人気ブログランキング |

L S C H

年末~年始、簡単に。

皆さまあけましておめでとうございました。

冬休み中のことを簡単に。
前回エントリー後、冬休みに突入して二日目の12/29に走り納め。

鶴ヶ島を経由するルートで田中セブンまで。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08135623.jpg
こっちからは初めて上る横松~ちょっと下って松郷峠。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08142214.jpg
そのまま北に下り、小川町方面から折り返して碑原峠へ。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08145256.jpg
年末~年始、簡単に。_b0144082_08151327.jpg
6~7年振りの慈光寺。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08154553.jpg
下りたら宿の交差点をそのまま直進してくぬぎ村。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08162066.jpg
南側からいわゆる「裏梨花」からそのまま弓立山へ。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08184088.jpg
いつもは誰もいないのにローディ数人、登山客のグループが7~8人、怪しい交信をしている無線マニアなどで賑わっていました。

そば道場の激坂をおりて楠線、と思ったら通行止め。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08190337.jpg
たぶん行けば問題なく走れたんじゃないかと思いますけど迂回。

最後は滝の入線から桂木観音。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08192353.jpg
高いところは凍結もありそうだったし長い上りを頑張るガッツもなかったので、この界隈で短い上りを沢山こなしました。


これで2019年のライドはお終い。
走行距離は4,863km(実走のみ)、獲得標高は53,695mでした。
ロードバイクに乗り始めて以来最低の年間走行距離で、2018年に初めて1%を切った上昇率は辛うじて1%超を回復。
出走したヒルクライムレースは2つだけ(富士ヒル、赤城山HC)で両方ともワースト記録を更新。
ブルべは4エントリーで完走は1回、1DNFに2DNS。
数字だけ拾うととにかく酷い一年でしたが、楽しく走れたという点では今までとそんなに変わらなかったかな、という印象。
1月から3月まで、膝痛~仕事地獄~体調不良(原因不明の目眩)でほとんど走れなかったのがとにかくイタかったですね。




そんな一年が終わり、明けて2020年の走り初めは1/2の午前中に荒サイを若洲まで。
この4~5年変わらない目的地です。
途中こんな写真を撮り
年末~年始、簡単に。_b0144082_08200113.jpg
葛西橋で通行止めと看板が出ていたのですが一応行ってみたらやっぱり行き止まりで船堀橋まで戻り
年末~年始、簡単に。_b0144082_08202540.jpg
若洲で東京湾に出て
年末~年始、簡単に。_b0144082_08204328.jpg
公園の先っちょでいつもの写真。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08213193.jpg

雲がなければゲートブリッジの向こうに富士山が見えるのですが。

年末~年始、簡単に。_b0144082_08222052.jpg
右岸を北上して荒サイ離脱直前の新岩淵水門。

若洲まで、ということだけでなく鹿浜橋から左岸を南下→若洲から新木場経由で荒サイに復帰→右岸を新荒川大橋まで、というコース自体もいままでのログを確認したわけではないのに後で確認したら去年や一昨年と同じでした。



一日おいて1/4は初上り。
連日呑んでいるので早起きするつもりもありませんでしたが、それにしてもさあ行こうか、という気持ちになったのが9時前くらいでその1時間後にやっと出発。
多摩丘陵でアップダウンにしようかとも思いましたが、うちから最も近い3km以上の上り(だと思うけど違うかな?)の成木峠に行くことにしました。
清瀬~所沢と走っていつもの岩蔵街道ファミマ。完全に昼ご飯の時間です。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08235484.jpg
東京バーディ倶楽部は越えず西側の成木街道から常盤林道の上りへ。

ひぃひぃ言って何とかゴール。汗と鼻水でトップチューブが光っています。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08243376.jpg
年末~年始、簡単に。_b0144082_08245399.jpg
上りも下りも誰一人いませんでした。以前イノシシと並走したことがあるこの道、今回も何やら出てきそうな雰囲気でした。
寒いのでゆっくり下りきったらUターンして小沢峠へと直進。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08252773.jpg
K70を東に進んで山王峠。
年末~年始、簡単に。_b0144082_08254882.jpg
入間~所沢のいつものルートで帰宅。


こんな感じで9連休中3回のライドで350km。
去年に比べればまあまあいい出だしが切れたんじゃないですかね。
寒い間は走るのも億劫になりがちですが、引きこもらずに外を走りたいものです。手が凍えて痺れて痛くなるのがとにかくツラい(身体や足先が冷たいのは我慢できるのですが)のが一番の悩みですね~

それでは皆さま、改めまして今年もよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by gon_oz | 2020-01-07 08:28 | 自転車 | Comments(0)

新車で仕切り直しライド

今年もあと一週間で終わりです。自転車に乗るのもあと1回か2回か、というところですね。

12/21は3週間前にパンクで切り上げたライドの仕切り直しに行ってきました。タイヤ・ホイールはもちろん自転車丸ごとその時とは違うので今度はルートを完遂できる予定(笑)。
5時半くらいに起きようと思ったのですが、前夜布団に入ってからiPodのアラームをセットする間もなく眠りに落ちてしまい、目覚めたのが6時半、家を出たのが7時半。
清瀬~所沢でK179、さらに岩蔵街道ファミマまではいつもの通り。ここまでですっかり手が冷え切り、痺れて辛かったです。
新車で仕切り直しライド_b0144082_19304147.jpg
おにぎり等を食して再スタート、前回パンクした岩蔵温泉の横を無事通過、東京バーディ倶楽部を越えて小曽木街道を左折と思ったら警察が道を封鎖しています。自転車も通れなくなっていて、名栗方面に行くには戻って迂回してくれ、とのこと。
うむむ~、あまり考えずに言われた通りに引き返してバーディ倶楽部を上り返しました。走りながらあそこで右折して山王峠を越えた方がよかったかな、とも思いましたがあまり走らない道を行くのもいいだろう、と思い直して進みました。
西の方にぐるっと回って成木街道の入口から元のルートに復帰。ここで逆向きも封鎖されていましたが工事とかやっている風じゃなかったし、警察が番をしていたから何か事件があったのかも?

で、ちょっと調べたらちょうど一週間前にこの封鎖されていた区間沿いで殺人事件があった模様。これのせいですね。

いつもの成木街道を走り、小沢峠を通過。久しぶりに石碑前で写真を撮ろうかと思ったら先客がいたのでそのままトンネルに突入、越えたところで一枚。
新車で仕切り直しライド_b0144082_19314182.jpg
寒いので下りもゆっくり進みます。
K53を西に進んで名郷バス停。
新車で仕切り直しライド_b0144082_19315782.jpg
トイレを済ませて山伏峠へと上ります。ここのところあまり上りで鍛えてもいないので淡々と進みますが、心なしかいつもよりスイスイ進む気がします。これはいいぞ!という思いと、いやいや気のせいに違いないこういう風に感じながらタイムはまるで振るわなかったことが今まで何回あったことか、という気持ちがせめぎあいながら進み、峠に到着。
新車で仕切り直しライド_b0144082_19322029.jpg
結果的にはPRはならなかったものの、今年何回か上った中では一番いいタイムでした。ささやかながら新車効果かな?
先には進まずここで引き返します。寒いのでスピードを出さずそっと下りるのはさっきと同じ。
K53を東に戻り、R299への標識が出ているところで左折。天目指峠へと上ります。ここは2km余りと短いのですが後半は10%超の連続でなかなか馬鹿にできないコースです。前半は余裕ですが終盤は左カーブに差し掛かるたびにここで終わりか、と思うもののまだ先があってがっくり、の繰り返しです。やがて四阿が見えてきてやっとゴール。
新車で仕切り直しライド_b0144082_19324695.jpg
ここもそこそこのペースで上ったつもりでしたが、帰宅後アップしたstravaではベストの4分半落ち。えええ、4年前の自分はそんなに速かったのか-と著しくがっかりしましたが、PC版で改めて確認すると「移動タイム」はベストと10秒くらいしか変わらなくてひと安心。そうならないように峠の標識から20mくらい先までは走ったんだけどどこがゴールに設定されていたんでしょう。あとスマホ版stravaでセグメントの移動タイムがわかるといいんだけどどこかで表示されているのかな?

ここから北に下りて子の権現に北側から上るルートをオプションで考えていましたがやっぱりや~めた、ということでここも上った道をまた戻りK53に復帰。
子の権現の代わりには程遠いですが、最後に東都飯能カントリー倶楽部を上っておしまいにすることにしました。
新車で仕切り直しライド_b0144082_19332672.jpg
新車で仕切り直しライド_b0144082_19340320.jpg
ふう・・・激坂だけどゆっくり上ればいいや、などと考えましたがゆっくり上るのもやっとなのはいつものこと。
その後は仏子やら入間やらいつもの道を通って帰宅。142kmの行程でした。






で、改めて新車ですがこんなのです。

新車で仕切り直しライド_b0144082_19343201.jpg
アルミのエントリーモデルに6年乗ったので、まあ新しいの買ってもばちは当たるまいということで思い切りました。エンジンはエントリークラスのままですが(^^;
黒のキャニオン、という点では今までと同じですがアルミ・紐・リムブレーキからカーボン・Di2・ディスクブレーキと全くの別物になりました。ハンドル幅、クランク長などの細かい寸法も違いますから何もかも一新ですね。今までとの走行感の違いの原因がどこにあるのか、さっぱりわかりませんw
ペダル、ボトルケージ、ライト等つける前の状態で実測7.4kgでしたから特別に軽いわけじゃないし、持った感じも今までとあんまり変わらないかな?という印象。
でも走ってみると平地も上りも今までより「軽く」進む感覚があります。stravaの主なセグメントを見たところ、ちょっと頑張った短い上りなんかでは今までより多少はタイムもいいような。
今回のライドの下りはかなりゆっくりで短めだったのでディスクブレーキの恩恵はあまり実感できず。でもブレーキフィールは今までとあまり変わらず違和感ないし、長い下りや雨天時(積極的に走るつもりはありませんが)には威力を発揮してくれそうです。
Di2は今更ですがさんざん言われている通り。今まで紐で不自由は感じていませんでしたが、想像以上の快適さでこまめなシフトチェンジが可能ですね。冬用グローブなので時々アップとダウンをミスります(笑)。また、初心者的ですが試しにガーミンにギアを表示させてみたら余分なギアチェンジもなくなり停車時に常に適正なギアに入れられるなど、これも思ったよりメリットが感じられました。

メカニズム的には前回初心者で買って以来細々と積み上げてきたメンテのスキルは全てご破算、また一から勉強です。メンテや調整の方法などわからずブラックボックスで乗っているので、今路上でトラブったら完全にお手上げです。少しずつ勉強しなくちゃですね。
まだ2回しか乗っていませんが文句のないこの一台、今度も長い付き合いになるはずです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by gon_oz | 2019-12-23 19:46 | 自転車 | Comments(4)

南房ライドと荒サイ北上

12/14は久しぶりのグループライドに行ってきました。場所は南房総、となれば当然ZENさんプロデュースです。
スタート地点は木更津ではなくさらにちょっと南下した君津市。自分は初めての場所です。
余裕を持って家を出たつもりですがアクアラインに入る手前からかなりの渋滞で、スタート予定8時の数分前に駐車場に滑り込みました。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17260740.jpg
慌てて諸々準備、8時15分ごろ4人でスタート。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17273286.jpg
ZENさん、24weさん、tomoさん、そして自分の4人です。
例によって市街地から郊外の道へ、ZENさんの先導でどんどん進みます。ガーミンに一応コースは入れておきましたが、最初はナビも起動せず、とにかくついていくだけです。
カメラは壊れたまんまなので(一週間ほど前に意を決して修理に出しました)、写真はちょっとしかありません。
コンビニ休憩を経てさらに進みます。
この日のコースは上昇率1%くらいです。この往路後半くらいからそこそこに「房総半島的アップダウン」が続き、まあこんなもんかなと思っているうちに急に脚が回らなくなってきました。このところまるで鍛えてないですから。
そんなタイミングでZENさんがいったん列車をストップ。おお、俺の脚の状態を察してくれたんか?と一瞬思いましたがそんなわけありませんw
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17295267.jpg

海越しに富士山を望むことができるスポットでした。
やがて70kmほど走ったところでこの日の食事処「きよ都」に到着。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17282103.jpg
ライダーズランチ、ということで海鮮丼にフライ系3種類から一皿のセットで、4人ともイワシ?フライを選択。たっぷりだけどその後走れないほどではない、ちょうどいい質と量でした。
食後はすぐそばの房総半島最南端の地へ。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17284248.jpg
風が強い!
さらに24weさんはクリートで岩に上り記念撮影スポットのベンチ(写真右上のところ)へ。すごいチャレンジャーです!
ここから物凄い爆風でコース変更も検討しましたが、歩道を走ったりしてなんとかやり過ごしまた内陸に入ります。
次のスポットはピーナッツソフト。写真を撮ったんですが完全に失敗ショットだったので店構えだけ。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17303584.jpg
ひっきりなしに客がやって来て、人気店であることがよくわかります。
その後もZENさんが強風を避けて内陸のルートを選んでくれて、無事にデポ地に帰着。久しぶりのグループライドでしたが、140km弱と程よい長さだったこともあり無理なく楽しむことができました。
ZENさんはじめ皆さまありがとうございました!




次の日曜日は午前中に仕事のお出かけでクロスバイク10km程度。午後から回復走を兼ねてちょっとだけ走りました。
10月の台風以降荒サイを北上してなかったので行ってみるか、と。彩湖、秋ヶ瀬公園がまだ走れないことは分かっていたのでその辺りを避けつつ。
羽根倉橋から見た秋ヶ瀬公園の北端。

南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17320391.jpg
奥に見えるのがよく待ち合わせで使う駐車場ですが、路面はまだ泥を被っている模様。かなり復旧作業は進んでいるようですが、まだまだ難しい感じですね。
さらに荒サイを北上、50kmくらいと考えたので昭和田んぼの北端で折り返そうと思っていたのですが、竹やぶ区間あたりからちょっと怪しい感じになって来ました。
流されてきた鉄骨が放置されているシケイン
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17323438.jpg
その先、舗装路面が見事に剥がれています。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17333000.jpg
そして田んぼ区間に入って間もなく、路面は乾いて固まった泥に覆われて舗装が見えない状態に。
まだそんな状態だとは知りませんでした。諦めて引き返し、田んぼ区間入口で振り返って一枚。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17335506.jpg
埃っぽい中を戻り、秋ヶ瀬橋を渡るところで綺麗な夕陽と富士山。
南房ライドと荒サイ北上_b0144082_17352602.jpg
結局44kmで帰宅。実はこのライドが新車のシェイクダウンだったのですが、その話はまたいずれ。
この週末は土曜に前回エントリーで書いた、パンクで挫折したルートを走り直すつもり。
走り納めはその次の週末の予定。12/28か29で軽めにどこか走れれば、と思っています。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by gon_oz | 2019-12-20 18:30 | 自転車 | Comments(3)

パンク地獄とアリバイライド

業務多忙だったのでまたアップをさぼりましたが、2週分まとめて簡単に。

12/1(日)
奥武蔵方面へライド。といってもグリーンラインは相変わらずダメみたいだし、前日は法事~会食~帰宅後呑みながらDAZNでサッカー観戦、で早起きできるわけもするつもりもなく、
岩蔵街道~成木街道~小沢峠~K53~山伏峠(引き返す)~天目指峠(引き返す)~山王峠くらいのソフトで短めのルートを走ろう、と家を9時ちょい前に出発。
岩蔵街道ファミマまで40km弱、いつものように補給休憩。
パンク地獄とアリバイライド_b0144082_08212601.jpg
再スタートして笹仁田峠を越えて岩蔵温泉への分岐を過ぎ、小曽木街道に突き当たる信号が赤で停まろうと減速していると

パンッッ!!

と前輪から激しい破裂音。
く・・・・このまえ山伏峠の下りからパンク地獄だったのはほぼひと月前ですが、その後まるで乗れてなかったので2回連続のパンクです。
信号の先の歩道、落ち着いて作業ができるところまで押して行って状況を確認。
パンク地獄とアリバイライド_b0144082_08222264.jpg
タイヤもチューブもぱっくり。前回パンクしたものとは当然両方とも違うものです。

タイヤはその後買った新品を後輪に履かせて2000kmくらい走っていた後輪(GP4000SⅡ)を前輪にローテーションしました。チューブは前回路上修理時に応急パッチで済ませたので新品に交換しています。
前回と同じくビードのすぐ脇が裂けているのでリムが原因か?という気もするんですが位置が前回とは違うんですよね。その後あまり仔細に見てないですけど原因は不明のままです。

それはさておき、現場ではとにかく修理が先決。チューブは御覧の通り使い物にならないので新しいものに替え、タイヤはまたもタイヤブートのお世話になろうとしますが・・・
端っこすぎること、裂けめが長いこと、タイヤの内側がちょっと汚れていてタイヤブートの接着力が削がれてしまったこと、で一枚目のタイヤブートはまるで役に立たず。
タイヤブートは二枚しかもっていないので次で失敗したら万事休す、です。(何だか最近こんなことばっかり書いてるなw)
タイヤの内側をきれいに拭き、タイヤのエッヂぎりぎりの位置にタイヤブートを貼り、何とかチューブを入れてCO2ボンベでちょっとずつ控えめに空気を入れます。たぶん4barくらい、相当緩めに入れてこんな感じ。
パンク地獄とアリバイライド_b0144082_08241164.jpg

これ以上入れたらタイヤブートが圧に耐え切れずにチューブがはみ出してしまいそう。
この状態でそろりそろり、前輪の負荷がかからないようゆっくり走り出しました。当然想定したルートを走ることは出来ないので最短で帰れるよう来た道を引き返します。
15~20km/h、このペースだと3時間はかかるな・・とか走れてはいるけどいつまたパンクしてもおかしくない、どうにかしなければ・・とか思いつつ進み、岩蔵街道からK179に入る交差点で一旦停止。ここまで来ると東青梅とか小作とか、市街地が近いのでショップか何かないかな、とスマホで検索。
おお、すると2kmくらいの至近、青梅街道にサイクルベースあさひがあるではないですか!捨てる神あれば拾う神あり!!
CBAならスポーツ車も扱っているから23cや25cのタイヤもあるはず。喜び勇んで2kmほど走り、手持ちの現金はちょっとしかなかったのですがPaypayが使えたので無事にCBAオリジナルの安いタイヤをお買い上げ。
その時点でさっきより裂け目は確実に広がっていました。
パンク地獄とアリバイライド_b0144082_08225108.jpg
ソッコーで新しいタイヤに交換して無事に復活したのでした。
パンク地獄とアリバイライド_b0144082_08260043.jpg

この時点でやる気ナッシング、このままとぼとぼと来た道を帰ろうと思ったのですが、走り始めてみるとやっぱりちょっとは走っておきたい、という気持ちが頭をもたげてきました。
元の想定ルートを走るにはちょっと遅くなってしまったのでせめてその界隈のさわりだけでも、ということで戻った道をまた進みます。ファミマを過ぎ、笹仁田峠を越え、岩蔵温泉の横を通り(パンクした場所を走るときはなぜかちょっとドキドキしましたw)、東京バーディ倶楽部の短い上り。下り切った突き当りを東に進み、さらに左折してクリセン坂。
そのあとは仏子~入間~所沢と通っていつもの道で帰宅。やれやれな100kmライドでした。



12/8(日)
前日は埼スタに行っていてノーライド。この日は午前中が仕事、帰ってから親の買い物につきあって、というか連れて行ってやって帰宅が15時。もうやめとこうかと思ったんですが完全ノーライドの週末も寂しいのでそれから準備してちょっとだけ。
環七を東に進み鹿浜橋から荒サイに入って左岸を下り、適当なところまで、と思いつつ走って堀切橋まで。
パンク地獄とアリバイライド_b0144082_08274169.jpg
折り返して右岸を遡り、岩淵水門当たりでもう日は暮れてしまいました。
パンク地獄とアリバイライド_b0144082_08283182.jpg
さらに戸田橋まで進みR17経由で帰宅。約45km、走らないよりはましだったかな。暗くなった荒サイを走るのは初めてかな?ちょっと怖かったですね。


年内まとまった距離を走れるのもあと2~3回かな。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
# by gon_oz | 2019-12-10 08:32 | Comments(0)

賞味期限切れ古新聞ライド

皆さま例によってお久しぶりです。
11月最初の週末のライドの記事、だらだら書いてさらにアップせずに放置、すっかり古新聞ですが場つなぎに上げておきましょう(^^;

3連休の初日の11/2(土)、奥武蔵方面を走ってきました。白石峠をはじめ、グリーンラインとそこに繋がる諸々の道はまだ台風の影響で走れないところが多いので、それを避けて田中セブンから
松郷峠→落合橋→定峰峠→芦ヶ久保→山伏峠→小沢峠
大体こんな行程を想定しました。最初と最後の小さいのはさておき、緩めの峠を二つ超えるルートですが、よく考えてみるとほとんど10月に走ったブルべのルートを逆走ですね。

朝は5時頃に目覚めてゆっくり支度、6時過ぎに出発。関越の脇やら鶴ヶ島屋良を通るいつものルートで毛呂山からK30で田中セブン。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12182683.jpg
ツイートなどしながら朝食休憩したら西へ。西平を右折してまずは松郷峠。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12190214.jpg
こっちから上るのは一昨年のジャージ記念ライド以来かな?

次はK11から落合橋を左折。上り基調を走っていくと何やら怪しい看板が出ているので横目でちらちら読みながら進みますが、橋場交差点を超えてちょっと行ったところ。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12230738.jpg
台風直後から定峰峠は通れる、っていう情報だったからおそらく行けば抜けられたんじゃないかとは思いますが、万が一行けなかったら徒労だし、行けても自転車乗りはモラルが・・・みたいな評判の一端を担うことになるのもヤだからやむなくここで引き返します。
この先想定したルートを完遂するには(ずーっと遠回りする以外は)牧場へと上るしかありません。定峰の緩い上りをのんびり楽しむつもりが牧場へのキツい上りで苦しむことに。

最初のうちは思ったより軽快に足が廻りましたが、中盤から垂れまくりで最後はちんたらちんたら、なんとか牧場に到着。せっかく来たからにはこれしかありません。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12240016.jpg
粥仁田峠への道も通行止め。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12200785.jpg
元のルートに復帰すべくポピー坂を下ります。K82を左折、栃谷でK11を右折、坂氷を左折してR299に入ります。
先日のブルべの時は山伏峠から正丸トンネル出口を経てこの辺りまで下りてくる道が結構長いな・・・と感じたので、それを逆にだらだら上っていくここからの道はこの日のルートで一番の凌ぎどころだな、と思っていました。
途中道の駅果樹公園あしがくぼでトイレ休憩。エネルギー系飲料と手持ちの穂給食を少しばかり。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_15095024.jpg

正丸トンネルの出口から右にそれてK53に入りちょっと斜度が増します。数km走って正丸峠への道を過ぎると走り慣れたゾーンに入って山伏峠はもうすぐです。

ここのところたびたび来ているので写真を撮るまでもないんですが、ブログネタのために一枚。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12250815.jpg
これでこの日のまとまった上りは終わり、あとは下ってそのままK53を進み、小沢峠へと右折して帰路につく予定です。
で、ゆるゆると下っていきますが視界が開ける一番勾配が急なあたりで

プシュ~~

ああ・・・パンクです。9月に有間峠の下りでやったばかりなのにまたですよ。
その時は暗くなる間際(2回目のパンクはもう暗かった)で帰路を急ぎたいところ、大いに焦りましたが今回はまだ13時過ぎなので気持ちに余裕があります。タイヤブートなど装備も万全なので軽く修理を終わらせてすぐ再スタートできるだろう、と思ったのです、この時は。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12253741.jpg
ホイールからチューブを外してまずはタイヤを点検しますが、パンクの原因が見当たらない・・・チューブに空気を入れてみたら穴は見つかったので、そこから見当をつけてタイヤの内側外側を何回も指でなぞったりよーく見たりしますが何もない・・・うむむ、となってさらにあちこち見ていくと、リムの内側に何やら凸凹した部分があります。おまけにエッヂが微妙に傷ついてちょっと鋭くなっちゃってます。チューブのパンク痕との位置関係も合っているように見えます。これか?確証はないものの他に原因が見当たらないので、下りのブレーキで加熱したリムがタイヤに悪さした、と思うしかないだろうという結論に達しました。そうだとすれば、チューブを替えて下りは後輪ブレーキ中心に、平坦に入ってからもリムが熱を持つような急ブレーキを避けていけば大丈夫かな、と甘い判断。チューブを替えてタイヤを嵌め、ボンベで空気を入れて再出発です。

下りきった名郷でトイレに入り、そのままK53を東へ。右折して小沢峠に上る交差点で信号待ちの減速をしている時、突然

プシュ~~~

うーん・・・原因が特定できずに見切り発車で修理して間もなく再パンク、以前もやったことがあります。今回もその可能性はあるな、と内心思っていたのですが、やっぱり・・・
仕方ないので歩道に乗り上げてまたホイールとタイヤをばらします。チューブを点検してパンク箇所を特定、タイヤ・ホイールとの位置関係を再確認してみると、さっきは犯人と思ったリムの傷はちょっと位置がずれているような感じ。うーん、それじゃ何が原因なんだ?再度仔細に探してみるけどそれらしいものは何も見つかりません。

このまま修理して走り始めてもまたパンクするのは目に見えています。でもそうしないことには先に進めないのであきらめてまたもそのまま修理しました。チューブもボンベも一本ずつしか残っていないので、今度は応急パッチとポンプで済ませました。チューブのパンク箇所を紙やすりでよくこすってパッチを貼り付けゴシゴシ。タイヤにセットして非力な手動ポンプで約500回。5気圧か6気圧か、何とか走れるくらいに入りました。
ホイールをフレームに戻し、ばらまいた道具一式をツールケースにしまってケージにセット、走り始めるまえに事の顛末をツイート。
賞味期限切れ古新聞ライド_b0144082_12263487.jpg
まだ空気がちょっと甘いのともう2時を過ぎて腹も減ったので、小沢峠はやめてこのまま直進、Cafe KIKIでポンプを借りて空気を入れてそのまま食事を摂ることにしました。
で、走ろうとしたらハンドルを持った感触が違う・・・何ともう空気が抜けてるorz
またばらしてあれこれ点検。新たにパンクしたわけではなく、ゴシゴシが足りなくてパッチから抜けていた模様。さらにゴシゴシしまくってタイヤをセット。ふう、もう疲れたよ・・・Cafe KIKIまでもてばいいや、とたぶん4気圧もないくらいでスタート。そうなるとリム打ちが怖いですよね。

(ここから先はもう気力がなくて写真なし。)
慎重に数km走ってCafe KIKI着。店に入る前に空気を入れたので、それを見たマスターから「パンクですか?」と心配して頂きました。どうしても原因がわからなくて・・・と話をしたりしつつナポリタンを注文。
遅い食事を済ませてお礼を言い、外に出てタイヤを点検すると特に問題ない様子。このまま行けるかな・・・と飯能まで直進、西武線の近くを通って帰るルートへとスタート。

またゆっくり目にしばらく走り、郊外から市街地へとクランクしていくところで信号待ちしていると

プシュ~~~~

・・・ある程度覚悟していたとはいえ絶望感が頭をよぎります。これはもう積んだ、ここまでくれば駅まで歩ける距離だからゴミ袋輪行か?
と思いつつこれが最後、とまた歩道に乗り上げ、縁石に座ってまた一連の作業を繰り返します。見つけたパンク箇所はバルブを中心にさっきの修理跡と左右対称の位置です。なので確信をもってさっきよりさらにピンポイントでタイヤを再々々点検。
そうするとおお、これか?力を入れて拡げないとわからないくらいの貫通した亀裂がサイドのビード脇に入っていました。長さは5mmくらいかな?チューブの圧がかかれば少しは口を開けるかも、というくらい。チューブのパンク穴も少し長細く空いてましたからこれに違いない、とやっと確信が持てました。
つまりさっきも空気を入れてから改めて確認すれば見つけられた公算が高いということ。
あきらめたらそこで終了ですよ・・・走り始めるその時まであきらめずに原因究明をしなければいけなかったんですね。
一番端っこだからタイヤブート効くかな?とちょっと心配でしたが問題なく、チューブは再度パッチで済ませ空気は最後のボンベで入れてそのあとは問題なく家まで40km走り切りました。予定より2時間以上帰宅が遅くなりましたけど。

と、こんなライドでした。

このライドの次の週末は土日とも仕事、その次は親を連れて温泉へ。ということで走ってませんorz
そして今、絶賛風邪っぴき中。次の週末も車の定期点検とか埼スタで決戦(`・д・´)とか予定があるのですが、風邪が治れば合間を縫って50kmでも100kmでも走りたいですねえ・・・


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
# by gon_oz | 2019-11-21 12:30 | 自転車 | Comments(0)