L S C H

タグ:ファンライド ( 80 ) タグの人気記事

乗鞍!!!!!

行って参りました、乗鞍岳。
好天に恵まれたこともあり、想像していた以上の絶景の中で素晴らしいライドを堪能してきました。

ブログかstravaのコメント欄で24weさんと久しぶりに遠くを走りたい、という話になって24weさんから乗鞍、っていう候補が出たのがことの始まりです。かねてから24weさんと「乗鞍走りたい」と話していたというtomoさんと、仲間の皆さんに声をかけたところ乗ってきてくれたぽっぽさんが加わる形で4人のライドになりました。
当日の予定は8時スタート。3時過ぎに赤羽岩淵でぽっぽさんをピックアップ、永福から首都高~中央道を走って6時頃松本着。コンビニで買物を済ませて下道で乗鞍高原まで約40km、道中狭いトンネルが多数あり、当初この辺も自転車で走るルートを検討しましたがあゆさんやぽじさんといった先達の皆さんのアドバイスでやめておいて正解と納得しました。

7時頃に到着して前泊している24weさん、tomoさんと無事合流。そして、この天気。
b0144082_18254644.jpg
高速で走っている間も晴れたり雲が多くなったりでちょっと気を揉みましたが、この時点では見事に晴れ渡りました。このまま一日持ってくれぇ!
着替え、自転車のセット、補給、軽量化とひと通りの準備を済ませて予定よりちょっと早めの7:45にスタート。
b0144082_18263907.jpg
駐車場前から走り始めますが、丁度そこがヒルクライムの計測開始地点だそうです。標高は1,400~1,500mくらい。この標高でもこんなに暑いのか!とこの時は思いましたが、下界よりはずっと涼しかったのでしょう。
スタート直後は勾配も緩め、木陰を走る部分が多くて快適。のんびり目のスピードで飛ばすことなく4人一緒に上っていきます。
b0144082_18280387.jpg
b0144082_18280669.jpg
b0144082_18281128.jpg
途中三本滝のゲートで何台か停まっているバスの横を通り過ぎると、そこから先はもうマイカー規制でバスが時々通るだけ。タクシーも走ってたかな?記憶にないけど。
b0144082_18285514.jpg
抜かしていったバスの隊列が頭上の道を走ります。

勾配がどんな具合か全く把握してなくて、スタート時にゴールまで21kmくらいとぽっぽさんに教えてもらっただけなので、ちょっと用心しながら上っていきます。特に前半は勾配が緩くスピードも抑えめだったので気持ちよく走ることができました。
b0144082_18294506.jpg
上の方に行くといくらか勾配が急な部分が現われますが、周りの景色が開けて気持ちよさが増すのでプラマイゼロ、ってとこでしょうか。
いつの間にか前後離れてひとり旅になり、周囲の木々が少なくって森林限界が近づいてきます。
b0144082_18301097.jpg

傍らに雪渓が残り空は真っ青、いつの間にやらもう前後左右どこを見ても絶景しかありません。
b0144082_18304600.jpg
b0144082_18312186.jpg
時々ロードバイク乗りとすれ違ったり抜かしたり抜かされたりで挨拶を交わしますが、みんな満面に笑みを浮かべているイメージ。とにかく気持ちいい!
走りながらあっち向いたりこっち向いたりして写真を撮りますが、やっぱりそれでは限界が。
b0144082_18334586.jpg
普段は足着きしないことを優先して写真は諦めるのですが、ここではどうしても停まらずにはいられませんでした。そんなにきつい勾配でもないから停まっても停まらなくても大勢に影響ないし・・・ということでちょいとストップ、素早くパチリと。
b0144082_18330660.jpg
b0144082_18331033.jpg
そしてまた走り始めると、ほどなくゴール地点に辿りつきました。
b0144082_18342458.jpg
色々なサイトやブログで何度も何度も見た、この風雨にさらされ続けた岐阜県の標識。
みんな上ってきます。
b0144082_18375194.jpg
真っ青な空と相まって、もうどちらを向いても写真を撮りまくりたくなる絶景の宝庫です。
b0144082_18355364.jpg
b0144082_18361991.jpg
b0144082_18363589.jpg
b0144082_18383016.jpg
あれこれ写真を撮ったらちょっと下って畳平へ。
b0144082_18385935.jpg
ここでも写真を撮りつつボトルに水を補充など。
b0144082_18404838.jpg
b0144082_18405645.jpg
b0144082_18405277.jpg
お次は岐阜側へと下りていきます。
と、これがまた凄い!走っていく道の向こう、右、左と次々現われる素晴らしい景色にその度停まってしまい、なかなか前へと進むことができません。写真を撮りながらみんな笑いが止まらない感じです。
b0144082_18445640.jpg
b0144082_18440840.jpg
b0144082_18440223.jpg
b0144082_18431220.jpg
b0144082_18450287.jpg
b0144082_18450610.jpg
ブログの解像度だとわからないと思いますが、下りていくtomoさんとぽっぽさん。
b0144082_18460324.jpg
同じく24weさん。
b0144082_18462977.jpg
空に向かって飛びたつ感じ!
b0144082_18465318.jpg
を走っているところを24weさんが撮ってくれていました。
b0144082_18472300.jpg
空に向かって飛びたつ感じ!その2
b0144082_18475517.jpg
さらに進んで高度が下がるとやがて普通の山道風味になり、
b0144082_18482572.jpg
b0144082_18484268.jpg
下りきったところで平湯バスターミナル。
b0144082_18490014.jpg
ちょいと早めですがこの先どこで何にありつけるかわからないので、ここの食堂で昼食。自分は「奥飛騨つけ麺」を頂きました。
ここを出るとすぐに安房峠への上りです。stravaのログを見ると7.4km6%のヒルクライムでした。さっきの乗鞍岳に比べると高度がないので気温も高く、周りの景色も普通の山の中ですね。
b0144082_18494035.jpg

それでもここも気持ちいい道でした。ちょいと長いのが堪えましたけど。
b0144082_18504893.jpg

やっと峠に到着。わかりづらいのですが左下の草の中に自転車が埋もれています。
b0144082_18515385.jpg
みんな揃ったところで木陰でまた大休憩。
b0144082_18522036.jpg
ここからまた下っていき、上高地へと続く九十九折れを下りる手前で林道に逸れるルートを予定していたのですが、これが通行止め。リサーチ不足でスイマセーン(´Д`)
仕方ないのでちょっと楽しみにしていたこの九十九折れ
b0144082_18524168.jpg
を下りて、そのままR158に入りさらに下っていきます。トンネル続きのこの道を避けるために林道を走るルートを設定したのですが。
幸いにして松本から乗鞍高原手前のトンネルよりは広くて路面も整備されていたので何とか走りきりましたが、なかなかスリリングでした。
勾配も落ち着いたあたり、「グレンパークさわんど」なるドライブインのようなところに停めてドリンク補給など。
b0144082_18531423.jpg
すると、ここから白骨温泉に行けば通行止めだった林道に合流できることがわかりました。林道のどこまでが通行止めなのか定かでありませんでしたが、白骨温泉まで行けるってことはその先も行けるんじゃね?ってことでそっちのルートを選択。
ひらけた国道沿いからまた山の中に入って、ほどなく上りが始まりました。
と、これがキッツ~い!図らずもこの日のクイーンステージとなったこのルート、延々とスノーシェッドが続き、ガーミンが示す勾配は10%を下回ることがありません。
心がめげそうになるのを何とか食い止めて淡々と上り続けたので一枚も写真を撮っていませんw。ネットで拾いましたがこんな道です。
b0144082_18534439.jpg
これが2kmくらい続いたでしょうか、その後白骨温泉まで500mとか1kmとか、そんな看板が出ている辺りで先行していたぽっぽさんが停まって写真を撮ってくれました。
b0144082_18541468.jpg
さらにちょっと上って何とか白骨温泉郷に到着。どっちに進めばいいかを確認した上でさらに上っていきます。
b0144082_18545459.jpg
この先は勾配はいくらか緩みましたが、5kmくらいちんたら走って蛭窪トンネルなる所に到着。
b0144082_18551622.jpg
このトンネルを超えるとあとは乗鞍高原までズバッと下りるだけです。
15時半頃には駐車場に帰着、撤収して皆と挨拶、帰路につきました。

今までにも渋峠や大弛峠など、絶景でならす峠道をあちこち走りましたが、ここはもう別格と言っていい素晴らしさでした。天気に恵まれたライドになって本当に良かったです。また走りたい、と切に思いますが遠いし他にも走りたいところは山ほどあるし、次に来られるのはいつになることやら・・・でも、常に目標とすべき場所であることは間違いありません。
ご一緒頂いた24weさん、ぽっぽさん、tomoさん、本当にありがとうございました~

最後に一句。

乗鞍や ああ乗鞍や 乗鞍や




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-07-26 18:59 | 自転車 | Comments(6)

蓼科から秩父・片道ライド

この週末は蓼科に行ってきました。3年連続4回目でしょうか。
本来の用事は土曜午後から日曜昼まで。
日曜昼にはフリーになるので、自転車を持って行って帰りは麦草峠を越えて秩父まで走ることにしました。去年も同じことを計画したのですが、予報が悪かったので断念したのでした(結局降らなかった)。
今年は週間予報が出る一週間前から終始バッチリ晴れ予報だったので決行と相成りました。

土曜日は中野からJRに乗って立川で特急「スーパーあずさ」で乗り換え茅野まで。
b0144082_21223132.jpg
蓼科湖まで13km400m、のんびり走りました。
b0144082_21231043.jpg
土曜午後から日曜午前は色々と。


そして日曜は13時頃に蓼科湖を出発。
R299メルヘン街道に入るまでにしばらくK182ビーナスラインを走りますが、これがなかなかの激坂。といっても10%を超えるくらいだと思いますが、とにかくスタートして1kmも走らないうちからこれはキツい。ゼェゼェいいつつ何とかやり過ごし、多少の下りを経てR299にin。
b0144082_21244402.jpg
そこから先はそれほどの斜度ではありません。別荘地を横目に見つつ着実に高度を上げていきますが、今度の敵は太陽です。1,300~1,400mの高度でも気温は30℃を超えていたと思います。
b0144082_21255131.jpg
それでもさすがに1,500mを超え1,700m、1,800mあたりにくるとだいぶ体感的にもいい気温になって走りやすくなってきました。
空気はちょい薄めなんでしょうけど、青空が見えて色々な小鳥のさえずりも聞こえ、極上のヒルクライムになってきました(^^)これはイイ!
b0144082_21261756.jpg
b0144082_21275335.jpg
傍らの標識が示す高度も2,000m、2,100mを超えてそろそろ峠か、という雰囲気になり斜度もほぼ平坦に。
b0144082_21290311.jpg

麦草峠は佐久穂側から上って佐久穂側に下りたことしかなくて、いつもあの背の高い標識のところで折り返していました。
遠くにその標識が見えてからだったと思いますが、茅野側にトイレ等があるちょっと広い駐車場や散策できる道が整備されているのを初めて知りました。
そして、峠に到着。
b0144082_21294298.jpg
ここで青空の写真を撮るのは多分初めてじゃないかな・・・

写真を撮ってツイートしたらあとは佐久穂までノンストップで下りていきます。
b0144082_21302715.jpg
佐久穂のセブンで休憩。灼熱でした。
b0144082_21305303.jpg
299を東へ。緩い上り基調です。
やがて山の中に入り徐々に斜度がキツくなって
b0144082_21314987.jpg
十国峠。
b0144082_21322892.jpg
この先R299が一部通行止めで並行して走っている林道に迂回。そっちの方がちょっとアップダウンがきつかったかな。R299も逆向きに一回走ったことがあるだけだから定かでないけど。
上野の手前でR299に再合流、下り基調をしばらく走って道の駅うえの。
b0144082_21325749.jpg
ここはちょっとショボい控えめな道の駅でしたが、新装工事の最中でした。
エネルギー系飲料で軽く補給してボトルに水を補充。
そこからまた下って上って志賀坂峠。
b0144082_21332216.jpg
b0144082_21334617.jpg
イメージ的にはここから秩父までもうすぐ、って感じなんですけど実際にはまだ結構あります。標識によると38km。ほとんど下り基調の一直線の道を35km/hくらいで進みます。目標としては明るいうちに秩父に着きたいけどちょっと難しいかな・・・というところ。志賀坂峠が18時半頃でしたからねえ。
そろそろ薄暗くなろうか、という時間に秩父市内に入りました。R299なりに進むと市街地に辿りつくのに大きく迂回しなければならないので、ショートカットするルートをガーミンに入れていました。秩父ミューズパークを掠めるこの道、距離的には近いのですが結構上ります。ルートを引いた時からわかってはいたのですが、いざ上り始めてみると結構後悔しましたw
それでもこの日上ってきた大中小の各峠に比べれば大した坂ではないことは確かです。何とかえっちらおっちら上りきり、また下ったら荒川を渡って市街地に入り、西武秩父駅に到着。19時50分頃でした。
b0144082_21343216.jpg
「祭の湯」が併設されているのでかなり派手になっています。
時刻表は全く調べていなかったのですが、特急は1時間に1本で次は20時25分発でした。まあまあちょうどいい時間でラッキーです。
タイヤを外しパッキングして切符と食料を買ってホームに行くと丁度列車の扉が開いて、そのまま乗込むことができました。
一番はじっこの席を買えたので自転車置場も楽々確保。
b0144082_21351113.jpg
車内はガラガラです。
所沢での乗り換えがちょっと接続悪くて、家に着いたのは22時をまわってからでした。


ということで130km2460mのライド、なかなか楽しむことができました。距離的には十分に一日で走れる範囲内でしたが、何しろスタートが13時だったので帰宅が22時過ぎ。次の日仕事だからもうちょっと早く帰れるといいですねえ。来年は別ルートを考えてみましょう。




[PR]
by gon_oz | 2018-07-05 21:42 | 自転車 | Comments(0)

GW後半のことなど

すっかり通常運行の日常が戻ってきました。
連休後半のライドについて記しておきましょう。
5/4は仲間と一緒にハルヒル試走。自分は去年に続き今年もハルヒルはエントリーしませんでしたが、富士ヒルに向けてのトレーニングとして参加させてもらいました。
集合は道の駅よしおか温泉、9時スタートです。
ここはブルべのスタート地点だったり、ソロライドのデポ地にしたり、去年は赤城山ヒルクライムの車中泊に使ったり、と遠い割になじみのある場所です。
しかし、連休中で渋滞の可能性もあるし、高速代+ガソリン代もバカにならないし、少し余計に走っておきたいし・・・と諸々の理由から、自分は道の駅おかべをデポ地としてそこから約40km自走でよしおか温泉に行くことにしました。
最初はフル下道でおかべまで行くつもりでしたが、前日あたりにやっぱりかったるいから途中までは高速で行こう、と方針転換。その割に下で行くつもりだったのと同じ5時頃に家を出発、坂戸西のスマートICまで高速、そこからは自転車で走り慣れた道を走って道の駅おかべに向い、早めの6時半ごろに到着。軽量化、食事、着替え等をゆっくり済ませて7時すぎに自転車に跨りました。
ここからだといつも目指すのはセパセブンですが、今回は上武大橋と坂東大橋の間の適当なところから利根川右岸のCRにin。坂東大橋で左岸へ、五料橋で右岸に戻る、という何度も走ったルートであとはひたすら右岸を前橋を過ぎるまで遡ります。
b0144082_21033605.jpg
ウインドブレーカーを脱いだついでに一枚。
b0144082_21041959.jpg
川面に近くて気持ちいいところ。

順調に走って8時40分頃道の駅着。トイレに入って一つツイートしてみるとsepaさんも上の駐車場での準備の様子をツイートしていたので、移動しようとすると丁度ぽじさんもそちらから自分を見つけてくれて合流。

この日のメンバーはsepaさん、ぽじさん、ZENさん、柏餅さん、へりおさん、そして自分の6名です。
間もなく準備完了、9時をまたずにsepaさんの先導でスタートしました。
b0144082_21051425.jpg
高崎~室田(ハルヒルスタート地点)と同様の上り基調の平坦に近い道をイメージしていましたが、意外にアップダウンがある道です。走り始めてすぐに柏餅さんのパンクもありましたが概ね順調に走って、見慣れたR406に入る直前でぽじさんに先頭交代。と、R406に入って間もなく「卵太郎」にin。目的はこれ。
b0144082_21054181.jpg
ぽじさんお薦め、美味くて安いソフトクリーム。上る前からご褒美ですw
ひとまず満足しつつ再スタート、室田交差点下のローソンで改めて補給休憩。
と、ここで久しぶりの顔に会いました。スピードスターUr君です。
b0144082_21060085.jpg
参加するヒルクライムレースでは必ず上位に名を連ねる彼、ハルヒルに向けてのトレーニングとのこと。このまま一緒に走る(ったって並んで上ることはできませんがw)ことになりました。
で、じゃあ行きますかってことで目の前の室田交差点で信号待ち、青になってスタートすればすぐに計測開始地点です。
b0144082_21062732.jpg
去年もエントリーしなかったのでこのコースを走るのは2年ぶりですが、その前の3年間で7~8回上っているので大体のレイアウトは頭に入っています。
ペース配分はちょっといい加減になりますが、とにかく今回は本番さながらに出し切るつもりで上ろうと思っていました。
Ur君はスタート間もなくカッ飛んであっという間に見えなくなってしまいましたが、他の6人は前半は相前後しながら似たようなペースで進んで行きました。斜度によって時々抜いたり抜かされたり。
初心者ゴールを超え、平坦・下り区間では必死に漕ぎ倒し、びくやからのプチ激坂区間をダンシング中心に乗り越え、神社を通過。
いよいよ最難関区間です。神社以降が勝負どころとはいえ自分の記憶では、その中でも最もキツい(感覚的には15~16%くらいか?)のは2ヶ所で、それ以外は激坂ではあるものの止まりそうなほどではなく、インナーローで無理なくペダルを廻していける勾配、というものでした。ところが・・・神社を過ぎて間もなくの最激坂区間を超えてもまったく勾配が緩んだ感触がありません。上っても上っても止まりそうなまま(笑)あれれ、全然記憶と違うゾ・・・残り2kmだか1.5kmだかあたりから断続的に緩いところが現われますが、それ以外はもう同じように厳しくて、もう足つきしないのが精いっぱいという感じ。のっそりのっそり上って最後またちょっと緩い左カーブをまがってゴール。タイムは1時間9分台。うーん・・・
b0144082_21064624.jpg
ゴール地点に全員揃ったところで、湖畔まで下りたてそのまま榛名湖と榛名富士の外周を一周。
b0144082_21074531.jpg
ぽじさんがエントリーしている「はるトラ(榛名湖リゾート・トライアスロン)」のコースだそうで、バイクパートをTTバイクで走るかロードバイクで走るかの見極めとのこと。結論はTTバイクで行けそうとのことです。「SWIM,CANYON,RUN」ガンバって下さい!
その後は伊香保側に下りていきますが、寒い!!この日は日本海側を中心に不安定な天気で局所的な荒天もあり、という予報でしたがそんなに崩れず概ねいい天気のままでした。ただとにかく気温が上がらず、下りは冬のライドのように寒かったです。
渋川まで下りたら目指すは「ニコニコ亭」。自分は初めてですがこの界隈の有名店のようです。住宅地の中にぽつねんとありますが、結構な行列でした。
b0144082_21080642.jpg
思ったより回転が早くて、30分待ちくらいで入れたのかな?ソースかつの枚数を増やせるかつ丼が一番の名物のようですが、我々のテーブルは全員がラーメンセットをチョイス。
b0144082_21084676.jpg
量も多すぎず適量で美味しくいただきました。
そして入店前に並んでいる時からHige氏が迎撃を試みていた様子がツイッターで伝わっていたのですが、食後に確認してみるとすぐそこ?まで来ているらしい・・・お勘定を済ませて外に出てみるとなんともうそこにいるではないですか。
b0144082_21091974.jpg
これで8人になりましたよ。そしてちょっと走って利根川CRにin。よしおか温泉はすぐそこです。
b0144082_21094844.jpg
車載の4人とはここでお別れです。
残りの4人はまたCRに戻り、ぽじさんが牽いてくれます。追い風が強く車止めが多い道なのであまり飛ばさずに行きましょう、と32~33km/hで巡航。
b0144082_21101964.jpg
昭和大橋でぽじさんが離脱、その後はUr君が先頭で自分が真ん中、Hige氏が殿で走ります。最初はそれまでと同じくらいの速度をキープしていましたが、その速度ではUr君我慢できないのか段々速くなっていきます(笑)
五料橋を渡って左岸に入ってからはもう最後だからいいやと思ったのか、40km/hを超える速度で巡航。追い風とはいえこれはなかなかキツかったです。
坂東大橋でHige氏とお別れ、Ur君と二人になってまた右岸へ。ここから上武大橋への途中で自分が離脱するので、今度は少し速度を落として自分が前に。やがて前後誰もいないので並走してぽつぽつと話しているうちに離脱のポイントに来てUr君ともお別れ。
そこから3~4㎞走って道の駅おかべに帰着、往路と全く同じ道を辿って坂戸西から関越に乗ってスムーズに帰宅しました。
ヒルクライムは散々なタイムでしたが、やっぱり仲間の皆さんと走るととても楽しい!と毎度のことながら痛感したいいライドでした♪



次の5/5はおとなしく家のことをあれこれと。前日車から降ろしただけの愛車の掃除だけはしっかりしておきました。



連休最終日の5/6、一日自転車に使うのも気が引けるので、物見山まで車載で白石峠を上ろうかと思ったのですが、やっぱりそれじゃ物足りないだろうと早めに出て自走としました。
4時ちょい前に起きて4時40分頃出発。
走り始めてみると、やっぱり前々日の疲れが脚に残っています。走り続けるうちにもその疲れが蓄積する感じ。田中交差点間近のK30の微妙なアップダウンをこなすのも大儀でちょっとでも上り勾配になると速度がガタ落ちです。なんとかファミマまでは辿りつきましたが、これで白石峠はちょっと無理なんじゃないか・・・と思えるほどの疲労ぶりでした。
しかし、一休みしてどうするか考えよう、と外のベンチでちょっと多めの補給を摂っているうちに思ったより回復したような感じです。疲れだけでなく例によって少しハンガーノックの気があったのかも。
よっしゃ行ってみるか、と意を決して田中交差点を左折。
b0144082_21120714.jpg
ほどなく上り口に到着です。
b0144082_21122218.jpg
なんとなんと、これが今年最初の白石峠アタック。例年は2月か遅くとも3月には上っていましたが、今年は色々あって今までトライせずじまいでした。
写真を撮ったらすぐにスタート。久しぶりということもあり、あまり無理のないペースで進んで行きます。セオリーの「最初は飛ばし過ぎず、比較的緩くなる後半に追い込む」を実践、と言いたいところですが、それをやったつもりで結局後半に思ったよりペースが上がらずタイムが出ない、というのを何回繰り返したことか(笑)。そう思うとやっぱり突っ込み気味(自分比)で行かないと「飛ばし過ぎず」に甘えちゃうんだろうなあ、自己分析。
ガーミンはあまり見ず、時々激坂部分でどこまで速度が落ちているかを確認する程度。今までの経験からは最激坂部分で10km/hをキープできれば30分を切れるか切れないか、くらいだと思いますが、そこには遠く及びません。それでも去年・一昨年と一番多かった33分台だった時と同じくらいのペースかな?という感触で上っていきます。後半の緩いところでは全力で廻したつもり、最後の直線の後半もなんとかギアを上げることが出来たので、疲れが残っていたことを含めて33~34分台かな、と思いつつ0.0kmの標識を通り過ぎる瞬間にラップボタンを押してみると表示されたタイムは36分台。あれれれ・・・(笑)これはヒドい。
まだ9時前でやっちん茶屋も出ていなかったので、そのままのそのそと堂平山に向けてさらに上りました。
b0144082_21124457.jpg
この頃にぽっぽさんが白石峠にフィニッシュしてそのまま下りていった模様。お会いできず残念でした。
下り途中でまたパチリ。
b0144082_21130677.jpg
峠まで下りてくるとやっちん茶屋が開店直後でした。
b0144082_21132156.jpg
そのまま下って行きに目をつけていたトトロの前で記念写真。ポピー畑がキレイです。
b0144082_21133955.jpg
そのすぐ先、宿交差点を右折。白石峠がひどかったのでせめてこちらでいいタイムを、と気を取り直して萩日吉神社から梨花CCへの激坂をえっちらおっちら。最大斜度はこちらの方が大きいのではないかと思いますが、白石を上っている時より軽快に脚が廻る印象。
b0144082_21141312.jpg
結果的にPRには届きませんでしたが2番目の記録でした。
後はいつもの楠線も回避してK30から日高~入間~所沢で13時頃帰宅。自走で白石を上った中では今までで一番早い帰宅じゃないかな。早起きはちょっと大変だけど、これなら休日を有効に使えますね。

というわけで、充実した行程と低調なタイムだったGW後半のライドでした。






ここからはまたまた反省編というか考察を。半分自分のための備忘なので読んで頂いている皆さんはどんどん読み飛ばしちゃってください(笑)

まず、ハルヒルの試走タイム1時間9分台について。
これはロードバイクに乗り始めて3ヶ月で走った4年前の本番タイムより6分遅いタイムです。
比較すべきは以前の試走タイムですが、2年前の試走は今回よりさらに25kmくらい遠い道の駅おがわまちにデポして、1回目が59分台、写真を撮りつつゆっくり目に上ったおかわりの2回目が1時間8分台。今回、手を抜いたつもりはなく全力で上りましたが、それを下回っています。なんという劣化ぶりでしょう。

そして白石峠、36分台は2015年12月以来の遅いタイムです。ここのPR(30分59秒)を出したのは2年前の上記ハルヒル試走の5日後でした。そして、萩日吉神社~梨花CCのPRもこの同じライドです。白石峠の後で林道定峰線を今までで2番目のタイムで上り、さらに梨花でPR(今回のタイムより1分以上速い)を出しています。

この時のブログを読み返してみたら実に興味深いことが書いてあったのでちょっと貼ってみます。上り口で偶然会ったあゆさんと一緒に上って峠で色々お話していました。

あゆさんからも30分を切れる、と太鼓判を押して頂き嬉しい限りなのですが、よくよく考えてみると・・・
3月の雪見ライド以来、ほぼ毎週上り続けているわけですよ。確認したらこの2ヶ月で27,000m上っていました。
自分比ですがヒルクライムのトレーニングとしては飽和状態に近いのではないか?という気がしてきました。もう頭打ちなのではないかと(笑)。
「レースが近いから」とか何とか言って日曜ごとに出かけまくってますが、さすがにこれをずっと続けるわけにはいかないですから。
今くらいの走行量であと1分登坂能力を上げる術はあるのでしょうか?
特に自分の場合は筋力、脚力もさることながら心肺能力が不足していると感じています。もうとにかく最初っから最後まで呼吸が苦しい!
自分が抜かす人も自分を抜いていく人も、自分みたいにゼェゼェいっているは誰もいないんですよねえ(笑)
週一回のライドで心肺能力を上げるのはさすがに厳しい。どうしたらいいでしょう?やっぱり平日にローラーまわしたりするしかないのかな~って、もちろんローラーなんて持ってないです。

この時点で頭打ち、と見事に予言していますね(笑)。ここで言っている直前2ヶ月間のライドと獲得標高は以下の通り(間の細かいのは省略してるので足しても27,000mにはなりませんが)。

3/13 2,166m 奥武蔵(雪見ライド)
3/20 3,753m ブルべ
3/27 2.957m 奥武蔵
4/3 2,235m 奥武蔵
4/10 3,460m 奥武蔵
4/17 1,801m ツールド八ヶ岳
4/23 3,478m ブルベ
5/3 2,629m ハルヒル試走(おかわり)
5/8 2,110m 奥武蔵(←白石峠・梨花CC自己ベスト)

我ながらよく上っています、というかちょっとやり過ぎ感が(笑)
確かに今の自分の生活ではこれがマックスでしょう。そして、単純な話ベストを更新するにはこれに匹敵する積み重ねが必要とすると・・・ちょっとムリと言わざるを得ないw
2年前に書いたようなこともあり、走行量不足をカバーすべく1年前にローラー台を導入したわけですが、(練習量は少ないものの)心肺能力はいくらかは上げれられたか、と思います。しかし、脚力はどうなんでしょう?少しは向上しているのかな?タイム的にはまるで効いていないような感じですね。よくプロへのQ&Aなどでどうすれば上りが速くなるか?の問いに対してとにかく上るしかない、みたいな答えを見ます。この前も新城サンだったか誰だったか、平地と上りは使う筋肉が違うから・・みたいなことを言っていました。2年前と今年の走行量、獲得標高の差を見れば今年の結果は当然なのかもしれません。
やっぱり、2年前と同じとまでは言わないまでも、それに近いだけのトレーニングしかないですかねえ。なかなか厳しい現実です。まあうだうだ言ってもしょうがないので、今年は今年の環境の中でやれるだけのことをやって、また富士ヒルガンバってみましょう。

走る楽しさとトレーニングの苦しさのバランスが大事とは思いますが、やっぱり自転車に乗って仲間と走って時々レースに出て、とやっているからには速くなりたい。
いつも言い訳しちゃってますけど、やっぱり先輩方の走りを見ていると老化のせいにはできない、自分の歳でもまだ向上できることを示したいし、そうできれば走る喜びも増すだろう、などと真面目か!となってしまいました(^^;が、まあまだまだ今までの延長線上で走っていきますよ~

実は昨日今日で色々検証したら低迷の要因は他にもこれか?というのがあるようなないような、もう長くなってしまったのでやめますが、も少しはっきりしたらまた書くかもしれません。

そうそう、今乗っているCANYONのRoadlite AL(今も同じ名前のバイクがラインナップにあるのですが、フィットネス向けのクロスバイクになってしまいました)はアルミのエントリーモデルで、乗り始めてもう4年経ちます。
経済的背景は別にしてそろそろ新しいフレームが欲しいなあ、なんてことを妄想し始めていたのですが、こんな走りじゃ宝の持ち腐れ感が半端なくてとても手が出ないですねえ。今の状態を脱却できるまではこのままだな~。脱却してもこのままかも知れないけど(笑)






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-05-09 21:15 | 自転車 | Comments(6)

生存報告

皆さまお久しぶりです。
年度末を挟んで仕事が超多忙となり、色々ヤバい状況もあったので精神的にもいっぱいいっぱいでブログ更新などしている余裕がありませんでした。
少々立ち直りつつあるので駆け足で近況など。

3/25はぽっぽさんが企画してくれた春山ライドで東秩父方面。
b0144082_19245747.jpg

大内沢の「花桃の郷」を中心に新緑と咲き誇る花を堪能しました。
b0144082_19271441.jpg
b0144082_19273311.jpg

高原牧場を経て
b0144082_19283766.jpg

道の駅和紙の里ひがしちちぶでうどん。(写真なし)
b0144082_19285715.jpg
帰路ではプチ迷子になりかけたところをBMC乗りのローディに助けてもらったりしました。

もちろんぽっぽさんのペースですからトレーニングとしても十分な強度でしたよ(^^)
ぽっぽさん、改めて楽しいライドありがとうございました。ちゃんとしたレポートができずにスイマセン(´・ω・`)



翌週の4/2はそんな状況で走る気力がわかなかったものの、もてぎも近いし少しでも走らなきゃ、と一番安易な彩湖へ。
b0144082_19330955.jpg
先日の10周はムリでも7周、1時間は走ろうと思ったのですがやっぱり気力が続かず5周でジ・エンド。
b0144082_19340813.jpg
b0144082_19342647.jpg
午後から色々と用事があったので早々に退散しました。

今はやっといろいろ落ち着いてきたのでエネルギー充填中、って感じです。
さてさて、もてぎまで残された週末はあと2回。何するのがいいかな・・・




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-04-05 19:37 | 自転車 | Comments(0)

あんまりマッタリじゃなかった初関宿城

1/14は「自称マッタリライド」でお初の関宿城まで走って参りました。
膝のグアイが思わしくなかったtake-iさんにぽっぽさんが「マッタリライドでもしましょうか」と声をかけられていたのに便乗させてもらい、行先は自分のリクエストで関宿城に決定。
さらにぽっぽさんがあゆさんにも声をかけて4人でのライドとなりました。
一昨年くらいからから何回か企画されていたこの4人でのライド、毎度何かしらあってなかなか揃わなかったのですが、今回がはじめてかな?
「マッタリライド」に乗せられてしまいましたが、他の3人と自分では「マッタリ」の基準がまるで違うのでキツいライドになるだろうと思ってはいましたが、当然その予想は外れませんでしたよw

朝は7時に草加のセブン集合。家からは20km足らずなので余裕を見て5時40分頃出発、予定通り6時半頃着いて一番乗りです。
take-iさんとぽっぽさんが来られたところでいつものように写真を撮ろうかとカメラの電源を入れると表示された文字は
「カードがありません」
・・・初乗りでやったばかりなのにまたです、SDカードを抜いたままカメラを持ってきてしまいました。
とりあえずスマホで撮った写真など。
b0144082_13101246.jpg
以下、休憩中の写真はスマホで撮った自前ですが、走行中の写真はtake-iさんがシェアしてくれたものを(勝手に:スイマセン)使わせて頂きます。

ほどなくあゆさんも到着、4人揃ったところでスタートです。
まずは江戸川を目指し東へ進みます。市街地走行は地元のtake-iさんが牽いてくれます。
膝の関係でこれが今年初ライドというtake-iさん、それがためのマッタリライドだったはずでは???
というスピードです。でもまあ想定よりは速いもののついて行けるくらいのものでした。
やがて江戸川CR(右岸)にin。このあたりの江戸サイはクロスバイクで2~3回走ったことはあるけどロードバイクでは初めてかも。
b0144082_13130033.jpg
ここからは進行方向が北向きになり、爆風ではないもののそれなりの向い風です。
トレインの後ろにくっついて走りますが、大体27~28km/hで推移。
b0144082_13121670.jpg
(この風ならソロで走っていれば22~3km/hだな~)なんて思いながら走っていました。
やがて先頭があゆさんからぽっぽさんに替わってしばらく進み、(そろそろ替わらないと。でもこのスピード維持はムリだな~w)と思いつつ先頭へ。「スピード落ちますよ~!!」と叫びながら前に出ようとしたけど寒さで口がこわばっていてうまく発音できないw
そのまま先頭に出て走ります。最初だけはそれまでのスピードを維持して、「あれ、結構いけるんじゃないの?」と思ったのもつかの間、ずるずると遅くなっていきます。あ、これちょっと遅くなりすぎーというあたりでちょうど道路と交差するのでその下に潜る道へ。この下りで皆さんに前に出てもらうと上りからその先でもうダメ、だんだんと間が空いて完全に千切れてしまいました。
CRなら道に迷うこともないしこのまま行くしかないなー、と走り続けると少し行ったところで皆さん待っていてくれました。どうもスイマセン(´Д` )
(ちなみにこのあたりtake-iさんのブログではゆっくりと走り続けましたと記されておりますw)
そこからは少しペースを緩めて頂いて、やがて自販機とベンチ、サイクルラックがある立派な休憩スペースにつきました。
荒サイにもこういうのがあるといいですね。
しばしおしゃべり休憩。
b0144082_13111225.jpg
この後は比較的まったりしてました。
道が広く前後誰もいないところでは並んで話をしながら走ったり、ああ、これが自分がイメージしていた今日のライドだよ〜!という感じです。
b0144082_13113051.jpg
ただ、最後関宿城も見えて橋を渡ったところであゆさんがアタック。他の2人も追随しますが自分はまるでスピードを上げることができないw
まあこんなもんでしょう。(諦めムード)

で、初めての関宿城に到着です。
皆さんの後を追っかけて城の横まで来ると見慣れた姿のデカい人が・・・
おお、sepaさんじゃないですか!迎撃に来てくれたとのこと。ありがとうございます〜
b0144082_13145509.jpg
5台並びました。

ここでもあれやこれやと話が弾みます。
b0144082_13150764.jpg
ひとしきり喋って、それじゃそろそろ行きましょうか、ということに。
どうするか色々案が出ましたが、結局みな家路方向へと走ることになりました。
自分はあゆさん、ぽっぽさんにくっついて西へ。関宿橋を渡ってそのまま直進です。
間もなくR4に入り南下すると追い風で気持ちよく進みます。さらにまた西へと曲った先は市街地をあゆさんがナビゲート。
岩槻のセブンで一回休憩。
b0144082_13154729.jpg
もうちょっと西まで進んで荒サイまで出るか、R17で南下するか、などと話をしていたのですがここで自分に急用が発生。
再スタート後は直近の東北自動車道側道R122で離脱、一路南に進み、埼スタの横を過ぎてからはいつもの道を帰宅したのでした。

ご一緒頂いた皆さま、自分にとってはあんまりマッタリじゃなかったですけど、短めながら楽しいライドでした。またご一緒させてください~


さて、今回のライドの新兵器はこれ。take-iさんのブログに登場させてもらっちゃったので簡単に紹介。
b0144082_13160267.jpg
(自分では写真を撮らなかったのでこれもtake-iさんから拝借です。)

冬のライドで一番つらいのは手の冷たさ。ブラケットポジションで風が当たる指の甲は冷たいのを通りこして痛くなり、涙が出そうになるほどです。
かねがねブレーキレバーの前になにかカバーをつければ冷たさを和らげることができるのではないかと考えていました。
これを決行すべくこの前の三連休でハンズに行き、何かいいものはないかな~、と物色。150φの塩ビの半球形の素材を発見してお買い上げ。2個セットで600円あまり、これなら失敗しても惜しくありません。
これをどうやってハンドル前に固定するか、ハンドルに半球をあてがって考えたり仕事場近くのDIYショップでぶらぶらしたり。
詳細は省略しますが取付の材料を少々買い足して金・土の夜に片方ずつ製作、上の写真のように出来上がりました。買ったけど使わなかった材料もありましたが使った分だけなら材料費は千円以下、製作時間も片方1時間程度で、試作のつもりで作った割にはうまく仕上がり、完成した時には快哉を叫びました。「これで冬のライドのあの辛さから解放される!!」と。
そして迎えた日曜の朝、予想最低気温は0度前後。この寒さの中走りだすのはツラいものがありますが、(このハンドルカバーがあれば大丈夫!ウッシッシw)と喜々としてスタート。ペダルを踏みこみスピードに乗ってくると

・・・・指先にあたるいつも通りの冷たい風w

あれれれれ、全然変わらないんじゃねえか・・・ブラケットを握ったりカバーの外に手を出したりしてみますがグローブ越しに感じる冷気は変わりない(笑)
試しにグローブを外してゆっくり走って同じことをしてみましたがあんまり違いが感じられない・・・まあスピードが出ていなかったからかもしれませんが。
一転ショボーンとなりつつ1時間弱走り、集合場所に着いた頃にはいつものように指先は冷え切って感覚をなくしていたのでした。

うーんやっぱりハンドルとカバーのクリアランスが大きすぎたか・・・成り行きで作ったら結構間が空いてしまったのですが、この程度の寸法ならそれほど風を巻き込むこともないと思ったんですけどねえ。
「長い時間走れば絶対に違いがあるはず、片方だけつけて走ればわかる!」とtake-iさんは慰めてくれましたけど(アリガトウゴザイマス)。
もうちょっとハンドルとカバーが近くなる取付方法を考えてみましょう。どのくらい風を巻き込んでいるのか、風洞実験とかで確認してみたくなるな・・・(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2018-01-18 13:19 | 自転車 | Comments(2)

早くも走り納め(今年最後は三浦イチ)

皆さまお久しぶりです。
隔週更新のペースが普通になってしまいましたw
12/3(日)は荒サイ100kmライド、途中でかじさんとスライドしたりしました。
b0144082_13043163.jpg
b0144082_13045012.jpg
b0144082_13051664.jpg
短文のブログ記事も書いたのですが、なんとなくアップしないまま週を跨いでしまったので割愛。
12/10(日)は以前から決まっていた家族の用事があったのでノーライド。

そしてこの日曜、12/17は早くも走り納めライドに行ってきました。
今年の冬休みは珍しく遠出の予定があり、仕事納めの後はもう走ることができません。よってその前、23(祝)24(日)の連休で大掃除、年賀状、遠出の準備等の一切を済ませなければならないのです。
呑気に自転車に乗っている時間がないことは日の目を見るより明らかなので、もうこの週末が年内最後のライドとなりました。
この日に走ろうと決めた時に自転車仲間のグループに声をかけてみたのですが、その時点ではどこを走るかも決めておらず年末の日曜日ということもあってか話に乗ってくれる人は現われず(´・ω・`)
それじゃ一人でどこに行こうかと地図を見た時にハタと思いついたのが、以前から一度走ってみたいと思っていた三浦半島。
山方面に行きづらくなってきたこの季節にはうってつけです。適当にルートを引いてみたら約200kmなので無理なく走れそう、ということでそのルートを微調整の上で行って参りました。
そんなわけで大体の距離を確認するために適当に引いたルートをちょっと調整(ここはもうちょっと海寄りを走れるんじゃないの?程度のもの)しただけなので、外してはいけない定番スポットを見逃しているかもしれませんが、そんなことは気にしない。後からわかったらまた行けばいいさ・・・

朝は6時ちょい前に出発。冬至近くということもありこの時間でもまだ真っ暗です。
環七を南下、R246から自由通りってのを初めて走って環八へ。自由が丘の「自由」が名前の由来みたいですけどさすがにシャレオツで練馬辺りとは街並みが一味違いますw
丸子橋からまずは神奈川県にin、
b0144082_12373539.jpg
日吉~菊名と下って横浜でちょいと寄り道。
b0144082_12400022.jpg
b0144082_12403397.jpg
いい天気ですね~
走行距離が50kmを超えた磯子の先でミニストップに入り最初の休憩。
店を出て準備をし、出発しようとしたところで入れ替わりに男女ペアのローディがやってきました。このあたりから周りにローディが増えてきた印象。
b0144082_12413600.jpg
横須賀を超えたあたりの信号待ち。ちょいとわかりづらいんですが自分の前に3人います。前の二人が一緒に走っているように見えましたが、このあとしばらく走ってから自分の前の人が道を逸れていきました。つまり4人連なりましたが全員がソロでした。

馬堀海岸の海沿いの道。海の碧さが印象的です。って見えてない写真しかない(^^;
b0144082_12425220.jpg
観音崎にて、海をどうぞ。
b0144082_12432078.jpg
風が強くてのんびりできる雰囲気ではありません。
三浦海岸を海沿いに南下、気持ちいい道を走ります。
b0144082_12525148.jpg
もうすぐ城ケ島やら三崎港やら、というところでアップダウンがいくつか。こんな坂を上ってみると
b0144082_12532468.jpg
風力発電の風車が2台、宮川公園というそうです。
b0144082_12540358.jpg
b0144082_12540737.jpg
ローディがたくさんたむろしていたので、この近辺では定番の立ち寄りというか集合スポットなんでしょうか。自分もヘルメットを脱いでちょっと休憩、ツイッターに写真を投稿など。

そこからまた下りていくとまもなく三崎港界隈です。時間も丁度昼くらいだったので入る店を物色、キョロキョロしながら走っていると自転車を中に停められますよーと声をかけてくれた店があったのでin。
b0144082_12543923.jpg
鉄火丼、ちょっと高かったけど旨かったです。
この三崎港がこの日のルートの最南端なのでここからは北上です。
油壷までまた海沿いに走った後は少し内陸に入ってそのまま進み、湘南国際村へと右折。ルート中唯一のまとまった上りです。まとまったといってもルートラボによると標高差150mちょっとのささやかなものですが。
b0144082_12553962.jpg
b0144082_12560312.jpg
これが上りきったあたり。
下りで総合研究大学院大学に立ち寄り。20年くらい前に仕事で担当した物件ですが、初めて来ました。
b0144082_12563359.jpg

これでこの日の目的は全て終了、後は帰るだけです。
成り行きで鎌倉を通ることになっていたので激混みの市街地を進みます。
b0144082_12565952.jpg
正面奥に見えるのが鶴岡八幡宮。
その後は中原街道に入り残り約40km位のところで最後の休憩。
b0144082_12571906.jpg
ここで16時頃だったので家には18時くらいにつけるかな、と思ったのですがここから二子玉川あたりまでが信号と混雑でまるで進まず。グロス20km/hにはるか届かない速度で結局家に着いたのは18時半頃でした。

b0144082_12574082.jpg
ガーミンの表示が199kmを超えたあたりで家に着きそうだったので帳尻合わせでわずかに遠回り、200kmになったのを見届けて帰宅したのですが、アップロードしてみたら199.9km。何てこったw


冒頭書いたようにこれで今年のライドは終了。年間走行距離は6,930kmで、7,000kmに届きませんでした。去年が7,007kmですからほぼ同じですね。年間の獲得標高は70,800mと上昇率は辛うじて1%を超えましたが、去年の約81,000mに比べて10,000mも減っています。
距離に関しては10月が悪天候で200kmも走れなかったのが痛かったです。去年は春先に奥武蔵で3週連続3,000m超えをしたりしましたけど今年はそういうのもなかったし、獲得標高が減るのも仕方ないかな。ブルべを2回しか走れなかったのも両方の数字に効いてますね。
まあ、あまりトピックになるライドもなく淡々とした一年でしたが、総じて今年も楽しく走ることができました。
来年の数字上の目標は、一昨年の水準である8,000km100,000mを一応挙げておきましょう。別にこだわりはないですけど。
イベントは今のところ富士ヒルと赤城山HCは出るつもり。他はこれから考えます。

それでは皆さま、ちょっと早いんですが弊ブログは(たぶん)年内はこれにて打ち止めです。
本年も色々とお世話になりありがとうございました。良いお年をお迎えくださいませ~



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-12-19 13:01 | 自転車 | Comments(6)

やっと走れた!!!

皆さんお久しぶりです!
そして、やっぱり外を走るのは気持ちいいぃぃ!
と、ちょっとずつ書いているうちにまた一週間経ってしまいましたw

雨やら台風やら台風やらにやられて雌伏4週間、週末を中3回跨いで久しぶりに走って参りました。
中3週のうち2週は実は仕事をしていたので実はそれほど天気の影響はなかった、っていうか諦めがついて自分的には逆に良かったんですがw

3連休の真ん中の11/4(土)、以前から走ろうと思ってルートを引いてあったのですがなかなか行けなかった、奥多摩方面へのライドを決行しました。
奥武蔵に比べると普段あまり足の向かない奥多摩方面なので、走るのはメジャーなところばかりです。
設定したルートは五日市側から檜原街道で風張峠→奥多摩湖→小菅→鶴峠→甲武トンネル→大ダワ(鋸山)→青梅街道で戻ってくる、というもの。自宅からおおよそ200km3000mの行程です。

奥武蔵方面は台風による土砂崩れなどで通行不可のところがあったようなので、この中で大ダワは同様に通れないかも・・・と情報はないものの覚悟はしておきました。

前日も休みだったので充分眠った上で4時半ごろ起床、ゆっくり準備をして5時20分ごろ出発。千川通り〜新青梅街道〜青梅街道と順調に進み五日市街道へ。奥多摩方面への入口となる武蔵五日市駅まで約40km。
b0144082_10382672.jpg
奥武蔵を走る時の田中交差点まで50km余りより近いんですよね。ちょっと意外な感じ。
駅前を左折してしばらく行ったファミマで最初の補給休憩。去年奥多摩方面を走った時にはローディで溢れかえっていましたが、この日は同好の輩は誰もいませんでした。
b0144082_10420357.jpg
色々済ませていよいよヒルクライムのスタートです。と言っても最初はアップダウンが続いて本格的な上りはしばらく先ですが。
周りの樹々はかなり紅葉が進んでいい感じに色づいています。走りながら写真を撮りつつ進みます。
b0144082_10435642.jpg
b0144082_10443598.jpg


橘橋交差点
b0144082_10445315.jpg

上川乗交差点
b0144082_10453617.jpg
ここから先に進むのはロードバイクに乗り始めたばかりの3年半前以来です。
b0144082_10462383.jpg
b0144082_10500297.jpg
斜度が上がって行くと段々暑くなってきました。この日のウェアは長袖アンダーに半袖ジャージ、ビブパンツにニーウォーマーでしたが、汗を掻くほどになるとは思わずヘッドバンドやキャップの類は持っていませんでした。しかし、そのうち流れる汗が目に沁みてくるように・・しかも斜度はどんどん上がっていきます。旧料金所まで来るとはるか上方にガードレールが見える、その光景はよく覚えていた通り。その先が一番勾配がきついゾーンでしょうか、でもそんなに激坂ってほどじゃないのでちんたらながらも着実に高度を上げて行きます。上から見る旧料金所辺り
b0144082_10484328.jpg

都民の森は素通りして風張峠に直行。
b0144082_10544371.jpg
b0144082_10551220.jpg
b0144082_10554107.jpg
この区間は去年風張林道を上った時に走っています。記憶より距離があったのは覚えていて、それでも2kmくらいかなーと思っていたら実際には3kmくらいありました。
風張峠です。
b0144082_10564170.jpg
ここで、ウインドブレイカーを着こんで奥多摩側へと一路下ります。湖まで下りたらトイレに入ってウィンブレを脱ぎ、小菅方面へ。この道は湖畔を走る平坦路、というイメージでしたが実際には結構アップダウンがキツいw
b0144082_10583406.jpg
小菅村役場を左に曲がって、まずは早めの朝食をと思い道の駅こすげに寄ってみると何やらイベントをやっています。
b0144082_10595061.jpg
唐揚げやご当地グルメの何とかサンドってのを頂き、再スタート。次に目指すは鶴峠です。
b0144082_11001212.jpg
この交差点を直進で松姫トンネル、右折で松姫峠、左折で鶴峠を経由して上野原方面です。まずは鶴峠、約2kmの一定勾配の道です。2年半ほど前にキャトルさんと一緒に逆から走ったことはありますがこちらからは初めて。
b0144082_11021099.jpg

2kmなので頑張ってすぐに峠に到着。
b0144082_11023386.jpg
逆向きの方がアップダウンがあって距離も長く、格段に厳しかったですね。
b0144082_11043676.jpg
b0144082_11052419.jpg
b0144082_11061617.jpg
b0144082_11070699.jpg


そのアップダウンを逆向きに走って途中左折、甲武トンネルへの上りはこれまた思ったよりキツい・・・大したことない、と記憶しているのは逆向きのルートだったかな?
b0144082_11074889.jpg

上川乗から檜原村役場(橘橋交差点)まではさっき走った逆ルート、目をつけて置いた場所で写真など撮りつつ。
b0144082_11085652.jpg
b0144082_11115202.jpg
橘橋を直進して最後に目指すのは大ダワ(鋸山林道)です。最初に書いたようにここは大雨の影響で通れないかも、と覚悟していましたが道々気を付けていてもそういう表示や看板はありません。
b0144082_11123105.jpg
神戸岩まで順調に進み、おおこれなら走れそうだな、と思いつつ真っ暗な神戸隧道を通過しました。
隧道の向う、ちょっと広くなったところの左手にマウンテンバイクのおぢさんがいたので「こんにちは~」と挨拶して通り過ぎようとすると「この先行かれるんですか」と声をかけられたので停まって話を聞いてみると、なんと伐採作業をやっていて奥多摩側へは通り抜けできないとのこと。彼も途中まで行って引き返してきたそうです。
作業している人に聞いたところだと今は日曜日しか通れないらしいです。うーん、そんなことならこの隧道のあたりでいいから看板のひとつでも出しておいてくれればいいのに・・・

b0144082_11132246.jpg
彼が行ってしまった後もしばらくそこに留まって思案しました。行けるところまで行って獲得標高を稼ごうか、などとも考えましたが結局自分もそのまま局引き返すことに。

武蔵五日市駅まで戻り、駅前のセブンで補給休憩です。
b0144082_11163452.jpg
目論見では大ダワを抜けて最後は古里のセブンで休憩、甘いものを含めてがっつり補給と思っていたので拍子抜け、というか消化不良でした。
軽めの補給をしつつどうしようか考えましたが、時間もそこそこになっていたのでもうそのまま帰ることにしました。
b0144082_11172170.jpg
いつものポリシーでできるだけ往復で同一ルートは通らないように、ということでそのまま秋川街道を北進して二ツ塚峠から小作あたりを経由、走り慣れたK179から帰宅。

とすんなり終わりたいところでしたが、所沢の手前あたりから何故か雨が降ってくるではないですか。あれれ、そんな予報だったかな?と思いつつウィンドブレイカーを着込んで進みますが結構気温も下がってきたので寒い・・・今年は何回も雨に祟られて雨中走行をしましたが、そろそろ気温的には勘弁願いたい季節になってきましたね。
このまま20km以上雨の中走るのか、とうんざりしましたが大泉あたりで何とか上がったので帰宅した時には体はほとんど乾いていました。

と、いうわけでやっぱり実走はいいなあ!と改めて痛感した奥多摩ライドでした。ここまでの年間走行距離は約6,200km、秋に膝を壊して終盤ほとんど走れなかった昨年を若干上回るペースですね。去年は7,007kmでしたから、これと同じくらいになるでしょうか。何とか少しでも去年の上を行きたいものです。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-11-11 11:23 | 自転車 | Comments(0)

久しぶりの房総ライド(古新聞)

色々多忙でブログアップの周回遅れから復帰できませんw

9月最後の土曜日はジャージ完成記念ライド第二弾の候補日でしたが、色々都合が合わずに見送りになりました。
それなら、という感じでZENさんとかじさんが房総ライドを企画してくれたので、色々あった業務を何とか押しのけて参加して来ました。

この日のメンバーはZENさんかじさんの他24weさんとtomoさんです。
8時に道の駅やちよ前のファミマをスタート。
b0144082_19544282.jpg
唯一自走で来られているZENさん、自宅からここまで10km程度のところを40kmウォーミングアップで走ってこられたとのことで、すっかり出来上がっている様子。
ZENさんが牽いてくれるライドは去年の年末2連荘以来久しぶりかな?その時は結構マイルドな走りだったのですが、今回は一味も二味も違います。
しょっぱなから結構なスピードでカッ飛んで行きます。久しぶりの「房総の暴走機関車」じゃないですか!
しばらく市街地を走った後は走りやすい田園風景の道、スピードと相まってとても気持ちいいライドになってきました!
b0144082_19553408.jpg
平地も速いんですが、この日の特徴は上りに入っても速度が落ちないこと。房総半島的な緩いアップダウンが時折現われるのですが、前を行くZENさんはポジションもケイデンスも変わらず、横に並んだら鼻唄が聞こえてくるんじゃないか?という風情ですいすい上っていきます。必死で追いかける4人、いや追いかける3人と千切れる1人か?(笑)
b0144082_19565695.jpg

巡航速度は35km/hくらいだったでしょうか。全行程150km余りとのことでしたから、このペースで走り続けたら昼飯時にはやちよまで戻ってきちゃうんじゃないかと思いましたよ(笑)
40km余り走ったコンビニで最初の休憩。
b0144082_19573384.jpg
この後はほぼ平地で外房の海沿いへ。
この日の最初の目的地は去年も来た麺ドラゴン。
b0144082_19582248.jpg

去年は一番の定番なのかな?あさりそばを食べたので今回はえびそば。
b0144082_19580432.jpg
これもあさりそばに負けず劣らず美味しかったです。
食後は近くのコンビニで水を補給後、ZENさんも初めて訪れるという「cafe GAKE」に向かいました。
文字通り断崖絶壁の庭を持つ抜群のロケーションのカフェです。
写真をたくさん撮りたくなるところですが、過去に撮影を巡るトラブルがあったのか勝手に商売に使われたのか、海をバックにスマホで1枚のみがが許されており基本的に撮影禁止です。
だからといって監視されているわけじゃないので、正直撮ろうと思えば撮れてしまうのですが、そこは大人の対応で景色と会話を楽しみました。
ルールに則ってtomoさんが一枚撮ってくれた写真。
b0144082_19594956.jpg
次に目指すはこのあたりのルートの定番、大判焼きです。
b0144082_20002285.jpg
去年の年末ライドの時は閉まっていたので自分は初めてです。以前とスタッフが替わってとても愛想がよくなったんだとか。
確かクリームってやつを食しましたが、写真も撮らずにあっという間に食べてしまいました。

この後もあまり変わらぬペースで進み、サイクリングロードというかなんというか、一応サイクリングロードらしいですがとてもディープな道を含めてジグザグと、どこを走っているのかまるでわからないまま進みます。
b0144082_20004873.jpg
b0144082_20010331.jpg
b0144082_20012476.jpg
b0144082_20025980.jpg
そんなこんなのうちにZENさんが案内してくれたのは「奈良の大仏」。
b0144082_20020224.jpg
こじんまりしていますが、このあたりの地名が「奈良」なんだそうです。木々の中にぽっかり空いた場所に佇む、なかなかいい雰囲気で控えめなスポットでした。

引き続きちょっと雰囲気のいい川沿いの道など走ります。
b0144082_20033775.jpg
b0144082_20043068.jpg
やがて見慣れた千葉市内のモノレールの下の道に入り花見川~新川のほとりを走って
b0144082_20045034.jpg

何とか暗くなる前に道の駅に帰還しました。
b0144082_20063636.jpg

房総ライドはいつも楽しく刺激的です。
今回は特にいいペースだったので、ファンライドとトレーニングの一石二鳥って感じで気持ちよく走れました。
ZENさんいつもありがとうございます。皆さままた次の機会もよろしくお願いします~♪


三連休は真ん中の日に奥武蔵を走ったのですが、白石峠~林道定峰線~梨花カントリー~楠線というmy定番ルートで取り立てて変わったこともなく、引き続き業務多忙なのでレポートは一回休みの公算大ですね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-10-09 20:10 | 自転車 | Comments(0)

ジャージ作成記念ライド

すっかり古くなってしまいましたが9/10のライドのことなど。

以前のエントリーで少しばかり書きましたが、自転車仲間でオリジナルウェアを作りました。
発端はtake-iさん、sepaさん、ZENさんの3人で、その後の経緯はここに詳しく書かれています。
このジャージの完成をお祝いして記念ライドをやりましょう、って話が完成間際から出ていたのですが、いろいろ調整の結果9/10(日)に決行の運びとなりました。
集合場所は道の駅おがわまち。そこからsepaさんが引いてくれた陣見山~秩父を廻る約94kmのコースです。
コース自体は獲得標高はともかく距離はそれほど長くないので往復自走で久しぶりに200km超のライドとすることにしました。

前の晩は早く寝なければならないところでしたが、ヴエルタの最終決戦アングリルの観戦を途中で切り上げることが出来ず、コンタドールの魂の走りに感動してベッドに入ったのが1時。それからも興奮してなかなか寝付けませんでしたが何とか眠りについて、目覚ましで起きたのが4時。あれこれ準備して家を出たのが4時40分頃です。
往路はストレスなく走りたかったので途中まで荒サイ、いつものところで離脱して戸守の手前でR254にin。
途中の信号待ちで右手から「gonさ~ん」と呼ぶ声がするので振り向くと、車載でおがわまちに向かうtomoさんでした。随分と早いんじゃ?
その先、東松山インター近くのファミマで朝ごはん。以前サンクスだった時に一度使って広いイートインがあったのを覚えていたのでこの日も最初からここに入るつもりでしたが、ファミマになって建物も新しくなっていました。間取りも変わっていましたがイートインは健在。
b0144082_08344764.jpg
ここでこの日の主役、ジャージ制作委員長のtake-iさんが体調不良でDNSと知りました。うーん、残念!改めて記念ライドver.2やりましょう!
ここからさらに10kmあまり進んで7時40分頃道の駅おがわまちに到着。
b0144082_08362284.jpg
8時の集合時刻には全員集まってまずは記念写真。
b0144082_08365468.jpg

ジャージを作った全19人の約半数、10人が集まりました。

24weさんかじさん、ZENさん、CB山さん、tomoさん、あゆさん、柏餅さん、sepaさん、ヒゲさん(写真左から)です。

出発、まずはR254~K11を西へ。人数が多いので最初は5人+5人に分かれて進みます。
b0144082_08420654.jpg
b0144082_08423719.jpg
10km余り走った落合橋でいきなりですが、午後から所用があるというあゆさんが離脱。
b0144082_08430486.jpg
スタート前のおしゃべりタイムでは赤城山HCの応援のお言葉を頂きました。期待に沿えるかどうか?がんばります!
少しでしたがご一緒できてよかったです。

残りの9人は引き続き二組に分かれて真っ直ぐ進みます。
b0144082_08434262.jpg
道なりに北に進んだり曲がったりして円良田湖の脇を通過。地図で見ていてこのあたりも走ってみたいと思っていたあたり、初めて来ることができました。
あ、湖の写真がない(笑)規模的には鎌北湖くらいでしょうか、こじんまりとしていました。
b0144082_08440932.jpg
さらにもうちょっと北に行ったところで左折、ストップしてsepaさんのブリーフィング。ここから陣見山を上ります。
体感的には平均5%以下の上りやすい山です。
b0144082_08450306.jpg
b0144082_08452506.jpg
b0144082_08454438.jpg
途中でちょっとだけ下ってその後がそれまでよりちょっとだけキツい上り、そしてピーク(のちょっと手前)にたどり着きました。
b0144082_08463747.jpg
ここで所用のあるかじさんが離脱。この陣見山の上りでは24weさんと二人であっという間にカッ飛んで見えなくなってしまいました。相変わらず速いです。
b0144082_08471299.jpg
またご一緒させて下さい!

ここからちょっと下って分岐点で一旦ストップ、間瀬峠でしょうか。休憩しつつ色々おしゃべり。
b0144082_08484765.jpg
さらに秩父市内の昼食スポットを目指して進みます。
途中の絶景スポットにて。
b0144082_08580885.jpg
b0144082_08495130.jpg
山を抜けて市街地に下り、皆野から秩父へと走りますが、いつの間にかスタートから距離と時間がかなり進んでいるのでトイレに行きたいしボトルは空だし・・・でも秩父市街地はすぐそこだからもうちょい頑張るか、と考えているうちに目的地に到着。
洋食屋「エデン」です。外観の写真は忘れましたw
老夫婦がやられている古いけどしっかりしたお店という印象です。
お薦めの「上とんかつ定食」をオーダー。ちょっと時間がかかりますよ、とのことでしたが他の人が頼んだソテー系のものからそれほど遅れず出てきました。
b0144082_08590305.jpg
すごい肉厚ですが、柔らかく美味しく揚がっています。肉はボリューム満点ですがご飯は普通の量なので、無理やり詰め込むほどではなく腹十分目。大満足の昼食でした。

自分達は11時過ぎに着いたのでまだ店内は空いていて8人がすんなり座れたのですが、その後地元の人達と思われるお客さんが次々とやって来て、食べ終わる頃には完全に満席でした。
なので食後はあまりゆっくりせずにすぐに外へ。
まずはコンビニでボトルを水と氷で満たし、満腹の胃袋に更にガリガリ君を詰め込みました。
b0144082_10192761.jpg
次に目指すのはこの日のクイーンステージ、林道定峰線です。この重たい腹を抱えて上れるのか?いささか不安ですが行くしかありません。
上り基調のK11をしばらく走って、辿りついた上り口で一旦停止、あまり時間をおかずに上り始めました。
b0144082_12393671.jpg
久しぶりに一緒に走るカッシー(柏餅さん)。
b0144082_12410025.jpg
今年のカッシーは一味違う、と聞いていましたがその通り。数十m先を走っていたのですぐ追いつくかと思いきやなかなか間を詰めることができません。しばーらく走ってやっと追いつきました(^^;

更に進んで後半、あと1kmくらいのところで先頭を走る24weさんに一旦は追いつきましたが、途端にペースアップしたのでまるでついて行けず(笑)、ゴール地点でお出迎え頂きました。
b0144082_12424198.jpg
間もなく皆さん次々とゴール、全員が高篠峠に到着。
b0144082_12434735.jpg
b0144082_12454712.jpg
b0144082_12463188.jpg

b0144082_12500530.jpg
b0144082_12471787.jpg
b0144082_12481666.jpg
b0144082_12510581.jpg
ここでまた休憩しつつも話が尽きません。
b0144082_12521720.jpg
一息ついたらまた出発、白石峠までグリーンラインを走り、そこから下りてまずは特産物販売所でボトルに水を補給。
b0144082_12530756.jpg
この後は最後の上り、松郷峠を経由して道の駅に戻ります。
松郷峠は横や斜めに行くとそれなりの上りになりますが、真っ直ぐ超えると峠というより「丘」の方がしっくりくる穏やかで短いヒルクライム。
b0144082_12574411.jpg
b0144082_12585146.jpg
b0144082_12592125.jpg
b0144082_13000704.jpg
上りつつ、さらにピークで写真を撮ってから皆さんを追いかけて殿で道の駅に帰着。
b0144082_13014193.jpg
また話にひとしきり花を咲かせて解散となりました。

ここからは帰路が60km。
最近使うようになった鶴ヶ島経由の道を初めて逆向きに辿ってみました。
往路は完全にマスターしましたが、不思議なもので逆向きに走ると見える風景も全く違うし、曲がるところもはっきりしなかったり。2~3回曲がり損ねてミスコースしつつも順調に走って家に着いたのが7時前くらい。

久しぶりの200km超ライドは沢山の仲間とおそろいジャージで楽しく走れて、ほんとにいい一日でした。




この三連休はAJ宇都宮の300kmブルべにエントリーしていたのですが、台風が来て悪天候が予想されたためDNS。
次の週末、9/24は4年連続となるまえばし赤城山ヒルクライム大会です。今のところ土曜が雨、日曜が晴れという微妙な予報。何とか持ちこたえてほしい・・・そして、目標タイムは過去三年間のベストだった一昨年の86分26秒を上回ること。うーん、どうでしょう。8月以降の走り込みは不足していますが、日常の積み上げでどれだけ伸ばせるか、というところですね。とにかく頑張りまっス!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-09-19 13:03 | 自転車 | Comments(2)

みんなで赤城山ヒルクラ練

9/24開催のまえばし赤城山HC大会に4年連続でエントリーしています。
これのための試走を、と前から思っていてなかなかタイミングがなかったのですが、9/3(日)にやっと行ってきました。
7月にK16から上った時もHC試走の話が出ていて、地元グンマー人で今回HCにもエントリーしているぽじさんからその時はぜひ一緒に、と声をかけてもらっていました。

この日に走れそうとなったところで連絡してみたところ、前日の天気によってはということもありましたが大丈夫とのこと。
その後の流れでtake-iさん、sepaさん、ヒゲさんもご一緒頂けることになりました。
poppoさんも手を挙げて調整中となりましたが、結果はその日は家族優先とのこと。残念ですが家族あっての趣味ですからね。

9月は後半に怒涛の三週連続車載遠征が控えているので、経費節減は切なる課題です。それに加えてレースの試走ですからあんまり疲れてない状態で上りたい、という二つの理由からから行きは久しぶりの輪行です。
去年の10月以来約1年ぶりなので、輪行袋の使い方を忘れてないか家で復習したりして、準備OK。
前日は早めに寝ることもできて予定通り4時半起床、5時すぎに家を出発。
まずは赤羽駅まで10km足らずを大きい信号にもつかまらずスムーズに進んで到着、コンコースの端っこでパッキング。
b0144082_18290548.jpg
準備ができた頃にご同輩が近くで同じように輪行の準備を始めていました。

早く着いてパッキングもスムーズだったので予定より一本早い列車に乗ることができました。
b0144082_18294325.jpg
一番前に乗ったところ先客あり。
車内でツイッターをチェックするとpoppoさんが急遽参加できるかも?とのこと、おー。

席はガラガラで1時間半余りで高崎着。
b0144082_18302638.jpg
メチャいい天気でいいライドになりそう、と期待が高まります。
b0144082_18314993.jpg
自転車を準備して前橋市内の集合場所(K4のセブン)まで12kmあまり、それほど道も混んでいなくて8時半前に到着。9時スタートの予定ですが一番乗りでした。
朝食を買って外でmgmgしていると、この時期この場所だけに何人かのローディが来ては去っていきます。
やがて他の皆さん4人揃って登場・・・おっと4人ともお揃いのC.S.G.ジャージですね(笑)
自分は前週着たし翌週記念ライドでまた着る予定なので、この日はRaphaのキャニオンジャージでした。
はじめてお目にかかるぽじさんの新車、3月くらいにブログにアップされていたそうですが記憶にない・・・スイマセン~
b0144082_18325333.jpg
そうこうしているうちにスタート予定の9時も近くなりましたが、poppoさんが現われない・・・「行けるかも!」とか「出発やないか~い」とかツイートはあったけど、どこに向かって出発したのかわからない(笑)
poppoさんならこちらに向かっていればすぐに追いつくだろうし確証なしにずっと待ってるわけにも行かないので、「行きますか~」と自転車に手をかけようとしたその時に、やって来ましたpoppoさん。自分と同じく輪行で高崎から来たそうですが(2本くらいあとの列車かな?)滑り込みで間に合いました。
b0144082_18333079.jpg
6人揃ったところで間もなく出発、HCコースのスタート地点は目と鼻の先です。

スタート地点を過ぎてからもしばらくはぽじさんを先頭にトレインのまま進んでいましたが、当然のことながらだんだんばらけてきます。
poppoさんとtake-iさんが先行して行ってしまうのは既定路線。
b0144082_18345120.jpg
自分は同じくらいのペースだったのでしばらくぽじさんの後ろにつかせてもらいました。途中引っ掛かった信号待ちでちょっとペースの話をして、そこから自分が前に出ました。牽いているつもりでしたがいつの間にかちょっと先行している・・・ぽじさんはパワーメーターで出力管理しながら走っているので、ありゃ飛ばし過ぎか?と思いつつもそのまま自分のペースで進みます。それでも序盤はゆっくり目のつもり。
去年のブログに書いたので覚えていたのですが、ワースト記録の去年もベストの一昨年も、大河原橋までの平均速度はほぼ同じで約19km/hでした(その後の走りで5分もの差がつきました)。
それに対してこの日は15.5km/h。時間にして4分半も遅いラップです。
この差をどうとらえればいいのか?
本番と試走の差、トレーニング不足、その分この先の上りに脚を溜めていることになるのか、よくわからないまま山間の直登部分へ。
b0144082_18361518.jpg
最初のうちはそれまでと同じペースをキープしていたと思うのですが、勾配が段々キツくなってくるとてきめんに脚にきます。こりゃいかん、って感じで一桁スピードでのたのた上っていると「gonさんちょっとペースが落ちてますよ~」とぽじさんが横をパス、あっという間にずーっと先へと差をつけられてしまいました。
後で訊いてみるとぽじさんはやはり一定出力をキープして走っていたとのこと。
b0144082_18370323.jpg
去年一昨年の本番よりずっと遅いペースで入ったのにその後あっさり垂れてしまうとは、どんなペースでもこのコースを走りきるだけの筋持久力が伴っていないってことなのかも(笑)

いや笑いごとじゃないんですが、どう走ればいいのかまるでわからなくなってきましたw
その後は走りやすくなる九十九折れで少し持ち直したりしつつ上り続けて何とかゴール。
b0144082_18385982.jpg
タイムは1時間40分でした。
今までのレース前試走はいずれも自走だったので、それらに比べればいいタイムです。これを本番でどれくらい縮められるか・・・残り2回の週末を有意義に過ごしましょう(^^;

上り途中でpoppoさんとスライドしましたが、poppoさんは時間がないって言ってたからそのまま帰ったのかな?と思いつつぽじさん、take-iさんと合流。凄く久しぶりにマウンテンデューなど飲みました。
b0144082_18401231.jpg
sepaさんとヒゲさんは姫百合までとか言ってたからそれじゃ下りますか、と下り始めたらsepaさんが上ってきました。あれ、それじゃやっぱりゴール地点で全員集合かな、と上り始めたらまた今度はsepaさんが下りてきて、って感じでみんなで上ったり下ったりしつつ姫百合駐車場にpoppoさん含めて全員集合。
b0144082_18465855.jpg
take-iさんによるぽじさんへのマッサージサービス。
b0144082_18484080.jpg
ここで有志何人かが大河原橋~姫百合の区間をおかわりすることに。自分も元から気力+体力があれば大河原橋~ゴールをおかわりしようと思っていたのでこれに乗ります。
大河原橋まで下りたらみな自分のタイミングでスタート。
b0144082_18490843.jpg
ぽじさんが一番手、しばらくおいて自分が出ました。2~3km上ったあたりでしょうか、後ろから追いついてきたpoppoさんが、後の予定があるのでここで離脱とのこと。何とかご一緒できてヨカッタです。次に会うのは赤城山HC本番ですかね。
b0144082_18495081.jpg
この中盤の区間、前半の直登部分は比較的緩いのですが後半は全コースの中でも平均勾配がキツいエリアですかね。ここをおかわりできたのはコースを覚える意味でもトレーニングの意味でも大きかったです。ぽじさん、take-iさんに続いて姫百合駐車場に到着。

これでこの日のヒルクラ練は終了。いい時間になったのでランチ、前回と同じく市内の王将へ。
b0144082_18503080.jpg
みんなでヒルクラの消費カロリーを補って余りある充分な昼ご飯を頂き、色々な話に花が咲きます。刺激的な発言も飛び出し、お腹もこなれてきたのでそろそろ行きますか、となりました。
ここからも前回と同じく桃の木川CR~広瀬川CR。これが3回目ですが、今までで一番速い!35km/hオーバーでぐいぐい進みます。そして伊勢崎市が地元のぽじさんが離脱。
b0144082_18511767.jpg
おかげさまでいい練習ができました。本番ガンバりましょう!
b0144082_18521330.jpg
残った4人はそのまま進み、前橋から約30km走ってセパセブン着。はみんなでのまとまった平地走行はこの桃の木川CR~広瀬川CRだけだったので走行中の写真をたくさん撮りたいところでしたが、あの道であのスピードではちょっと難しい・・・今回は距離の割に写真枚数はいつもよりずっと少なかったです。
b0144082_18524707.jpg
ここでも休憩しつつあれこれ話が尽きませんが、やがてそろそろ行きますか、という流れに。
ここからは4人別方向です。皆さま楽しい一日をありがとうございました。

自分は深谷からR17を熊谷まで東に進み、そこからは荒サイをひたすら走ります。
b0144082_18533494.jpg
b0144082_18540060.jpg
最初は斜めからの追い風?だったかいい感じでスピードに乗っていましたが荒サイに入ってしばらくするとこれは完全に向い風じゃね?って感じで脚は廻らず25km/hくらいまで減速してしまい、大体18時半には帰れるかと思ったところが19時直前の帰宅と相成りました。
セパセブンでは自宅までの距離を把握していなくて、60kmじゃきかないだろうから70㎞くらいかな~なんて漠然と思っていたのですが、実際には80kmありました。それでも往路は輪行だからトータルでも200km以下。いくら試走で本気で上ったとはいえこの距離でこのヘバりようは情けないですね(笑)

HCに向けてのいい練習になったしみんなで走れて楽しいライドでした。天気に泣いた8月から一変、9月は8月の分まで走りまくりたいッ!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by gon_oz | 2017-09-08 18:55 | 自転車 | Comments(2)