L S C H

カテゴリ:日常( 39 )

近況短信:走りたい!

皆さまごぶさたしております。
前回エントリー後、ちょっと走って膝のグアイも良さそうだったのでBRM120埼玉200に出走しました。
b0144082_18093985.jpg
しかし40km過ぎからまた痛みはじめたので無理せず50kmのPC1でDNFしました。
途中までレポートを書いたのですが、もう時間が経ってしまったのでお蔵入りです。
敗因はちょっとかったるめの周囲のペースに我慢できずに集団を追い抜いてしまい(膝的に)オーバーペースになったこと、痛みはじめてから気がついたのですが着用予定だったサポーターを忘れていたこと、などですかね。
これらがなくてもダメだった可能性の方が高いと思いますが、おとなしくしていれば完走できたかも?という気もしなくはありません。いずれにせよ初DNFで結構凹みつつ帰ってきました。

次の週末は恒例の自転車仲間の新年会。去年は間際に不幸があってドタキャンしたので2年ぶり。楽しい酒を飲むことができました。
などとやっているうちに今度は仕事の状況がヤバくなってきて、ここのところ土日も出勤、平日の帰宅は日を跨いでからでローラーを廻すこともできません。
2月中はこの状況が続きそうですorz

膝の状況はよくわからないのですが、土日は短距離(片道10km足らず)だからいいだろう、とクロスバイクに乗って出勤しています。時々ヤバいかな?という前兆もあったりして予断を許しません。うーん・・・

どちらにしろ多忙でちゃんと乗ることはできないので諦めもつきますが、平日夜のローラーもできないので体力低下は相当なものでしょう。次乗れる時には初心者レベル、経年劣化を含めて初心者以下かも知れませんねえ・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2019-02-06 18:15 | 日常 | Comments(0)

天皇杯優勝!

この週末、土日月と自宅のちょっとした工事があって立会う必要があり、予定により家人と交代したりしつつ基本的には在宅でした。
三日間での外出は土曜午後からの仕事と日曜夕方からの天皇杯観戦の2回。両方ともクロスバイクで行きました。

水曜日の準決勝前に家族と決勝観戦どうしようかという話になりましたが、工事があるから自分は完全に自宅観戦のつもりでした。
しかし月曜は自分が仕事を休んで立ち会うこともあってか「行ってきていいよ」という家人のお言葉。それに甘えさせてもらい一人分だけのチケットを購入。決勝進出が決まってからでは争奪戦で手に入らなくなるのは明らかだったので、ダメだった時はその時、と準決勝前に買いました。準決勝の試合自体は録画を失敗して観戦できないという痛恨のミスをやらかしましたが、無事に決勝進出。喜び勇んで埼スタに行ってきました。
一人参戦となれば足は自転車です。特にこの日は埼玉国際マラソンと被っていることもあり(そのため異例の夜の試合)、終了後の近辺の駅へのシャトルバスもないのでSR(埼玉高速鉄道)と周辺道路はいつも以上の混雑が予想されていました。こんな時は自転車最強です。
明るいうちに家を出ましたが、スタジアムに着く頃は夕暮れが迫っていました。
b0144082_18333628.jpg
b0144082_18352212.jpg
前週の最終節は平川選手の引退セレモニーなどを正面か見られるようにメインアッパーでしたが、この日は賞杯の授与が見られるようバックアッパー。中央下から3段目の、リーグ戦では多分シーズンチケットで埋まっていてとることができない良席でした。
b0144082_18341747.jpg

試合は前半早めの宇賀神のスーパーボレーをその後攻め込まれながらも何とか守り切って見事優勝。

b0144082_18363781.jpg
b0144082_18365717.jpg
このシーンを見たかった、そして撮りたかった!狙い通りです♪

b0144082_18372546.jpg
最後は選手と一緒に勝利の凱歌「We are Diamonds」を唄って終了。

2年前に書いたように、以前は優勝が懸かった試合観戦で全く結果が出なかったのですが、去年のACLとこの日の天皇杯、2年連続で優勝を目の当たりにできて本当にシアワセでした。一昨年のルヴァンカップから3年連続でひとつずつタイトルを獲得したので、来年は残りのひとつ、リーグをなんとしても獲りたい!

というわけで自転車的には自宅~埼スタ間往復で50km弱、ノーライドにもなりかねなかった週末ですが距離は短いながらも試合結果と相まって充実した半日、というか夕方以降のひと時でした。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2018-12-13 18:42 | 日常 | Comments(0)

近況報告:北陸の旅など

皆さまお久しぶりです。
えーっと、あんまり自転車に乗っていません。

前回エントリーの後は:
11/11:物見山まで行って2周半ほど、108km。
b0144082_19582313.jpg

11/18:荒サイを入間大橋まで折り返し、72km。
b0144082_19584804.jpg


11/23~25は旅行でノーライド。


こんな感じです。


ブログの場つなぎに三連休の旅行のことなど簡単に記しておきましょうか。
行先は北陸、富山~金沢です。
母が富山の高岡出身なので、連れて行ってあげることにしたのです。と言っても何十年ぶりとかの大袈裟なものではなく、数年ごとに行ってはいたのですが。
父は数年前に他界してもういないので、自分と母と家人の3人の旅でした。

金曜日はまず新幹線で富山まで。
b0144082_20004820.jpg
母は駅で旧友と待合せて一緒に食事・おしゃべりの予定なので、二人が落ち合えて見送った後はとりあえず家人と駅ビル内の人気店で白えび天丼。
b0144082_20011783.jpg
行列した甲斐があった美味しさでした。
その後はレンタカーを借りてまずは「世界一美しいスタバ」と言われているだか選ばれたことがあるだか、のスターバックス富山環水公園店へ。
b0144082_20030082.jpg

確かに素晴らしいロケーションで、地元の老若男女も観光客も、という感じで次々とお客さんが訪れおしゃべりをしたり写真を撮ったり。
b0144082_20023601.jpg
運よく窓際の席に座れた我々もコーヒー飲みつつ寛ぎました。
b0144082_20014820.jpg
b0144082_20041125.jpg
店を出て池の周りを一回りしたら駅に戻って母と合流、まずは八尾(やつお)へ。
b0144082_20045541.jpg
b0144082_20051013.jpg
古い街並みを歩いたりしましたが観光地、というにはちょっと人がいなくて寂しかったかな。
その後は宿泊地の氷見へ。宿についた時にはもう暗くなっていました。
温泉に浸かって晩ご飯。地元のもの色々で美味でした。
b0144082_20055262.jpg



翌日は予報は雨から曇り、といったところでしたが部屋から見えた富山湾と立山連峰はまずまずの眺め。意外に悪くないじゃん、という感じ。
b0144082_20063194.jpg
宿を出るとまず氷見の道の駅にある「場外市場」へ。
b0144082_20070643.jpg
水産物系のお土産を色々お買い上げ、宅配便で送りました。
ここから高岡市内へと向かったのですが、途中チラリと見えた景色が素晴らしかったのでちょっとルートを変えて雨晴海岸へ。
b0144082_20075665.jpg
前日までの予報に反して青空が広がり、素晴らしい景色を堪能することができました。

高岡では中心市街に車を停めて母が行ってみたかったところを色々と散策。
まずは有名な大仏。
b0144082_20090855.jpg
奈良、鎌倉と並んで三大大仏だとか。自分も小さいころから何回か来ています。
b0144082_20095543.jpg
b0144082_20102942.jpg
その後もあれこれ歩いて、18時頃の新幹線で金沢へ。
せっかく北陸に行くのだし、高岡で二泊は間がもたないので金沢にも一泊しました。
紅葉の時期を狙ったわけではないのですがたまたま当たって(その分宿は取りづらかった)、兼六園のライトアップ+無料入園をやっていたので、ホテルにチェックイン後はまず兼六園へ。
b0144082_20112885.jpg
紅葉は盛りを過ぎているという話でしたが、充分に楽しめる色づき具合でした。
そのまま市内で食事してホテルに帰還。



最終日は金沢市内で観光。
まずは21世紀美術館。爆発的な人気を誇る美術館で、開館30分後くらいに行ってみたらチケット購入で長蛇の列。
b0144082_20120788.jpg
隣接する同じ市営の能楽博物館と抱き合わせのチケットで常設展のみ見られる、ってことだったのでそっちでチケットを買ってまた戻り、常設展だけ見てミュージアムショップでぶらぶら。
b0144082_20125620.jpg
b0144082_20131970.jpg
その後は武家屋敷
b0144082_20135858.jpg

近江町市場で遅めの昼食
b0144082_20142088.jpg
ひがし茶屋街を散策
b0144082_20150326.jpg
b0144082_20160096.jpg
b0144082_20152065.jpg
最後は金沢駅でお土産を買いこみ、新幹線で鱒寿しなど食べながら帰京したのでした。
思いがけず天気にも恵まれ、まあまあ親孝行できたかな、という二泊三日の旅でした。



ツイートもしましたが、この旅には久しぶりに銀塩カメラを持って行きました。
b0144082_20163701.jpg
自転車に乗り始める前は写真が好きで色々撮っていたのですが(このブログを始めたのも最初は写真をアップするためだったのです)、この5年ほどはすっかりお留守になっていました。
もう使わないだろうからデジタルはともかく銀塩は売っちゃおうか・・などとも思っていたのですが、今回は何となくやる気がでたのでコンパクトデジタルと併用で銀塩を使ってみました。
すると・・・まあ楽しいこと楽しいこと。デジタルで数打ちゃ当たる的にバシャバシャ撮るのも面白いんですが、一枚一枚じっくりファインダーの隅々まで眺めて構図を考え、ピントを合わせてバッシャンってシャッターを押す、その手間が心地よいですね。これからもたまには使ってみようか、と認識を改めたのでした。写真の出来はまた別の話ですが(上の写真は全てデジカメとスマホ)、まともなのがあればネタのないときにアップするかもしれません(^^;

またすぐ次の週末ですが、土曜は仕事~埼スタでノーライド、日曜は車載で奥武蔵方面かな。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2018-11-29 20:18 | 日常 | Comments(0)

(ほぼ)一回休み

相変わらず乗鞍の光景が脳裏に浮かんでしまう日々ですが、その翌週は逆走台風の影響であまり走れず。
土曜はノーライド、日曜は午後2時を過ぎてから荒サイをちょいと走っただけ。

b0144082_12260646.jpg
b0144082_12260513.jpg

これと言って書き残しておくこともなし。

明日明後日も色々あってがっつりとは走れないかな。日曜午前に常盤林道(成木界隈)あたり、などと考えています。
暑い日々が続きます、皆さん無理せず楽しみましょう(^^)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2018-08-03 12:27 | 日常 | Comments(0)

晩春の京都の旅

辛気臭いエントリーが続いてしまったので、お口直しに先月末に行った京都のことを備忘録として絵日記的に記事にしておきます(^^)
文章は明けた週のうちに書いてあったのですが、写真を選びながらアップする時間がなくて放置となっていました。
いつもの自転車ブログとは趣が違いますが、おヒマなら見てやってください~


旅程は5/25(金)~5/27(日)に二泊三日でした。
一日目の午前はいきなり今回の旅のチマ・コッピ・・・じゃないw、白眉ともいえる桂離宮です。11時の見学を申し込んでいるので、7時東京発の新幹線で9時過ぎに京都着。
まずはホテルに寄って荷物を預け、それから桂離宮に向かいます。
最初に待合所で簡単なビデオのオリエンテーションを見て、先導・解説の人に率いられて庭園へ。30~40人程度のグループでしょうか。
宮内庁の管理ですから、庭と建物のメンテナンスはもう完璧です。
グループで移動しているのでなかなかいい写真が撮りづらいのですが
b0144082_19155088.jpg
b0144082_19154565.jpg
b0144082_19153423.jpg
b0144082_19153914.jpg
b0144082_19152974.jpg
b0144082_19173352.jpg
広くて見どころがたくさんあるので、1時間程度のコースだと駆け足でちょっと消化不良です。でもなかなか観る機会がないところですから、実にいい勉強になりました。

次は昭和の作庭家重森三玲の代表作である東福寺を目指しますが、伏見稲荷がすぐそばなので立ち寄り。
有名な観光スポットなので人大杉です。
b0144082_19312904.jpg
b0144082_19313587.jpg
b0144082_19313924.jpg
引き続き歩いて東福寺へ。
通天橋
b0144082_19361764.jpg
b0144082_19315123.jpg
方丈庭園
b0144082_19315582.jpg
b0144082_19315944.jpg
b0144082_19320343.jpg
これでひとまずホテルに戻り、離れの茶亭で一休み。
b0144082_19320752.jpg
夕食は外のレストランなのでまた外出。
まずは大谷本廟。
b0144082_19321137.jpg
ここは観光ではなく、家人の実家の関係でお花と線香を手向けに来ました。
引き続き清水寺の参道から三寧坂、二寧坂を下ってさらに高台寺辺りを散策。
b0144082_19321588.jpg
b0144082_19365616.jpg
b0144082_19321903.jpg


時間になったのでレストランに集合、みんなで夕食を食べて
b0144082_19322313.jpg


最後は家人と二人でホテルのバー。
b0144082_19322856.jpg




二日目はまず修学院離宮。
前日の桂離宮と同じく宮内庁の管理です。
b0144082_08263250.jpg
(当時の)農道で繋がれた三つの敷地は一部高低があり桂離宮よりいくらか野趣があります。
b0144082_08263955.jpg

ここに限らず、今回見学予定のところは事前にいろいろ勉強を・・・と思いつつ図版をパラパラ眺めた程度で来てしまいましたw
b0144082_08263516.jpg
b0144082_08264375.jpg
ここも一時間ほどの見学なので、ちょっと駆け足です。


お次は北上して大原へ。
まずは寂光院。平清盛の娘が平家滅亡後の隠棲したことで有名な尼寺、だそうです(受け売りw)
b0144082_08264720.jpg
ひっそりとしたアプローチはとても趣があります。
小さい本堂と隣接する庭園。
b0144082_08265012.jpg
b0144082_08265470.jpg

市内からのアプロ―チの国道まで一旦下りて、今度は三千院へとまた上っていきます。平均斜度8~9%、ってところでしょうか、ところどころにお土産物屋やお茶処が張り付いた狭い参道をどんどん上がっていきます。
入口。
b0144082_08265898.jpg
脱いだ靴を持って本堂をまわり、別の口から庭に出て散策。苔むした地面と垂線を強調する杉などの針葉樹のコントラスト。
b0144082_08320563.jpg
b0144082_08274393.jpg
三千院を出た後は周りを少しぶらぶらして、国道まで下りたらバスで市内に戻ります。
b0144082_08281116.jpg
b0144082_08281556.jpg
二泊目のホテルにチェックイン。
b0144082_08275478.jpg
b0144082_08453263.jpg

夕食はホテル内のレストランなので、それまでの時間で街に出て錦市場で買い物など。
b0144082_08275941.jpg
ホテルに戻ってみんなで夕食。その後は疲れていたので部屋に戻ってジロなど見ながら沈没してしまいました。
b0144082_08280384.jpg



最後の朝は早めに起きて、まずは鴨川をお散歩。通勤の人、走る人、自転車の人など様々です。
b0144082_08315275.jpg
朝食、チェックアウトの後はそのまま荷物を預けて西芳寺(苔寺)へ。
ここも拝観には事前の申込みが必要です。以前は見学前に写経をさせられたそうですが、今は般若心経を唱和した上で木の札に願い事を記すのが拝観前の決りごとになっていました。

俗称の通り、見事に苔むした美しい庭園です。苔は120種類あるとのこと。
b0144082_08315600.jpg
b0144082_08315961.jpg
b0144082_08320225.jpg
b0144082_08320524.jpg
庭は上下二段で下段が池を中心にした回遊式、上段が枯山水です。
b0144082_08320909.jpg
家人が他の人の写真を撮ってあげたら、お返しに撮ってくれました。
b0144082_08324344.jpg


この後は隣の鈴虫寺を・・・と思ったら入口に長蛇の列。あっさり諦めて松尾(まつのお)神社まで10分余り歩きます。
ここも初日の東福寺と同じく重森三玲の庭があります。
b0144082_08321119.jpg
b0144082_08321491.jpg
東福寺は初期の作品ですがここは遺作だそうです。周りの建物も歴史的なものではなく、庭もコンクリートで固めてある部分が多いので、造形的には面白いのですが風情はそれほどありません。

この日の午後はノープランだったのですが、前の晩の食事で話題になった大徳寺の特別公開が最終日とのことだったので行ってみました。この旅の寺巡りの締めくくりです。
まずは黄梅院。アプローチが抜群でした。
b0144082_08321778.jpg
b0144082_08322117.jpg
この先、受付で拝観料を払うとこの先は撮影禁止とのこと。
千利休がデザインしたという小さい庭と茶室があって、案内の人が要所にいて短い説明をしてくれます。
写真がダメならスケッチを、ということで断片的に何枚か。
お粗末ですが・・・
b0144082_08324724.jpg
b0144082_08325083.jpg
続いて興臨院。こちらは撮影可能です。
b0144082_08322679.jpg
b0144082_08322856.jpg
b0144082_08323236.jpg

大徳寺は大きいお寺で○○院というのが数多く並んでいます。他にも拝観できる面白そうなところもありましたが時間と体力がそろそろ・・という感じだったので、特別公開の二か所だけで終了。
b0144082_08323632.jpg
荷物を引取りにホテルに戻って、カフェで一息。
b0144082_08324019.jpg
ゆっくりしすぎて最後駅でのお土産購入が駆け足になりましたが、何とか新幹線の時間に間に合い、車中で弁当を食べつつ一路東京に戻りました。
b0144082_08325518.jpg



会社の旅行といっても大部分が自由行動で、ふらっと行ったのでは観られないところも初めて拝観し、いいところに泊まってうまいもん食べて・・・と充実した3日間を過ごすことができました。富士ヒル2週間前という大事な時だった、ということを除けばw。
でも出発前日に一応成木峠に上ったし、旅行中は相当な距離を歩いたから体重は大台に乗せずに済んだし、まあまあ許容範囲だったんじゃないですかね。




自転車の方は気持ちもひと息ついて何となく復活、ささやかな深夜のローラー練をいつも通りに始めています。今年の梅雨はどのくらい乗れますかねえ・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2018-06-14 08:47 | 日常 | Comments(0)

ちょいとひとっ走り2~歓喜の埼スタ

またまた間がたっぷり空いてしまいました。
先々週はその前週と同じく今週も短いライド。土曜未明1:00~3:00のサッカー観戦の翌朝は7:30の起床です。
朝食から諸々準備を経て先週と同じくらい、9:40頃の出発。行先はもう考えるのが面倒なので先週の近く、奥武蔵の南の方としました。
所沢航空公園からK463で北上、入間からK282~K30で鎌北湖。
b0144082_22420525.jpg

いつも釣り客しかいないこの人造湖、この日は紅葉がきれいで行楽客やアマチュアカメラマンなどで今まで見たことのない人出でした。
立派な一眼レフを構える人たちに混ざって自分もスマホでパチリ。
b0144082_22430455.jpg

b0144082_22430966.jpg



そのままグリーンラインを上ります。
こちらから入るとしょっぱなが14~15%はあろうかという激坂なんですよね。そこをなんとかやり過ごし、北向地蔵まで2.5kmくらいかな?写真は撮らずにそのまま通過。
さらに進んで一本杉峠までは5kmくらいと記憶していましたが、走っても走ってもたどり着かないw
何回走ってもここの距離感がうまくつかめません。
それでも走っていればそのうち着きます。
b0144082_22435403.jpg

この日一つ目のピーク。

ここから笹郷線を下りて三滝入口を通過。ここを通ってトイレに寄らないのは珍しい・・初めてかも。

さらに進んで滝の入線へ。
途中三叉路までは結構な上り、そのあとはほぼ平坦。
最後の激坂をうんしょッと上って桂木観音に到着です。
b0144082_22443542.jpg

これでこの日の上りのメニューは全て終了。
暑い時ならコーラ休憩ですが、流石にかなり涼しくなったので水を少し口に含むくらいで満足です。
あとは毛呂山~鶴ヶ島~関越沿いのルートで帰宅、前週とほぼ同じ距離のお手軽ライドでした。



そしてこの土曜日は昼から埼玉スタジアムへ。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)決勝2ndレグです。
家族4人のうち3人での観戦予定でしたが、史上最高とも思える争奪戦でなかなかチケットが手に入らず。
途中で何とか2枚入手、もうこれまでかと諦めかけたところで試合前日にツイッター経由で譲っていただける方がいて、ギリギリで3人揃っての参戦となりました。
1年前に1回だけサッカーのことを書きましたが、今回ついにその黒歴史に終止符を打ち、歓喜の瞬間に立ち会うことができました!
b0144082_22470280.jpg

b0144082_22471057.jpg

b0144082_22471939.jpg

スタジアムに入ってから試合を経て勝利のセレモニー終了まで5時間あまり、こんなにも熱く、美しく、幸せな空間が他にあったでしょうか・・・間違いなく自分の今までの観戦歴の中でベスト、一生忘れることのできない試合となりました。
今もまだその余韻に浸りつつ仕事をしていますw


そろそろ本格的に寒くなってきました。今年は珍しく年末年始で遠出するので大掃除等の年末進行は前倒し、そんなことも含めて年内はまとまったライドがしづらいかな~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by gon_oz | 2017-11-30 22:51 | 日常 | Comments(0)

乗れなかった週末とちょっとだけ先の話

この週末はノーライド。
前回エントリーで書いたように蓼科界隈に行きましたが、日曜の天気予報が好転しなかったので諦めて手ぶらで行きました。
b0144082_20453121.jpg
b0144082_20454332.jpg
b0144082_20453828.jpg
結果的には日曜午後は現地も走行予定だった埼玉あたりも降らなかった(現地は朝早くは降っていたけど午前のうちに止んだ)みたいだから、自転車を持っていけば蓼科から秩父まで走ることができました。
でもまあ仕方ない、こんな風に予報が外れることはありますからね。

結局6月はノーライドの週が2回、富士ヒルは当然距離は伸びないので月間走行距離は今年一番少ない300kmあまりでした。もやもやしますね~


さて、この先の予定ですがひとつ決まったのがあります。
b0144082_20465155.jpg
迂闊にもエントリーを忘れて出走ならず、となるところだった9月の赤城山HC、一縷の望みをかけて郵送受付枠に応募したら当選しました。
枠は200人てことですけどどのくらいの倍率だったのか、出走数が多い方が大会運営は(経済的に)有利なわけですから、案外申し込んだらみんな当選だったのかも。
いや、くじ運が悪い自分が当選するなんてそうそうあるわけない、と思ってしまうもんですからw

この通知を受け取るまでは、同日開催の「キング・オブ・ヒルクライム富士山」にエントリーしようかと思っていたのです。
こちらは去年あざみラインと連続して上った結果膝を壊した、いわくつきの「富士山スカイライン」を上るコースです。その時の御殿場側からではなく富士宮からのルートですが、高低差1,800mっていうのが「キング・オブ・ヒルクライム」を名乗る所以らしいです。
富士ヒルも赤城山HCもツール・ド・八ヶ岳もみんな1,200m台だから、かなりの上昇量ですね。
エントリー料が10,000円と、富士ヒルと同様高いのが難点ですが、事前に計測チップ等送られてくるので事前の受付はなし、しかも利用駐車場はスタート地点で24時間停められるので、前夜のうちに駐車場に着いて車中泊すればそのまま準備してスタートできる、というのがいいところ。
定員は1,000人なので八ヶ岳と同程度の小じんまりした大会のようです。
これは魅力的、赤城山の郵送枠に当たってもこっちにしちゃおうかな、と一度は思ったのですがやはり赤城山HCで(富士ヒルの分も含めて)リベンジしないと先には進めない、と思って予定通り赤城山HCに出ることにしました。赤城山で納得できるタイムを出せたら来年はKOH富士山にエントリーしよう。

直近の予定では、次の日曜日に自転車仲間とその赤城山に上ります。
コースはHCのコースのK4か、K16かまだわかりませんが、どちらにしても久しぶりなので楽しみです。天気はまだ先ですが、今のところ何とかなるかな?という微妙なところ。そのまま何とかしてくれ!




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2017-06-27 20:50 | 日常 | Comments(0)

たまにはサッカーのお話など

12/3はまたクロスバイクで埼スタに行ってきました。
朝から仕事をした上で、ちょっと早めに抜け出して埼スタまで。

IMG_6504

IMG_6508

観戦後は直接家に帰って、ぶつ切りながら計60km、特に膝は問題なし。
まあまあいい感じです。

翌日曜日は一日お仕事。

と、このくらいしかネタがないので埼スタつながりでたまにはサッカーの話でもしましょうか。

自分が浦和レッズを応援するようになったのは1999年くらいからです。
Jリーグが始まった時からサッカーはよく見ていたのですが、特に肩入れしているチームはありませんでした。
姉がたまたま当時レッズのスポンサーだった企業に勤めていて、チケットを何回かもらって観に行っているうちに自然に応援するようになったのです。
駒場を改修していたんだったか、なぜか国立でレッズの主催試合をやっていましたね。

ちなみに自分の競技歴はなしです。
中学に入った時に最初はサッカー部に入ったのですが、そのサッカー部は実質的に「帰宅部」でほとんど活動がなかったので、つまらなくて半年で他のクラブに移ってしまいました。

好きなチームがあるからにはできるだけスタジアムで観戦したいのは当然のことですが、数年前に土曜日の固定開催になってからは観戦頻度が減ってしまいました。今年は4試合しか行けなかったのかな。
土日分散開催の時は日曜の試合をよく観に行ってました(といっても多くて年間7~8試合くらいですが)。もっとも今分散開催に戻っても自転車が忙しくてそれほど観に行けないのは同じでしょう(^^;

そんな少ない観戦の中でも、優勝のかかった試合はなんとしても行きたくなります。そういうのは毎試合のように観戦している人たちから見れば「にわかファン」的行動なんでしょうけど、やっぱり優先順位をつけるとそうなってしまうのは仕方ないです。

そして優勝を逃してしょんぼり帰ってくる経験が増えるばかり・・・w
「優勝できなかった観戦歴」を振り返ってみると

2002年ナビスコカップ決勝 vs鹿島アントラーズ
2002ナビ杯決勝
(拾い画像)
レッズに初めて三大タイトルを獲得するチャンスが巡ってきた歴史的(笑)試合。何故か奇跡的にチケットがとれた(その後何回か決勝に進むたびトライしているが一度もとれたことがない)ので気合入りまくりで国立にはせ参じたがが0-1であえなく敗戦。決勝点は明後日の方向に飛んだ小笠原のシュートがブロックした井原に当たってゴールに吸い込まれるという残念なもの。
同じ対戦となった翌年のナビスコ杯決勝を4-0で快勝、初のタイトルとなったが上記のようにチケットがとれず自宅でTV観戦だった。


2004年チャンピオンシップ vs横浜Fマリノス
2004-CS
昨年復活する前の最後に行われたチャンピオンシップ。去年・今年の複雑なルールではなく単純に1stステージ勝者と2ndステージ勝者との間で行われた。ちなみに年間勝ち点一位は浦和レッズ。
アウェイ・ホーム共に観戦したが2試合合計同点で延長も点が入らずPK戦で敗北。
もちろん翌年からの1ステージ制には大賛成だったけど、目の前の相手と優勝をかけて戦うヒリヒリ感も悪くないと正直思った。


2006年 第33節 vsFC東京
2006-33節
優勝を争っていたガンバ大阪の試合結果によっては優勝する可能性のあった試合。レッズが勝ちでガンバが負ければ、だったか負けか引分だったら、だったか。
家族4人で観に行ったが、ガンバの結果以前にレッズがスコアレスドロー。
翌週、最終節の直接対決でガンバを下して初(そして今のところ唯一) のリーグ優勝を果たした。その試合は仕事だったかチケット取れなかったんだか?で観に行けず。


2007年 第33節 vs鹿島アントラーズ
2007-33節
(拾い画像)
前年の主要メンバーが残った上で阿部勇樹を補強、盤石の体制で臨んだシーズン。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)は見事に優勝したが、リーグは終盤失速。猛然と追い上げてきたアントラーズとの直接対決、勝てば優勝が決まったが0-1で敗戦。それでも最終節に勝てば優勝、の優位は変わらずだったので、かっかりしつつもそれほど悲観的にはならずに家路についた。


2007年 最終節 vs横浜FC
2007-最終節
(拾い画像)
その最終節、相手は(当時史上最速だったか?で)とっくにJ2降格を決めていた横浜FC。けがや出場停止で主力の山田・闘莉王を欠いたもののさすがに勝てるだろうと思っていた。引き分けでもよかったのかは忘れた。早い時間に阿部チャンが三浦知良にぶち抜かれて入れられたセンタリングを決められると、色々な意味で疲弊しきっていたチームは反撃できないままずるずると時間が過ぎてタイムアップ。まさかの敗戦で、裏の試合で快勝したアントラーズにタイトルを持っていかれた。横浜国際から新横浜駅までとぼとぼ歩いた時の心持ちは今でも忘れない。


2014年 第32節 vsガンバ大阪
2014-32節
(拾い画像)
その後残留争いを経験するところまで堕ちたが現監督になって持ち直し、また優勝争いに絡むことができるようになった。2節を残して優勝を争うガンバ大阪との直接対決で、勝ち点差は5。勝てば優勝が決まった。そうなればもちろん最高だが、残り試合のことを考えれば引き分けでも十分だった。欲を出して終盤にバランスを崩して試合終了間際に2失点、0-2で敗北。拙い試合運びが仇となった。この試合を無事に引き分けていれば今頃常勝チームになっていたのではと思わせる、ここ2~3年の流れを決めるターニングポイントの試合だったのかも。


2014年 最終節 vs名古屋グランパス
2014-最終節
続く33節の鳥栖戦、勝利目前の後半ロスタイムラストプレイで同点ゴールを決められ引き分け、一気に旗色が悪くなって迎えた最終節。試合前の勝ち点はレッズ、ガンバ共に62。得失点差はガンバが大きく上回るため、ガンバが勝てばガンバの優勝。ガンバを上回る結果だった場合のみレッズが優勝、というシチュエーション。そしてガンバの対戦相手は既にJ2降格を決めていた徳島ヴォルティス。これは無理か、と思いつつもわずかな望みを持って埼スタへ。開始早々に先制するが後半の後半に2点とられて逆転負けを喫し、ガンバの結果によらず優勝には手が届かなかった。しかし、なんとガンバは徳島と引き分けていたので、結果的には勝てば優勝していた。(さらにタラレバな結果論を言うなら前節の鳥栖戦で勝ちきっていれば優勝していた。)最後の3試合で稼いだ勝ち点が1ではさすがに優勝できない。「失速の浦和」の名を不動のものにした。
「特に好きってわけじゃないけどどちらかを応援していないとつまらないから便宜的にレッズを応援している」と言っていた家人が、試合後ピッチに泣き崩れる選手たちを見て「来年からはちゃんと応援する」と宣言したのがこの試合の唯一の収穫(笑)。


2016年 チャンピオンシップ第2戦 vs鹿島アントラーズ ←New!!
IMG_6532
はぁ・・・
アウェイの初戦をものにして、上記の黒歴史に終止符を打てると確信を持って臨んだ一戦。
試合開始早々に先制するまではよかったが、だんだん戦い方がちぐはぐになって結局逆転負け。
勝ち点15の差をつけた相手と一勝一敗もアウェイゴール数で負け。とても負けた気がしないが負けは負けである。悲しい。阿部チャンがシャーレを掲げる姿を撮るための一眼レフと望遠レンズ、その他にコンパクトカメラやら双眼鏡やら防寒具やら、荷物が多くなって手持ちのバッグでは入りきらないので、わざわざドイターのバックパックを買ったのに(笑)。まあこれは前から欲しかったものだし、これからも有用だからいいけど。

ついでにもうひとつ。自分は試合が終わったらすぐに席をたったし録画も見ていないので確認していないが、シャーレを渡しに出てきた村井チェアマンにまた一部レッズサポがブーイングを飛ばしたらしい(2ステージ制反対の意でことあるごとに彼にブーイングしている)。
負けた時にそういうことをするのはみっともないからやめた方がいいし(勝ってやったルヴァン杯でもみっともなかったが)、そもそも村井チェアマンは前任者が決めた2ステージ制を(新たなスポンサーを見つけてきて)2年で終わりにさせた功労者である。何故彼にブーイングする必要があるのか理解できない。


こうやって書いてみるとサッカーのこと書くのも楽しいですね。自分は戦術眼がないから試合のレビューとかは書けないですけど。

これでもう来春までサッカー観戦はなし。
来年も自転車との折り合いをつけながらできるだけたくさん観に行って、今度こそ歓喜の瞬間に立ち会いたいものです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2016-12-07 02:13 | 日常 | Comments(0)

もうちょいお休み

11/3は2週間半ぶりくらいの自転車、クロスバイクで埼スタまで。

IMG_6326

片道たかだか25km程度でしたが、復路でまた膝に少々痛みが。
う~ん、もうちょいお休みですね。今回は何もしていないんだけど、また整骨院にでも行くかな~。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2016-11-04 23:33 | 日常 | Comments(0)

ネタがないので今後の予定など

この週末はノーライド。土日と泊りで東京を離れていたので特にネタもありません。


IMG_4338
こんなところに行ってきました。それはそれで楽しかったですが。

愛車を見ることもなく(自宅とは違う階に置いているので)過ごす土日は寂しいですねー。

本当に書くことがないので今後の予定など:
今週末は、Yabooさん恒例の夏至チャレが予定されています。コースは基本去年と同じとのこと。
土曜に決行されればDNS、天候により日曜にずれ込めば参加の予定です。
天気は・・・昨日くらいまで両方雨の予報だったのが、日曜が走れそうな気配になってきました\(^o^)/

7/3は決まった予定なし。

7/10は、ぽっぽさん、take-iさんと筑波山を走る予定です。筑波山は走ったことがないのでそろそろ行ってみたいと思っていたんですが、ツイッターでぽっぽさんとtake-iさんが自走筑波山を計画していたので便乗させてもらいました。天気が崩れないことを祈っています♪

そしてその次は三連休、真ん中の7/17がいよいよBRM717宇都宮300km水上山岳です。去年のリベンジ毛無峠に続く300km6,000mup、無事走りきることができるのでしょうか?
季節的には毛無峠より暑さが厳しいはず、完走できても時間ぎりぎりかな~。
梅雨が明けるか明けないかの頃、ここも好天を祈るのみです。

そして、このあたりから夏本番です。今年はどこに行けるか、また楽しみですねー

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
by gon_oz | 2016-06-23 22:45 | 日常 | Comments(0)