L S C H

<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2年ぶりの有間峠

もはや古い話になりますが、富士ヒルの翌週、何とかやる気というか走りたい気持ちがまた出てきたので、6/17(日)は普通にライドしてきました。
まあ、あんまり頑張らないで走ってみよう、って感じですが。

富士ヒルのトレーニングで行こう行こうと思って結局行けずじまいだった秩父側からの有間峠をメインルートとしました。
自分が行きやすい秩父へのルートは白石峠経由、もしくは山伏峠経由。(他にもいろいろあるでしょうけど定峰峠経由とか。)
山伏峠経由は復路とかなりルートが被るので白石峠を選択。

朝は5時半には家を出たい・・・と思っていましたが前夜帰宅・就寝が遅くなったので無理せず5時起床6時出発。
いつもに比べて信号にもあまり引っ掛からず、ガス欠にもならずスムーズに田中セブンに到着。
b0144082_19450981.jpg
ツイッターを見るとぽっぽさん、あゆさんが出発直後の模様。上っている途中でスライドできるかも?
補給を済ませていざ白石峠へ。
b0144082_19453488.jpg
b0144082_19454803.jpg
あまり本気でアタックせずに少し気合を抜いた感じで上っていきます。今日はあくまで通り道だし・・・と自分に言い訳しつつ走っていると、水場を過ぎた辺りでやっぱりぽっぽさん、あゆさんが。停まってちょっと立ち話。また一緒に走りましょう、ということで引き続き峠を目指しました。
b0144082_19462085.jpg
タイムは置いておいてw
やっちん茶屋ではいつもガリガリ君なのでたまには違うのを・・・とチョコミントを食べてみましたが、やっぱりガリガリ君の方がいいかな。
峠TTの掲示板はまだお二人しか記入がありませんでしたが、相変わらずお速いです(^^;
b0144082_19464359.jpg
一休みした後は定峰峠経由で秩父方面へ。
b0144082_19472332.jpg
R140のコンビニで軽く補給してさらに進みます。
R140から少し上ってまずは浦山ダム。
b0144082_19475285.jpg
b0144082_19481242.jpg
湖のよこではトンネルがいくつか。
b0144082_19484849.jpg
b0144082_19503980.jpg
ここから峠まで700mくらい上っていきますが、ルートを引いた断面によると名栗側よりかなり勾配は緩めの感じ。上り初めてすぐに峠から下りてきたローディと何人かすれ違いましたが、そのうちの一人が「上は大雨ですよ~」と教えてくれました。むむむ~
この日のこの界隈の予報は曇りだったので、雨だとすれば標高が高い峠近辺だけでしょう。走ってきたルートを戻れば雨は回避できるだろうと思いましたが、ここまで来てその選択肢はない・・・
ウインドブレーカーが一枚あるだけですが、びしょ濡れ覚悟でそのまま進みました。まあ濡れてもそのまま家まで走るだけだし、この季節なら何とかなるかな、ということで。

この道は途中までがK73で
b0144082_19513370.jpg
ここから林道広河原逆川線です。
勾配はきつくないのでゆるゆると上っていきます。
b0144082_19520824.jpg
標高が1100m超、というのを覚えていたのでガーミンに表示される標高で峠までの距離に見当をつけつつ進みました。
標高が700~800mくらいのあたりからかあたりは霧に包まれ、さらに湿度が増して空気がまとわりついてきます。
b0144082_19523434.jpg
ほぼ霧雨に近い状況でしたが、雨が降っている、とまではいえない感じだったのは助かりました。何となく全身じっとりしましたがびしょ濡れ、というほどではありません。視界はまるで効きませんが上っている分には問題なし。
b0144082_19525657.jpg
勾配はキツくないもののその分距離は長くなります。有間峠は名栗側から2回ほど上ったことがありますが、いずれも峠で引き返して名栗側に下りたので、秩父側を走るのは上り下り含めて初めてです。
峠の様子から、秩父側からだと切通しっぽいところを大きく左にカーブを切ったら視界が開けて峠に到着、というのはわかっています。標高が1100mに近づいた辺りからそれにちょっと近い曲がり方をするところが2ヶ所ほどありましたがいずれも峠ではありませんでした。
そろそろ着かないかなあ、といささかうんざりしかけたところでまた大きく左にカーブ、今度こそ本物です、無事に峠に到着。
b0144082_19533309.jpg
この先には名栗湖が見えるはずなのですが・・・w
周りにはオフロードのオートバイとロードバイクが一人ずついました。
もう一人の自転車乗りの人と少々お話をして、名栗側へと下りていきます。
上りではあんまり気にならなかった霧ですが、下りは影響大ありです。ただでさえ霧で視界が悪いのに、アイウェアが曇ってしまい3~4m先もはっきり見えません。
b0144082_19543422.jpg
写真だとこんなもんですが、実際はもう少しガスが濃い感じな上にアイウェアの曇りまくりでまるで見えない・・・
危なくてしょうがないので20km/hも出さないくらいでゆっくり下りていきます。写真も走りながらなんてとても撮れません。上の写真を撮るために一旦停まると峠で話をした人がゆっくり抜かしていきました。
ゆっくりゆっくり、300mくらい下ったでしょうか。やっと霧が晴れて視界が開けてきました。
b0144082_19550939.jpg
そうなると後はスムーズに淡々と下って名栗湖(有間ダム)。
b0144082_19552430.jpg
左彼方の雲の中に有間峠があるんじゃないかな。
あとはK53から小沢峠を超え、岩蔵街道のファミマで遅めの昼食補給をして所沢経由で帰宅しました。

こんな感じで有間峠に2年ぶりに上りました。この時は全く知らなかったのですが、来週7/2からから来年の4月まで、橋の掛け替えなどの工事で長期間通行止めだそうです。上っておいてヨカッタ(^^)
通行止めは名栗側で、秩父側から峠までは通れるそうですけど、向うから上って向うに下りるのは東京方面からだとちょっとハードル高いですからね。
ぽっぽさん、あゆさんも今度の週末に行かれるみたいです。年内上り納めなので結構混みあうかも?お気をつけて楽しんで下さい~


この前の週末は家でやりたいことが色々溜まっていたのでそれらをこなして結局ノーライド。時間があれば彩湖でつつましくぐるぐる、もしくはもっと時間がなければせめてローラー、と思っていたのですがどちらもかなわず。

次の週末は半分仕事半分遊び、って感じで蓼科方面へ。これで三年連続です。今年こそは自転車持っていけるかも?



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-06-26 20:01 | 自転車 | Comments(5)

晩春の京都の旅

辛気臭いエントリーが続いてしまったので、お口直しに先月末に行った京都のことを備忘録として絵日記的に記事にしておきます(^^)
文章は明けた週のうちに書いてあったのですが、写真を選びながらアップする時間がなくて放置となっていました。
いつもの自転車ブログとは趣が違いますが、おヒマなら見てやってください~


旅程は5/25(金)~5/27(日)に二泊三日でした。
一日目の午前はいきなり今回の旅のチマ・コッピ・・・じゃないw、白眉ともいえる桂離宮です。11時の見学を申し込んでいるので、7時東京発の新幹線で9時過ぎに京都着。
まずはホテルに寄って荷物を預け、それから桂離宮に向かいます。
最初に待合所で簡単なビデオのオリエンテーションを見て、先導・解説の人に率いられて庭園へ。30~40人程度のグループでしょうか。
宮内庁の管理ですから、庭と建物のメンテナンスはもう完璧です。
グループで移動しているのでなかなかいい写真が撮りづらいのですが
b0144082_19155088.jpg
b0144082_19154565.jpg
b0144082_19153423.jpg
b0144082_19153914.jpg
b0144082_19152974.jpg
b0144082_19173352.jpg
広くて見どころがたくさんあるので、1時間程度のコースだと駆け足でちょっと消化不良です。でもなかなか観る機会がないところですから、実にいい勉強になりました。

次は昭和の作庭家重森三玲の代表作である東福寺を目指しますが、伏見稲荷がすぐそばなので立ち寄り。
有名な観光スポットなので人大杉です。
b0144082_19312904.jpg
b0144082_19313587.jpg
b0144082_19313924.jpg
引き続き歩いて東福寺へ。
通天橋
b0144082_19361764.jpg
b0144082_19315123.jpg
方丈庭園
b0144082_19315582.jpg
b0144082_19315944.jpg
b0144082_19320343.jpg
これでひとまずホテルに戻り、離れの茶亭で一休み。
b0144082_19320752.jpg
夕食は外のレストランなのでまた外出。
まずは大谷本廟。
b0144082_19321137.jpg
ここは観光ではなく、家人の実家の関係でお花と線香を手向けに来ました。
引き続き清水寺の参道から三寧坂、二寧坂を下ってさらに高台寺辺りを散策。
b0144082_19321588.jpg
b0144082_19365616.jpg
b0144082_19321903.jpg


時間になったのでレストランに集合、みんなで夕食を食べて
b0144082_19322313.jpg


最後は家人と二人でホテルのバー。
b0144082_19322856.jpg




二日目はまず修学院離宮。
前日の桂離宮と同じく宮内庁の管理です。
b0144082_08263250.jpg
(当時の)農道で繋がれた三つの敷地は一部高低があり桂離宮よりいくらか野趣があります。
b0144082_08263955.jpg

ここに限らず、今回見学予定のところは事前にいろいろ勉強を・・・と思いつつ図版をパラパラ眺めた程度で来てしまいましたw
b0144082_08263516.jpg
b0144082_08264375.jpg
ここも一時間ほどの見学なので、ちょっと駆け足です。


お次は北上して大原へ。
まずは寂光院。平清盛の娘が平家滅亡後の隠棲したことで有名な尼寺、だそうです(受け売りw)
b0144082_08264720.jpg
ひっそりとしたアプローチはとても趣があります。
小さい本堂と隣接する庭園。
b0144082_08265012.jpg
b0144082_08265470.jpg

市内からのアプロ―チの国道まで一旦下りて、今度は三千院へとまた上っていきます。平均斜度8~9%、ってところでしょうか、ところどころにお土産物屋やお茶処が張り付いた狭い参道をどんどん上がっていきます。
入口。
b0144082_08265898.jpg
脱いだ靴を持って本堂をまわり、別の口から庭に出て散策。苔むした地面と垂線を強調する杉などの針葉樹のコントラスト。
b0144082_08320563.jpg
b0144082_08274393.jpg
三千院を出た後は周りを少しぶらぶらして、国道まで下りたらバスで市内に戻ります。
b0144082_08281116.jpg
b0144082_08281556.jpg
二泊目のホテルにチェックイン。
b0144082_08275478.jpg
b0144082_08453263.jpg

夕食はホテル内のレストランなので、それまでの時間で街に出て錦市場で買い物など。
b0144082_08275941.jpg
ホテルに戻ってみんなで夕食。その後は疲れていたので部屋に戻ってジロなど見ながら沈没してしまいました。
b0144082_08280384.jpg



最後の朝は早めに起きて、まずは鴨川をお散歩。通勤の人、走る人、自転車の人など様々です。
b0144082_08315275.jpg
朝食、チェックアウトの後はそのまま荷物を預けて西芳寺(苔寺)へ。
ここも拝観には事前の申込みが必要です。以前は見学前に写経をさせられたそうですが、今は般若心経を唱和した上で木の札に願い事を記すのが拝観前の決りごとになっていました。

俗称の通り、見事に苔むした美しい庭園です。苔は120種類あるとのこと。
b0144082_08315600.jpg
b0144082_08315961.jpg
b0144082_08320225.jpg
b0144082_08320524.jpg
庭は上下二段で下段が池を中心にした回遊式、上段が枯山水です。
b0144082_08320909.jpg
家人が他の人の写真を撮ってあげたら、お返しに撮ってくれました。
b0144082_08324344.jpg


この後は隣の鈴虫寺を・・・と思ったら入口に長蛇の列。あっさり諦めて松尾(まつのお)神社まで10分余り歩きます。
ここも初日の東福寺と同じく重森三玲の庭があります。
b0144082_08321119.jpg
b0144082_08321491.jpg
東福寺は初期の作品ですがここは遺作だそうです。周りの建物も歴史的なものではなく、庭もコンクリートで固めてある部分が多いので、造形的には面白いのですが風情はそれほどありません。

この日の午後はノープランだったのですが、前の晩の食事で話題になった大徳寺の特別公開が最終日とのことだったので行ってみました。この旅の寺巡りの締めくくりです。
まずは黄梅院。アプローチが抜群でした。
b0144082_08321778.jpg
b0144082_08322117.jpg
この先、受付で拝観料を払うとこの先は撮影禁止とのこと。
千利休がデザインしたという小さい庭と茶室があって、案内の人が要所にいて短い説明をしてくれます。
写真がダメならスケッチを、ということで断片的に何枚か。
お粗末ですが・・・
b0144082_08324724.jpg
b0144082_08325083.jpg
続いて興臨院。こちらは撮影可能です。
b0144082_08322679.jpg
b0144082_08322856.jpg
b0144082_08323236.jpg

大徳寺は大きいお寺で○○院というのが数多く並んでいます。他にも拝観できる面白そうなところもありましたが時間と体力がそろそろ・・という感じだったので、特別公開の二か所だけで終了。
b0144082_08323632.jpg
荷物を引取りにホテルに戻って、カフェで一息。
b0144082_08324019.jpg
ゆっくりしすぎて最後駅でのお土産購入が駆け足になりましたが、何とか新幹線の時間に間に合い、車中で弁当を食べつつ一路東京に戻りました。
b0144082_08325518.jpg



会社の旅行といっても大部分が自由行動で、ふらっと行ったのでは観られないところも初めて拝観し、いいところに泊まってうまいもん食べて・・・と充実した3日間を過ごすことができました。富士ヒル2週間前という大事な時だった、ということを除けばw。
でも出発前日に一応成木峠に上ったし、旅行中は相当な距離を歩いたから体重は大台に乗せずに済んだし、まあまあ許容範囲だったんじゃないですかね。




自転車の方は気持ちもひと息ついて何となく復活、ささやかな深夜のローラー練をいつも通りに始めています。今年の梅雨はどのくらい乗れますかねえ・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-06-14 08:47 | 日常 | Comments(0)

富士ヒル2018参戦記

Mt.富士ヒルクライム、参戦して参りました。前回書いた予想通り、惨敗の結果でした(´・ω・`)

今までの2回の参戦はいずれも道の駅富士吉田にて車中泊しましたが、今回は道の駅なるさわに変更。隣に日帰り温泉があるのが魅力的だったので。
15時くらいに富士急ハイランドの駐車場からシャトルバスで会場へ。
b0144082_22172018.jpg
受付と多少の買物を終えて車に戻り、道の駅に向かいます。それほど混んでいなかったので適当なところに車を停め、レースの準備を諸々済ませて6時半頃温泉へ。
色々な種類の風呂を堪能した後はそのまま食事処で夕食。ほうとうを頂きました。
車に戻る前に7~8分歩いたところにあるコンビニで朝食を調達。後は寝床を作って9時過ぎには寝てしまいました。
b0144082_22173801.jpg
翌朝は3時半に目覚めてまずは駐車場へ。割り当てられた駐車場は昨日停めたのと同じ富士急ハイランドです。
食事、アップ、身支度を終えて会場へ。ぽっぽさん、あゆさんと会うことができて少々お話。健闘を誓い合って自分のスタート待機場所に戻りました。
この日最も心配だったのは天気でしたが、この時点で曇りのまま。最悪スタート時点で降っていなければ後は勢いで何とか・・・と思っていたので上出来です。
結局スタート直後の料金所を過ぎたところで一瞬ぱらついただけで、ゴールするまで降られることはありませんでした。

走りのペースは予想通りで今一つ上がらず。目標達成のためには平均時速16km/h以上が必要で、そのためには最後の平坦に入るまでを15.5km/h程度で行かなければならないのですが、中盤落ち着いて以降は15.0km/hに張りついたままいくら頑張っても数字が上がりません。やっと15.1まで上がったと思ったらすぐに勾配がキツくなって15.0に戻る、っていうのを何回か繰り返しているうちに山岳スプリット区間を超えて平坦区間に入ってしまいました。そこから予定通り0.5km/h平均速度を上げてゴール時は15.6km/h。タイムは手元の計測で93分7秒。
直前の練習結果からブロンズは難しいにしても、内心の最低限の目標として3年前に初めて参加した時の記録91分5秒を下回らないように、と思っていたのですが・・・それより2分も遅い、ワースト記録を軽く塗り替える結果となりました。
b0144082_22192581.jpg

雨予想のため下山の装備は万全に用意していたので、それらを着てそそくさと下山スタート地点へ。下山中も最後数kmは雨が降って少々濡れましたがそれほどのことはなく、会場でチップ返却→ふるまいの吉田うどん→駐車場に帰着・撤収といういつもの流れ。途中PAで食事などしつつ14時頃には無事帰宅しました。


というわけで予想通り、というか予想を上回る酷い結果となりました。
2年前の赤城山HCも前年、前々年の記録を大きく下回る結果でしたが、その時は週1回しか乗っていないので向上が望めない・・・という言い訳が多少なりともありました。
今回は1年間平日も少しずつですがトレーニングを重ね、機材もグレードアップしてさらに体重もいくらか軽い、それでこの結果です。もてぎに参戦した関係で例年より平地練が多かったとはいえ、それも平均斜度が緩い富士ヒルに向けて筋持久力強化にはつながるだろう、と内心考えてのこと。

うーん、なんだかちょっと惨めな気持ちです。これからどのように自転車と付き合っていくか、考えてしまいます。レースとか峠TTとかやってもやっても遅くなる一方ではさすがに気力が続きません。まあ練習が足りない、って言われりゃそれまでなんですけど。
これくらいのことで弱音を吐くのは早すぎるかな?でもいっそファンライド一択にしたいような気も?
心千々に乱れる日々です(笑)
ここのところ毎度泣き言ばかりでほんとスイマセン(・ω・)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-06-11 22:30 | 自転車 | Comments(6)

ダメだこりゃ

6/3は富士ヒル前最後の実走。
泥縄で2~3本上りたいところですがあまりたくさん走って疲れを残したくない。
以前は一週間前までなら疲れとか関係ないだろうと思っていましたが、最近はちょっと思い直してみたりして。
なので久しぶりに物見山まで車載で、そこからサクッと白石峠~笠山峠を走ってきました。
記録によると最後に車載で白石峠に上ったのは去年の4月、記録はベストの約1分落ち。
ベストの3分落ちくらいが常態化している最近ですが、ここでベストの1分~1分半落ちくらいまで挽回して富士ヒルにつなげたいところです。

物見山から上り口まで17km。特に後半は上り基調ですからいいウォーミングアップになります。

b0144082_20462327.jpg
いつもと違うアングルから写真を撮ってスタート。
さすがに自走で来ていたこの前の三週連続よりは脚が軽くまわる印象です。
最激坂部分では10km/hを大きく割り込んでしまうものの、勾配が緩いところはけっこう踏めている感触。
最後のストレートも何とかシフトアップしながらゴール。
b0144082_20465221.jpg
タイムは・・・ベストの丁度3分落ち。
むむむー、走ってはゴールでがっかりが続いている白石峠ですが、今回のタイムはここ最近の中でも一番ショッキングな結果です。
前週ろくに走れなかった(成木峠のみ)ので平日は5日間しっかりローラーを廻し、土曜日はクロスバイクで会社まで軽く走っただけで脚を休めています。
さらに上る足を使ってしまわないように車載で臨んだのに、去年の車載時より2分も遅いとは・・・
意気消沈しつつやっちん茶屋でガリガリ君メロンソーダを頂き、すぐに定峰峠から東秩父側に下りていきます。
バス停を過ぎてしばらくのここで右折。
b0144082_20473795.jpg
次は笠山峠(七重峠)へ。「あじさいの道」ですがさすがにちょっと早いので、あじさいの花はちらほら見える程度でした。
脚も気力もなくちんたら上って峠に到着。
b0144082_20480018.jpg
下りきって

b0144082_20481945.jpg
そのまま碑原峠へ。
川の横を上る気持ちのいい道から切通し、ここはこじんまりとしていますが好きな峠です。
一本杉峠などと同じく、新しい峠の看板が設置されていました。
b0144082_20484123.jpg
ボトルが空になったので、下り切ったところで特産物販売所に立ち寄り。
b0144082_20485422.jpg

後は毎度のように高柳屋でうどんを食べて物見山に帰着しました。

さて、後は本番を残すのみとなりました。
が、見ての通りでそれなりにトレーニングして来たつもりでしたが全く結果につながらず。白石峠を指標にしてみてもブロンズに50秒届かなかった去年の同時期より1分以上遅いです。
これでは残念ながらブロンズ達成は絶望的ですねえ・・・
この1週間の休足が画期的な効果をもたらした、なんてことがない限りは。
いやでももちろん、全身全霊、全力で走りきりますよ(^^;それだけは絶対間違いありません!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-06-04 20:50 | 自転車 | Comments(0)