L S C H

近況短信

あまり大したことしてないので(いつものことですがw)しばらく空けてしまいました。
2/4(日)は短めライドでどこに行くか散々迷った結果、久しぶりの多摩丘陵方面へ。
以前ルートラボで拾って何回か走っている坂巡りルート。
b0144082_20544736.jpg
100kmいかず、ペースも上がらず淡々としたライドとなりました。あちこちstravaのセグメントが設定されているのですが、どれも過去の記録に遠く及ばず。特にゆっくり走っているつもりもないのですが。




この週末は三連休、予報は思わしくなかったのですが結果的には持ち直して、真ん中の日曜日に朝から走ることができました。
ただ、今一つ気力が湧かずどこを走るかアイディアもなかったので、奥武蔵でも高度が低く路面状況も問題ないという情報を得ていた山伏峠へ。
少し迷ったもう一つの行先候補も山伏峠、つまり道志みちを走ることも考えたのですが、そこに至るまでに前週と同じ多摩丘陵方面を走るのがどうにもかったるくてやめてしまいました。

朝は遅めの7時半出発、所沢からR463バイパスを走って飯能市街からK70。飯能永田のセブンで最初の休憩。
b0144082_20553872.jpg
あとはK70~K53をひたすら西へ。
山伏峠への上り口で休憩。
b0144082_20560049.jpg
最初はほぼ平坦ですがここから上り始め。勾配が上がってスピードが落ちてくるとタイヤ一回転ごとになにか触っている音がする・・・前夜スポークにテープで巻いてあるマグネットの位置をちょっと調整したので、それとセンサーが干渉しているみたいです。何回か停まってマグネットとセンサーを微妙に動かしますがなかなか音が解消しません。
3回目の停止だったか、でやっと音がなくなりましたが今度はステップインしようとした左のクリートがうまく嵌りません。このイヤな感触は覚えがあるぞ・・・と足元を見てみると案の定、テンションをかける板バネがなくなってペダルが真ん中あたりで変な角度で骨折したようになっています。
はぁ・・・・ただでさえ重かった脚がさらに重くなり、テンションがた落ちです。
あとは峠まで3kmくらいでしょうか、のんびりサイクリングモードで上っていきました。もっとも、最近の例にもれずペースが上がらないままだったので、それがさらに遅くなっただけですけど。
峠についてとりあえず記念撮影。
b0144082_20562068.jpg
後から何人か上ってきたローディは全力アタックらしく皆さん、ゴールすると息も絶え絶えな様子です。自分も一本だけなんだからあのくらいアタックしなくちゃいけなかった・・・と反省。

長居はせず来た道を引き返し(さすがに下りは寒い!!!)、小沢峠への短い坂を上ります。ここも過去の記録よりもずっと遅いタイムでした。上りきると小沢トンネルですが、トンネルを抜ける直前に「バーン!!」という大きな音が。なんだなんだ?と思いつつ小沢峠の石碑の前まで来て振りかえると、地元の猟師さんたちが鹿の駆除をしていたらしく、トンネル横の斜面にいた鹿が撃たれて自分がトンネルから出た直後に道路に転がり落ちてきたようです。猟犬がわんわんいっていて、猟師のおじさんたちが鹿を取り押さえていました。
b0144082_20564958.jpg
b0144082_20570947.jpg
この後は岩蔵街道からk179の山田うどんで昼食を摂りつつ帰宅。全行程131KM、走りが低調な上にペダルも壊れて今一つのライドでした。




前回エントリーの最後にちらっと書いたのですが、結局今年の新しいチャレンジとしてもてぎエンデューロの4時間ソロにエントリーしました。
2月14日でロードバイクに乗り始めて丁度丸4年ですが、今までレースやイベントの類はヒルクライムとブルべしか参加したことがありませんでした。2年前の新年会の時だったか、Yabooさんがエンデューロの楽しさを得々と語ってくれてそれ以来興味はあったのですが、スケジュールとか諸々のことからいつも見送っていました。
ところが例年GWだった春のもてぎが今年は前倒しになって自分にとっては参加しやすくなったので、ここはいっちょやってみるか、という気になったのですが、ここのところの自分の走りの低調っぷりに二の足を踏みかけていました。
いろいろ考えましたが、これを現状打破のきっかけにしたいという思いもあって思い切ってエントリー料を支払った次第です。
本番まで2ヶ月、万全の準備なんて無理ですけどそこそこに走り込んで臨みたいですね。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-02-15 20:59 | 自転車 | Comments(0)