L S C H

タグ:IXYdigital25IS ( 99 ) タグの人気記事

2年ぶりに膝が痛いョ

あざみライン+スカイラインで痛くなった膝、ちょっと後をひいています。
2年前に痛くなったのは外側(左だと記憶していましたが右でした)でしたが、今回は同じ右の前側。
前が痛くなる要因は大きく分けて二つあるようです。
①:サドルが低い
②:トルクかけすぎ
今回は明らかに②ですね。
7月につくばを走ったときにぽっぽさんが撮ってくれたビデオ。
それを見て自分のフォームのひどさに愕然としたわけですが、見るからにサドルが高すぎるのがその原因の一つと思われました。
そこでとりあえず5mm下げて様子を見ていたところです。セオリーの股下寸法×0.いくつ、ってやつから見てもまだ高いし、あと5~10mmくらいは下げる余地があると思っています。
よってサドルが低いために膝が痛くなったとは考えづらい・・・

夏から秋にかけて走行距離、獲得標高ともに去年よりぐっと減っていたのに、時間がとれたからって喜び勇んで高負荷のライドを決行しましたが、やっぱり準備不足でしたね。
獲得標高4000m前後のライドは今まで何回もやっていますが、今回は超級山岳2連発と上りっぱなしぶりが今までの経験にはなかったものでした。これに膝が耐えきれなかったみたいです・・・

帰りは大事をとって輪行にしたこともあり、翌日には日常生活ではまったく痛みも出ず、土曜の自転車通勤でも問題ありませんでした。
そこでまあ大丈夫かな、って楽観視したんですが。

日曜は尾根幹の途中にちょっとした用事が出来たので、そこから和田峠に行って、藤野に下りてR20で大垂水峠を超えて帰ってくるルートを設定しました。一応控えめに130km程度です。

前夜の祝い酒で寝坊というかゆっくり起きて、9時頃出発。
二十数km走って尾根幹の最初の上りに入ったあたりで早くも痛み出しました。

国士舘大の近くで用事を済ませた後はもう無理をせず野猿街道からR20で東に戻り、府中のローソンで食事をして小金井街道で帰宅しました。それでもその道すがら痛みは増す一方。

IMG_3073

IMG_3075

IMG_3074

今度の週末はノーライド確定、その次は今年最後のブルべBRM1030埼玉200kmアタック志賀坂なんですが、これもDNSかな~。
しっかり休んで炎症(?)が引けば大丈夫だと思うのでそれほど深刻には考えていませんが、やっぱり次の週末どこ走ろうか・・・がないと寂しいですね。くっそ~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-10-18 02:01 | 自転車 | Comments(2)

今さら・まえばし赤城山ヒルクライム大会参戦記2016(反省偏)

えー、今さらですが(笑)行って参りました、第6回まえばし赤城山ヒルクライム大会。
大会終了後は前橋から会社に直行し、10/2も楽しみにしていたBRM1002群馬200kmをDNSするなど、業務多忙でブログを書く余裕もなく時間が経ってしまいました。

レースの結果から言うと、タイトルからしてもうお分かりかと思いますがそれはもうヒドイものでした。
一昨年から参戦し始めたヒルクライムレース、今回が8戦目ですがぶっちぎりのダメっぷりです。
結果は:1時間31分57秒
去年から5分半も遅くなっています。
ハイ、お終い。





としたいところですが(笑)、まあ一応レポートしておきましょう。

去年一昨年と同様に当日受付としたので、未明3時頃に家を出て4時半にグリーンドーム駐車場に到着、準備して着替えて出発、同じ駐車場から出る人達で10台くらいのトレインになり進んで行きます。
自分の前を走る人はウォーミングアップなのでしょう、ものすごい高ケイデンスで廻しています。130~140くらいでしょうか。「ちょっとちょっと、そんなに廻してると脚がバターになっちゃいますよ」と忠告してあげたくなるレベルです。そして予定通り5時半ごろに会場に到着しました。

当日受付を済ませてゼッケンをつけたり身支度が終わるころにぽっぽさんが来てくれて合流。
一緒にウォーミングアップしましょうということで、あゆさんも荷物預け場あたりにいるらしく、 自分もそっちに行ってまずは荷物を預けました。
そしてあゆさんを探すのですが、姿が見当たらない・・・数分前にDMがあったばかりなので間違いなくこの辺りにいるはずなのですが・・・ぽっぽさんと歩き回ってみましたがどうしてもお会いできなかったので、申し訳ないけど二人でウォーミングアップに出発です。

IMG_2968

下山ルートから心拍が170を越えるくらいまで上って西に移動、丁度大鳥居からHCコースに入って下りてきました。
会場に戻ったらぽっぽさんとお別れして自分の待機場所へ。

IMG_2969

バイクを並べて軽量化の列につきましたが、このトイレの設営がひどくて列が進むのに猛烈時間がかかり、バイクに戻ったときにはもう前のグループがスタートする頃でした。

IMG_2971

トイレに並んでいる間にゼリーとナンバーバナナを食し、ここで最後にスポーツ羊羹。長丁場でハンガーノックが怖いので直前にあれこれかきこみました(笑)。
スタート地点に向けて列が動き始めましたが、何となくだらだら動いて、まだ自分達後ろの方が動いているうちに号砲が鳴りました。
周りの人たちももう走り始める、っていうのを理解していない感じでしたが三々五々バイクに跨りクリートを嵌めてスタート。最初はパレード走行だから沿道の人たちに手を振ってのどかなものです。

IMG_2972


IMG_2973
K4に入ると上りになり、すぐに上細井町交差点を超えて計測開始ポイントを通過します。
いよいよ今年の赤城山ヒルクライムが始まりました!
(以下レース中の写真は試走時のもの)

このコース、大雑把にいって前半が緩くて後半がキツい。自分は平均速度を見ながらペースをつかんでいますが、前の日に改めて去年の自分のブログを読んで二つの数字を頭に入れました。
・大河原橋(中間地点よりちょっと下)で19km/h
・ゴール地点で14.3km/h
去年はこんな感じ。今年は準備不足なので去年の記録を少しでも上回れればOK!という目標です。

スタートしてしばらくは5%以下の緩斜面が続きます。
IMG_5888

25km/h超のペースで走りますが、周りはかなり混みあっているのでハスったりしないように注意深く進路を取ります。

自分とペースが合うのか後ろに一人か二人ついているのがバックミラーで確認できました。
心肺はそこそこのキツさ、それも3~4㎞走って落ち着いてきました。
そのうち後ろについていた人がすーっと前に出ながら「一緒に行きましょう」と声をかけてくれました。
そのまま後ろにつきましたが、何となく去年や一昨年とは疲れ方が違います・・・まだ前半なのに余力がなくなってきて、1~2㎞で千切れてしまいました。

IMG_5891

平均速度も最初の25km/h超からどんどん落ちて行って、大河原橋を渡る時には目標の19km/hを下回る18.9km/hになっていました。
IMG_5894

この時点で「去年を上回れないかも・・・」とあきらめムードが高まりますが、後半の気持ちよく走れる九十九折れで挽回することに淡い期待をかけながら山間の直登エリアに入っていきました。

IMG_5895

しかし、そんな期待はすぐに打ち砕かれます。時折10%程度になるもののほぼ一定の勾配で上っていくここからの道、苦しくなるばかりでまるでペースが上がりません。
ガーミンに示される平均速度は見る見るうちに下がっていきます。準備不足でレースに臨むとこうなるんだな、っていうのを実感しました。
あとはもうひたすら気持ちとのギャップに耐えながら脚を廻し続けるしかありません。

IMG_5898

事前の応援ツイートに応えて「出し切りたいと思います」なんて呟きましたが、もちろん出し切ろうとしてはいるもののそのレベルが低すぎます(笑)。
九十九折れに入ったあたりのことはもうよく覚えていないんですが、残り3kmくらいで早くも目標の14.3km/hを下回っていました。

IMG_5905

IMG_5908

ヒルクライムレースの常で抜いたり抜かされたりしながら進むのですが、このあたり終盤では明らかに去年に比べて抜く数より抜かされる数の方が圧倒的に多くなっていました。
そして大きく右に回った最後の上りストレート、彼方にゴールのゲートが見えてきました。

IMG_5912

去年の自分はブログによるとこのあたり20km/h超でラストスパートをかけて他のローディ達をごぼう抜きにしたらしい(笑)ですが、今年は全く逆・・・とてもスパートなどかけられず15km/hくらいでよたよた走り、右から左からブチ抜かれます。くッ・・・みじめだ・・・

IMG_5913

IMG_5914

やっとたどり着いたゴールのゲートをくぐりながらガーミンのラップボタンを押すと、表示されたタイムは1時間31分台。
去年のタイム(26分台)を上回れなければ一昨年のタイム(28分台)、それがダメでもせめて30分は切りたいと思いつつ踏みましたがそれも遥か及ばず。
あーあ、ひでえなあ。でも疲労感は去年よりあったような・・・
そのまま少し下って荷物を受け取り、トイレに入って一息。

IMG_2974

下山の待機場所に移動して列に並ぶと恒例のなめこ汁を頂き、休む間もなく下山スタートです。

IMG_2975

特に寒くもなく順調に下りて行きますが、大河原橋手前の直線部分でちょっとしたギャップに乗ってしまいました。何か軽い衝撃音があったと思ったら、後ろの人が「ライトが落ちたよ~」と教えてくれました。駐車場を出る時はまだ暗かったのでライトを点けてきたのですが、レース時に外していたのをバックパックがいっぱいになったのでまたハンドルに戻していたのです。その時のつけ方がいい加減だったらしい・・中華ライトですがぐんにゃり曲がって完全にお亡くなりになりました。

このライト、段差を乗り越える衝撃でいちいちモードが変わるという中華ライト特有の症状が最近激しくなっていたのでそろそろ引退させようかと思っていたところ。なのでもう惜しくはないのですが曲がっちゃって蓋が外せず電池が取り出せないw最近買い足したばかりの新しい電池、なんとかして回収しなければ。
大河原橋で一旦停止、そこからさらに下って畜産試験場交差点でK4を外れて住宅街と畑の間を走りますが、前橋市街を見下ろしながら下っていく気持ちいい道です。

会場に戻って混んでいるバイクkラックに隙間を見つけてバイクを停め
IMG_2977

完走証受取場所であゆさん、ぽっぽさんと合流。ベンチに座ってしばらくおしゃべりしてから出店ゾーンへ。
500円の商品券は受付時にゼッケン等と一緒にもらえるのかと思っていたら、事前に受付票と一緒に送られていたとのこと。気づかず置いてきてしまいました。残念~、ってことで色々冷かしましたが結局何も買わずに撤収。ぽっぽさんとは会場でお別れ、あゆさんとは方向が一緒だったのでグリーンドームのそばまで一緒に走りました。

IMG_2978
駐車場でバイクをクルマに乗せ、着替えたらそのまま会社に直行したのでした。


さて、ここからが本編(笑)の反省編です。
なぜ今年はこんなにふるわなかったのか?
答えは明らか、準備不足です。よく言われる「練習は嘘をつかない」、走りながら実感しました。
過去のレースに比べて事前の走り込みが質量ともに不足しています。
この3年間の8月に入ってからレース前日までの走行距離と獲得標高は
2016:1,405km 14,824m
2015:1,987km 27,933m
2014:1,525km 18,854m
去年の獲得標高が群を抜いています。ただ、今年と一昨年はそれほど変わりません。
同じこの期間にいわゆる「坂練」と言えるライドを行った回数は
2016:1回
2015:5回
2014:4回
「坂練」と「ロングライド」の線引きは難しいのですが、例えば一昨年と今年は赤城山に自走で試走しましたが、どうしても追い込む走りにできなくて、これは上記の回数に入っていません。自分のマインドの問題で、こういう時でも追い込んで上れればいいんですけどね。
なので奥武蔵等の行き慣れたところにHCの練習目的で行って追い込んで走った回数、が上記です。
こういう数字はこのブログを書くために改めて抽出したわけですが、レースの前から何となく去年一昨年に比べて走り込みが足りないな~、とは思っていました。
で、数字にしてみて納得。これじゃあ去年並みに走れるわけがありません。

もひとつ分析してみました。
stravaにはこのHCコースを三分割したセグメントがあります。
それによると
前半戦:大河原橋までの8.9km
160925_赤城HC前半戦
2016:29分43秒 →17.97km/h
2015:29分47秒 →17.93km/h
2014:30分18秒 →17.62km/h
あれれ、大河原橋で去年より遅いと思ったのですが、実際にはわずかに上回っていました。去年のブログの大河原橋かもうちょっと行ったところで19km/h、ってのがいい加減で間違ってたんですかね。てかガーミンが示していた平均速度と1km/hの差がありますよ。どっちが正しいんだろ?
ここで去年とほぼ同タイムってわかってたら心持ちが違ってもう少し頑張れたかな?いや多分そんなに変わらないでしょう。

そして中盤戦:大河原橋~九十九折れの6.3km
160925_赤城HC中盤戦
2016:32分05秒 →11.78km/h
2015:30分23秒 →12.44km/h
2014:30分43秒 →12.31km/h
ここで去年、一昨年のタイムを下回っています。でも平均時速にすると差は1km/h以内。

さらに後半戦:九十九折れ~ゴールの5.9km
160925_赤城HC後半戦
2016:29分17秒 →12.09km/h
2015:25分28秒 →13.90km/h
2014:26分19秒 →13.45km/h
ひどいもんですね。去年との平均時速の差は2km/h近くに開いています。

つまり今年は「去年に比べて明らかに準備不足なのに序盤の緩斜面で去年と同じペースで走ったので見事に脚が売り切れ、その後は垂れる一方だった」
というわかりやすい考察です。いや考察にもなっていない、ただの現実ですけど(笑)
ちなみに年代別の順位は完走568人中166位で上から29%。ハルヒルは同じ年代のくくりで上から15%でしたから、おおよそ倍です。これは悔しすぎる・・・


3年連続で参加したまえばし赤城山ヒルクライム大会、実は今年去年のタイムを上回れたら来年は出るのやめて他のレースにしようかな、と思っていました。
でもこれでやめるのはちょっと癪だな~。
また来年のブルべやらレースやら、もう少ししたら考えましょう。

ネガティブなことをだらだら書いてしまいましたが、レースに参加すること自体は間違いなくすごく楽しかったです。それはいつも通り。
あのヒリヒリ感と非日常感はたまらないですね。
それにこのレースは去年一昨年はボッチ参戦だったのですが、今年はぽっぽさん、あゆさんとご一緒できて2週間前には一緒に試走もできました。
こういうプロセスもまたいいですね。
やっぱり来年も出るかな~。でも今年からエントリー料が値上がりして当日受付の手数料と合せたら諭吉様おひとり分なんですよね。
(参加賞グッズがツールケースで一瞬喜んだけど、2千円の値上がりを考えるとそのくらいは当たり前か?)
それなら富士ヒルの方がいいかも、という気もします。うーん悩ましい・・・


2週間も経ってからの古新聞レポートですが、改めてご一緒したぽっぽさん、あゆさん、そして当日応援ツイート等頂いた皆さん、ありがとうございました~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2016-10-05 20:11 | 自転車 | Comments(0)

やったぜ10万m!と年末のごあいさつ

自分の会社は12/28から休みに入ったわけですが(12/27(日)に大掃除&納会)、色々あって12/28も出社の可能性がありました。結果的には回避したのでささやかな走り納めに行ってきました。
行ったのはやっぱり奥武蔵。あまり遠くないところで済ませようということで、エーデルワイスGCで準備運動→桂木観音→梅本線→GL→宿谷権現堂線というルート。
8時過ぎに出て16時に帰宅したのでちょっと控えめでしたね。まあ本当はそんなことやってる場合じゃないからしょうがないです。
簡単に写真と行程だけ。

エーデルワイス
b0144082_0162741.jpg


桂木観音
b0144082_0163885.jpg


梅本線(終点)
b0144082_0164924.jpg


天文岩
b0144082_0165917.jpg


北向地蔵
b0144082_017816.jpg


b0144082_0171924.jpg

11月末時点では難しかろうと思った年間獲得標高10万mを達成することができました!
b0144082_0172960.jpg

年間走行距離:8,257km
年間獲得標高:101,206m
が今年の結果でした。いや~走った走った。

というわけで年末のごあいさつを。
通年でロードバイクに乗るのは今年が初めてでしたが、いろいろ経験を積み重ねて充実した自転車生活を送ることができました。
仲間と走り、レースやブルべに出場し、ボッチ走もあちこち(これが一番多かったのは間違いありません)
まとめは年が明けてから改めてするかも。
一緒に走った仲間の皆さん、ネット上でのやり取りが主体だった人たち、いるのかいないのかわかりませんがROM専の人、本当にお世話になりました。実に楽しい一年でした。
ありがとうございます~

また来年もこの調子で頑張り、楽しみましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-12-29 00:20 | 自転車 | Comments(2)

もやしそばと嶺岡林道の旅(後編)

何やかやと多忙に過ごしているうちに週末をまたいでしまいました。
20日(日)は午前限定で24weさんと多摩丘陵を走ってきたのですが、そのレポートの前にまずこちらから。
もはや誰も続きを期待していないかと思われますが(笑)、やりかけたからには最後まで!
というわけで前回の続きです。手短にいきましょう。
嶺岡林道を走り、大山千枚田に到着しました。
b0144082_1513912.jpg

ここは東京に一番近い棚田とのこと。この季節だと田んぼもすっかり刈られて茶色くなっているかと思っていましたが、どういう状態なのか意外にきれいでした。観光客やアマチュアカメラマンの人もちらほら。
そして次の日にシクロのレースに出場する24weさんはここで離脱です。
b0144082_1503627.jpg

お疲れさまでした&頑張って下さいー、ということでお別れしました。
残りの7人は引き続き林道を進みます。
千枚田から見える自衛隊のレーダーだったかな?が林道コースの最高地点近くとのこと。しばらくはまだ上りが続きます。
b0144082_1521687.jpg

やがてピークと思われるT字路に出て左折。地図で見ると「愛宕山」ってなってますね。
そこからずっと下っていくと一旦林道から国道に出ます。ここで「酪農のさと」に寄り道。去年の「先っちょツアー」の時にも寄ったところです。
b0144082_1523421.jpg

お約束のソフトクリームを頂きますが、何しろずっと下ってきた後なので体が冷えきっています。これが上りきった後なら暖まっていてちょうどいいんですけど。
なので寒い外には出ないで、小屋の中で頂きました。ヘタレですいませんw
b0144082_153119.jpg

皆トイレなども済ませるとまたスタート、林道はここから先も続きます。短めの坂をいくつか超え、今度は見晴らしのいい広いピークに出ました。パラグライダーの発着場とのこと。眺めがよくてこれは気持ちいい。
b0144082_1535280.jpg

b0144082_154521.jpg

ここを過ぎて下っていくと嶺岡林道はおしまい、太平洋側に出ます。
海岸沿いの遊歩道っぽいところをちょっと走って海の写真を撮りました。
b0144082_1541630.jpg

冬でもサーフィンやってますねー。寒くても楽しいんでしょう。真冬の早朝暗いうちから走っちゃうのと同じキモチでしょうかね。
鴨川シーワールドや亀田ホスピタルの前を走り、ファミマで休憩してから内陸に入り、ルートとしては帰路になりました。
b0144082_1544933.jpg

うーん、この内陸を北上したのがどんな道行きだったのか、既に記憶が曖昧です(笑)。
鴨川市天津のファミマから市原市高滝のデイリーマートまで40km弱、デイリーマートが18時ちょい前だからこの間に暗くなったんですね。
b0144082_155436.jpg

それでもう何が何やら・・・CB山さんがZENさんに替わって前を牽いたのがこの区間だったか・・・
で、デイリーマートを出たあとでCB山さんが離脱したんだな。
更に進んで千葉市内、当初の予定はステーキガストでしたが、何しろ土曜日の19時半ごろ、5組待ちかなんかでかなり時間がかかるようです。ステーキガストを諦めてそのちょっと先にあるココスに入りました。こちらは余裕で、6人+4人のテーブルを使って6人ゆったり座れました。
食事とおしゃべりで1時間余りを過ごして店を出たら、道の駅やちよまで最後の20㎞です。
ここも変わらずZENさんに牽いていただきましたが、この日は終始比較的ソフトな牽きで助かりました~。
22時過ぎに道の駅に無事到着、
b0144082_15654.jpg

デビさんはここからさらに40km走るとあってあまりのんびりせずに解散となりました。
b0144082_1562647.jpg

撤収して帰りは外環経由、日は跨いだけど無事に帰宅したのでした。
b0144082_15640100.jpg

久しぶりの房総ライド、かの嶺岡林道も走ることができたし楽しくて大満足の一日でした。
土曜走るのはなかなか難しいのですが、皆さんまたよろしくお願いします♪

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-12-22 01:58 | 自転車 | Comments(0)

もやしそばと嶺岡林道の旅(前編)

12/12(土)、この日は何とか仕事のやりくりをつけて房総半島ライドに参加してきました。
去年10月の「先っちょツアー」以来、房総半島を走るのは1年以上ぶりですね。
集合は道の駅やちよ向いのサンクスに6時。余裕を見て4時ちょい前に家を出て近くのガソリンスタンドに寄り、そこを出たのが4時丁度。
北池袋から首都高に乗って都心環状線→7号→京葉道路の花輪で降りて20㎞弱、道の駅やちよに着いたのが5時丁度、1時間で着きました。それからのんびり軽量化したり自転車を下ろして準備したりで5時半くらい、さあ行くかというところでYabooさんと合流。サンクスに行くとプチデビルさんは既に到着していました。さらにZENさん、あゆさんと次々到着。6時ギリギリに、早く着いて車中で寝ていたというtomoさんも集合、予定通りに6時にスタートを切りました。
b0144082_2275829.jpg

まず目指すのはセブンイレブン袖ヶ浦飯富店。そこで24weさんCB山さんと合流予定です。24weさんの情報によるとスタート地点からは約40kmとのこと。40kmなら休憩なしで、とサンクスで確認していました。
いつものように(といっても自分はそれほど経験がないのですが)ZENさんの牽きで、ただし鬼ではないソフトな牽きで6台トレインは順調に進んでいきます。やがて回りの看板等にも袖ヶ浦の文字が現れ、八千代からの距離も40kmに近づいてきました。そろそろトイレにも行きたくなってきたし休憩にはちょうどいい頃合いだな、と思ったのですが・・・40kmが43kmになっても45kmになっても辿り着きません??
限界!ってほどではありませんがトイレも結構差し迫ってきましたw
走り続けてなぜか50kmをも超え、やっと目的地のセブンに着きました。
ここで24weさん、CB山さんと合流です。
b0144082_2284678.jpg

休憩を済ませると今度は8両編成に拡大したトレインで走ります。
途中でCB山さんがパンク。チューブラーのパンク修理は初めて見ます。
b0144082_2292082.jpg

チューブラー先輩のあゆさんが色々アドバイス、24weさんからも道具を借りて何とかかんとか修理完了。何か大変そう、自分は一生クリンチャーでいいやと思いましたw
引き続きトレインは進み、海沿いの道を走ったりします。
b0144082_229548.jpg

一行が目指していたのはデカ盛りで有名?な「住吉飯店」です。
b0144082_2303228.jpg

前回何人かの皆さんがここに来たときに他のお客さんが食べていた「もやしそば」が強烈だったということで、今回は基本もやしそば固定メニューです。
b0144082_2304539.jpg

うーんこれは・・・w
他の麺類では一枚の汁受けの皿が二重になっています。そして山盛りのもやし、麺が見えません。
もやしを掘り進めて早めに麺に辿り着かないと、ひたすらもやしを食べた後で麺だけを食べ続けることになってしまいます。
何とか麺をほじくりだしてバランスをとりながら食べますが、味はいいしあんかけでなかなか冷めないので美味しくいただけます。トッピングのメンマがピリ辛でアクセントになっているのもいいですね。
まあなんといってももやしですから、よく噛めば胃に入るボリュームは見た目ほどではないのでしょう。
もちろん超満腹ですが、全員見事にもやしそば峠を攻略しました。
b0144082_231371.jpg

満足して店を出るとすぐそばのコンビニで食後のデザート休憩。
b0144082_2311473.jpg

このあとはいよいよこの日のコースの白眉、嶺岡林道線です。
最大の標高差は300m余りですが、急勾配ありアップダウンありで楽しめる道のようです。
b0144082_2314323.jpg

第一から第四まであるそうですが、第三林道からのアプローチになります。バラけるようなバラけないような、つかず離れずでみんな上っていきます。
b0144082_2423858.jpg

b0144082_2323043.jpg

b0144082_2335269.jpg

b0144082_237523.jpg

b0144082_2374533.jpg

アップダウンをこなしながら進んでいくと、まずは最初の見所「大山千枚田」に出ました。
b0144082_2372872.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-12-16 02:44 | 自転車 | Comments(0)

今年最後(?)の奥武蔵

ついに今年も終わりの12月に入り、意味もなくそわそわしてまいりました。
我が家では年末に向けて一部エアコンが故障して買い替えの必要に迫られるなど、せわしなさと財布の軽量化に輪をかける事態に陥っております(泣)
休みの日に走りに行くにしてももうどこに行こうか考えるのがめんどくさい(笑)
天気予報とにらめっこして何を着ていこうかってなった時も、行ったことがない場所だと暑いのか寒いのか予想がつきにくいこともありますし。
というわけでこの週末に行ってきたのは安定の奥武蔵。
この前散々だった白石峠にもう一回上って、その後はグリーンラインを南下しながら適当に上ったり下りたりしようかと。
家の都合でできれば17時、遅くとも18時までには帰りたいので14時には撤収開始、を目安にしました。
その分早く出ようと目覚ましを4時半にセット、一旦目を覚ましたのですが不覚にも二度寝、気がついた時には5時40分orz
それからあれこれ準備をして家を出たのが6時過ぎ。
ルートは街中を走る煩わしさを回避したい気分だったので行けるところまで荒川CR。これがまた完全に裏目に出ました(笑)
ついこの前荒川峠云々のブログを書いたばかりなのに、何も考えずにそのトラップにハマりました。考えなさすぎですねー。
「激」と呼ぶほどではありませんでしたが結構な向い風。斜度に換算すると7~8%ってところでしょうか。
田中セブンに着いた時点で脚は完全に終了です(笑)。
b0144082_8232158.jpg

一休みしてK172を白石峠上り口へと走ります。で直前の特産物販売所の手前でふと停まって考えました。
これでTTしたっていいタイムが出る可能性はまるでないし、それなら他のとこ上った方がいいんじゃないの?逆向きは今年何回も上ったけどこっちからは一年以上上っていない七重峠とか・・・
しばらく逡巡した結果、やっぱり七重峠にしよう、と踵を返しました。
b0144082_8234980.jpg

しかし次の瞬間、そういえば朝寝坊して行程はちょっと押し気味、ここから七重峠~定峰峠~白石峠と走ったらまっすぐ白石峠を上るよりかなり時間を喰ってその先の余裕がなくなるゾ、と改めて思い直したのです(笑)
で、返した踵を返し直して結局は白石峠へと上り始めました。
b0144082_824485.jpg

一応本気で上ってみますが、予想通りのダメダメぶり。ここに書くのがためらわれるタイムで上りきり、天気がよかったのでそのまま堂平山へと向かいました。
b0144082_8242040.jpg

写真を撮ったらすぐに撤収、下りてきた白石峠で改めて写真だけ。
b0144082_824312.jpg

グリーンラインを高篠峠方面へ。高篠峠、大野峠
b0144082_8244426.jpg

と過ぎて刈場坂峠でトイレ休憩。
b0144082_8245273.jpg

さらに進んで飯盛峠を過ぎ、梅本線を下ります。
b0144082_825283.jpg

下りきったら今度は猿岩線へ。
b0144082_8255859.jpg

ここを上るのは去年の夏の終わり以来、久しぶりですね。前半が猛烈キツくて後半は比較的緩く、全長4.2kmくらい、というのが記憶の中のイメージです。
実際に上ってみると・・・
前半が猛烈キツいのは記憶と合ってます。当然ですね。13~14%の勾配が延々と続きます。
後半になってもなかなか緩くなりません。最後左手の視界が大きく開けてグリーンラインに合流しますが、既に上りはじめてから5kmを過ぎています。距離の記憶は外れでしたw。
b0144082_82546100.jpg

そして結局緩くなったのはこの最後の視界が開けたところだけだったでしょうか。まあアラフィフの記憶なんてこんなもんです(笑)。
何はともあれ猿岩線をやっつけました。
b0144082_8261151.jpg

この時点で13時半くらいだったでしょうか。ちょっと早いけどキリがいいのでもう撤収です。後はグリーンラインを鎌北湖まで進み、平地に下りて帰るだけです。
だけ、といいつつもグリーンラインのアップダウンが最後のとどめで結構ききました。
b0144082_826285.jpg

b0144082_8263739.jpg

K30からK262に入りセブンで最後の休憩。その先でK397を左折、初めて狭山環状有料道路(自転車20円)を通って清瀬からはいつもの道で17時頃には帰宅したのでした。
b0144082_8264684.jpg


この前日にCanyonで初、と言ってもいい部品交換を行いました(基本タイヤとペダル以外は未だに納車時のまま)。ステムをデフォの80mmから90mmに交換したのです。特に下ハン持ったときとかちょっと窮屈だったんですよね。1cm伸ばすか2cm伸ばすか迷ったんですが、いきなり2cmはリスクが高いのではないかと思って無難に1cmの変更にしました。
感触は・・・
ブラケットポジションはほとんど気づかない程度(いや鈍感なだけ)、無理ない範囲で少しだけ前傾が深くなりしたかね。向かい風にはよかったような。
下ハンを持つと、自然な前傾姿勢がとれて、目論見通りに手から肩にかけて少し楽になったように感じます。プラシーボかな?あと、ダンシングも今までよりちょっとばかり楽にハンドルを振れる感じ。
悪くないようなので、しばらくはこれで行ってみましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-12-11 08:30 | 自転車 | Comments(4)

裏尾根幹と、そろそろまとめに入るか・・・

11/28(土)はこの前レポートした11/22(日)に続いて埼スタ参戦。内容については触れますまい。

ヤル気の出ない翌日曜日、のんびり起きて家族で朝飯を食べた後、100㎞くらいどこかを走るかな~、ということで久しぶりに「裏尾根幹」を走ってきました。
1月に走って以来のこのルート、ネット上で拾ったものですがとても複雑で、とにかくガジェットを見ながらでないと自分がどこにいるのか、さっぱりわかりません。

前回はスマホの地図アプリを見ながら走りましたが、今回はガーミンにルートを入れて行きました。
Edge510Jのルート案内は簡易版なので地図はなし、ルートの線が表示されるだけです。
b0144082_1582664.jpg

b0144082_1584081.jpg

細かい道になると曲がるんだか曲がらないんだかよくわからない・・・10か月ぶりなので記憶も曖昧、ちょっとしたミスコースを連発しながら走りました。
b0144082_1585083.jpg

短いながらも10%~15%の斜度が次々と現れるので、いいトレーニングにはなりますね。
b0144082_159141.jpg

b0144082_1591659.jpg

そして前回足着き、その後一度リベンジを試みるも返り討ちにあったあの小野路の激坂、今回もチャレンジしましたが・・・劣悪な路面に負けてスリップ、立ちゴケですorz。うーん、足着きよりも始末に悪い。嫌なイメージがこびりついてしまいました。
この写真はそこを下から見上げたところですね。
b0144082_159578.jpg

まあ冬の山に行けない間はこの界隈にもよく来るでしょうから、ほとぼりが覚めた頃にまたチャレンジしてみましょう。

前回と同様に後から写真をみてもどこだかよくわからないのですが、あの尾根幹のすぐ横とは思えない、のどかな田園風景が広がっています。
b0144082_202442.jpg

b0144082_204345.jpg

牛もいます。
b0144082_211526.jpg

トンボ池。
b0144082_213914.jpg

ベンチがあったのでちょっと休憩。
b0144082_222037.jpg

さらに走り続けます。
b0144082_234733.jpg

緑の向こうには見覚えのある新しい建築が見えていたりして、ホントに面白い世界ですよね、この辺りは。
b0144082_231253.jpg

野猿街道の北側まで足を伸ばしてから若葉台辺りまで下り、鶴川街道~甲州街道~荒玉水道線と来た道をそのまま戻って6時過ぎには帰宅したのでした。
b0144082_24876.jpg


そしてこのライドで11月も終わり、ついに師走に突入。早くも今年が終わりに近づいてきました。
一年をまとめてしまうにはまだ早いのですが、数字的なおさらいだけしておくと
ここまでの走行距離:7,543km
 〃 総獲得標高:92,620m
走行距離の目標は7,000kmとしていたので、これはもう達成しました。12月よっぽどの悪天候でもない限り8,000kmはいけるかな?
獲得標高は100,000mに乗せたいところですけど、これはちょっと難しいでしょうねえ。
夏だったら7,500mくらいはすぐなんですが、そろそろ寒さやら路面状況やらで高いところに上りづらくなってきましたから。
まああまり無理はできませんから、成り行きで行けるところまで、ってとこでしょうか。最後の最後でもう少し、だったらちょっと頑張っちゃうかもしれませんが(笑)。

そろそろ来年のレースやブルべの計画も考えつつありますが、これについてはいずれ改めて。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-12-03 02:07 | 自転車 | Comments(0)

バイクロア応援と失意の白石峠

もう一週間経ってしまいましたが、この前の三連休のことなど。

11/22(日)、この日はJリーグ(J1)の最終節が開催されました。
ただし、今年から2ステージ制が復活したので、チャンピオンシップに駒を進めるチームはこれが最終戦ではないのですが。
それでスケジュールもいつもと違って、日曜開催となっており観戦しやすい・・・
早めにチケットを買って予定を入れていました。

そして21日とこの22日、秋ヶ瀬公園ではバイクロア5が開催され、Yabooさん24weさんが22日午前中にシクロクロスのレースに参加されるとのことでした。

これはタイミングがいい、朝お二人を応援してそのままちょっと遠回りして埼スタに行けば時間的にも丁度いいし、最終節だけはセレモニーの写真を撮るためにカメラ(一眼レフ)を持っていくので、レースを撮ることもできるじゃないですか。

Yabooさんが出る最初のレースが8:30スタート、その前にお二人と顔を合せて、写真を撮るためにコースの全貌を把握しておきたい・・・家から秋ヶ瀬公園までは20㎞ないくらいで半分はCRなので、7:15くらいまでに家を出れば大丈夫だろう、と算段しました。

前日の土曜日はいつものように出勤、色々あって帰宅したのが深夜1時過ぎ・・・終電を気にしないのでついこうなってしまう、というジテツウのデメリットw
それから風呂入ってその日のチャリダーを録画で観ながらビール呑んで、寝たのが2時過ぎ。
大体平日は2時半ごろに寝て6時半ごろに起きる生活ですから、まあそれと同じで普通に起きられるだろうと思っていたのですが・・・

日曜の朝、家人に起こされて時計を見ると、なんと7時15分です!
その位の時間に家を出る、と言っていたので起こしてくれたのでした。うーん、目覚ましをセットし忘れたらしい。何たる失敗・・・

結局家を出たのが予定より30分ちょい遅れて7時50分頃。
笹目橋の横から荒川CRに入り、一路秋ヶ瀬公園を目指します。クロスバイクを必死に飛ばしてのんびり走るローディをぶち抜き、スタート時間に間に合いたかったのですが・・・無情にも秋ヶ瀬橋を渡っている最中に8時半を過ぎてしまいました。くっそー!って自業自得なんですけど。

公園の中を半分ほど走りバイクロアの会場に到着。どこに何があるんだかさっぱりわからず、焦りつつ奥に進んで駐車場の誘導をしているアルバイトに「駐輪場はどこですか?」と訊いてみたけどまるで把握していない様子。
仕方ないので駐車場の脇の芝生にクロスバイクを放り出し、とりあえずコース脇へと行ってみました。すると丁度選手の一群が目の前を通り過ぎていき、その中にYabooさんもいるではないですか。
まず最初のシャッターチャンスを逃しましたw
それからコースに沿って歩いて行くと180度ターンするポイントがあったのでとりあえずそこで待機。一周してくるのを待って、最初の撮影。
b0144082_20183098.jpg

さらに場所を少しずつ移動していきましたが、コースを把握していないのでどういう風に移動して行けば効率よく撮れるの要領を得ません。
b0144082_20185297.jpg

しかし、場当たり的に撮影しているうち構図がいい撮影ポイントもわかってきました。
b0144082_2019562.jpg

b0144082_20191689.jpg

そんな場所のひとつで知らない選手が走るのを試し撮りしたりして、よし次はここで、と待ち構えますが・・・
Yabooさんが来ません・・・
他の選手も来ません・・・
レースが終わってしまってのですorz
30分で4~5周、その最初の10分近くを失ったのは大きすぎました。
Yabooさんスイマセンー


続いてすぐに24weさんのレースが始まります。コースは大体わかったので、まずは24weさんのヘルメットとウェアを確認しておかないとまた無駄に時間が過ぎてしまいます。スタート地点で並ぶ選手たちの中に24weさんを発見、大声で呼び掛けると気付いてくれました。
b0144082_20193319.jpg

まもなくレースがスタート、今度は展開に合わせてあっち行ったりこっち行ったり、効率よく動けます。
いやあ、こういうのは久しぶりで楽しいぃぃ!
b0144082_20194716.jpg

今このブログを読んでくれてる人はたぶん誰も知らないと思いますが、元々は一応写真のブログだったんですよね。
あと、その頃もブログには載せませんでしたが、息子のサッカーの試合はよく写真を撮っていました。動く被写体を撮るのはそれ以来かなあ。
とにかく自転車に乗るようになってから撮影の機会が激減していましたが、ほんと久方ぶりにこの楽しさを思い出しました。
b0144082_2021386.jpg

コースのすぐ脇に陣取れるので、色んなアングルで撮り放題ですねー。
b0144082_20214860.jpg

b0144082_2022980.jpg

到着した時に慌てていてガーミンの電源を切らずにポケットに放り込んでいたので、撮影している間の軌跡がわかります。
b0144082_20255594.jpg

なかなか頑張ってますね(笑)
応援しつつ色々と試して写真を撮っていると30分はすぐに経ってしまいます。
24weさんのレースが終わると3人合流してしばしおしゃべり、お疲れさまでしたー、で解散となりました。

次は埼スタを目指します。まず荒川CWを入間大橋まで北上、そこから東に向かって大宮でナクスタの横を通りました。こっち方面から埼スタにアプローチするのは初めてです。何となく埼スタのまわりっぽい田舎臭さになってきたなあ、と思うと道路標識に「埼玉スタジアム」って表示されて、見覚えのある光景になってきました。
直近のコンビニで昼食を調達してスタジアムへ。
席で食べるのは窮屈なので北広場でモグモグしてから入場。
試合は途中雲行きが怪しくなりかけたものの結果的には3点差で勝利、試合後の鈴木啓太の退団セレモニーでは思わず涙しました。
試合後はテンションも上がっているのでR122を飛ばして一目散に帰宅。録画で復習しながら勝利の宴をあげたのでした。



翌日曜日、昼過ぎには降り始める予報・・・久しぶりに車載で奥武蔵に行くことにしました。
定番の白石峠~林道定峰線、そのあとは梨花を抜けて帰るかな、というまああまり考えていないコースですね。
ゆっくりめに8時頃家を出て物見山へ。
準備して白石峠へと走り出します。
ちょっと足が重いかなー、という感じ。前日の走行距離は約80kmでしかもほぼまっ平らでしたが、何だかんだで結構踏んだので疲れが残っているみたいです。
b0144082_20264821.jpg

上り口では例によって写真を撮っただけですぐにスタート。
b0144082_2027638.jpg

すぐにこれはちょっとダメかもしれないなー、と悟りました。とにかく足が重くて全然回らない・・・
がっかりしないようにできるだけガーミンを見ないで淡々と、かつ最大限回しているつもり・・・自分でももっそり走っているのがわかります。半分を過ぎたあたりでつい見てしまったラップ平均速度は11. 2km/h。
こりゃダメダ。
完全諦めモードとなるも一応必死に漕いで結局タイムは34分丁度。
b0144082_20272589.jpg

難しいだろうと思ってはいましたけど、年内の30分切りは正式に諦めました(笑)
この前ベストを出した時は自走だったんだから、車載で来て上る以上はベスト更新はマスト。できれば31分切り、の意気込みだったのにその時より2分半も遅いという・・・なんという体たらくでしょうw
前の日走ったっつっても平地のみ80km程度ですからね。
まあ仕方ない、予定通りに定峰峠に下りてそのままノンストップで秩父方面へ。
次は林道定峰線を上ります。
b0144082_20275821.jpg

この日は上ると暑い、下るとウインブレを着てもかなり寒いという厄介な天気でした。
ここまで下る間に完全に体は冷えきりましたが、上り始めるとまたすぐに暑くなります。ウェアの選択が難しいですね。
この定峰線は定番コースで今までに何回も上っています。最初に上った時は息も絶え絶えでしたが、その時よりはさすがに楽に上れるようになりました。
stravaによるとベストの5分落ちで高篠峠に到着。
b0144082_2028984.jpg

ここから大野峠線を下り、梨花カントリーを超えて物見山に戻るつもりで走りだしましたが、間もなく宿交差点、っていう辺りまで来てふと思い立ちました。
あゆさんが時々行っているくぬぎ村ってとこ行ってみようかな?
萩日吉神社への道を直進せずに道なりに右に逸れ、そのまま道なりに進み「埼玉のラルプ・デュエズ」の上り口を過ぎて少し行くとくぬぎ村まで3kmの看板が出ていました。
かなりの勾配のところもありましたが、上りきってくぬぎ村に到着。
b0144082_20281918.jpg

標高はそれほど高くないけど眺めは結構悪くないですね。
b0144082_20283029.jpg

写真だけ撮ると来た道をそのまま下り、埼玉ラルプの横から梨花カントリーへ。「裏梨花」とでも呼びましょうか、下ったことはあるけど上るのは初めてです。表に負けずに13%超が続くなど結構な激坂でした。
その後は大附の激坂を下り、楠線は回避してシロクマパンへ。
b0144082_20284060.jpg

珍しく誰もいなくてやっていないのかと思いました。
腹ごしらえをした後は物見山まで戻って撤収、また関越に乗って帰宅したのでした。
b0144082_20285146.jpg

以上、土曜のジテツウを含めて全部で195km、細切れながらも結果的にはそれなりの距離を走った3連休でした~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-11-28 20:34 | 自転車 | Comments(4)

二週連続ノーライドは免れた

この前書いたように11/7・8は色々あって完全ノーライド、その上に11/14・15の土日も一週間前からずっと二日間共雨、の予報でした。
これが的中すると二週連続ノーライドになってしまう・・・どうせ予報がずれたり変わったりするに違いない、と毎日予報が更新される11時、17時毎に確認する勢いで気にしていましたが・・一向に変わる気配がありません(笑)それどころか木曜かくらいには降水確率がさらに高くなっていました。
いい加減にしろよこの野r(ry と思っていましたが、金曜にはやっと予報がちょっとずれ、日曜午後にわずかな望みが持てるようになりました。
そして迎えた週末、土曜は予報通り終日雨、明けて日曜日・・・
朝方は雨が残っていましたが、10時頃にはすっかり止みました。
おお、やったぜ!!
路面は完全にウエットですが、この際そんなことには構っていられません。
家のこともあれこれやっていたので11時半くらいになってしまいましたが、「ちょっとひとっ走りしてくる」と言って出撃です。

5~6時間は走れそうなので、彩湖ぐるぐるではもったいない・・・とはいえ奥武蔵で本格的に走るにはちょっと時間が足りない・・・比較的近くて上れる成木HCコース、常盤林道を上ることにしました。

家を出ると新目白通りに入って谷原へと走ります。2週間ぶりの自転車、そんなところを走っているだけですげぇ楽しい!
途中では青空が広がりこんな感じ。
b0144082_12485573.jpg

いつものように大泉、清瀬と抜けて所沢からK179を西へ。

岩蔵街道に入ってすぐのセブンで昼食休憩。ここまで30km以上走りましたが路面も乾いて気温も上がり、すっかりグッドコンディションです。
b0144082_1249742.jpg

さらに進んでバーディクラブの坂を上り
b0144082_12492132.jpg

成木街道へ。この辺りまで来ると路面はまたウェットになっているところが多くなります。
ところどころ木々が色づいてきれいですね。
b0144082_12493444.jpg

b0144082_12494443.jpg

そしてやって来ましたこの標識。手前、行き止まりへの道が常磐林道=東京ヒルクライムNARIKIステージのコースです。
b0144082_1250874.jpg

左折してノンストップで上り続けます。写真はあんまりありません。
b0144082_12502269.jpg

上り中に唯一撮った写真です。
しばらくはそれまでの上り基調と同じような勾配が続きますが、ゴールまで3.5kmの看板のあたりからか、本格的な斜度になってきました。
どうせ距離も短いから、とここまで後先考えずに廻してきたので、既に足はかなり削られていてなかなか思うように進みません。中一週空いているのも大きかったかもしれません。
ここを上るのは2回目ですが、前回のレポを改めて読んでみたら「10%超はない印象だが、ログを見るとたまにはあったみたい」的なことを書いてありました。
えー、嘘ばっかりですね(笑)その時はよっぽど調子が良かったんでしょうか?
今回はちょっとガーミンで斜度を気にしながら上ってみましたが、残り3.5km以降は半分くらい10%超え、といったところです。
まあ所詮ガーミンの表示てすからあんまりあてにはなりませんけど、いい加減なりにひとつの目安にはなっています。
で、結論としては記憶にあるよりもずいぶんキツい(笑)
それでも距離が短いのでさほどめげることもなく上り続け、途中こんなところもありましたが(下りで撮影)
b0144082_12513626.jpg

淡々と漕いでゴールに到着。

途中で追い抜いて行ったオートバイの人がいましたが自分が着くと間もなく下りていってしまい、静寂の中で一人っきりとなりました。
あまりゆっくりもしていられないので、自分もゴールの鋳物オブジェのところで写真を撮ってすぐに撤収です。
b0144082_1251812.jpg

林道に入ってからはほとんどウエットで、さっきの写真みたいに落葉もあったりするので慎重に、20km/hくらいでゆっくり下りていきます。
b0144082_12514556.jpg

b0144082_12515573.jpg

下りきるとそのままUターンするように小沢峠へと上り、石碑は遠目に写真を撮るだけでスルー。
b0144082_125242.jpg

トンネルを抜けてK70へと下ります。
K70を東に少しだけ走るとK221を右折、山王峠へと一直線の短い上りをえっちらおっちら。
b0144082_12521718.jpg

これでこの日の上りは終わりなので写真を撮ってツイート、手持ちのスニッカーズで簡単に補給。

ここから下り、仏子を通って入間に向かっていたのですが、R463バイパスを潜るところで気が変わって歩道橋からバイパスの長い上りに途中からin。
b0144082_12523520.jpg

さっき「短い上り」って書いた山王峠よりここの上りの方がさらに短いと思うんですが、あっちは峠としては短く、こっちは国道の坂としては長い、ってことですね。
b0144082_12525131.jpg

あとはバイパスで所沢まで、さらに所沢街道の脇道から新青梅街道に入って帰宅したのが18時丁度でした。
実は家人には17時には戻る、と言ってあったのですが・・・それで道中も結構急いでいたのです。しかしとても間に合いませんでしたw
まあ晩飯の買い物をするくらいだったので特に問題はなく、遅めの買い物を一緒に済ませて食事をつくり、平和で楽しい休日を締めくくったのでした。
と、子供の作文のようなノリで今回のライドのレポートはおしまいです(笑)
b0144082_1253429.jpg


113km1151m 、上昇率ちょうど1%の短めライド。昼から走ればこんなもんかな、と。半日で100kmだからまあ上出来でしょう。
次の三連休、まとまって走れそうな月曜日がまた雨の予報です。11月は走行距離伸びませんね。年間獲得標高10万mはちょっと無理そうです・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-11-18 12:55 | 自転車 | Comments(0)

麦草峠と、峠巡りの旅(後編)

この週末、土曜は大学のクラス会があったので電車で出勤、日曜は朝から雨で二日とも完全ノーライドでした。
土日完全ノーライドって久しぶりだな、いつ以来だろ・・と思ってガーミンコネクトで記録を遡ってみたら、なんとびっくり今年初めてでした。土曜の会社往復20㎞だけにしろ、今年に入ってからずっと土日どちらかは必ず自転車に乗っていたとは、我ながらちょっと驚きです。梅雨時とか思うように乗れなくてストレスが溜まりましたが、それでも週末まるで走れないってことはなかったんですねえ。

そんなわけで新しいネタもないのでゆっくりしてしまいましたが、前回の続きです。

26kmの長い道のりを走り始めましたが、最初のうちしばらくは平坦に近い緩い上りが続きます。
道端にはこういう標識が立っていて、標高100m毎に知らせてくれます。
b0144082_1342185.jpg

メルヘン街道とかロマンチック街道とか、誰がつけたのか知らないけど意味不明で風情のない命名は何とかならないんですかねえ(笑)。
b0144082_1361782.jpg

長い上りは最初の数kmがなかなか数字が減らなくて一番気が滅入るんですが、そこを緩い勾配でサクッと通過できたのは心理的には大きかったですね。
調子が出てきたところでそれに合わせるように勾配もきつくなってきました。
b0144082_8215652.jpg

断続的に8~10%くらいの斜度が続き、スピードはすぐに10~12km/hに落ち込みます。
こりゃやっぱり13時までに峠に着くのは無理かなー、と早くもあきらめムードになりますが、先はまだまだ長いのでペースを崩さず上り続けました。

そういえば途中で左折で麦草峠の看板(道路標識ではない)がありました。地図上は道なりに見えるけど実際には交差点を曲がっていく、っていうやつなのかな、と半信半疑で曲がってみましたがガーミンは「オフコース」の表示をしたままでルート図からも現在地が外れていきます。
数十m走ってやっぱり違うか、と元の道に復帰。登山客用の山道の案内なのか、曲がった先にある何かの店の陰謀なのか?単なる近道なのか?騙されないでよかった・・・

それからさらに数kmくらい上っていくと、勾配が緩い区間がしばらく続きました。これは体力的にも助かったしいい気分転換になりました。
その緩い区間の途中だったと思いますが、きれいな白樺林が左右に拡がっています。
b0144082_135553.jpg

更に上り続けるとそのうち緩い区間も終わってしまい、また8~10%くらいのちょいキツ目の勾配の繰り返しです。13㎞で半分、はさっきの緩い区間で通過したと思いますが、さらに6.5kmで残り1/4、5kmで1/5・・・といつものように分数で切り刻んで残りの距離を消化していきます。
大雑把にいって最初がキツくて中間で緩くなり、その後またキツくなるのがこのルート全体のプロフィールだな、と理解しました。
断続的に現われる10%前後の勾配で脚が削られ段々スピードも落ちてきますが、残り1/4を切るともう少しだな、とかなり気が楽になります。それでも勾配は別にして白石峠一本分の距離があるわけですが(笑)。
残り3㎞くらいで、小海方面へ下る道との分岐を通過。下りはこれを走る予定ですが、ここに休憩所があって売店とか簡単な食堂とか、自販機も並んでいました。帰りに寄ってドリンクを補給することにしてとりあえず行きは素通りです。
残り3㎞を切ればもうカウントダウン状態です。緩まない勾配を指折り数えるようにじっくりのっそり上っていき、そろそろピークかというところで見えてきました!
b0144082_138892.jpg

あの有名な道路標識が道の向う、上り勾配が緩んだところに姿を現します。ぼけちゃってますけどなかなかいい構図ですね、と自画自賛(笑)。ほんとはもうちょっと前にシャッターを押せるともっと良かったんですが。
で、麦草峠2127mに到着です。
b0144082_8223410.jpg

クルマで来ていたカップルの男性に声をかけられ、写真を撮ってくれるってことなのでお言葉に甘えました。普段は自分の写真には頓着ないんですが、せっかくなので。
b0144082_8224799.jpg

彼もロードバイクに乗るそうです。お返しにカップルさんの写真を撮ってさし上げました。

一息ついたらシリアルバーをちょっと補給して下山です。時間は13時ちょっと前。おお、タイムスケジュール通りに進んでいるではないですか!
峠の気温を確認しようと思って忘れてしまったのですが、ガーミンのログで見ると5~6℃くらいだったようですね。
この前ぽちったパールイズミのよだれかけ、ウインドブレーカー、さっきセブンで買った手袋を追加で装備して下り始めました。
重装備にしたこともあって、ここでも朝一番の下りのような耐えられない寒さではありませんでした。いやあ、よかったよかった。
3㎞ほど下ってさっき通り過ぎた休憩所に寄り道。トイレと飲料補給です。
b0144082_1405475.jpg

ちょっと眺めのいい場所もありました。
b0144082_141797.jpg

ここを出るとR141までひたすら下りです。
R141直前の松原湖。
b0144082_1412785.jpg

湖畔まで下りれば紅葉と湖できれいな写真がとれそうでしたが、そこに行くにはちょっと下らなければならず、そこからまた上がるのがかったるそうなので迷わず省略。

R141に出ると左折して北上、セブンの小海豊里店に入って休憩です。暖かいドリンクと焼きそばパンなどを補給、写真は撮り忘れました。
まだ先は長いので、短めの休憩で出発です。
次に目指すのはぶどう峠。R141からK2へと右折します。
b0144082_1415393.jpg

その先で、R299の南を並走するK124に入って東に向かいます。14時半ごろとまだ午後の早い時間ですが、日が短くなったこの頃ではもう太陽が低くなってきて夕方のような陽の射し方です。
b0144082_142717.jpg

道はずっと上り基調ですがキツくなることはなく、4~5%くらいを上限に緩く緩く少しずつ高度を稼いでいきます。
b0144082_142327.jpg

工事中のダート道もあり。
b0144082_1425333.jpg

ここまでたぶん3,000m以上上っているので、さすがにへばってきました。この勾配のままぶどう峠まで行きつければいいなあ、などとあり得ないことを考えながら走って行くと、明らかにここから峠道で勾配がキツくなる、というポイントにきました。
正式な標識ではありませんが、「←ぶどう峠2.6km」と書かれた看板が壁に張り付いていました。写真撮っとけばよかったなあ。
2.6kmなら勾配がどうであれまあ大したことないな、と安心しつつガーミンの表示はラップ距離のままとして進みます。
b0144082_1434248.jpg

b0144082_1441559.jpg

もうすぐ峠か、という辺りで巨岩出現。なんとなくグリーンラインの天文岩を想い出させます。
b0144082_1444434.jpg

これを過ぎると間もなくさっきの看板から2.6km。さてそろそろ峠かな・・・とカーブの先に看板や道標があったり道が下りになっていたり、を期待しながら進みますが相変わらず上りっぱなしです。
あれれ、とガーミンで断面を見てみると、おいおいあと1kmくらいは上りが続くじゃねえか!?
しかもこの最後の1kmが10%超連発の激坂続きですw。もう上りは終わりと思って弛緩した気持ちに鞭打って、なんとか峠に到着しました。
b0144082_145256.jpg

標高1500m超で十石峠より100mちょっと高いみたいですね。
b0144082_1451436.jpg

距離に関しては・・うーん、看板を読み間違えたかなあ?そんなことはないと思うんだけど。登山者向けの山道の案内だったのか?車道に向けてでっかく貼られていたが・・・もう一回行って検証してみたい(笑)

気を取り直して先に進みましょう。ここで長野県から群馬県に入ります。
b0144082_1453851.jpg

R299に合流すべくどんどん下っていきます。
b0144082_1455584.jpg

b0144082_1461447.jpg

合流後しばらく走って、朝と同じく道の駅上野でトイレ+自販機休憩。
b0144082_150762.jpg

時間は16時半過ぎ、残りは40kmを切るくらいなのでこの先はもうノンストップで行きます。
最後の土坂峠を除いてはずっと下り基調なので、順調なら18時半くらいには龍勢会館に戻れるはず。
断面で見ると土坂峠は短いながら結構キツそうなのと、その辺りではもう夜間走行確定なので、その後の下りもそれほど飛ばせない(+危ない)、というのがちょいと気がかりでしたが。
薄暗くなり始めたところでR299を東に進みます。
b0144082_8231057.jpg

真っ直ぐ行くとR462で藤岡・鬼石、右に行けばR299で秩父。
写真は明るく写っていますが、実際には暗くなり始めていたのでぼけちゃいました。
朝は右から来ましたが、ここを真っ直ぐ進みます。

しばらく進んでK71を右に曲がると土坂峠への上りですが、そこまでの距離を把握していません。
頭に入っているルートの感覚では5kmも走れば曲がるような気がしていましたが、なかなか曲がるポイントに辿りつかない・・・結局10km以上走ってやっと右に進路をとりました。
この10kmの間に完全に日が暮れて辺りはもう真っ暗です。うーん、できればそうなる前に最後の峠を越えたかった・・・
上りに入るので一旦停まってぶどう峠から着っぱなしだったウインドブレーカーを脱ぎました。ついでにガーミンをパシャリ。
b0144082_1512171.jpg

少なくとも3kmは上りが続きます。ざっと平均8%ってとこでしょうか。かなりギザギザしているので、緩いのと10%超の激坂の波状攻撃みたいです。
で、走り始めてみるとやっぱりその通り、緩急の差をつけて攻めてきます(笑)。
急のところはもちろんインナーローですが、緩になってももはやシフトアップ不能です。4000m近く上ってさすがに脚も売り切れてますね~。仕方ない、ゆるゆると上っていくしかありません。
b0144082_1514368.jpg

たまーに車が通るだけで誰もいない真っ暗な峠道を静かに黙々と上っていると、なんだかもう夜中の0時くらいかのような寂しい気分になってきますが、実際には18時前、夏ならまだ十分に明るい時間です。
300mくらいの標高差でしょうか、これがこのライドの最後の上り、と何とか足を廻し続けてやっとピークに辿りつきました~・・・と、トンネルでした。ここの峠をトンネルで抜けるとは把握していなかったので、暗闇に突然現れたトンネルにちょっとびっくり。
トンネルの手前で一枚。
b0144082_15214.jpg

走りながら一枚。
b0144082_1523886.jpg

もひとつついでに抜けてから見返して一枚。ここで群馬県から埼玉県に入ります。
b0144082_1525645.jpg

あとはもう十数km、下って平地に出てひたすら足を回して道の駅龍勢会館に帰着。予想通り、18時半くらいでした。
b0144082_1531157.jpg

着替えてバイクを片付けて撤収、関越が事故渋滞していたので残念ながら21時の帰宅はなりませんでした。

b0144082_1533259.jpg

210kmで獲得標高4335m、ルートラボでは約4600mでしたがガーミンではそれより小さい数字になりました。
ほぼ200kmの山岳ブルべくらいの数字ですね。経過時間の12時間48分は去年参加したブルべ「上毛三山」の認定タイムとちょうど同じです。
往復違うルートを通って左右対称の断面で大中小5つの峠を上り、好天の中綺麗に色づいた山々を見ながら走る・・・
想定したタイムスケジュール通りに事が進み、トラブルもなく、実に満足度の高いライドになりました。
今までのソロライドの中でも1、2を争う印象深い旅でした。いやあ満足満足。同じルートじゃなくてもいいから今度は仲間の皆さんと走りたいですね~


さて次はどこに行こうか、となるわけですが次の週末・・・また土日だけ雨の予報です。おいこら天気、何とかせんか~(怒)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2015-11-11 02:02 | 自転車 | Comments(2)