L S C H

あんまりマッタリじゃなかった初関宿城

1/14は「自称マッタリライド」でお初の関宿城まで走って参りました。
膝のグアイが思わしくなかったtake-iさんにぽっぽさんが「マッタリライドでもしましょうか」と声をかけられていたのに便乗させてもらい、行先は自分のリクエストで関宿城に決定。
さらにぽっぽさんがあゆさんにも声をかけて4人でのライドとなりました。
一昨年くらいからから何回か企画されていたこの4人でのライド、毎度何かしらあってなかなか揃わなかったのですが、今回がはじめてかな?
「マッタリライド」に乗せられてしまいましたが、他の3人と自分では「マッタリ」の基準がまるで違うのでキツいライドになるだろうと思ってはいましたが、当然その予想は外れませんでしたよw

朝は7時に草加のセブン集合。家からは20km足らずなので余裕を見て5時40分頃出発、予定通り6時半頃着いて一番乗りです。
take-iさんとぽっぽさんが来られたところでいつものように写真を撮ろうかとカメラの電源を入れると表示された文字は
「カードがありません」
・・・初乗りでやったばかりなのにまたです、SDカードを抜いたままカメラを持ってきてしまいました。
とりあえずスマホで撮った写真など。
b0144082_13101246.jpg
以下、休憩中の写真はスマホで撮った自前ですが、走行中の写真はtake-iさんがシェアしてくれたものを(勝手に:スイマセン)使わせて頂きます。

ほどなくあゆさんも到着、4人揃ったところでスタートです。
まずは江戸川を目指し東へ進みます。市街地走行は地元のtake-iさんが牽いてくれます。
膝の関係でこれが今年初ライドというtake-iさん、それがためのマッタリライドだったはずでは???
というスピードです。でもまあ想定よりは速いもののついて行けるくらいのものでした。
やがて江戸川CR(右岸)にin。このあたりの江戸サイはクロスバイクで2~3回走ったことはあるけどロードバイクでは初めてかも。
b0144082_13130033.jpg
ここからは進行方向が北向きになり、爆風ではないもののそれなりの向い風です。
トレインの後ろにくっついて走りますが、大体27~28km/hで推移。
b0144082_13121670.jpg
(この風ならソロで走っていれば22~3km/hだな~)なんて思いながら走っていました。
やがて先頭があゆさんからぽっぽさんに替わってしばらく進み、(そろそろ替わらないと。でもこのスピード維持はムリだな~w)と思いつつ先頭へ。「スピード落ちますよ~!!」と叫びながら前に出ようとしたけど寒さで口がこわばっていてうまく発音できないw
そのまま先頭に出て走ります。最初だけはそれまでのスピードを維持して、「あれ、結構いけるんじゃないの?」と思ったのもつかの間、ずるずると遅くなっていきます。あ、これちょっと遅くなりすぎーというあたりでちょうど道路と交差するのでその下に潜る道へ。この下りで皆さんに前に出てもらうと上りからその先でもうダメ、だんだんと間が空いて完全に千切れてしまいました。
CRなら道に迷うこともないしこのまま行くしかないなー、と走り続けると少し行ったところで皆さん待っていてくれました。どうもスイマセン(´Д` )
(ちなみにこのあたりtake-iさんのブログではゆっくりと走り続けましたと記されておりますw)
そこからは少しペースを緩めて頂いて、やがて自販機とベンチ、サイクルラックがある立派な休憩スペースにつきました。
荒サイにもこういうのがあるといいですね。
しばしおしゃべり休憩。
b0144082_13111225.jpg
この後は比較的まったりしてました。
道が広く前後誰もいないところでは並んで話をしながら走ったり、ああ、これが自分がイメージしていた今日のライドだよ〜!という感じです。
b0144082_13113051.jpg
ただ、最後関宿城も見えて橋を渡ったところであゆさんがアタック。他の2人も追随しますが自分はまるでスピードを上げることができないw
まあこんなもんでしょう。(諦めムード)

で、初めての関宿城に到着です。
皆さんの後を追っかけて城の横まで来ると見慣れた姿のデカい人が・・・
おお、sepaさんじゃないですか!迎撃に来てくれたとのこと。ありがとうございます〜
b0144082_13145509.jpg
5台並びました。

ここでもあれやこれやと話が弾みます。
b0144082_13150764.jpg
ひとしきり喋って、それじゃそろそろ行きましょうか、ということに。
どうするか色々案が出ましたが、結局みな家路方向へと走ることになりました。
自分はあゆさん、ぽっぽさんにくっついて西へ。関宿橋を渡ってそのまま直進です。
間もなくR4に入り南下すると追い風で気持ちよく進みます。さらにまた西へと曲った先は市街地をあゆさんがナビゲート。
岩槻のセブンで一回休憩。
b0144082_13154729.jpg
もうちょっと西まで進んで荒サイまで出るか、R17で南下するか、などと話をしていたのですがここで自分に急用が発生。
再スタート後は直近の東北自動車道側道R122で離脱、一路南に進み、埼スタの横を過ぎてからはいつもの道を帰宅したのでした。

ご一緒頂いた皆さま、自分にとってはあんまりマッタリじゃなかったですけど、短めながら楽しいライドでした。またご一緒させてください~


さて、今回のライドの新兵器はこれ。take-iさんのブログに登場させてもらっちゃったので簡単に紹介。
b0144082_13160267.jpg
(自分では写真を撮らなかったのでこれもtake-iさんから拝借です。)

冬のライドで一番つらいのは手の冷たさ。ブラケットポジションで風が当たる指の甲は冷たいのを通りこして痛くなり、涙が出そうになるほどです。
かねがねブレーキレバーの前になにかカバーをつければ冷たさを和らげることができるのではないかと考えていました。
これを決行すべくこの前の三連休でハンズに行き、何かいいものはないかな~、と物色。150φの塩ビの半球形の素材を発見してお買い上げ。2個セットで600円あまり、これなら失敗しても惜しくありません。
これをどうやってハンドル前に固定するか、ハンドルに半球をあてがって考えたり仕事場近くのDIYショップでぶらぶらしたり。
詳細は省略しますが取付の材料を少々買い足して金・土の夜に片方ずつ製作、上の写真のように出来上がりました。買ったけど使わなかった材料もありましたが使った分だけなら材料費は千円以下、製作時間も片方1時間程度で、試作のつもりで作った割にはうまく仕上がり、完成した時には快哉を叫びました。「これで冬のライドのあの辛さから解放される!!」と。
そして迎えた日曜の朝、予想最低気温は0度前後。この寒さの中走りだすのはツラいものがありますが、(このハンドルカバーがあれば大丈夫!ウッシッシw)と喜々としてスタート。ペダルを踏みこみスピードに乗ってくると

・・・・指先にあたるいつも通りの冷たい風w

あれれれれ、全然変わらないんじゃねえか・・・ブラケットを握ったりカバーの外に手を出したりしてみますがグローブ越しに感じる冷気は変わりない(笑)
試しにグローブを外してゆっくり走って同じことをしてみましたがあんまり違いが感じられない・・・まあスピードが出ていなかったからかもしれませんが。
一転ショボーンとなりつつ1時間弱走り、集合場所に着いた頃にはいつものように指先は冷え切って感覚をなくしていたのでした。

うーんやっぱりハンドルとカバーのクリアランスが大きすぎたか・・・成り行きで作ったら結構間が空いてしまったのですが、この程度の寸法ならそれほど風を巻き込むこともないと思ったんですけどねえ。
「長い時間走れば絶対に違いがあるはず、片方だけつけて走ればわかる!」とtake-iさんは慰めてくれましたけど(アリガトウゴザイマス)。
もうちょっとハンドルとカバーが近くなる取付方法を考えてみましょう。どのくらい風を巻き込んでいるのか、風洞実験とかで確認してみたくなるな・・・(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-01-18 13:19 | 自転車 | Comments(2)
Commented by ぽっぽ at 2018-01-19 18:30 x
先日のライドお疲れ様でした!
確かに江戸川まではマッタリ詐欺?的な感じでしたがtake_iさんの膝の調子が良いのが何よりでしたd(^-^)
帰路はgonさんの事情があまりわからないままのお別れでしたが 後であゆさんから聞いて納得できました。
また仕切り直してどこかご一緒させて下さい!
Commented by gon_oz at 2018-01-19 19:43
ぽっぽさん
コメントありがとうございます。
日曜はそんなわけで急遽離脱して失礼しました。R122は信号も交通量も少なくて早く帰るにはベストの選択だったんじゃないかと思います。
次ご一緒するのはやっぱり山方面でしょうか(笑)前回ブログに書いたみたいな低いところをあちこちのルートでも走りましょう!