L S C H

タグ:ファンライド ( 74 ) タグの人気記事

紅葉と極上の峠道に出会うライド<前編>

10/26(日)Yabooさんの企画に乗って柳沢峠~御坂峠~河口湖といったところを走ってきました。
当日は朝6時半に小作坂下のセブンに集合。事前にルートを確認すると37㎞あったので、20km/hと30分の余裕を見て4時過ぎに出発しました。
早朝につきそれなりのスピードで走れるはずなので、20km/hという速度設定自体にも余裕は含まれていたのですが、とにかく信号にひっかかるひっかかる。
かなり西の方に行くまでこの状況は変わらず、結局予定通りで6時頃にセブンに到着。
b0144082_2235928.jpg

朝食を摂って待っているとYabooさんが到着。それからしばらくして初めましてのぽっぽさんも来られました。この日のメンバーはこの3人です。
ぽっぽさんの愛車ニールプライド。初めて見ました。
b0144082_2241566.jpg

いわゆる「エアロフレーム」っていうんでしょうか、横から見ると厚くて上から見ると薄っぺらい造形が独特です。

Yabooさんのブログの参加コメントにツイッターで連絡を、とあったので仲間のアカウントのフォロワーからぽっぽさんのアカウントを探し出してとりあえずフォロー、最近のツイートをざっと読んでみました。赤城山を練習で1時間19分とあります。うーん、速い!ついていけるでしょうか?

Yabooさんのセクター号、写真は左サイドなのでわかりづらいですが、最近コンポ一式とホイールを一新して半新車状態です。
b0144082_2244165.jpg

この換装で”軽く”乗れるようになったとのこと。銀のフレームに黒の新コンポが渋くてカッコいい組み合わせですね。

少しお話をして、じゃ行きましょうと出発。一路西に向かいます。まずは吉野街道から古里でまたR411、このあたりでも一応(?)青梅街道っていうんですね。
天気がいいので写真を撮ったりしますが、山は一面緑色です。
b0144082_225119.jpg

30kmほど走って奥多摩湖。
b0144082_2251536.jpg

休憩を挟んでしばらく湖畔を走ります。
b0144082_2252987.jpg

あまり距離を走っていませんが、柳沢峠への上り口ということで「道の駅たばやま」でも休憩。
b0144082_7281092.jpg

b0144082_7282245.jpg

何か補給をと思いましたが売店が開いていないので、持参のシリアルバーと自販機のおしるこドリンク。しばし雑談のあと、いざ最初のヒルクライムへと出発です。
柳沢峠までは約18kmとYabooさんのブリーフィング、それを目安に進みます。国道なのでそれほど勾配もきつくない、ということも教えてもらいましたが、その通りでした。
18kmで約800m上るのが平均的に均されている感じで、斜度は5%程度です。3人一緒に無理のないスピードで景色を楽しみつつのんびり進んで行きました。
だいぶ高度も上がってきたので、色づいている木々もみられるようになっています。
b0144082_7283874.jpg

峠近くまで上ってくるとこんな感じ。
b0144082_2264456.jpg

ブログ等でよく見る見たことがある橋のような・・・違ったかな?
そうこう走って18km、峠が見えてきました。
b0144082_2265882.jpg

峠がそこにあると一目でわかるこの光景はいつも走っている奥武蔵にはないものです。まさに「ピーク」という感じで、あそこまで行くと峠でその先には何があるのか?何が見えるのか?と思わせます。わくわくしますねえ。
ピークを超えて見返すとこんな感じ。
b0144082_2271912.jpg

とりあえず記念撮影をして
b0144082_2274318.jpg

自販機で赤コーラ(小)を買って補給しつつ休憩。
この日の柳沢峠はオートバイで一杯です。こういうところには珍しくロードバイクが一台も見当たりません・・・我々がここを出発するのと入れ違いくらいに、一人だけピンクのジャージのローディが来たので「こんちわー」と軽く挨拶をして出発。
b0144082_22848.jpg

ここからはこの日最長のダウンヒルです。50km/h超で延々と下り(ヒャッホー!!)、やがて塩山の町へ到着。
スケジュールでは食事をとる予定になっているところです。ちょっと駅前辺りを見てみますがあまり食事できそうなところがない・・・最初に目についたほうとうと馬刺しの店に入りました。
Yabooさんと自分はほうとう、ぽっぽさんはモツ煮込み定食を頼みました。
ほうとうはこんな感じ。
b0144082_230356.jpg

おっと、ぽっぽさんのモツ煮込み定食には値段が高くてみんなあきらめた馬刺しがついているではないですか!
ほうとうも旨かったし、ぽっぽさんのご厚意で貴重な馬刺しを一切れ頂いてしまいました。ぽっぽさん、馬刺しおいしかったです。ありがとう!
ほうとうはボリューム満点、ぽっぽさんもご飯をおかわりしたのでみんな腹いっぱいです。このお腹を抱えてこの日のメインディッシュであるところの御坂峠に上れるのでしょうか?
続きは次回エントリーで。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-10-28 02:31 | 自転車 | Comments(2)

房総半島先っちょツアー<後編>

前回の続きです。
磯の香亭で満腹になった我々は、摂取したカロリーを燃やすべくまた走り始めることにしました。
b0144082_1402817.jpg

ここから20㎞弱は房総半島の先っちょ部分の海岸沿いをひた走りました。ここは東向きで今までと方向が違い、さらに海沿いだったので向かい風が結構強かったですね。
順番もちょっと流動的に、オヤジさんが前に出て
b0144082_1404461.jpg

さらにZENさんも前に出て
b0144082_141667.jpg

と自分は少しずつ後ろに下がってみたりして。色んな人の後ろで走るとそれぞれの走り方とかバイクとか見られて面白いですね。
ここまでずーっとかじさんが牽いていましたが、この海岸区間の後半、風がキツいところでZENさんがすーっと前に出て、かじさんと二言三言言葉を交わしてそのまま先頭に出て牽き始めました。うーん、漢です!カッコイイ!
海岸から内陸に入って北上し始めるところのセブンで休憩。一応食後のデザートタイムということで。でもみんなまだ天ぷらが効いていてそれほどスイーツも進んでいなかったかな?
そして、ここを出てからの30㎞余り、序盤は館山市街を通ったりしたけどその後は房総的アップダウンがひたすら続いて走り応えあり。このルートをトレインでヒィヒィいいながら走っていくのは最高に楽しかったですね。もうこの辺ではほとんど写真を撮っている余裕はありません。
そろそろ休憩を・・・って思っていたところで道沿いの川の向こうにソフトクリームのオブジェあり。全員の意見が一致してここ「みねおかいきいき館」で休憩することになりました。
今回は珍しくソフトクリームの写真を撮り忘れませんでした(笑)。
b0144082_1561645.jpg

みんなが美味しくソフトクリームを頂いている間、その気力もなく力尽きて地べたに横たわる黄色いマグロカッシー。
b0144082_142394.jpg

名誉のために書いておくと、彼は2週間前に600kmブルべを見事完走したばかりなのです。この30㎞余りの走りを後ろから見て「やっぱり600km完走するだけの力強い走りだなあ」と感心していたのですが、ブルベの疲れがとりきれていなかったのでしょう。いやあお疲れさまです。
隣の牛舎にはめずらしい「白牛」がいました。なんでもインド産だとか。
b0144082_1421826.jpg

ここを出てしばらく走ると復路唯一の峠を越えます。
b0144082_1554820.jpg

名前はあるのかな?おそらく百数十mだと思います。
このあたりから夕暮れてきて、往路と同じルートに入りセブンイレブン富津大貫店で最後の休憩をした時にはすっかり真っ暗でした。
大人数での夜間走行は初めてでしたが、何だか非日常感があって意味もなく楽しいですね。16号などの幹線道路を走りましたが、クルマが少なくて走りやすかったこともあるでしょう。
富津から君津、木更津と順調に抜けて袖ヶ浦に戻ってきました。
公園に戻る最後の直線はみんなそれぞれに踏み倒して最後の〆をしてゴール。

ここからさらに70㎞自走の来瀬くんとはここでお別れ。お疲れさまでした。ほんとアタマが下がります。それ以外のオヤジ達はクルマで近くのガストに移動して打上げ。

距離の割にかなり端折って短めのレポートとなりましたが、実に楽しいライドでした。天気も良く、落車やパンクといったトラブルもなかったので終始順調に走れたのがよかったですね。
企画・ルート作成をしてほとんどの区間を牽いてくれたかじさん、ご一緒頂いた皆さん、ありがとうございました。
次は紅葉の季節にまた行こうという話が出ています。タイミングが合えば参加したいですね。てか是非日曜日に!
b0144082_1464424.jpg

今度の週末はジャパンカップも魅力なんですが、三週連続の遠出はちょっと厳しいのと土曜日に大学のクラス会があって早起きは出来そうもないので、適当に近場を走るつもり。
その次の日曜はYabooさんの企画に乗らせてもらい柳沢峠~河口湖~御坂みちあたりを走る予定です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-10-17 01:56 | 自転車 | Comments(4)

房総半島先っちょツアー<前編>

前回エントリー最後に追記しましたが、夏の忘れ物<自走スバルライン>は忘れられたまま来年の夏を待つことになるかも・・・

三連休で天気が保証されているのが11日(土)だけであれば、なんとかその日に走れるようにしたくなるのが人情というもの。仕事の予定をちょっと捻じ曲げて、かじさん企画の房総半島先っちょツアーに参加してきました。
6時に袖ヶ浦海浜公園集合ということで、余裕を見て4時過ぎに出発。ガソリンスタンドとコンビニに寄って板橋本町から首都高に乗り、C1→1号→湾岸線→アクアラインで東京湾を一跨ぎ。アクアラインは子供が小さいときに房総に旅行に行って以来十数年ぶり。当時はETCもなくて(世の中にはあったのかな?)片道4千円位したような・・・。
5時20分頃に集合場所駐車場に着いてみると、ちらほらと停まっている車もありますが、真っ暗だしどれが仲間のものかわかりません。とりあえず隅っこに停めてトイレへ。ちょっと離れたところに仲間の皆さん数台固まって停めているようで、そっちに移動しようかとも思ったんですが、まあいいやとそのまま準備。
b0144082_1295552.jpg

皆さんほぼ準備完了の図。
b0144082_1304469.jpg

この日の参加者は:かじさん、ZENさん、shironago’sさん、araitaさんただのオヤジさん、柏餅さん(カッシー)、来瀬さん、そして自分の計8人です。

なんとここまで70km以上自走の来瀬くんと、久しぶりにお会いしたらちょっと幅が広くなっていた(?失礼!)ただのオヤジさん。
b0144082_1322719.jpg

予定通りに全員集合、準備もできて8人のトレインで走り始めます。房総といえば「房総の暴走機関車」ZENさんですが、この日はかじさんの企画、ルート作成ということでかじさんが先導します。
序盤はほとんどこの位置で走りました。先頭を牽くのがかじさん、その後ろがカッシー。自分が3番目。後ろは・・・ちょっとわかりません(笑)。最初は自分の後ろがシロナゴさんだったかな?
b0144082_13368.jpg

順調に40km弱走ってセブンイレブン富津湊店で最初の休憩。
b0144082_1332676.jpg

さらに同じくらいの距離をいいペースで走ります。房総は高い山がない(千葉県は最高峰が47都道府県で一番低いんでしたっけ?)のですが、細かいアップダウンがあって「平坦路」という感じではありません。その微妙な負荷が楽しく走れる理由でしょうか。断面図では往復それぞれにちょっとずつ峠があるように見えていましたが、実際には上り始めて「お、来たか!」と思ったのもつかの間、あれれ?と言っている間にピークに辿りついてしまいちょっと拍子抜け。そんな道程を経て、道の駅三芳村で2回目の休憩。
b0144082_1334494.jpg

この日は実は「オヤジディープリムの会」決起集会を兼ねていたそうで、そのうちの2台、ZENさんのFELT-コスカボ、araitaさんのCOLNAGO-コスカボと自分のCanyonのショットです。ディープリムではありませんがマビック仲間ということで混ぜて下さい(笑)。皆さんのディープリム(前後)と自分の完成車でお値段同じくらいでしょうか。

ここで昼食を予定している店に開店時間を確認したところ、12時からということで直行するにはちょっと時間が早めです。どうしようかとあれこれ相談、少し戻って峠を越える案も出ましたが、ひとまずはこのまま真っ直ぐ進むことに。
もう一つの昼食候補だった国民休暇村館山で一旦停止、限定20食の「炙り海鮮丼」があるかをカッシーが中に入って訊いてきてくれましたが、予約が入っていて3人分くらいしか残っていないとのこと。
昼食は予定通りとしてそのまま直進、その店「磯の香亭」を一旦通り過ぎて洲崎灯台に行きました。
b0144082_134214.jpg

天気はよかったもののそれほど空気は澄んでいなかったので遠景は今一つでしたが、それでも気持ちのいい眺めを堪能することが出来ました。
せっかくなのでここで記念写真など。
b0144082_1415745.jpg

そろそろ行きましょうかということになり上ってきた階段を下りて行きますが、目の前を歩くこの人、裸足ですよ。地元のサーファーでしょうか?
b0144082_1424841.jpg

いえいえ、自転車仲間のカッシーです・・・クリートの付いたサイクルシューズでは階段を上りづらいので脱いでしまったとのこと。しかもその脱いだ靴は階段の途中に無造作に放置してありました。うーん、ワイルドすぎる・・・

自転車を停めさせてくれた階段下の商店で御礼に補給食など買って灯台を後にし、2~3㎞戻って磯の香亭に到着。開店したばかりの時間で、座敷に案内されました。
メニューは大きく分けて刺身系と天ぷら系。全員が天ぷら系をチョイス(本当は海鮮丼が目当てだったはず?)、自分は地魚天丼(大盛)を頂きました。
b0144082_1422721.jpg

仕上を漬けとかけで選べたので自分はかけにしましたが、サクサクしてとても美味しかったですね。大盛も普段だったらちょっと多いかな、っていう量でしたがライド中なら問題なし。自分としては適量でした。
みんな満腹100~120%となり、食後も談笑しながらゆっくり休んで午後の部へ出発です。

ちょっと短めですが前篇はここまでとさせて下さい・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-10-15 01:48 | 自転車 | Comments(0)

ピンポイントな夏休みに奥武蔵へ<後編>

盆休み期間が終わってしまいました。自分の夏休みは前述の通り今のところまだ一日だけ。残りはどうなるか?
8/17(日)は赤城山ライドの予定でしたが、悪天候(もどき?)のためDNSとなってしまいました。これについては次回エントリーにて報告しましょう。

ちょっと間が空いてしまいましたが前回の続きです。
ふれあい牧場でソフトクリームを食し、(できればここで食事も、と思ったのですがそれらしいものが見当たらなかった)次は盆休み中に営業しているのか定かでない「鬼うどん」を目指します。そのまま真っ直ぐ進んで道なりにK11まで下りて橋場の交差点を右に折れ、定峰峠方面へ。
バス停を過ぎて山中に入ったあたりで、ありました「鬼うどん」。最初に目に入った建物は完全に閉じられていて「やっぱりやっていないのか・・・」と一瞬がっかりしかけましたが、それは使ってない古い建物なのか、その隣でしっかり「営業中」の看板を出して店は開いていました。よかったよかった。
b0144082_172965.jpg

バイクラックにバイクを預けて入店。先客は一名のみだったので空いていて、汗みどろの僕たちを見てご主人がエアコンの風が当たる一番涼しい席を勧めてくれました。その後もアイスカフェオレをサービスしてくれたり水をペットボトルで持ってきてくれたりと至れりつくせり。
頼んだのは二人とも冷やしぶっかけうどん。
b0144082_175653.jpg

腰があって量もたっぷりの麺、ミョウガ等の特徴のあるトッピングなどでとても美味しくいただきました。
最後にボトルに入れる氷までいただき、感謝感謝です。

食事と休憩で体力をいくらか取戻し、さらに上ってまずは定峰峠まで。この区間は5%以下くらいでしょうか、緩い勾配を気持ちよく漕いで行くことができます。定峰峠で給水+トイレ休憩、さらに進んで白石峠は素通り、最高地点の大野峠まで上りますがここもちょっと止まっただけですぐに出発、眺めのいい刈場坂峠まで来て補給休憩です。
b0144082_18194.jpg

本来設定したルートはこの先、飯盛峠から梅本線を下り、すぐに猿岩線を上ってGLに戻りそのまま鎌北湖までというものでしたが、ここで残り時間とか体力とかを考えてルート変更。猿岩線を下ってその後桂木観音まで上って終了、ということにしました。
で、引き続きグリーンラインをまっすぐ行きますが、特に刈場坂峠から先は前日までの雨の影響で路面に泥や落葉が溜まっているところもあるので、慎重に進みます。
猿岩線の起点?終点?まで来ました。
b0144082_192741.jpg

ここから下っていきます。元々は上ってみたいと思ってルートに入れていたこの道、下るのは2回目ですがやはり相当きつそうです。特に上った時の前半ですかね。下り始めた時はあれ、こんなに緩かったっけ?と思いましたが、やがてエゲツない下り坂が次々現れてうむむむ・・・と下りて行きました。

下りきったらK61をちょっとだけ走って滝の入線に入るのですが、右に行くべきところを間違えて左に行ってしまいました。あれこのままだと笹郷線に行っちゃうなあ、違うんじゃねえの・・と薄々感づきながら進み、笹郷線の看板が出たところでストップ。スマホで確認してどこで間違えたのかわかりました。それぞれ断片的には走っているけど全体の位置関係がまだちゃんと頭に入っていなかったですね。キャトルさん余計な脚を使わせてしまいスイマセンでした。

戻って滝の入線にin。ここでまたそんなにキツくないというようなテキトーなことを言ってしまいましたが、桂木線との合流までは結構な斜度でした。上り下りで3回も走ったことがあるのにいい加減な記憶力です。キツくないのは桂木線に入ってからでした。

疾走するキャトルさん。木陰の道で薄暗くフラッシュがたかれてヘンなところが光ってしまいましたw。
b0144082_116538.jpg

で最後にとどめの激坂をえっちらおっちら上って桂木観音(の足元)に到着。
b0144082_1115688.jpg

これにて今日の上りは終了なのでゆっくり休憩しました。
晴天ではないけど遠くに都内のビル群もうっすらと見えていましたね。
まだ帰り道が残っていますが主なルートはここまでということで、この日の走行を労い合って帰路につきました。
K30を南下してK262で入間へ、さらにR463で所沢まで来たところで、さらに西に進むキャトルさんと清瀬方面に南下する自分とでルートが分かれることになり、お別れとなりました。

ちなみに、帰りのK30でクルマが渋滞していて少し歩道を走ったりした関係で前後が入れ替わり、ちょっとの間だけキャトルさんが前を走ったのですが(それまでは峠の上り以外は自分が前を牽いていました)・・・速い、速すぎる!峠と平地は「別脚」的要素があるとはいえ、2700m上ってから30㎞以上の巡航はキツすぎます。最初だけはムリして着いていきましたが、すぐあきらめました。で、次の信号に引っかかったところですかさずまた自分が前に出させてもらいましたよ。
往路で30kmくらいで牽いたら「ちょっと速すぎてツラい」みたいなことを言われましたが、あれは三味線だったんでしょうか???(笑)平地も山もどちらもかないませんホントに。
毎日ジテツウしてるから、ってことですがそれだけではない基本的な体力や脚質の差を感じざるを得ません。白石峠1本上ったことがあるだけでこの日が山は2回目、っていうんだから驚きです。

b0144082_1124969.jpg

この日の行程は197km、約2700m。自宅近くまで戻った時にふとガーミンを見たら勾配表示が「--%」になってるからおかしいなあ、と思ったら、ガーミンコネクトにアップロードしたデータは高度上昇が4000m超になっていました。ちなみにガーミン本体の履歴では0mです。どうなってるの。勾配表示がおかしかった時、何かの拍子にデータが壊れてしまったのでしょう(ちょっと心配でしたがその後のライドでは正常に作動)。最後に桂木観音で見た獲得標高が確か2633m、この日のルートをルートラボで引くと2700m超となったので、ガーミンコネクトの値も手入力で2700mに修正しておきました。

こんな感じの奥武蔵ライド、自分も前を牽くのは初めてだったので色々と不慣れな点も多かったのですが、何とか二人共トラブルなく走りきることができてとても楽しい一日となりました。
キャトルさん、またタイミングを合わせて一緒に走りましょう!その時も自分が前で(笑)。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-08-19 01:17 | 自転車 | Comments(0)

ピンポイントな夏休みに奥武蔵へ<前編>

今年のいわゆる「盆休み」は最短で取る場合13日(水)~17日(日)っていうのが一般的みたいですね。自分もそのつもりでした。 でした・・・・orz
ところが12日(火)に休み明けまで、もしくは休み中に片づけなければならない事案が2件同時に発生、あえなく13日(水)のみの休みとなってしまいました。残りは再来週あたりに何とかとりたいものです。

今週唯一の夏休みとなったその13日(水)、キャトルさんと奥武蔵を走ってきました。キャトルさんとは時々お互いにブログにコメントする仲で、一度ご一緒に、と言いつつなかなかタイミングが合わなかったのですが、やっと一緒に走る日をつくることが出来ました。先日初めて白石峠を上ったそうですが、タイムが32分台とのこと。もうその時点で降参です(笑)。

当日は秋ヶ瀬公園に集合、挨拶して自転車を並べて記念撮影。
b0144082_8233921.jpg

キャトルさんと愛車のプレシジョンキャトル。フレーム以外は全とっかえに近いそうで、カラーリングと相まってクロスバイクというよりフラットバーロードといった趣です。
b0144082_8251768.jpg

ちょっと雑談をしてさっそく出発。川越→坂戸と抜けて田中交差点手前のセブンで休憩。
b0144082_8253051.jpg

そしていつもの白石峠登り口。
b0144082_8254057.jpg


とりあえず自分が先に走り始めますが、間もなくキャトルさんが「ガンバリまーす!」と追い抜き、あっという間に見えなくなってしまいました。高ケイデンスが特徴的な軽々とした走りです。速い!
b0144082_8255289.jpg


自分はというといつも通りですが、今日こそは自己新をと少しでもスピードを上げるべく必死に漕ぎ続けます。何とか36分台には乗せられるかな?という希望的観測を持てるくらいのペースだったはず。
ところが、全体の2/3を過ぎて残り約2㎞、あとは緩斜面中心だから少しでもペースアップを!とダンシングしたところ、何の予兆もなくいきなり左の太ももが攣りそうになりました。
たまらずペースダウン、しかし一旦筋肉がそういう状態になってしまうと、シッティングでも攣りそうになることに変わりありません。ゆるゆると走りながらボトルの水を太ももにかけてクールダウンします。
丁度いくらか勾配がきついところにさしかかり、蛇行して進みつつボトルをケージに戻そうとしますが、シートチューブのケージは元々フレームが小さくてまるでボトルが入らなかったのを改造しており、ボトルを納めるのにちょっとコツがいるのです。
左手で蛇行をコントロールしながら右手でボトルを納めようとして悪戦苦闘しているうちにあらららら・・とコースアウトしてあえなく足つきorz。
ぴったり一年前の8月13日に初白石峠チャレンジ、酷暑と初の峠の過酷さに負けて数限りなく足つきして以来、色々な坂を一応どこも足つきなしで上りきってきましたが、丁度1年ぶりの山登り中の足つきでした。う~ん、残念。
最後1㎞くらいは何とか復活して足攣りの懸念を感じることなく走れましたが、結局38分台とまた自己ベスト更新はなりませんでした。
b0144082_8261663.jpg

キャトルさんは途中でサングラスを落としたのを拾うロスがありながら30分台とのこと(実質30分切り?)。次回は確実に30分切りですね。羨ましーい!
上り始める時に下から見上げると上の方が雲に隠れていたので、雨が降っているかも?と思いましたが、途中ガスっているところを抜けて、峠では陽が射していました。そこで堂平山の天文台まで行ってみることに。
すると天文台からの眺めは雲海です。低く立ち込めた雲の上まで上ってきていたのでした。
b0144082_8263038.jpg


一休みを終えるとまた下りていき、白石峠は素通りして定峰峠で給水休憩。
b0144082_8264415.jpg

さらに西へと下りて栃谷の交差点を右へ。秩父国際カントリーを更に右に曲がって釜伏峠を目指します。
この道は自分も初めて。上り始めのあたりでああそういえば釜伏峠の激坂が云々、てブログを読んだことがある気がするなあ、と思ったのですが・・・
これが強烈な激坂です!10%を超えたら一桁に戻ってこず、一番きついところはガーミンが17とか18%を示していました。ってことは瞬間的には20%を超えてるんじゃないでしょうか。印象としてはこの界隈では高山不動に次ぐ激坂ぶりです。
b0144082_82781.jpg

その一番きついあたり、あんまり広くない道をキャトルさんと一緒に蛇行しながら進んでいたのですが、蛇行した時にスピードが落ちすぎてハンドルが斜面下方向を向いてしまい、あえなくこの日2回目の足つき。しくしく。情けないです。
分岐でいったん止まって方向を確認、
b0144082_8272415.jpg

キャトルさん何をしているかと思ったら・・・こんな写真を。
b0144082_8273427.jpg

さらに進んで釜伏峠に到着、小休憩+ちょっと補給。
b0144082_8274511.jpg

二本木峠、ふれあい牧場方面へとアップダウンを進みます。
牧場についたらモーモーハウスを素通りしてソフトクリームを売っている小屋へ。買ったソフトクリームは眺めのいい道の反対側に移動するまでに溶けて流れ落ち始めていました。あわてて食べたので写真はなし。
b0144082_828162.jpg

ソフトクリームを食べながらしばし雑談、次は食事するところを目指します。
あらかじめ目星をつけておいたのはK11で定峰峠に戻る途中にある「鬼うどん」。この日が定休日ではないのは確認済みですが、盆休み真っ只中営業しているのか?半信半疑でペダルをこぎ進みます。

とりあえず今日はこのあたりまで。続きは例によって写真激減の後編へ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-08-15 08:35 | 自転車 | Comments(2)

短い距離にテンコ盛り<後編>

一昨日で今年も半分終わりです。歳をとる毎に時間が経つスピードがどんどん速くなりますねえ。小学生だった頃は人生の1/10くらいあった1年間が今やたったの(約)1/50ですから、まあ仕方ないことです。

6月は週末ごとに雨に祟られたこともあり全く走行距離が伸びず、わずか285kmでした。確認したところ一昨年の年末にクロスバイクに乗り始めて、年明けの昨年1月に290㎞走ったのが今までの月間最低走行距離でした。ハイ、最低記録更新です。
一応当初の目標だった年間5000kmペースは維持していますが、それはまだクロスバイクだった時の数字なので、ここで上方修正して6000kmを年間走行距離の目標としておきます。今のところ2800km台なので後半は前半よりたくさん走らなきゃなりませんね。ガンバリましょう!

さて、昨日の続きです。
プチデビルさんのツイートにより皆さんが堂平山にいると確信し、自分も峠からさらに上って行きます。この先は斜度もゆるく距離も2㎞くらいでしょうか、天文台に辿りつくとやっぱり皆さん休憩中でした。この時は聞かなかったのですが、皆さんのブログによると「埼玉のラルプ・デュエズ」を上ってから来たそうで、こちらの出発が遅くなったのと併せてタイミングが合ったのはラッキーでした。

・・・・とここで写真がないのが間抜けなところですが、プチデビルさん、Yabooさん24WEさんけろさんsepaさん、そして初めましてのぽじさんとyanazyさんです。
そして、ここからはしばらくご一緒させてもらうことにしました。自分で走ろうと思っていたコースもいいんですが、こうやって仲間の皆さんと走るチャンスを逃すことは出来ません。雨もすっかり上がって、午後からの予報はともかくとりあえずはいい天気になって雨中走行の心配もないようです。

まずは定峰峠まで下りて行き、そこでまた小休憩。
みんなのバイク(+知らない誰かのバイク)
b0144082_1373322.jpg


24WEさんは午後から所用のためここで離脱とのこと。下りの5㎞くらいだけしか走れませんでしたが、また一緒に走りましょう!

一行はさらに西に下って秩父市を目指します。途中の撮影ポイントで写真を撮る人たちもいましたが、先頭のYabooさんに続いて自分はそのまま下りて行きました。この日はさすがにこんな天気なので他に走っている人にはほとんど会いませんでしたが、一人上ってくるローディがいてこんにちは~と挨拶を交わしました。
平地に降りて撮影で停まった後続の方も合流しましたが、何人かが遅れているようです。プチデビルさんによるとsepaさんがパンクしたらしいとのこと。昼食は行列ができる店を予定しているので、そこで再合流することにして先を急ぎました。

目的地は秩父市内の「野さか」豚みそ丼で有名な店です。
b0144082_1371591.jpg

自分はもちろん初めてですが、色々なブログ等で名前は知っていました。土日は11:30開店、我々が着いたのが10時50分頃だったでしょうか?駐車場はほとんど埋まっていてみんな車の中で待機しています。
野さかの店先からは武甲山がよく見えます。
b0144082_1382725.jpg


やがてsepaさん達も修理を終えてやって来ましたが、人数が一人増えています。先ほどすれ違ったローディが仲間のUrさんだったそうです。Urさんも私は初めましてですが、上りを平地のように走るメチャ速の若者として名前はかねがね聞いていました。ハルヒルでは足が攣って45分台だったという、異次元のクライマーです。
順番待ちに記入して雑談しているうちにやっと開店時間になり、一番に入って食券で注文しました。
下ごしらえはすっかりできていたのでしょう、ファーストフードか?と思えるほどの速さで出てきておいしくいただきました。
b0144082_1394120.jpg

デカ盛りではない、とのことでしたが用心して普通盛りにしたらちょっと量が足りなかったですね。肉の量はそのままでご飯1.5倍くらいが自分にはちょうどいいかも。

後ろに順番待ちのお客さんがたくさんいるので食ベ終わると余韻もなくすぐに店を出ました。向かいのコンビニでデザートタイムです。自分は定番ガリガリ君の梨味でした。
b0144082_1402255.jpg


腹が落ち着いたところで来た道を戻り、林道定峰線を上ります。ここ最近ではすっかりおなじみになったこの道、苦しいけど楽しい上り甲斐のある林道です。

b0144082_1404039.jpg

前を行くプチデビルさんとぽじさん。
上りきるとさっき一人で通った高篠峠です。
b0144082_141112.jpg

皆さんはここから小川町まで下って戻り、ガストでお茶の予定。そこまで一緒に行きたかったのですが、天気が崩れる予報なのでここから戻った方が良さそうでした。
というわけでまた中途半端ながらここで離脱です。
短い距離・時間でしたが集団走行で自転車仲間と走り、食べることが出来て本当に楽しい時間でした。皆さん、ぜひまたよろしくお願いします。

ここからはまた単独走となり、朝走った道を逆に辿ります。
b0144082_1413567.jpg

元考えていたコースは刈場坂線を下りて正丸峠から天目指峠を上ってみるつもりでしたが、天気のことを考えるとさすがにそれは危険です。でも来た道(GL)をただ戻るだけでは面白くないので、これも予定していた猿岩線を下って笹郷線を上りGLに復帰する道を行くことにしました。どちらも初めて走る道で、高低差はぐっと大きくなりますが距離的にはGLをそのまま行くのとそれほど変わりません。

b0144082_142060.jpg

猿岩線との分岐。3時間ほど前の野さかでは青空のいい天気だったのに、この時点では完全な曇天、しかも雲はちょっと怪しい感じで黒く立ち込めています。大丈夫かな?と思いはしたのですが、まあ何とかなるでしょ、と猿岩線を下って行きました。猿岩線の上りはキツい、というのはYabooさんから聞いたりしていたのですが下ってみて納得、これを上るのは脚が残っている時じゃないと相当辛いだろうなあと思いながら進みました。

b0144082_1423773.jpg

下り切って黒山三滝への入口、時間のある時にちゃんと滝まで行ってみましょう。
この分岐から笹郷線をGLへ戻ろうとまだ平地を走っている時に、ポツ、ポツ・・・来たと思ったら一気に土砂降りです!これ50%の確率で降る雨じゃないだろ、と思いながら全力ダッシュで雨宿りできるところを探しながら走りました(不安定で局地的に強く降る、とか言っていたからしっかり予報通りなんですけどね)。で、運のいいことに一応雨をしのげそうな場所を発見、ここでしばらく様子見です。
b0144082_142549.jpg

路面を叩く雨の様子がこの写真でわかって頂けるでしょうか?こんな雨が40~50分くらい振り続けました。目の前の道は交通量も少なく、雨宿りの間に数台しか車は通らなかったけど、一人だけGLから下りてきたローディがこの土砂降りの中をばびゅーん!て走って行きましたね。もうヤケクソな感じでした。多分ジャージ姿でレインウェアも着てなかったはず。
一方自分が雨宿りしているところはこんな感じ。
b0144082_143597.jpg

はるか上方に数10cmの庇が出ているだけなので、壁にピタっ!と張り付いていないと濡れてしまいます。風向きによっては完全に雨掛りです。壁の下の方は濡れてるでしょ?

数十分の雨宿りでしたが、やがて少し小降りになってきたので意を決して走り始めました。ポツっと来た時点で前日届いたばかりの防水ジャケットを着ていましたが、その実力を試す時が早速やって来ました。
で、走り始めてわかったのですが雨は思ったよりずっと小降りになっていました。道の脇を川が流れていて、その音に惑わされていたのです。
b0144082_1433972.jpg

そうはいっても降ってることは降っていて、濡れながら上りGLとの合流地点までたどり着きました。この笹郷線の上りはそれほどキツくなかった印象。

ここで初の雨中走行の感想をいくつか備忘録として。

・ブレーキが効かない。
効かないとは聞いていたけどホントに効かなかったですね。評判のいい6800アルテグラのブレーキでもこんなになってしまうなんて。下りは下ハンでがっちりブレーキレバーを握りながら20㎞/hもいかないくらいでゆっくり下りました。

・防水ジャケット
dhbの安物ですが、まあ役には立ったと思います。そもそもwater proofとは書いてあったけど、レインウェアと言っていいのか、ちょっとした防水(撥水?)加工がしてあるウインドブレーカーなのか、位置付けがよくわかりません。パールイズミのレインウェアあたりと比べたらどうなんでしょうねえ。こんなの着て上ったら蒸れ蒸れで暑くてしょうがないだろ、と思ったけど意外にそうでもありませんでした。

・メガネ
実は雨中走行で一番心配だったのがこれ、雨でメガネが濡れて視界が遮られてとても走れないんじゃないの?と危惧していました。実際にはサイクリングキャップをかぶっていたのでその鍔が効いて、ほとんど影響はありませんでした。平地で30㎞/hくらい出したらどうだかわからないけど、キャップさえかぶっていれば20㎞/hくらいだったら全く問題ないですね。

後は靴や靴下がハデに汚れるとか、自転車も同じく汚れるとか、サドルバッグもウエストバッグもとにかく汚れて後始末が大変。


権現堂線をそんな雨中走行でアップダウンしてやっと鎌北湖まで戻ってきました。この時にはすっかり雨は上がって陽も射していましたかね。
b0144082_14417100.jpg


こんなわけで、距離は90㎞あまりと短かったのですが単独走→集団走行→雨中走行と色々なシチュエーションがあり昼食はグルメも楽しめ、獲得標高が2400m超で上昇率も2.5%を超えるなどなかなか密度の濃い楽しいライドとなったのでした。
b0144082_1443741.jpg


次の週末も雨の予報、さてどうしようかな。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-07-03 01:50 | 自転車 | Comments(3)

短い距離にテンコ盛り<前編>

相変わらず梅雨らしいはっきりしない日々が続いています。
この週末も土日ともにパッとしない天気でしたが、日曜日にその間隙を縫って(いや実は縫いきれなかったのですが)走って参りました。

最近作ったルートに、鎌北湖から定峰峠までグリーンラインを縦走、その後グリーンラインの周りを下りたり上ったりしながら鎌北湖まで戻ってくる、という車載前提のコースがありました。自走でもいいんですけど体力もさることながら往復の時間がもったいないかなあ、ということで。
これをたどってみようかと思ったんですが、一週間やきもきしながら見続けた天気予報は前日夜の時点で午前30%、午後50%。実に微妙です。
で、まあ走り始めて雨が降ってきたら撤収しようかな、と。車載で鎌北湖まで行っていれば戻るのも楽ですから。
てなことを考えていたのですが、前日からの600kmブルべを悪天候でDNSしたプチデビルさん達がそのうっ憤晴らしライドを企画されているとのこと。みちの駅おがわまちに7時集合で白石峠(+堂平山)~秩父~林道定峰線というルート。これもまた魅力的です。

しかし!最大の問題点はレインウェアを持っていないということ。前週にwiggleでポチったdhbの防水ジャケットはまだ届いていません。届いてもどのくらいの雨に通用するのか、試してみないとわからないし。ということで、

・近くを走るのでもしかしたら会えるかも?
・家に帰って防水ジャケットが届いていたらドタ参するかも?

といった意味のことを土曜夜に仕事場からからツイートしました。
そして夜遅く帰宅してみると、おお見事なタイミングでwiggleの荷物が届いているではないですか!
キター!!これはおがわまち集合で決まりだな!と思ったのですがすでに0時近い時間だったので参加のツイートは翌朝でいいや、とそそくさと寝床に入ったのでした。

そして翌朝4時に目が覚めてみると・・・結構な雨降りです。心が折れました。ツイッターのTLを見ると参加の皆さん、とりあえずは行ってみる、という感じでそれぞれ出発しています。アメッシュで雨の降り具合を見ても簡単にやみそうには見えません。
うーん、どうしよう。
どのくらい雨を凌げるか未知数の防水ジャケットで、何より雨中走行の経験もなし。ちょっと怖いです。これで皆さんと一緒に走るのはやっぱりつらいなあ、などと思っているとTLでウィンブルドンで錦織がまだ試合をしていることがわかりました。
TVをつけてみると第5セットで2-2。これ見てそのままW杯のコロンビアvsウルグアイに突入する、ってのも魅力的!こんな雨だしやっぱり今日も走れずじまいでしょうがないかな・・・などと思いすっかり軟弱な方に心を傾けていたら、錦織の試合は3-3になったところで日没サスペンデッドで中断となってしまいました(笑)。
これはやっぱりとっとと出かけろ、っちゅうことかと思い直し、当初の予定より30分遅れくらいで家を出ました。前日の午前中に自転車はクルマに載せてあったし、着替えを始めとする荷物も準備はしてあったので、出ると決めればさっさと出られます。

で、向かった先はやっぱり鎌北湖。ブルべをDNSしたプチデビルさん、sepaさんの他に参加されるのもブルべやロングライドの経験が豊富な方ばかりのようで、その中で貧弱な雨対策で初の雨中走行はやっぱり無理!という結論です。
下道で大泉~清瀬~所沢~入間と抜けて鎌北湖に到着。出撃準備完了です。
b0144082_1485789.jpg


この時点で7時半。雨は完全に上がり、ごくわずかですが青空が見えているところもありました。
で権現堂線からグリーンラインに入りますが、最初の上りが8~10%くらいでしょうか、いきなり息が上がります。全くのウォーミングアップなしでこの勾配はハルヒルのスタート直後なんかよりよっぽどツラいです。だたまあ今回は競争しているわけじゃないので、ツラいなりにその分ゆっくり上るので何とかなります。
大雨が降った後なのでガスっていたり
b0144082_1492955.jpg


落石や折れた枝で路面状況が悪い上にこんなところもあったり
b0144082_1494221.jpg


ですが、晴れ間が見えることもありました。
b0144082_1501180.jpg


着実に高度を上げつつ順調に進んで行きました。
北向地蔵
b0144082_151887.jpg


笹郷線との分岐(一本杉峠?)
b0144082_1512198.jpg


傘杉峠
b0144082_1582212.jpg


顔振峠
b0144082_1514963.jpg


ぶな峠
b0144082_152106.jpg


飯盛峠
b0144082_155012.jpg


刈場坂峠 悪天候の合間ですが軽トラ売店のギタリストおじさんが店の準備をしていました。
b0144082_1522323.jpg


大野峠
b0144082_152388.jpg


高篠峠
b0144082_1525161.jpg


で、白石峠までやってきました。
b0144082_153570.jpg


ここで小川町から走っている皆さんの動向がわかるかな?とツイッターを確認。9時20分くらいだったので、小川町7時出発だともう通り過ぎちゃってるだろうな・・・と思ったのですが、プチデビルさんの「白石峠アタック!」のツイートが47分前、と表示されました。ということはちょうど今頃天文台に着く頃のはず・・・と自分もそこから山頂をめざしました。

夜も遅いので続きは後編で。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-07-01 02:01 | 自転車 | Comments(0)

奥武蔵半ドンライド

「冷やし納豆うどんの大盛り下さい」
「はい、冷やし納豆の大盛りですね。うどん、そばどちらにします?」
「・・・うどんで。」
いや、何でもありません。

土曜日は昼から仕事に出る予定だったので午前中限定でYabooさんの奥武蔵ライドに参加してきました。
7時に日高のローソン集合でしたが、帰りを急ぐので飯能まで車載です。ちょっと早いだろうと思いつつ4時半過ぎに家を出たところ、東飯能駅近くのコインパーキングに6時前に到着、ゆっくり準備をして走り始めたのが6時丁度。K30で集合場所に向かいますが、さすがに早いのでそのまま通り過ぎてウォーミングアップ。6時半に戻って来られるように埼玉医大のちょっと手前まで行ってきました。で戻ってくると殆どの方が到着していました。
Yabooさんの他、プチデビルさん、柏餅さん、お初のCB山さん。朝飯を買ったりしている間にもう一人お初のよしぞ~さんも来られて全員集合です。プチデビルさんと柏餅さんは60㎞以上を自走で来られていました。頭が下がります。
b0144082_122434.jpg


談笑しつつ準備してほどなく出発、まずは桂木観音方面を目指します。エリア的には最近何回か走ったあたりですが、道自体は初めてなので例によってどこを走っているのかさっぱりわかりません。Yabooさんは走り慣れた様子で細い道も間違いなく先導してくれて車列はスムーズに進みます。
上りに入るとそれぞれ走りやすいスピードになるのでちょっとバラけますが、要所で進行方向を確認しつつ進みます。
b0144082_1222854.jpg

短い激坂を上りきって桂木観音に到着。5月に始めて来て以来もう3回目です。今回は天気が良かったので遠くにスカイツリーが見えていました。
b0144082_1225856.jpg

b0144082_1232243.jpg

景色を楽しみつつしばし休憩して出発、下っていきますがここでアクシデント、CB山さんがパンクです。大雨の後だったので路面がよくなかった(小石や枝が結構落ちていた)ので、何かを踏んでしまいリム打ちしてしまったらしいです。
b0144082_1234251.jpg

みんなで戻ってワイワイいいつつ修理完了、さてタイヤをフレームに戻して出発と思ったら・・・CB山さんが道を横切る排水溝のグレーチングの中を覗き込んでいます。なな何と!クイックのナットを落としてしまったとのこと。グレーチングはボルトでがっちり留められていて動きません。さてどうする・・・隙間から枝を突っ込んで挟んで持ち上げようとしたりしますが、なかなかうまくいきません。あれこれトライしているうちにデビさんが先が三つに割れている木の枝を探し出してきました。これが見事にハマり救出成功!いやあ、一時はどうなることかと思いましたが、これで再出発です。よかったよかった。

さらに梨花カントリー方面に向かい馬の横など通りながら走ります。
b0144082_1252529.jpg


しばらく進んだところで今度は柏餅さんがパンク!
やっぱり大雨の影響でしょうか、今度も落石か何かを踏んでリム打ちのようです。
b0144082_1255018.jpg

きれいな小川が横を流れるところでまたパンク修理→再出発。
梨花カントリーへと向かうコンクリート激坂(5月に初めて降りた時に上ってみたいと思ったところ)をえっちらおっちら上ってひと山越え、宿の交差点へ。tomoさんとは田中のファミマで合流の予定でしたが、ちょっと予定が押してしまったのでYabooさんが連絡を取って宿まで来てもらい、ここで合流。そのまま建具会館で給水休憩、さらに白石峠の登り口までひとっ走り。
b0144082_131660.jpg


ここで息を整え、峠は各自のペースで上ります。他の人たちは引き続き午後もずっと走り上りますが、自分はここを上ったら離脱なので全力アタック!を宣言します。そして三々五々上り始めましたが、この日はもう一つ、試しにリアを2速(25T)縛りにしてみました。別に深い意味はないけど、色々な走り方を試してみたかったのと、ある程度の勾配で2速でケイデンスを上げて走るのが気持ちいい、ていう感覚がつかめてきたから。この2速でそこそこのケイデンス(70くらいか?)で上れる勾配を少しずつ上げていけるといいんですけどね。
で、30分以上ヒイコラいいながら上って、今まで来た中で最もローディで混雑している峠に到着。タイムは・・・

37分11秒。

自己ベストを7秒更新(笑)、安定の37分台です。全力アタックでこれかよw進歩しないですねえ。当面の目標である35分切り、いつになるかわかりませんがまあ気長にトライしましょう。
b0144082_1315142.jpg


b0144082_1272237.jpg

やがて全員そろい、そのまま休憩&談笑。昼食をどこにするかなど相談しつつそろそろ行きますか、ということになり、残念ながらそこで自分は離脱です。
天気は最高にいいし、これから行く秩父以西は行ったことがないエリアなので本当にもったいないのですが、ここで皆さんにサヨナラして上ってきた道をそのまま下り、田中からK30を一路南に下って東飯能のコインパーキングに帰着しました。
b0144082_1281784.jpg


b0144082_9501963.jpg


途中山田うどんで冷やし納豆うどん(大)を食べたりしながら下道で仕事場へ。当初の予定よりはかなり遅くなってしまいましたが、その日のうちにやらなきゃならない仕事をこなして23時頃に帰宅したのでした。
まあ、半日ではありましたが何とかやりくりして皆さんとライドを楽しめたのは、また今後の時間の使い方のバリエーションを拡げられたという意味でもよかったでしょう。一日走れるに越したことはないですけどね。
白石峠以降の様子については皆さんのブログで展開されるでしょうから、それを楽しみにしたいと思います。色々と面白いこともあったようなので。

日曜日は朝からサッカー三昧、イタリアvsイングランドと日本vsコートジボワールを連続観戦。
その後数週間前に買ってあった洗浄ツールでチェーンを掃除、昼食後に荒川、彩湖で50kmほど走ってきました。南風が結構強かったので北上した前半は35~40km/hで巡航、帰りは一転して向い風で25~30km/hとなりましたが、下ハンでできるだけ長く走る練習と思って何とか漕ぎ続けました。
このライドは帰宅後にガーミンの操作を誤ってログを消去してしまい、まあいいや自分で作ればと思ってルートラボを引いたのですが、そのデータをガーミンコネクトに取り込もうとするとエラーになってしまいます。50㎞と短くて面白いルートでもないから別にいいんだけど、ちょっと気持ち悪いので試行錯誤して原因を探る予定。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-06-18 01:32 | 自転車 | Comments(0)

初の200km越えは初の3000m越え・・・か?(後半)

GWも終わり、7時間後には出勤を控えております(笑)。
4連休初日の奥武蔵ライド、その後半レポートです。
最初のヒルクライムは山伏峠、途中キツいところもありますが、それなりの斜度でした。
b0144082_024227.jpg

自分が最後にたどり着いたあと、ひとしきりお話をしてタイムスケジュール通りに正丸峠を目指します。R299側からとはちがってこちらからはアップダウンで尾根伝いって感じでしたでしょうか。
b0144082_0243440.jpg

そこから路面の悪い下りを慎重に走って刈場坂峠の登り口へ。この先刈場坂線は白石峠リベンジを果たした時に下りで砂利だまりに突っ込んでパンクしたところですが、登るのは初めてです。
「遅い人から先に行きまーす」って自分が先陣をきって登り始めますが、1kmか1.5kmくらい行ったところであゆさんにあっさり抜かれます。あゆさん速い!
その後24WEさんにも抜かれ、Yabooさんに抜かされる寸前で峠に到着。ここはそんなにきつい斜度がなく、インナーローでクルクル廻せるくらいの気持ちいい登りでした。
b0144082_032273.jpg

b0144082_0324184.jpg

看板が新しくなってから来たのは始めてかな。
ここで早くもボトルの残量が怪しくなってきたので出店でスポーツドリンクを補給。
歓談しつつ一休みしたところでスケジュール通りに大野峠・高篠峠・白石峠を経由して定峰峠へ。このルートはグリーンラインっていうんですかね。
b0144082_0342831.jpg

ここでも一休み、また予定通りに東秩父方面へ下ります。ダウンヒルから下り基調の平地走行になり、ふれあい牧場への道(二本木峠)を左折。
ここはキツかったですね。以前反対側の粥仁田峠を登ったときもかなりのものでしたが、山の斜面自体がどちら向きにもきついのでしょう。
b0144082_0442537.jpg

例によって最後に到着したあと、ソフトクリームを食べにもーもーハウスへ、そこでジェラートをいただきました。GWで家族連れの観光客多数、天気も眺めもよく最高のロケーションでした。
b0144082_0464047.jpg

その後牛乳も飲んでリフレッシュ、西側に下って定峰林道入口を目指します。
がしかし・・・リフレッシュしたはずですがここまでの行程で既に脚は売り切れ寸前、というか売り切れてました。下りはまあ何とかなるものの、栃谷の交差点で小休止したあとの平地走行は既に着いていけなくなり、千切れてしまいます。
b0144082_0503078.jpg

林道入口に着いた時点でもうボロボロ、この先高篠峠まで登れるのか、Yabooさんによると確か平均10%以上、距離も5km程度とのことだったと思いますが、とても登れる気がしません。
うーん、ここでDNFか、とも思いましたが気を取り直して最後尾からゆっくりゆっくり登り始めます。かなり登った辺りでもうそろそろか、と希望的観測を胸に上を見上げてみると遥か上方にガードレールが見えて心が折れかけたりしましたが、息も絶え絶えに高篠峠にたどり着きました。
b0144082_057295.jpg

一応ここまではスケジュール通りに推移していたので歓談しつつ休憩、また少し息を吹き返しました。
休憩後は昼食をめざして東側に下ります。白石峠登り口までの道は程よい斜度ですごく気持ちよく走れることを知りました。
昼食は宿の交差点に程近いうどん屋。
いつも前を通っていましたが、構えが立派で広間に卓が並ぶ親しみやすい雰囲気、お値段も普通です。
山菜系の天ぷらが美味、うどんもこしがあってイケました。
b0144082_115083.jpg

食後もちょっと長めに休憩して完全にリフレッシュ(したつもり)、ここから先は斜度はともかく短めの坂だけということで少し気が楽になります。
再出発後はいろいろなブログでよく目にする梨花カントリークラブへと登ります。
キツーい坂をクラブハウスまで登ってみると、これ磯崎新設計の「武蔵丘陵カントリークラブ」ですね。昔建築雑誌で見てました・・・ってことを心に思いつつ必死になって皆さんについていきます。
そこからまた下り(この下りがコンクリート舗装で逆向きはかなりなモノだと思いました、そのうち登ってみたいです)、また平地走行で千切れそうになりながら最後の登りを桂木観音へと漕いで行きます。
最後の最後にコンクリートの激坂をこなした先にはまた素晴らしい場所が待っていました。
b0144082_1112138.jpg
b0144082_1111440.jpg

写真ではなかなかその良さが伝わりませんが・・・・

本来の予定ではこの先がまだありましたが時間の関係もありこのあとは帰路につくことになりました。
下って東に進み、毛呂のあたりであゆさんがご自宅への別ルートへ。
南に下って宮沢湖隣のコンビニで最後の休憩、湖の駐車場まで車載の24WEさんとはここでお別れ。
この先はちょっとYabooさんのペースについていくのも辛そうなのでは単独走、ということにさせてもらおうかと思いましたが、ここまでよりはゆっくり目に走るということなのでお言葉に甘えて所沢までご一緒させてもらう、というか牽いていただくことに。

で所沢でYabooさんともお別れ、所沢街道~青梅街道で一路帰宅しました。
全行程202kmはやっと初の200km越え、獲得標高は2921mでした。昼食時に誤ってガーミンのログをいったん保存して2分割になってしまったのでデータはひとまず上記だけ。

激しく疲れましたが充実した楽しいライドで、色々な意味で今後の糧になると思います。
ご一緒頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
それにしてもYabooさんのコースは噂に違わぬハードさでしたが、これでも自走の往復を含めて3000m以下です。5000mとか6000mとかとても考えられません(笑)!

ちなみに帰宅して着替える時に体重計に乗ってみたら学生の時より軽くなっていてびっくりです。
その後かなり元の数字に近くなりましたが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-05-07 01:31 | 自転車 | Comments(0)

初の200km越えは初の3000m越え・・・か?(前半)

GW後半の4連休も折り返しです。
家族との予定もなく(もはやそれぞれに忙しくてそれどころではない)2日間自転車三昧してしまったので、何回かに分けてその記録を。

前回エントリーで書いたように3日(土)はハルヒル試走に出かけて時間と気力によっては2回登ってしまおうか、などと目論んでいたのですが、以前よりブログを愛読させてもらっていたYabooさんが奥武蔵での超絶(自分にとっては。Yabooさんにとっては至って普通らしいですw)ライドを予定されているとのこと。
かねてより軽めのライドでご一緒させてもらいたいと思っていて何回かコメントもしてましたが、決して軽めではないもののこのタイミングを逃すと次はいつになるか分からないと思って我とわが身を省みずに参加させてもらいました。ハルヒル試走は今日(もう昨日ですが)行ってきたのでそれはまた改めて。

参加はYabooさんの他に24WEさんあゆさん
事前にブログにてそれぞれのプロフィールや走りっぷり等拝見させていただきましたが、百戦錬磨(?)のつわものばかりです。
初めての集団走行の時もだいぶビビリましたが、今回もそれ以上にビビリまくりです。前の晩には本気でやっぱりキャンセルしようかと思いました・・・

当日はセブンイレブンの飯能永田店に8時集合。飯能は白石峠に行ったときに何回か通って大体分かったいたので、自走で行ってみることに。丁度40kmなのでグロス20km/h+何かあったときのマージン30分として5時半に出発。GW初日とはいえさすがにこの時間だと空いていたのとトラブル・アクシデントは何もなかったのとで7時20分くらいには着いてしまいました。近くまで車載の24WEさんは既に来られていて、ご挨拶と歓談。やがてあゆさんとYabooさんも来られてそれぞれご挨拶、全員集合です。


b0144082_21513100.jpg

Yabooさんのリドレー。シクロクロスにロードのタイヤを履かせていますが、フレームサイズがデカくディスクブレーキで何ともいえないカッコよさです。

b0144082_1183637.jpg

24WEさんのこれもリドレー。カラーリングのデザイン、Di2アルテグラ(最近換装されたそうです)はYabooさんのバイクと同じですがこちらはロードバイク、Yabooさんのとはちょっと違ったカッコよさです。

b0144082_1203162.jpg

あゆさんのピナレロ・パリ。白のフレームに鮮やかな青のバーテープが印象的です。ちょっと持たせてもらいましたが軽い!

いろいろと雑談しているうちに出発予定時刻となり、出発。Yabooさん、あゆさん、自分、24WEさんの順にトレインを組んで進みます。
えーと、これ初っ端からキツかったです。30~35km/hで推移、普段このくらいで走ることもよくあるんですが、川沿いで微妙に登り基調なのとやっぱり自分のペースで走れないのがつらい。ひとりなら辛くなれば自然にペースを落としてしまいますからね。だんだんアップアップになってきて、しかもあろうことか右のふくらはぎが攣りそうになってきました。ふくらはぎが攣りそうなんて去年の7月に初尾根幹を走り土曜出勤前100kmライド(午前中に出社)をした時以来かな。きっとどこか力の入れ方が間違っているんでしょうから、追々勉強してみます。

やがて山伏峠のぼり口についてトイレで小休憩。
b0144082_1395924.jpg


ここからはそれぞれのペースで、ということで登り始めました。
あゆさんが凄いペースであっという間に見えなくなってしまいました。事前にブログで白石峠を28分台で登られることは知っていたのですが、それにしても凄いです。
当然自分は途中から最後尾の一人旅になるのですが、まあ何とか山伏峠に到着。
b0144082_1443871.jpg


まだ序盤ですが、平日と同じように深夜となってしまったので今日はこの辺にしときます。
行程が進むにつれて気力体力が尽き記憶があいまいになって書けることも限られてきますので(笑)、この辺が記事としての半分としていいでしょう。
それではまた。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2014-05-05 01:54 | 自転車 | Comments(2)