいですね。

その後はそのまま阿字ヶ浦まで北上してぐるりとまわり帰路につきます。
この日の道中はaraitaさんがひたすら牽き続けます。ほんとにおつかれさまでした。
涸沼のほとりでもトイレ休憩、公園の駐車場ですが誰もいません。ここでも自転車ネタを中心に雑談に花が咲きます。
左から2番目がkuruseさんのクロモリ+ディスクブレーキ。この写真じゃよくわからないですねw
b0144082_23243491.jpg

b0144082_23244741.jpg

そんな中でもブロガーのプチデビルさんは撮影に余念がありません。
b0144082_2325537.jpg

今回プチデビルさんの後ろを走ることがなかったので、走りながらどのくらい撮影しているのかわかりませんでしたが、後でブログを拝見すると「こんなところでも撮っていたのか!」と驚かされます。いやあ、とても真似できません。いつも文章中心のブログになってしまいますね。

その後はまた霞ヶ浦のほとりを走ったりしながら土浦に帰還、予定通りおはしガストで最後のお茶の時間となりました。店の前で出迎えてくれる人がいると思ったら皆さんのブログでよく名前をお見かけする柏餅さん、かすみがうらマラソンを約4時間半のタイムで完走だそうです。20㎏減量の余地がある、というカラダですごいです。
b0144082_23253238.jpg

こんなのを頂きました。

1時間ほど談笑して店を出て、店の前で解散。自走のaraitaさん、プチデビルさん、kuruseさんと車の柏餅さんとはここでお別れ、残りの車載組はすぐ近くのレストハウス駐車場までサクッと走って到着、皆さん後片付けして三々五々帰って行かれました。
帰りは常磐道が渋滞60分とか出てたので少し下道を走って時間がかかりましたが無事帰宅。

この日の行程
b0144082_23254526.jpg


沢山の仲間と知り合うことができ、それ以外にも得ることが多い楽しいライドでした。ご一緒頂いたみなさん、それぞれのブログとかSNSとかで同じこと言いまくっていますが本当にありがとうございました。

次の週末からは飛び飛びながらなんとなくGW。その後に控えるハルヒルを見据えて泥縄ヒルクライムトレーニング週間にしたいものです。
どこかで榛名山試走は必須として、それ以外にも行ったことのない奥多摩とか和田峠とか、その辺りを1回は走っておきたいですね。うーん、時間あるのかな?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-04-24 23:34 | 自転車 | Comments(4)

那珂湊海鮮ランチライド!はトホホを含みつつ・・・その1

昨日は茨城ライドで4時半起き、今日は羽田6時40分発の出張で4時起き、毎朝早くて眠いです。

araitaさん主催の那珂湊海鮮ランチ堪能ライド、嬉しいことに自分が乗れる日曜の開催だったので喜々として参加して参りました。

集合は霞ケ浦総合公園レストハウス駐車場に7時。距離は80㎞ほどありますが家からだと行程の殆どを高速で行けるので逆算して5時半に出発。家をでて数百m走ったところで持ったはずのボトルがないことに気づいてUターン。家に帰ってみると居間に転がってました。

5分のロスの後、気を取り直して再スタート。その後は順調に進み、桜土浦を降りてしばらく進んだところでローディを一人追い抜き(araitaさんかな?)と思いつつ6時40分頃駐車場に到着。既に5~6人の方が到着して準備をされていました。
ほどなく自走で到着したaraitaさん、やはり先ほどのローディでした。こっちが右車線を走っていたのとaraitaさんがマスクをされていたのでよくわからなかったんですよね。

この日の参加は主催araitaさん、先日もご一緒させてもらったZENさん、ただのオヤジさん、有名ブロガーのプチデビルさん、皆さんのブログでお名前をいつも見ているかじさんT.Aさん、shironagoさん、tomoさん、そして最後に登場したのはこの日が初参加というkuruseさん、なんとお父さんがZENさんと同い年という若者です。

時間通りに全員集合、araita校長の短いブリーフィングの後スタート。この日はかすみがうらマラソンと被っていて、市内はなんとなくワサワサした感じ。それも間もなく抜けて順調に走り、まずは道の駅たまつくりで休憩。
b0144082_055458.jpg

ずらりと並んだロードバイク。この日は8台のカーボンと1台のクロモリ(kuruseさん)と1台のアルミ(自分)でした。話題の中心はkuruseさんのFUJI、クロモリ+ディスクブレーキで異彩を放っています。写真は・・・他の方々のブログで必ず見られるはず。すいません、単独では撮ってませんでした・・・

そこからまた北に進みますが、途中のちょっとした上り坂で・・・

落車してしまいました。

前を走っているZENさんとの距離と速度を見誤ったというか何というか、ZENさんの後輪と自分の前輪が重なっている状態なのになぜか体重が右(自分が左にいた)にかかってしまい、やべ!と思った時にはもう立て直せず、完全にハスってこけました。すいませんZENさん、ご迷惑をおかけしました。被害は右のグローブの手のひら中央に穴(写真撮り忘れた)、右のSTIレバーにちょっとだけ傷、チェーンが落ちたのを直して走り出し、一通り変速してみたけど一応問題なし。

完全な自分のミスで初落車、ちょっと凹んだけどまあ被害は極小だったので気を取り直してさらに北に進みます。次の休憩間近のところまで順調に走っていたのですがなんとなんと・・・

2回目の落車ですorz

そのあたりだけ路面がすごく荒れてたんですが(ハンドサインも出したりしてたんだっけ?)、前走の人に近すぎたのか、よく覚えていないけどギャップを避けたら次に現れた穴に前輪がずっぽりハマり、気がついたときには車体が跳ね上がって完全にコントロール不能になり、結構派手にすッ転びました。
左の腰とか肘とかを打ちつけ、顔面もどこかにぶつけたのかメガネが曲がってちゃんと見えない。これが一番のダメージか。無理やりあれこれ曲げ直して何としちゃいましたけど。自転車の方は1回目の落車よりダメージ大。左のSTIレバーに派手に傷がつき、ハンドルテープがハンドルまで削れました。サドルも少し傷ついてましたね。皆さんに助けてもらいつつまた落ちたチェーンを直し、曲がったサドルを直し、再々スタート。

家に帰ってから撮った写真。
b0144082_061146.jpg

はァ・・・。まあしょうがないですね、自業自得というか危険回避の能力不足です。路面状況が悪い時にはそれを把握できるようにある程度車間を開けるとか、もう少し走りようはあったでしょう。単独事故でなおかつ大怪我とか走行不能な車体トラブルとかなくてよかったです。この日初てお会いした人たちには5㎞か10㎞の間に2回も落車したアホなやつ・・・と覚えがよくなったものとポジティブに捉えましょう(笑)

うーん、出張先の夜長に1回のエントリーで完結させようと思ったんだけど眠くなっちゃったんで次回に続きます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-04-22 00:09 | 自転車 | Comments(8)

初めての集団走行は房総ライド!(後編)

えー、それでは前回の続きを。

鬼太郎ツリーハウスを出た一行はさらに南下します。
途中月崎なる無人駅で「ここから先は何もないから」ということで小休止、トイレだけ済ませます。小さい駅の横には梅の花が咲いていてなかなかフォトジェニック、撮り鉄と思しきアマチュアカメラマンが数人うろうろしています。しかしここでも写真はありません(笑)。
自分も一応写真が趣味ではありますが、前にも書いたけど自転車に乗ってしかもコンパクトカメラしか持っていないとどうも写真を撮ろう、っていう気持ちが全くなくなっちゃうんですよね。自分のためにもブログのためにもも少し撮るよう心がけましょう。

月崎駅を出てしばらく行き、左折したところでZENさんから「ここからはそれぞれのペースで」とのこと、ああここから山なんだなとわかります。事前に大福山、亀山湖あたりっていうのだけは知っていたので、これが大福山か、と。しかし、この山がどのくらいの高さと勾配なのか、この山の後で100㎞走るのか200㎞走るのか、自分はまるで知りません(笑)。さあどのくらいのペースで上ったものか、考えるまでもなくまるでわからないまま上り始めます。4人それぞれのペースで上り始め、やがて行くと一部下りもあってなかなか楽しめるコースでした。標高もそれほどでなく後で地図で見たら山自体の標高が292m、ふもとから最高到達地点の標高差はどれほどかわかりませんが、楽しく上るには丁度いい、自分ちのそばにこういうのが2~3個あるといいトレーニングになるのに、といった感じの山でした。

次の目的地は亀山湖、ZENさんが事前に調べてくれていた蕎麦屋にたどり着いたのが12時半。朝スタート時に「昼は12時半くらいかな~」と言っていた正にその通り、素晴らしいプランニングです!
ここでは全員が鴨の麺、他の3人が鴨蕎麦で自分だけ鴨うどんを頂きました。訊いてみると大盛はなしということで自動的に普通盛となったのですが、出てきたのを見て納得、最初から2人前とはいわないまでも1.5人前くらいの十分な分量です。いうまでもなく写真はありません(笑)。ただのオヤジさんが写真をこまめに撮っていたので間もなくブログにアップされるでしょう。
おっと、自分にも写真がありました。店を出て走り始める直前にやべ少しは写真も撮っておかなきゃ、とあわてて撮った店の外観です。
b0144082_1382484.jpg


ここまでの距離が約80㎞、ここからは北上して帰路となります。というのも帰ってからログを落として地図で確認してわかったことで、その時にはどこを目指しているのかさっぱりわかりませんでした(笑)。まずは食後のデザートをめざし、最初のコンビニかファミレスに入ろうということで走り始めますがなかなかありません。久留里まできてやっとセブンを発見、それぞれの補給品を買って外で食べながら談笑。
そのあとは黙々とひたすら北上。途中吹きっさらしの直線路で向かい風がキツいところでは危うくちぎられるかと思いましたが何とか踏みとどまりました。

b0144082_1392833.jpg

八幡宿近くのファミマで最後の休憩後、お子さんのお迎えがあるというただのオヤジさんとはお別れ、その辺りからはほぼ朝の道を逆に辿って道の駅やちよに戻ったのが17時40分頃だったでしょうか、全行程158㎞の房総ライドでした。
「房総職人」の異名をとるというZENさんは終始牽くと同時に、この広い範囲をまるで自分の家から半径300m圏内かのように迷いなく案内して頂き驚愕しました。
b0144082_140495.jpg


距離的にも自分の経験上2番目に長かったのですが、何といっても初の集団走行が今回のトピックでした。そういう意味でも記念すべきライドになりました。
他の人の走りを見ることができる、一人では行かないところへと行動範囲が広がる、食事が楽しい(一人だと大概コンビニで立ち食いですから)等々いい点がたくさんありました。他の方々の安全意識が高い点も参考になりました。
また、初めて走った房総は適度なアップダウンがありいい道を選んでいただいたためか信号やクルマも少なくとても走りやすかったですね。

世の中土曜日に走る人が多いようなので基本日曜しか休みでない自分には難しいところも多いのですが、これから少しずつでもチャンスを作っていきたいものです。
ご一緒頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

追記:
今回のライドでもう一つ嬉しかったのは膝痛が出なかったこと。前回痛くなって整骨院に行ってからストレッチを続けてきていい感じだったけど、その間100km超のライドもなかったので半信半疑でした。今回150km以上走って全く痛みも前兆もなかったのでひとまず完治と言っていいんじゃないでしょうか。ストレッチは引き続きやっていこうと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-03-20 01:47 | 自転車 | Comments(4)

初めての集団走行は房総ライド!(前編)

3/16(日)、丸一日走る時間をもらっていたこの日、前回エントリー最後に書いたように東京湾一周で初の200㎞超えをする予定でいたのですが、ここ数年来仕事でお世話になっているaraitaさんからお誘いいただき、房総ライドに行って参りましたのでその報告など。

事前の連絡を取りあっている中で、途中でちぎれた時のためにルートが決まっていれば入手しておきたいと訊いてみたのですが、臨機応変に走る予定とのこと。ううむ、自分の走力でついていけるのでしょうか?不安がよぎります。
当日は道の駅やちよに8時集合。丁度いい時間に着こうと思うと首都高の混雑が始まってしまう恐れあり、と思ったのでちょっと早めの6時に出たら7時過ぎには着いてしまいました。トイレに行ったり車の中で2度目の朝食(家で食パン一枚だけ食べた)を摂ったりしているうちに程よい時間になったので自転車を出してセッティング。心拍計を忘れたことに気づきましたが、走る分には全く問題ないので気にしない(走行中に心拍データをどう活かしていいのかまだわかっていませんw)。

準備ができて駐輪場あたりに行こうとしたところで丁度近くにaraitaさんがやってきて駐車。彼の準備を横で待って一緒に駐輪場に行くと、ご一緒頂くZENさん、ただのオヤジさんは既にいらっしゃってました。ここで紹介してもらって初めて同行される方がどなたか知ったわけですが、共にaraitaさんやその自転車仲間のブログでよく名前を拝見する方です。
皆さんの愛機はaraitaさん:COLNAGO CLX3.0、ZENさん:BMC(すいません、型番不明です)、ただのオヤジさん:TIME ZXRSと錚々たるラインナップです。特にただのオヤジさんのTIME、そもそもTIMEなんて縁遠い存在なのでグレードとかよく知らなかったのですが、帰ってから改めてHPで確認してびっくり、さらにカンパのレコードにレイノルズのカーボンディープリムホイールで、どうやら自分のCanyonを3台並べてもまだ買えないお値段のようです。あれ、4台でも買えないのかな?よくわかりません(笑)。
この時点で気後れ度メーターがmaxに達しますが、「今日はまったりサイクリングモードで」などと言っていただき「うんうん、それがいいですよ」と内心うなづきつつスタート。ZENさんが先頭を牽き、2番が自分、3番がaraitaさんで最後がただのオヤジさんという順でスタート。

走り始めてすぐに「しまった、もう一つ後ろがよかった」と思いましたが時すでに遅し。それはなぜかというとハンドサイン。最初は川沿いの道で狭く、車止めや歩行者も多いことからZENさんが次々と的確にハンドサインを出してくれますが、素早くそれと同じ動作をして後続に伝えることができません。その辺り3人目であれば前二人のシンクロ具合を見て学ぶことができたのですが、不慣れなものでついタイミングが遅くなったり出しそびれたりしがちに。減速や止まれのサインは片手でブレーキをかけながらになりますが、片手でのブレーキコントロールに慣れていないので、サインを出した手をすぐにまたハンドルに戻してしまいます。初心者の自分としては確実に止まることが優先なのでその辺はまあ大目に見てもらいましょう。次に集団で走る時にはもうちょっとうまくできるはず。

やがて車列は一般道に入り順調に進みますが、ペースは幸いにして自分にも無理なく着いていけるスピードで推移しています。
どこをどう走っているのか自分にはさっぱりわからないのですが、30数㎞走ったところで最初のトイレ休憩。自分はシリアルバー一本だけ補給。
そこからさらに進んで行き、途中でわき道へ。これはまたどこへ?と思ったら「鬼太郎ツリーハウス」なるところに到着。一般の民家が庭を公開して見晴台みたいなものを作ってあるのですが(その辺の写真はなし、まるでブログのことなんか考えていないw)、高台になっていて猛烈に景色がいいです。
b0144082_13636.jpg

見晴台に上ったりして景色を堪能したら長居をせず先を急ぎます。
次は大福山へ。
行程の半分も来ていませんが、もう遅いので続きは次回へ。ご覧の通り写真をろくに撮っていないので後半はすぐに終わってしまうかもしれません(笑)
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-03-18 01:41 | 自転車 | Comments(0)